話題

話題

研究者は非常に奇妙な磁場を持つ中性子星を発見

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Researchers Discover A Neutron Star With Very Strange Magnetic Field
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

146 views

読了時間 : 約1分58秒

天体物理学者は、特定の角度から見た場合にのみ磁場が現れるユニークな中性子星を発見。GRO J2058 + 42という名前の遷移X線パルサーに属します。

 

中性子星は、巨大星が超新星で死に、その核が崩壊し、電子と陽子が本質的に互いに溶け合って中性子を形成するときに形成されます。

 

中性子星は、半径約10キロメートル、質量約1.4の太陽質量を持つ超高密度の物体です。中性子星の表面の磁場強度は10⁴〜10¹¹テスラの範囲であり、最も強力な研究所で達成されるよりも数百万倍高い値です。

 

通常、中性子星の磁場は双極子配置になっているため、地球と同じように2つの磁極があります。 これまで、すべての中性子星は2つのグループに分類できました。

 

1.スピンサイクル全体で磁場が観測される星

2.磁場がまったく検出されない星

 

最近、モスクワ物理技術研究所とプルコボ天文台の天体物理学者は、磁場が特定の角度(観測者に対して)から見たときにのみ明らかになる、ユニークな中性子星を発見しました。

 

どのように発見したのか?

コンプトンガンマ線観測衛星(CGRO)は1995年にGRO J2058 + 42という名前の遷移X線パルサーを発見しました。この研究で分析された中性子星は、系の一部です。さまざまな機器を使用してすでに調査されていますが、他の中性子星と区別できるものはありません。

 

しかし、ニュースター衛星(NuSTAR宇宙観測所)から行われた最近の観測により、いくつかの刺激的な情報が明らかになりました。X線望遠鏡は非常に広い範囲(3〜79 keV)で動作するため、天体物理学はパルサーの放出の異常な特徴を検出できます。

 

中性子星の磁場を決定するために、サイクロトロン吸収線(磁場を移動する荷電粒子の周波数)がソースエネルギースペクトルに登録されます。

 

この場合、中性子星を特定の角度から見ると、サイクロトロン吸収線が現れます。自身の最初の物にします。

 

GROJ2058 + 42システムの詳細なトモグラフィー調査により、この発見が可能となりました。研究者は、中性子星のX線スペクトルを10の角度から測定しました。

中性子星の初期段階および不安定段階へ移行後の磁場| 研究者の好意

 

これら10の角度のうちの1つだけで、放出強度の大幅な低下(約10 keV)を発見しました。放出強度は、中性子星の表面での磁場強度の10⁸に相当します。

 

研究者はまた、GRO J2058 + 42の放出は明るい爆発の間にのみ検出できることに言及します。これは、システムがBe星(スペクトル型Bと輝線を持つ異種の星のセット)で構成されることを意味します。

 

このような連星での爆発はあまり発生せず、予測が困難です。研究者は、GRO J2058 + 42の爆発を最初から捉えられたことを幸運だと考えています。

 

この発見は、中性子星の磁場が以前に推定されたものよりもはるかに複雑であることを証明しています。磁場のこの複雑な構造は、その形状を長時間保持し、中性子星の動きを決定できます。全般的にみて、科学者は中性子星のパラメータを調査するための新しいツールとデータを手に入れることになります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ