話題

話題

子どもと一緒に読書する両親は怒鳴ることが少ない 読書が子育てスタイルに影響 新研究結果

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Parents Who Read With Their Children Are Less Likely To Yell | New Study
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

165 views

読了時間 : 約1分53秒

・新しい研究は幼児との読書することはどのように子育てスタイルに影響するかを調査しました。

 

・子どもたちとよく読む人は、厳しいしつけに陥ることはほとんどありません。

 

・破壊的または多動性である可能性が低いので、それはまた子どもたちにポジティブな影響を及ぼします。

 

 

子どもたちとの親密な関係と開かれたコミュニケーションを維持するには多大な努力が必要です。

 

親子関係が強いと、子どもは両親とのつながりをより深く感じられるようになり、人生のあらゆる段階で自らの問題を進んで共有するようになります。

 

以前の研究では、子どもたちと定期的に読書をすることで、感情的、識字能力、語学力を身に付けることで、学校に通う準備もできることが証明されています。乳児期の親密な愛着は、自尊心の高まり、社交性の高まり、共感と関係があります。

 

最近、ラトガース・ロバート・ウッド・ジョンソン医科大学が率いる研究者チームが、早発期の共同読書とその後の厳しい子育てとの関連に焦点を当てた研究を行いました。これは幼児との読書が子育てスタイルにどのように影響するかを調査する最初の研究になるかもしれません。

 

彼らは、子どもたちとよく読書する人々は厳しい子育てに関わる可能性が低いことを発見しました。これはさらに子どもたちに良い影響を与えます:彼らは破壊的あるいは多動性である可能性が低いです。

 

 

 

データの収集と分析

チームは、2,100以上の母子二人一組の記録を分析しました。データは全国の都市出生群から得られたもので、母親は1歳から3歳の間にどれくらい頻繁に幼児と読書するかを問いました。

 

2年後、同じ母親グループが再度インタビューを受けました。その際子どもたちの行動についても尋ねられました。

 

参照:LWWジャーナル| DOI:10.1097 / DBP.0000000000000687 | 今日のラトガースより

 

研究者たちは、経済的困難や親の不況など、子どもの破壊的な行動や過酷な子育てに寄与する可能性があるいくつかの重要な要素を考慮に入れました。繰り返し観察するために、彼らは多変数線形回帰と一般化推定方程式を使用しました。

 

 

 

母親の約34%と52%が、子どもがそれぞれ1歳と3歳当時に毎日読書をしていると報告しています。

 

反復測定モデルでは、一緒に読書する群(1歳)とそれほど厳しくないしつけ(3歳)群との間に強い関連性を示しました。 同様に、一緒に読書すること(3歳)は厳しいしつけの少なさ(5歳)と関連していました。

 

さらに、幼児によく読み聞かせをする母親は、子どもの破壊的な行動が少ないと報告しています。 これは、幼児との読書が親子関係を向上させ、子どもの行動を向上させることができることをはっきりと示しています。

 

研究者によれば、この調査結果は、都市と地方の両方で、保護者や子供の世話をする人たちが効果的な育児スキルを身に付けるさまざまなプログラムで利用することができるでしょう。 そのプログラムは子どもの社会経済的、感情的、学術的な幸福を促進するものが含まれます。

おすすめタグ