話題

話題

PR

19歳の女性が86歳の軍人と結婚!?市民紛争の裏話

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、21-surprising-facts-about-civil-wars
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

425 views

読了時間 : 約4分53秒

今日私たちが知っている世界で初めて起きた国家間戦争は、1世紀ローマ帝国で起きた一連の市民紛争です。以降、数え切れないほどの国家間戦争が勃発し、その多くが国家の歴史を変えてきました。様々な戦争の原因を理解するために世界銀行に委託されたある研究によると、Collier–Hoeffler Modelとthe theory of Greed verses Grievanceが出てきています。

 

簡潔に言えば、どのような戦争でも、民族や宗教、その他の社会的友好関係、もしくは政治や私的もしくは公的な経済的欲望が大きな要因となっています。ただ、ここでは市民紛争の経済的影響や原因となった社会政治的要素について触れるつもりはありません。公に知られていない、背景や市民紛争についての事実について見ていきます。市民紛争についての驚くべき21の事実を紹介します。

アメリカ市民紛争

アメリカ市民紛争には、有名な家族の一員同士が互いに戦ったという、奇妙な事実があります。アメリカ市民紛争の間にThomas LeonidasとGeorge B. Crittendenは、共に軍司令官となりました。「一人が北へ、もう一人が南へ」という、興味深い側面を持っています。

ナイジェリア市民紛争

1967年、ナイジェリア市民紛争では、世界中が人気サッカー選手のペレのエキシビションマッチを見るため、2日間で休戦しました。しかし、すでにCNNやTime、The  Guardianなどで大々的に報じられているにもかかわらず、この休戦の話はいくつかの根拠から、逸話であることが分かりました。

連合国

アメリカ市民紛争の間、連合国は決して他国から外交的認知を得ていませんでした。例えば、イギリスは、好戦的であると法的に認知されていますが、決して国家としては認識されておらず、条約にサインも外交官を替えることもしませんでした。

スペイン市民紛争

スペイン市民紛争の間、民族主義者はたった12人のアメリカ人しかいませんでした。しかしFrancisco Francoは、テキサス州長でありノルウェー系アメリカ人のビジネスマンのTorkild Rieberから、大きなサポートを得ていました。戦争の間、テキサスの違法提供の何千バレルの石油が民族主義者に提供されていました。

Mary Edwards Walker

Mary Edwards Walkerは、U.S.市民紛争の間活躍した、フェミニストのアメリカ人であり外科医です。2017年に、名誉勲章を受章した唯一の女性です。負傷した市民を助けるために敵軍の列を横切ったため、連合国軍力に捕らえられました。

 

結果として、彼女は戦争捕虜としてリッチモンド、ヴァージニアへ国外追放され、捕虜交換されるまで拘束されていました。戦後、the highest United States Armed Forces decoration for braveryとして称えられ、市民戦争での勇敢さに対して名誉勲章が贈られました。

Thomas Jackson

Thomas “Stonewall” Jacksonは、アメリカ市民紛争の英雄であり、南部の最も有名な軍司令官の一人です。Thomas Jacksonは、北部軍との多くの主要な戦いに勝ち、リッチモンド、ヴァージニア州の侵略成功に貢献しました。不幸なことに、彼はチャンセラーズビル戦争で自身の軍隊により銃撃されました。大事には至らなかったものの、1863年5月10日、肺炎により死去しました。

Maudie Hopkins

最後の市民戦争生存者の未亡人は、2008年まで行きました。Maudie Hopkinsは、1914年に生まれ、19歳の時に86歳の退役軍人と結婚しました。2008年8月17日に彼女はアーカンソー州のレクサにある養護施設にて、93歳で亡くなりました。

ミシシッピ大学徴兵

1961年、市民紛争勃発直後、ミシシッピ大学の生徒全員が、志願兵に徴兵されました。残念なことに、100%が死傷しました。

宝くじ

アメリカでは市民紛争終戦まで、デラウェア州、ミズーリ州、ケンタッキー州を除くほとんどの州で、宝くじが禁じられていました。

黒人同盟

1865年、アメリカ市民紛争の余波で、多くの同盟者が州を後にしました。多くはアメリカの他の地域へ移動しましたが、数人は国外へ新しい居住を探しました。奴隷が合法であるブラジルへ移住したのは、20000万人近くです。今日、その多くはアメリカ合衆国へ戻ったものの、未だに何人かがブラジルの各地域に住んでいます。

Sam Houston

Sam Houstonは、メキシコからのテキサス州独立を助けた軍司令官で、市民紛争の間の連合国のサポートを断ったために、行政官から退けられました。

General Burnside

Sideburnsはユニオン・ゼネラルのGeneral Ambrose Burnsideにちなんで名づけられました。General Burnsideは、ノースカロライナ州とイーストテネシー州でのキャンペーンの成功で有名で、全米ライフル協会の最初の代表です。

スペイン市民紛争

どちらの世界戦争でも、スペインは中立の立場でした。しかし、同時期の1936年から1939年まで市民紛争を経験しました。50万人もの死傷者を出したのち、民族主義者が勝利しました。

アルゼンチン独立

アルゼンチンは、8年間の独立戦争の後、1818年7月18日に独立しました。そしてまもなく、1818年から1880年延長戦が勃発しました。

Didier

Ivorian striker Didier Drogba celebrates after scoring on a header his second goal during their Africa Cup of Nations (CAN) quarter-final football match between Ivory Coast and Equatorial Guinea in Malabo on Febuary 4, 2012, at the Malabo stadium. AFP PHOTO/ ALEXANDER JOE (Photo credit should read ALEXANDER JOE/AFP/Getty Images)

2005年、国際的に称賛された、コートジボワール代表サッカー選手のDidier Drogbaは、母国であるコートジボワールの5年間の市民紛争の終戦を後押ししました。

徴兵

アメリカ市民紛争の間、もし戦線の軍隊として徴兵されても、法的に断ることができました。300ドルを納めるだけで。

国際干渉

1945年から、世界中から市民紛争へおびただしいほどの国際干渉がなされましたが、そこには延長戦を望むものも含まれました。Patrick M. Reganの著書Civil Wars and Foreign Powers (2000) によると、138の抗争のうち、およそ3分の2が第二次世界大戦の終戦と2000の国際干渉との間に起きたものだったといいます。そのうち35の抗争にアメリカ合衆国が干渉しています。

共和主義者

スペイン市民紛争(1936-1938)を通して、アメリカ政府は公には中立の立場を取っていましたが、3000人近くの国民は共和主義を志願しました。その多くは、決して銃を撃ちませんでした。

ゲルニカ

市民紛争の間、世界中のライターや記者がスペインに集まりました。その多くは死を恐れず、戦線上から命がけで世界へメッセージを訴えましたが、安全な場所から記事を書くものもいました。例えば、Antoine de Saint-Exupéryはプライベート飛行機を戦場へ飛ばし、一方George Orwellは共和主義市民軍に所属している時に首に銃弾を受けながらも生き延びました。

 

様々な有名な芸術家が戦争に関する印象的な芸術をいくつも生み出しましたが、最も有名なPablo Picassoの傑作「ゲルニカ」は、ヒトラーのコンドル軍団による罪なき街への爆撃を描いたものです。

モガディシュ戦

1993年10月、モガディシュ戦は、ソマリア市民紛争を国際的警告の対象にしました。戦争の間、18人のアメリカ特別奇襲隊と何百人ものソマリア市民が殺され、2機のU.S.ブラックホークがソマリア区上空で撃ち落とされました。

ロシア革命

Lenin’s Bolsheviksの赤軍に対する反共産主義ホワイト・ムーブメントが起きた時、ロシア革命の火ぶたが切って落とされました。しかし、これは見かけ以上に複雑で厄介でした。社会主義、アナーキー、君主制主義、民族主義、資本主義といった多くの派閥、そして母国を守ろうとする農家が渦中にいました。膨大な国際干渉が行われ、世界の歴史の中でも最も重要な出来事の一つとなりました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ