話題

話題

PR

頭の形は民族の目印?少年の変形頭蓋骨がクロアチアで発掘

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、People’s Skulls Were Deformed Intentionally In Croatia 1500 Years Ago
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

830 views

読了時間 : 約1分28秒

・5~6世紀の間、人々は乳幼児の頭蓋骨を人為的に変形させていた。

・それは、中央ヨーロッパで異なる民族を区別するためのものだった。

 

2013年、考古学者はクロアチア東部の都市オシエクで3体の10代の骸骨を発見しました。この発見はオシエクのバイパス道路建設中にあったものですが、発見のあった遺跡は19世紀の終わりから有名になりました。

 

これらの骸骨は約1500年前のものでした。ヨーロッパで人々や文化が大きく進出した民族移動時代に属します。

 

研究者達は最近、驚きの発見をしました。この10代の頭蓋骨は、大きく変形していたのです。3人の頭の形は、頭骨変形と呼ばれるプロセスによって人為的に変形されていました。これは、クロアチアでそのようなプロセスの最も古く知られている出来事です。

 

頭蓋変形では、子供の頭蓋骨の通常の成長は特定の力を加えることによって歪められます。5~6世紀の間、まだ頭蓋骨が柔らかい乳幼児に対して行われました。生後1ヵ月で始まり、半年続きました。

 

これは、異なる民族を区別するために行われていたものでした。円錐型、丸い形、細長い形など、さまざまな文化でさまざまな形が評価あるいは選択されていました。

 

2人の少年に見られた大きな頭蓋変形

研究者たちは、性別、年齢、健康の面で類似点のある3人の10代の貴重な生物学的情報を取得することに成功しました。

1.3人とも男性

2.死亡時12~16歳

3.全員、エナメル質減形成、骨膜下骨形成、および多骨性骨化過剰症などの骨障害を生じていた。

 

研究者は生物考古学的分析、同位体分析、X線撮影を組み合わせて彼らの生物考古学的属性を分析しました。

 

分析によって、3人の少年のうち2人にそれぞれ異なる形態の頭蓋変形が施されていることが分かりました。1人の頭蓋骨は圧縮されて高くなり、もう1人の頭蓋骨は斜めに伸びていました。

古代DNAデータの遺伝子分析は、3人全員が遺伝的背景に大きな違いを持っていたことを示しました。頭蓋変形が施されていないものは西ヨーロッパの祖先に属し、高く伸びているが丸みにある頭蓋のものは近東の祖先、そして板状に長く伸ばされた斜体の頭蓋は東アジアに属していることが分かりました。

 

これらの調査結果に基づいて研究者たちは、頭蓋変形は特定の文化的集団のメンバーであることを見た目でわかるようにする印である可能性があり、これらのグループは民族移動時代に中央ヨーロッパの大きな盆地で密接に影響し合っていたと考えています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ