話題

話題

PR

「ギザの大ピラミッド」について深掘りしてみよう!その魅力的な歴史と事実15選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、The Great Pyramid of Giza | 15 Facts And Fascinating History
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

404 views

読了時間 : 約5分55秒

ギザのピラミッドは、古代世界で最も古く、人類が作り出した唯一無傷の驚くべきものです。確かに、世界で最も神秘的で奇跡的なもののひとつであり、歴史家や私たちのような素人も、いまだに同じように驚かされています。しかし、ピラミッドがこれほどまでに神秘的なのはなぜなのでしょうか?ピラミッドについて、今日まで専門家にも理解できていないこととは、一体どんなことなのでしょうか?

 

まず、古代の建造物は車輪や滑車などの道具を使わずに建てられました。一般的には、ピラミッドの建設は、古王国時代の第4王朝が統治していた紀元前2,580年頃に始まったとされています。

 

大ピラミッドは、他の2つの重要なピラミッドと大スフィンクスを備えたギザのピラミッド群と呼ばれる主要な考古学的遺跡の一部です。その他にも、小さな村や墓地などがあります。ピラミッドについては、他にもご存知ないことがたくさんあるはずです。そこで、この記事ではギザの大ピラミッドに関する最も興味深い事実を、15に絞ってご紹介します。

 

15. ピラミッドは何のために建設されたのか?

画像出典:Nina Aldin Thune

 

古代エジプトでは、ピラミッドをファラオ【古代エジプト王の称号】とその女王の終の棲家として利用していました。歴史家や専門家は、ピラミッドはエジプトのファラオであるクフ(ギリシャ語でチェオプスとも呼ばれる)の墓として、おそらく彼の宰相(最高監督者)ヘミウヌの監督下で建設されたと信じています。

 

14. ギザの大ピラミッドはいつ建設されたのか?

19世紀当時のギザの大ピラミッド

 

ギザの大ピラミッドは、古代世界で最も古く、唯一現存する驚異の建造物です。人間の技術や意志の高さを示す、あらゆる意味で最高傑作と言えるでしょう。しかし、その成立については、いまだ多くの議論があります。ピラミッドの完璧に近い寸法は、何十年もの間、研究者を幻惑し、多くの執拗な論争を巻き起こしてきました。

 

正確な年代は不明ですが、一般にピラミッドの建設が完了したのは紀元前2,560年頃と考えられています。

 

13. ギザのピラミッド建設に要した時間は?

ギザのピラミッド建設に関する重要な記録は残っていないため、この古代建造物の建設に要した時間を推定することはほとんど不可能です。しかし、一般に知られている有力な説では、わずか20年で完成したとされています。

 

ピラミッドの大きさは、高さ146.5メートル、長さ230.4メートルです。これだけの規模の建造物を20年で完成させるためには、毎日30分ごとに約5個の石を24時間体制で設置する必要があります。これに対し、有名なルーブル美術館の高さ22メートルのピラミッドは、わずか1年で完成しました。

 

12. 大ピラミッドには約230万個の石材が使用されている

現在、大英博物館に収蔵されている大ピラミッドの化粧石の原石

 

ギザの大ピラミッドの建設には、約230万個の石材が使用されています。ナイル川の対岸から切り出された石灰岩は550万トン以上、アスワンから運ばれた花崗岩は約8000トン、そして50万トンの由来不明のモルタルが使われたと推定されています。

 

11. ピラミッドの重さはどのくらいか?

ピラミッド全体は約230万個の石材で建設されていることが分かっていますが、1個の石材の重さが約2.5トン、特殊な石材を考慮すると、大ピラミッドの総重量は約595万5千トンとなります。これに対し、ブルジュ・ハリファ【アラブ首長国連邦のドバイにある超高層ビル】の空虚重量は50万トンです。

 

10. エジプトで最も古いピラミッドではない

エジプト最古のピラミッドの栄冠に輝くのは、別名「階段ピラミッド」とも呼ばれる「ジェゼル王のピラミッド」です。4,700年以上前、第3王朝のジェゼル王を葬るために、サッカラのネクロポリス(大規模な古代墓地)に建設されました。

 

このピラミッドは、紀元前2,650年時点では世界で最も高い建造物の記録を保持していましたが、その40年後にエジプトのメイドゥム・ピラミッドに抜かれました。

 

9. 大ピラミッドの内部はどうなっているのか?

リチャード・ポコックによる大ピラミッドのスケッチ(1754年)

 

大ピラミッドは、3つの部屋で構成されていることが知られています。岩盤の真上にある「基底室」と、「王の間」「女王の間」と呼ばれる2つの「上部室」です。ピラミッドの中に入ると、小さな通路がピラミッドの底を106メートルほど下り、その先に未完成の部屋があります。

 

下り坂を30メートルほど下ったところに、大回廊に続く上り坂の通路があります。大回廊の始まりには、女王の間があります。王の間は、床から5.9メートルの高さに屋根があります。北と南の壁には、2つの細いシャフト【通気孔のような孔】がありますが、その目的は明らかではありません。

 

王の間に残る唯一の遺物は、一部破損した石棺です。長方形の石棺は、王の間に通じる通路よりもわずかに大きく、屋根が作られる前に置かれたものと考えられています。

 

8. 盗掘者のトンネル

820年頃、アッバース朝第7代カリフ【イスラム国家最高権威者の称】であるアブドゥッラー・アル・マームンが、ギザの大ピラミッドに関する知識を得るため、また財宝を得るために、トンネルを掘って突破したという伝説があります。このトンネルは、現在では「盗掘者のトンネル」と呼ばれ、親しまれています。一方、このトンネルを解明するために、多くの矛盾した説も提唱されています。

 

7. 内部はほぼすべて盗掘された

多くの研究者が、新王国時代、特に王家の谷の墓の建設中に、ギザのピラミッドのすべての敷地は常に荒らされていたと主張しています。作家で考古学者のジョイス・ティルディスレイは、820年にアブドゥッラー・アル・マームンが到着するずっと前から、大ピラミッドも中王国時代には常に荒らされて空っぽになっていたと主張しています。

 

6. ピラミッドは何千年もの間、人類が作り出した最大の建造物であった

ギザの大ピラミッドは、完成した時点で約146.5mという世界一高い人工建造物となりました。その高さは、その後1311年にイギリスのリンカン大聖堂が建立されるまで、3,800年以上もの間、世界一を維持していました。大聖堂の尖塔が1549年の大嵐で吹き飛ばされたことにより、ドイツのセント・メアリー教会が世界一の座を奪いました。

 

5. ジェディ・プロジェクト

2004年、エジプト学者の国際チームが「ジェディ・プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトでは、大ピラミッドの女王の部屋にある2つの謎のシャフトを、ロボット探査機が調査することになっています。「ジェディ」という名前は、ピラミッド建設時にファラオに助言した古代エジプトの魔術師に由来しています。

 

4. 大ピラミッドは熟練労働者によって建設された

初期のギリシャの専門家たちは、ピラミッドの建設には何千人もの未熟な奴隷が使われたと考え、最近までその説が広く受け入れられていました。しかし、最近になって史跡の近くで多くの発見があり、ピラミッドは奴隷ではなく、何千人もの熟練労働者によって建造されたことが明らかになりました。

 

1990年、考古学者でエジプト学者のザヒ・ハワスは、同僚の考古学者マーク・レナーとともに、ピラミッドで24時間働いていたと思われる労働者の墓地をいくつか発見しました。研究者たちは、数人の熟練労働者のグループが敷地近くに永住し、ピラミッドで働くための大規模な労働力が召集されたのは晩夏の間だけだったという説を唱えています。

 

3. ギザの大ピラミッドは再現できるのか?

大ピラミッドの入り口
画像出典:Olaf Tausch

 

約4,500年前に建設された大ピラミッドは、現在に至るまで歴史家や建築家たちを驚かせていますが、その創造について、考えられる説明を提供しようとするいくつかの説があります。そのひとつが、ピラミッドのほとんどの部分が内側から外側に向かって作られたという説です。

 

現在、建築家やエジプト学者の間では、ピラミッドの建設は2段階に分けて行われたと考える人が増えてきています。まず、ピラミッドの体積の約67%を占める下3分の1は、外部の傾斜路を利用して石を引きずりながら造られ、最後の第2段階では、内部から螺旋状の傾斜路を使い、石のブロックを所定の位置にはめ込んでいきました。

 

フランスの建築家ジャン=ピエール・ウーダンは、大ピラミッドに関する知識をもとに、内部傾斜路理論を考案し、ダッソー・システムズ社の特別エンジニアリングチームと共同で、建設プロセス全体の3Dモデルを開発しました。ウーダンによると、彼の理論はピラミッドを再建する際に最も経済的な方法であるとのことです。

 

2. その費用はどのくらいかかるのか?

大ピラミッドの実物大レプリカを建設するのにかかる費用を見積もるのは、それほど簡単ではありませんが、ここに何かヒントがあるかもしれません。Livescienceの記事によると、現代版のギザのピラミッドを建設するには50億ドル近くかかるそうです。

 

ウーダンの試算によると、クレーンや他の種類の近代的な機械の助けを借りて、すべての構造物を完成させるには、約2,000人の労働者と5年の歳月が必要であるとのことです。50億ドルという金額は、コロラド川にフーバーダムを建設するために費やした資金をもとに算出したものです。

 

1. その他の興味深い事実

オリオン座の3大星に重ね合わせたギザのピラミッド
画像出典:Davkal

 

ギザの3大ピラミッド、すなわちクフ王の大ピラミッド、メンカウラー王のピラミッド、カフラー王のピラミッドは、オリオン座の三ツ星とほぼ完全に一致しています。この位置関係は、現在、「オリオン座相関説」と呼ばれる有力な仮説の重要なポイントとなっています。

 

これは、オリオン座の星とギザの3大ピラミッドには関係があり、古代エジプトの技術者はそれを知っていたとする説です。

 

大ピラミッドを含む3つのピラミッドの入り口は、真北(測地線上の北)を向いているのは、幾何学的な傑作とも単なる偶然とも言えます。ピラミッドの他の側面は、すべて他の基本方位に向いています。

 

ピラミッドはもともと、より滑らかな石灰岩で覆われていましたが、それらは今では取り除かれ、核となる部分だけが残されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ