ワークスタイル

ワークスタイル

古典的条件付けの実例11選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、11 Best Examples Of Classical Conditioning In Real Life
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

7,184 views

読了時間 : 約6分24秒


学習というと、生徒が先生の話を熱心に聞いている教育的な教室を思い浮かべることが多いでしょう。しかし、心理学の世界では、学習は別の意味を持ちます。

 

心理学者は、学習を「経験に基づいた、比較的永続的な行動の変化」と定義しています。学習の心理学では、動物がどのように学習し、環境と相互作用するかに関するさまざまなテーマに重点を置いています。

 

行動心理学では、古典的条件付け、オペラント条件付け、観察学習という3つの主要な学習の種類を説明しています。今回の記事では、古典的条件付けとは何かを実例を挙げて説明しました。

 

1890年代、ロシアの生理学者であるイワン・パブロフは、犬の消化反応に関する実験を行い、これが心理学における最も重要な発見の一つである古典的条件付けにつながりました。

 

パブロフは、犬に食べ物を見せると同時にベルを鳴らした。しばらくすると、犬はベルと食べ物を結びつけるようになった。ベルが鳴ると餌がもらえるということを徐々に覚えていったのです。そのうち、鈴の音を聞いただけで唾液が出てくるようになりました。ベルが鳴ると餌を期待するようになったのです。

 

通常であれば、餌の匂いや餌を見て、犬は唾液を分泌する。この場合、食べ物は無条件刺激(UCS)で、唾液分泌は無条件反応(UCR)です。

 

「無条件」というのは、刺激と反応を結びつけるための学習が行われていないということで、犬は食べ物を見て自動的に興奮し、(反射的に)唾液を出し始めたのです。

 

パブロフの実験では、誰も犬にステーキを見て唾液を出すように訓練しませんでした。しかし、無条件刺激(食べ物など)と、それまでニュートラルだったもの(ベルの音など)をペアにすると、そのニュートラルな刺激(NS)が条件刺激(CS)になったのです。これが古典的条件付けの発見である。

 

古典的条件付けには3つの段階があります。

 

条件付けの前:この段階では、無条件刺激(UCS)と条件刺激(CS)の間には何のつながりもない。無条件刺激(UCS)は自然に無条件反応(UCR)を誘発します。無条件反応(UCR)は学習したり教えたりすることはできず、完全に生まれつきの反応である。

 

条件付け中:刺激(NS)は無条件刺激(UCS)とペアになっている。しばらくすると、このペアリングによって、それまで刺激(NS)であったものが条件刺激(CS)になる。

 

条件付け後:無条件刺激(UCS)と条件刺激(CS)が結びつくと、条件刺激(CS)は単独で反応を引き起こすことができるようになり、これは現在、条件付き反応(CR)と呼ばれています。これは、犬が特定の反応を以前の自然な刺激と関連付けることを学んだことを意味します。

 

古典的条件付けは犬だけに作用するわけではありません。人間の行動も古典的条件付けの影響を受けていますが、私たちはその変化を認識できないことがよくあります。この現象をよりよく説明するために、私たちの日常生活で起こる古典的条件付けの最良の例をいくつか集めてみました。

 

広告に登場する著名人

無条件の刺激(UCS):有名人
無条件反応(UCR):有名人に対するあなたの肯定的な連想
条件刺激(CS):製品やサービス
条件付反応(CR) : 企業の製品に好意を持ち、購入するようになる

 

有名俳優が清涼飲料水を宣伝したり、インフルエンサーがソーシャルメディアで商品を紹介したりするなど、有名人の支持は無視できないものです。最近では、有名人の広告には、彼らのソーシャルネットワークでの話題作りやエンゲージメントが含まれることが多くなっています。

 

企業は、商品やサービスの売上を伸ばすために、有名人との良好な関係を利用しています。例えば、ロバート・ダウニー・Jr.は、2019年からOnePlusのブランドアンバサダーを務めています。以前は、HTCのスマホを宣伝していました。

 

潜在的な顧客はその後、OnePlusが製造したスマートフォンを見て、アイアンマンのスターであるロバート・ダウニーJr.を見たときと同じようなポジティブな感情を抱き始めます。

注射を受ける子どもたち

無条件の刺激(UCS):注射を受ける子供
無条件反応(UCR):泣き出してしまう
条件刺激(CS):白衣を着た医師
条件付反応(CR) :白衣を着ている人を見ると、子どもが泣き出す

 

予防接種は、小児の障害や病気を予防するための最も重要で費用対効果の高い戦略であるため、すべての子どもたちにとって基本的に必要なものです。世界中で多くの子どもたちが定期的に予防接種を受けていますが、この注射が原因で泣いてしまうことがあります。

 

お医者さんの白衣を見て、この痛い体験を連想してしまう子もいます。ついには、白衣を着ている人を見ると泣くようになります。

悪い先生のせいで生徒がある科目を嫌いになる

無条件の刺激(UCS):定期的に生徒に恥をかかせる先生
無条件反応(UCR):生徒がその教師を嫌っている
条件刺激(CS):科学を教えている先生
条件付反応(CR) :生徒が理科の授業を嫌い始めた

 

小さなミスをした生徒を定期的に罰したり、クラスの前で生徒に恥をかかせたりする教師がいます。このような状況では、生徒は先生やその先生が教える科目を好きになることができません。これは、同じ科目を学ぶことで、教室での過去の(悪い)経験を思い出すからです。

 

中には、その影響を受けて、学校というシステム全体を憎むようになる生徒もいます。このような行動は、学生生活を通して続くかもしれません。

犬の吠え声が怖い

無条件の刺激(UCS):男性が同じ場所で吠える犬に何度も噛まれた
無条件反応(UCR):恐ろしくて恐ろしい体験
条件刺激(CS):同じ場所を通り過ぎたり、吠え声を聞いたりすると
条件付反応(CR) :気が動転し、震え始める

 

例えば、ある男性が同じ場所で吠える犬に2回以上噛まれたとします。特に幼い頃に噛まれた場合、これは恐ろしい経験となります。その人は、吠える犬に対して非合理的で持続的な恐怖を抱くかもしれません。

 

その人は、吠える音を聞いたり、同じ場所を通るたびに、無気力になり、震え始めます。彼が感じる恐怖は、条件付きの反応です。

電話の着信音/ブザー

無条件の刺激(UCS):携帯電話から着信音/ブザーが聞こえる
無条件反応(UCR):あなたは通知を確認し、コンテンツを利用する
条件刺激(CS):公共の場で聞こえる身近な通知チャイム
条件付反応(CR) :あなたは本能的に携帯電話に手を伸ばす

 

私たちは、携帯電話を失うことのない宝物のように握りしめています。そんな現代の電子機器が、なぜ私たちを引きつけるのでしょうか。

 

実は、私たちが持ち歩いているスマートフォンは、自律性、有能性、関連性といった心理的欲求を満たす方法と関連しています。スマートフォンは、ニュース、エンターテインメント、知識などの無限のコンテンツにアクセスできるだけでなく、人とのつながりをもたらしてくれます。これらが日常的に組み合わされているため、携帯電話の着信音やブザーが自動的に反射的な反応を引き起こすのです。

 

公共の場で、自分と同じ通知音を聞いたことはありませんか?あなたは本能的に携帯電話に手を伸ばしましたか?それが古典的条件付けの作用です。

悪い成績表

無条件の刺激(UCS):悪い成績で埋め尽くされた成績表
無条件反応(UCR):両親があなたを怒鳴りつける
条件刺激(CS):また悪い成績表を受け取ってしまった
条件付反応(CR) :悪い結果を考えると悲しくなる

 

学校から送られてくる成績表は、学期や学年の成績を評価することで、学校での学習の質を決定します。悪い成績表を持って帰るたびに、親に怒られたり、いとこや友達と成績を比べられたりしたのではないでしょうか。

 

そして、次に悪い成績表を受け取ったとき、もしそれを親に見せたらどうなるか、すでにわかっているのです。悪い結果を予想しているので、悲しい気持ちになります。中には、そのことを考えて落ち込んでしまう生徒もいます。

食べ物の香りで空腹感を感じる

無条件の刺激(UCS):食べ物の香り
無条件反応(UCR):匂いに反応した空腹感
条件刺激(CS):食べ物のある道を通る
条件付反応(CR) :食べたいという気持ちが芽生える

 

好きな食べ物の匂いを嗅ぐとどうなるでしょうか?何時間も食べていなければ、すぐにお腹が空いてくるでしょう。これは誰にでもあることです。

 

たいていの場合、食べ物がある道を横切ったり、特定のレストランの前を通ったりすると、空腹を感じていないにもかかわらず、自動的に食べたいという欲求が生じます。同様に、1日のうちの特定の時間帯(例えばランチタイム)になると、空腹ではないのに食べたくなる人もいます。

がん患者は化学療法の前に気分が悪くなる

無条件の刺激(UCS):癌患者は化学療法を受ける
無条件反応(UCR):嘔吐や吐き気などの副作用が出る
条件刺激(CS):化学療法を受ける治療室
条件付反応(CR) :患者さんは気分が悪くなり始める

 

嘔吐と吐き気は、がん患者さんとその家族が最も恐れるがん治療関連の副作用の一つです。化学療法を受けている患者さんは、治療中や治療後すぐに嘔吐することがよくあります。複数回の化学療法を受けると、治療室を見ただけで気分が悪くなる患者さんもいます。

クリスマスソング

無条件の刺激(UCS):クリスマスホリデー
無条件反応(UCR):幸福と興奮
条件刺激(CS):音楽
条件付反応(CR) :クリスマス気分を味わえること

 

ペパーミントの味、家々に飾られたイルミネーション、松の木の香り、クリスマスソング……これらは、年末のホリデーを連想させるものです。

 

ポピュラーなクリスマスソングを聴くと、頭の中でホリデーシーズンにまつわる楽しい思い出が蘇ってきます。楽しい音楽を聴くことは、あなたの振る舞いにも良い影響を与えるという研究結果もあります。

野生生物の保護

無条件の刺激(UCS):肉
無条件反応(UCR):ライオンは肉を食べる
条件刺激(CS):駆虫剤で処理された牛の肉
条件付反応(CR) :ライオンは気分が悪くなるので、肉を食べることを拒否する

 

古典的条件付けは、野生動物の保護活動にも利用できます。ある研究では、アフリカのライオンが牛肉の味を嫌うように条件付けを行いました。これは、ライオンが牛を捕食しないようにするためで、その結果、農家がライオンを殺すのを防ぐことができます。

 

8頭のライオンに、駆虫剤で処理した牛肉を与えました。これによりライオンは一時的にお腹を壊しました(ただの消化不良)。これを何度も繰り返した後、再び処理をしていない肉を与えましたが、さすがにライオンは食べませんでした。ライオンは牛の肉に嫌悪感を抱くようになったので、牛を捕食することはまずないでしょう。

 

 恐怖症と不安症の克服

無条件の刺激(UCS):犬
無条件反応(UCR):犬恐怖症の人は犬が怖くなる
条件刺激(CS):リラクゼーションテクニックを行うセラピスト
条件付反応(CR) :犬のそばにいると安心する

 

古典的条件付けは、犬恐怖症のようなさまざまなタイプの恐怖症に対処するための治療にも用いられます。セラピストは、犬の写真やビデオを頻繁に見せながらリラクゼーション法を行うことで、犬とリラクゼーションの関連性を形成することができます。

 

同様に、もし小学生が特定の科目を嫌っていたら、教師はその科目に楽しくて幸せな環境を用意して、生徒がその科目を楽しみながら勉強できるようにします。

おすすめ新着記事

おすすめタグ