ワークスタイル

ワークスタイル

UXデザイナーが直面する5つの共通課題とは?その解決法も併せて紹介 UXデザイナーの役割を考える

本記事は、5 Common Challenges UX Designers Face — And How To Overcome Them
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

381 views

読了時間 : 約5分47秒

ユーザーエクスペリエンスUXデザイナーになるのは楽しいことです。業界は成長を続けており、アメリカの平均的なUXデザイナーの給与は現在9万ドルほどです。これは、キャリアの多くある利点のほんの一部に過ぎません。

 

今回はそのUXデザイナーが直面する最も一般的な課題を5つと、それらの克服法をお伝えします。

 

1. 仕事についての誤解

 

UXデザイナーとして直面する最も一般的な課題の1つは、自分が何をしているのか理解していないことです。

 

UXは学際的ではしばしば過小評価されています。多くの人にとって、UXデザインという用語は、単に「見栄えを良くする」ことと同義だったりします。このことで、UXのビジネスでの価値が見落とされていることに気付くかもしれません。UX関係者はワイヤーフレームをスケッチすること以外の選択肢があることを知っていますが、ほかの主要な関係者が、あなたがそこにいることを完全に理解していない場合など、問題が起こることがあります。

 

どうして?

 

UXデザインは非常に協調的な役割であり、ビジネスのほぼ全員からの参加が必要です。企業のビジョンを理解するために、会社の幹部と会う必要もあります、そしてユーザー洞察のためにカスタマーサービスチームに頼るかもしれません。あなたが自分が何をし、なぜそれが重要なのかがわかっていない場合、適切な人と関わることは困難です。

 

アプリを設計するために参加したと想像してみてください。その会社は、自分のユーザーが誰で、何が欲しいのかをすでに知っています。あなたがする必要があるのはデザインだけです。

 

ただし、調査段階で、ユーザーに関する新しい洞察を発見すれば、あなたはプロジェクトを全く異なる方向に向かわせる必要があります。そしてそれが絶対に必要であるとCEOや他の関係者に納得させる必要があります。単にあなたがいくつかのプロトタイプを完成させることを期待されていたなら、企業側はこの提示にいい反応を示さないかもしれません。

 

解決法

 

UXデザイナーとして、非常に早い段階で予想を立てることが重要です。依頼があり、新しいプロジェクトを始めたら、あなたがしていることとその理由を説明してください。プロジェクトを進めながら、質問をしたり受けたりするための定期的な機会を提供するといいでしょう。

 

最も重要なのは、自分の仕事を守るという衝動を持たないことです。自分のしていることについて他の人に聞いてもらいましょう。あなたのデスクでの非公式チャットや昼休みのワークショップを通してでもいいかもしれません。開放された環境を育むことによって、あなたは自分の役割についての誤解をもたれずにいることができます。

 

2. 時間と予算の制約のもとで行う

 

UXのキャリアの中で少なくとも一度は、ユーザーリサーチを行うための時間と資金が足りないことがあるでしょう。クライアントやマネージャーはあなたに調査段階完全に削除するように頼んでくるかもしれません。

 

それは良くある難問です。意思決定者は、顧客のことがすべてわかっていると確信しています。限られた時間や資金で、すぐにデザインを始めることは確かに理にかなっていますが、UXデザイナーとしては、その逆が実際にやるべきことだとわかっています。ユーザーリサーチは、実際のユーザーの問題を確実に解決するためには不可欠なのです。

 

理想的の世界では、CEOに会いに行き、ユーザーリサーチは時間と資金に見合う価値があると納得させるでしょう。結局のところ、ユーザーリサーチを行わずに進むと、企業に何百万もの費用がかかることが知られています。しかし、実際には、簡単なことではありません。予算は決まっていて、依頼者の心も決まっています – そこであなたに何ができるでしょうか?

 

解決法

 

最初のユーザー調査を削除することは選択肢ではないため、別の方法を見つける必要があります。幸いなことに、これは多くのUXデザイナーがこれまで経験してきたことであり、予算に合った迅速で効果的な調査を行う方法はたくさんあります。

 

取得したリソースをプールし、できるだけプロセスを合理化することに焦点を当てましょう。たとえば、ユーザーインタビューのために参加者を募集する必要がある場合は、ソーシャルメディアにその旨を伝え、直接ではなく電話でインタビューを実施します。別の方法はゲリラ研究です。これでほとんどすべての調査を縮小することができます。

 

時間と予算の制約に直面したとき、たとえあなたが望んでいたほど徹底的ではないとしても、ある程度調査すれば、何もないよりはいいと覚えておいてください。

 

3. どの問題を解決するかを決める

 

UXデザイナーとして、あなたは好奇心と問題を解決したいという願望に駆られているはずです。より多くの側面から見ると、より多くの問題を特定するでしょう。そうなると一つだけに絞ることが難しくなります。

 

キャリアファウンドリーのデザイン責任者であるJeffrey Humble氏は、次のように説明します。「UXデザイナーになることの最大の課題の1つは、どの問題を解決するかを決めることです。明確な問題があるプロジェクトでさえも困難な場合があります。プロジェクトに取り組むときは、ユーザーと関係者のインタビューで出てくるあらゆる問題を解決したくなるものですが、それほど時間はありません。1つのプロジェクトの範囲内で解決できる問題は非常に多くあります。」

 

途中で新しい問題点を発見することは避けられませんが、そのたびにタックを変えることはできません。課題は集中し続けることにあります、そして、あなたの問題声明はあなたを助けるでしょう。

 

解決法

 

Don Norman氏の言葉で、間違った問題に対する解決策は、まったく解決策がないことより悪いことがあるというものがあります。良いデザイナーは、与えられた問題を解決することから始めません。本当の問題が何であるかを理解することから始めます。

 

どのUXプロジェクトでも、始める時は問題を見極めることに時間をかけてください。適切な問題の記述は、ユーザーとそのニーズに焦点を合わせ、それらのニーズのうち1つか2つだけに対処しましょう。対処可能な問題を見極めることは、道を踏み外さずに新しい問題を発見することにも役に立つでしょう。

 

自分の気が散っていると感じた場合は、問題の核心に近づきつつあります。机のあるところの壁にメモでも貼り付け、集中しないといけないときは、いつでもそれを見てください。

 

4. デザインと開発の間のギャップを埋める

 

デザイナーと開発者には、製品開発プロセスで果たすべき非常に重要な役割があります。開発がなければデザインは無用であり、デザインがなければ開発はできないとよく言われます。両者の協力は最も重要ですが、異なる言語を話しているように感じることもあります。

 

特に困難になる可能性がある分野の1つに、開発から開発へのハンドオフがあります。 UXデザイナーとして、問題を解決するためのとるべきアプローチは、同僚の開発者のものとは異なります。ユーザーと製品の間を考えている時、開発者が関心があるのは、技術的なことですから。

 

デザイナーと開発者が連携していないと、プロセスと製品の両方が大変になります。コミュニケーション不足と知識不足が主な原因となる傾向があり、その結果、過度の(そして冗長な)フィードバックループ、同じ目的での異なる解釈、また予期しない品質保証の問題が発生してしまいます。

 

解決法

 

デザインと開発の間のギャップを避けるための最善の方法は、陣族にそして頻繁にコミュニケーションをとることです。できるだけ早く開発者を参加させてください。そうすれば、ハンドオフのずっと前から潜在的な問題を認識することができるでしょう。

 

知識の共有も重要です。必ずしもコーディング方法を習得する必要はありませんが、開発者がどのように作業しているのか、また直面している課題はなにかを理解するのには時間をかけてください。Zeplin、InVision、Avocodeなどのツールも、ハンドオフプロセスを容易にするようにデザインされています。

 

5. UXという範囲の広い役割をナビゲートする

 

UXデザイナーが取り組むもう1つの課題は、ぱっと見終わりのないUXの役割です。UXデザインというのは非常に広い分野です。時間の経過とともに、UXデザイナーの役割はさまざまな専門分野に分岐し、企業は、情報アーキテクト、UXリサーチ、UXライター、ユーザビリティアナリストなど、UXの特定の側面にそれぞれのスペシャリストを採用することが増えています。

 

一般的なUXデザイナーの役割を考えた場合でも、重複する可能性がある新しい用語がいくつかあります。

 

そのため、業界内でその役割を位置づけるのは難しい場合があります。まず、専門化するか一般化するかという問題がありますが、これはすぐに決定する必要があるものではありません。その他には、UXの雇用市場を取り巻く矛盾した呼び名、タイトル、そして専門用語があります。

 

解決法

 

次の転職を決める場合でも、現在の会社内での役割を定義しようとしている場合でも、常に最新の情報を入手することが重要です。企業が現在採用しているUXの役割の種類については、Indeedのような求人サイトを参照してください。たとえば、アメリカでUXデザイナーの役割を検索すると、UX研究者、UI / UXデザイナーおよび開発者、ブランドデザイナーなどの名前も表示されます。

 

調べていくうちに、それぞれさまざまな役職に関連したスキルや責任を感じ始めるようになるでしょう。それはあなた自身がUXプロフェッショナルとしてマーケティングし、あなたの個人的なブランドを築くことになるでしょう。

 

ここでご紹介したのは、一般的なUXの課題5つとそれらを克服する方法です。提示したハードルに気づいたところで、直面したときにすぐにそれらを識別し、適切な行動を起こすことができるはずです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ