ワークスタイル

ワークスタイル

【2020年版】ニューヨークのベスト・コワーキングスペース9選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、9 Best Coworking Spaces In NYC In 2020
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

363 views

読了時間 : 約7分36秒

調査によると、アメリカでは、従来型の9時〜17時の会社員としての働き方だけでなく、フリーランスのキャリアを選ぶ人や複業をする人が増えています。2019年には5,700万人以上の人がフリーランスになると推定されており、これまで以上に多くの人が、フリーランスを長期的なキャリアパスとして捉えることになるでしょう。

 

 

アメリカでフリーランス率が最も高いのは、ニューヨークです。調査によると、ニューヨーカーの34%がフリーランスであり、この労働力は年間310億ドル以上を市の経済に貢献していることが明らかになっています。

 

この傾向は急速に高まっており、人々が集まって仕事をし、交流し、仲間とのネットワークを構築するセミフォーマルなワークゾーンの需要も高まっています。これらのゾーンは典型的なオフィスのワークスペースとは異なります。コワーキング環境にいる人々は通常、同じ会社で働いているわけではないからです。

 

 

コワーキングは、創造性、柔軟性、コラボレーション、ネットワーキング、モチベーションの適切な組み合わせを必要とするフリーランサー、デジタルノマド、プロフェッショナルのための新しい環境となっています。

 

 

以下では、生産性、ネットワーキング、そして仕事をこなすのに最適な、幅広い価格帯のニューヨークで最高のコワーキングスペースをいくつかご紹介します。これらのスペースはそれぞれがユニークなオーラを放ち、アメニティ、交通の便等必要なものは全て備わっています。

 

 

第9位  The Farm SoHo

価格:Dedicated Deskは月額349ドル、Hot-Deskメンバーは月額179ドル。

 

 

The Farmには、スタートアップ、クリエーター、フリーランサーなど、それぞれの分野のイノベーションに向けて歩んでいる人々が集まっています。

 

 

同社はソーホー、ソーホーイースト、ノマドの3つのスペースを持っています。どのスペースもニューヨークの中心部に位置し、自然を感じさせるユニークなインテリアデザインが特徴です。彼らは、ハイテーブルやベンチ、家具を備えた柔軟なコワーキングエリアを持っています。夜になると、これらのエリアはミートアップやイベント、ライブトークのためのスペースに変身します。

 

 

インテリアは農場がテーマとなっており、木材や金属、緑がふんだんに使われています。物理的なワークスペースを必要としない場合は、ビジネスアドレスやメールサービスも提供しており、人事・保険・給与システムのサポートも受けられます。

 

 

刺激的で生産性の高いワークスペースをお探しの方にはぴったりの環境です。そして、無制限のコーヒー/紅茶と印刷施設もついていますよ。

 

 

第8位 The Wing

価格:メンバー費用は場所にもよりますが、月額185ドル~215ドル。オールアクセスのメンバーは月額250ドルです。

 

 

2016年に設立されたThe Wingは、居心地の良いコーナーや電話ブース、会議室などが充実したコワーキングスペースです。もともとは女性向けに作られていましたが、2019年には性別に関係なくメンバーの受け入れを開始しました。

 

現在、The Wingの会員数は12,000人を超えています。メンバー主導のクラブやサポートサークルがあり、メンバー同士が交流したり、知識を交換したり、学び合うことができます。同社の最終的な目標は、コミュニティを通じた女性の職業的、市民的、社会的、経済的な進歩とされています。

 

 

ニューヨーク市内に5つのスペース(ウィリアムズバーグ、ダンボ、ソーホー、フラットアイアン、ブライアントパーク)を運営しています。各オフィスには、予約可能な会議室、電話を受けるための電話ブース、シャワールームと美容室、そして、女性にフォーカスした図書館があります。

 

 

各スペースでは、メンタルヘルスや健康に関するワークショップ、時事問題に関するパネルディスカッション、映画の上映会、ソーシャルイベントなど、週に3~4回のイベントを開催しています。

 

 

また、教育や社会サービスを十分に受けられない女性や女の子たちの地位向上に貢献すべく、個人を対象とした奨学金プログラムも用意しています。

 

 

第7位 Convene

価格:コミュニティメンバーは月額250ドルから。プライベートスイートの料金は場所によって異なります。

 

 

Conveneは、長期の商業リース契約の手間は不要で、フルサービスのワークスペースを提供しています。すべてを引き受けてくれるので、ユーザーは自分のチームとビジネスに集中することができます。

 

 

タイムズスクエア、ウォールストリート、ロックフェラーセンター、グランドセントラルなど、マンハッタンの象徴的なランドマークから数分というアクセス良好な場所に、14のオフィスを構えています。

 

 

世界で最も有名なビルの中にオフィスを構え、5つ星のホスピタリティサービス、信じられないほどの眺望、気が散らない環境のための素晴らしいインテリアデザインを備えています。

 

 

快適さと生産性を高める最先端のワークスペースを備えていますが、プライベートオフィスはかなり高価です。小規模なチームのために、手頃な価格のオプションもたくさん用意されています。

 

 

第6位 Croissant

価格:月額39ドル(10時間)、月額129ドル(40時間)、月額249ドル(120時間)。

 

 

Croissantは、外出先でもコワーキングスペースを簡単に見つけることができます。常に街中を移動しているリモートワーカーや、1つのワークスペースに月に何百ドルもの費用をかけたくない人のために作られています。

 

 

月額制のコワーキングメンバーシップでは、ニューヨークで最もシェアされているワークスペースの数々を利用することができます。ニューヨークには、仕事をするための刺激的な場所がたくさんあります。

 

 

アプリをダウンロードして、待ち合わせや仕事をしたり、プロジェクトに集中したりするためのスペースを近くで見つけるだけでいいのです。空席のあるスポットを選び、到着したらアプリでチェックイン。各ワークスペースでは、高速WiFi、コーヒー、同じ志を持つ人たちが待っています。

 

 

営業時間はワークスペースによって異なります。ほとんどのワークスペースは日中のみの営業ですが、中には営業時間を延長しているところもあります。アプリ上のリストで確認することができます。

 

 

第5位 GreenDesk

価格:プライベートオフィスは月額350ドルから。専用デスクは月額199ドルから。

 

 

2008年に設立されたGreenDeskは、ユニークで環境に優しいオフィススイートを提供することで知られています。また、バーチャルオフィスや会議室も提供しており、オフィス全体を必要としていない方や、もう少しスペースが必要な方にもご利用いただけます。

 

 

大会議室、共有ワークスペース、小売店、イベントスペースなどがあります。それらは、高速インターネットとVoIP対応のネットワークで接続されています。フルーツウォーター、新鮮なコーヒー、印刷設備は家賃に含まれています。

 

 

その他、設備の整ったキッチン、屋上パティオ、収納スペースなどの便利な設備やサービスも利用でき、仕事に集中することができます。

 

 

同社はブルックリンとクイーンズの一等地に複数のオフィススペースを運営しています。必要なデスクの数や、イベントを企画するためのメディア対応の会議室を、1日/週/月単位でレンタルすることができます。

 

 

第4位 Industrious

価格: プライベートオフィスの場合、場所にもよりますが、月額1,450ドル~2,750ドル。

 

 

Industriousはコワーキングよりもプライベートオフィスを重視しています。広々としたスイートルームには、共用スペース、会議室、プライベートオフィスがあり、それぞれのビジネス要件に合わせてカスタマイズされています。

 

 

また、床から天井までのガラス窓と自然光が入る伝統的なプライベートオフィスもあり、小規模なチーム向けに特別に設計されています。高級アメニティには、ウェルネスルーム、高速WiFi、無制限のカラー印刷、オフィス用品、毎日の朝食、クラフトコーヒーなどがあります。

 

 

ニューヨーク市内のいくつかの場所(ユニオンスクエア、ソーホーウエスト、エクイノックス、ブライアントパーク、ブルックリン)にあるIndustriousは、市内だけでなく、国内でもかなりの存在感を示しています。

 

 

同社は長期リースにこだわっていないため、頻繁にメンバーを追加している新興企業やビジネスにはもってこいです。

 

 

第3位 NeueHouse

価格:800ドル~4,500ドル(メンバーシップの種類により異なります)。

 

 

NeueHouseは、映画、デザイン、ファッション、出版、アートなどの分野で活動する個人の起業家や中小企業に共同作業スペースを提供しています。また、同社は毎週のように文化的なプログラムやライブトークを開催しています。

 

 

マディソン・スクエアに1つのオフィスがあり、クライアントのプレゼンテーション、懇親会、製品発表会などのためのプライベートスペースを多数提供しています。専用コンシェルジュサービス、ウェルネスルーム、プライベートシャワー、アーティザンローストコーヒー、ハッピーアワー&カクテルプログラムなどのアメニティも充実しています。

 

 

開放的でダイナミックな環境で活躍する個人やチームのために、多くの社交スペースと複数の会議室が用意されています。そして、周囲からは閉ざされたオフィスで自分の仕事をしたい人に対しても、NeueHouseは十分なスペースとプライバシーを提供しています。

 

 

第2位 Freelancers Union

価格:月曜から金曜の午前9時から午後5時までの間、月8回のコワーキングまで無料(無料WiFiと無料印刷付き)。

 

Freelancers Hubは、ニューヨークのフリーランサーの繁栄を支援するために作られたコミュニティ・スペースです。教育的なワークショップ、福利厚生相談、無料の法律相談、ネットワーキングの機会を含む多くの無料イベントを提供しています。このスペースは、ニューヨーク市に住み働いているすべての人に開かれています。

 

 

このスペースは、ニューヨーク市長のメディア・エンターテイメント局、フリーランサーズ・ユニオン、そしてIFPのメイド・イン・ニューヨーク・メディア・センターとのパートナーシップにより設立されました。これは、フリーランサーにサービスを提供するための初の民間と公共のパートナーシップです。

 

 

ブルックリン区ダンボにあるスペースは、会議室、教室、メディアアートギャラリー、図書館、72席の劇場で構成されています。ラウンジチェア、カウチ、コミュニティテーブル、カフェテーブルなど、座席の選択肢は豊富です。

 

 

ワークスペースは最大40人まで収容可能で、静かで生産的に過ごせるよう設計されています。

 

 

第1位 WeWork

価格:プライベートオフィスは月額760ドルから。ホットデスク・メンバーは月額380ドルから。

 

ニューヨークで最もクールなコワーキングスペースといえばWeWorkです。同社はフリーランサーや起業家のための物理的・仮想的な共有スペースとオフィスサーバーを設計・構築しています。

 

 

WeWorkはニューヨーク市内のマンハッタン、クイーンズ、ブルックリンを含む重要な場所に65以上のスペースを運営しています。同社によると、各オフィスは集中力、生産性、接続を促進するように設計されています。

 

 

すべてのオフィススペースには会議室、ユニークな共有スペース、無料の軽食、電話やビデオチャットを行うための電話ブースが用意されています。共用スペースには、あなたのチームだけでなく、建物内のゲストにもインスピレーションを与えるような独特の雰囲気があります。

 

 

オフィススペースの中には、授乳室、ウェルネスルーム、フードホール、大規模なイベントスペース、音響の良いスイートルームなどがあり、音声録音や映像編集のために利用されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ