ワークスタイル

ワークスタイル

世界で最も裕福で影響力のある黒人ビリオネラー10名

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10 Richest and Inspiring Black Billionaires In The World | 2021 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

243 views

読了時間 : 約5分23秒

フォーブスによると、2017年の億万長者の総数は1年前の1,810人から2,043人に増加し、13%急増しました。これは間違いなく、30年以上でリストの最大の出来事でした。そして、その2000人以上の億万長者のうち、1%未満が黒人であるか、黒人の祖先を持っているという統計があります。

 

テレビ局の幹部でありアメリカの起業家でもあるロバート・ルイス・ジョンソンは、2001年にケーブルテレビネットワークのBETをバイアコムに30億ドルで売却し、最初のアフリカ系アメリカ人の億万長者になりました。アフリカのビジネスマンのほんの一握りとはいえ、夢を掴むきっかけとなった大きな出来事であります。これから多大な影響を与えた10人の黒人億万長者についてご紹介したいと思います。

 

 

第10位.フォロルンショアラキヤ

純資産:10億ドル

 

ナイジェリアのフォロルンショアラキヤは、ファッション、印刷、石油ビジネスに携わる億万長者です。彼女はSupremeStitchesという名前の会社を設立し、ビジネスを始めました。自社の人気上昇を確信し、彼女はすぐに別のファッション会社The Rose of SharonGroupを立ち上げました 。

 

 

その後、1993年に石油事業に参入し、現在はナイジェリアの石油会社FamfaOilの副会長を務めています。2015年、アラキヤは 、仲間のニジェールンゴジオコンジョイウェアラに次ぐ、アフリカ大陸全体で2番目に強力な女性に選ばれました。

 

 

第9位.モハメッドイブラヒム

純資産:11億ドル

 

71歳のスーダン英国の億万長者である彼は、1998年に設立した通信会社Celtelを売却することで富を得ました。契約前、同社はすでにアフリカ14か国で2、400万人以上の携帯電話加入者を抱えていました。数十億ドルの取引の後、現在ではMo Ibrahimは、アフリカのより良い統治の促進の為に時間を費やしています。

 

彼の MoIbrahim Foundationは、アフリカの州の元首にリーダーシップにおける功績として500万ドル以上の報酬を与えています。ガバナンスはまた、人権、法執行機関、全体的な生産性などの分野のすべてのアフリカ諸国を評価し、アフリカのガバナンスの改善を促進させるべくMo Ibrahim Indeを公開しています。

 

 

第8位.マイケル・ジョーダン

純資産:19億ドル

 

マイケルジョーダンは、言わずと知れた史上最高のバスケットボール選手です。彼の功績は、次世代のプレーヤーに影響を与えただけでなく、全世界にNBAブランドを普及させました。15年間のキャリアの中で、ジョーダンは2度にわたり金メダルを獲得するなどNBAの最高のプレーヤーでした。

 

彼が大富豪となったのは、スポーツ業界に関連する大手企業とのスポンサー契約であり、2017年にナイキとの1億1,000万ドルの契約を締結しました。他にもヘインズ、ゲータレード、アッパーデッキなどとのスポンサー契約も維持しております。

 

レストラン事業と並行して、彼はプロバスケットボールチームのシャーロットホーネッツも所有しており、2010年にロバートL.ジョンソンから約2億7500万ドルで購入しております 。

 

 

第7位.イザベルドスサントス

純資産:22億ドル

 

イザベルドスサントスは、アンゴラの前大統領ホセエドゥアルドドスサントスの長女です。2013年、フォーブスの記事によると、彼女の富のほとんどは父親の影響力とつながりによるものであり、大統領任期が終了する前に、彼は全国の大手通信会社や銀行の株式をイザベルに譲渡しました。

 

彼女は2013年にフォーブスに億万長者としてリストアップされ、2015年にBBCによって世界で最も影響力のある100人の女性の1人に選ばれました。通信事業を拡大するために、NOS、SGPSS.Aなどのポルトガルおよびオランダのいくつかの企業に巨額の投資を行ってきました。

 

 

第6位.パトリス・モツェペ

純資産:24億ドル

 

パトリス・モツェペは現在、南アフリカで4番目に裕福な人物です。モツェペは2008年にビリオネアになり、最初の黒人南アフリカのビリオネアとしてフォーブスのリストに加わりました。彼は、金、金属、プラチナ、その他の鉱物を扱う鉱山会社、African RainbowMineralsの創設者です。また、ケープタウンに本社を置く金融機関であるAbsaGroupとSanlamにも出資しています。

 

 

第5位.オプラ・ウィンフリー

純資産:27億ドル

 

オプラウィンフリーは、世界で最も裕福なアフリカ系アメリカ人であり、最初の黒人女性のビリオネアです。オプラはアメリカのプロデューサーであり、慈善家であり、特にトークショーで有名となり、オプラウィンフリーショーというトークショー番組が有名になりました。

 

現在、彼女はHarpoProductionsとOprahWinfreyネットワークのCEOを務めています。ウィンフリーは2004年から2006年まで唯一の黒人ビリオネアであり、2013年までは唯一の黒人女性ビリオネアでした。

 

 

第4位.ロバート・F・スミス

純資産:50億ドル

 

デンバーで生まれたロバートF.スミスは、主にミドルクラスのアフリカ系アメリカ人街近隣に生まれました。彼はコーネル大学を卒業し、化学工学の理学士号を取得しました。化学技術者として3起業を経験後、コロンビアビジネススクールでMBAを取得しました。

 

その後、世界最大の投資銀行の1つであるゴールドマンサックスに入社し、IT起業の合併や買収の認識を大きく変えました。ロバートは野心家であり、更なる上昇志向から2000年にゴールドマンを離れ、Vista EquityPartnersという名前の彼自身のプライベートエクイティ会社を設立しました。

 

Vista Equity Partnersは、設立以来、TIBCO Softwareの43億ドルでの買収を含め、5ダースの数十億ドルの取引に関与してきました。彼の会社は最近、300億ドルを超える資産を運用していると報告しました。

 

 

第3位.モハメド・フセイン・アル・アモウディ

純資産:81億ドル

 

モハメド・フセイン・アル・アモウディは、アフリカで最も偉大な人物の1人です。彼は不動産、建設、石油事業で莫大な財産を手にし、エチオピアで最も裕福な男、世界で2番目に裕福なサウジアラビア市民としてリストされました。

 

Al Amoudiは、MIDROCとCorral Petroleum Holdingsという2つの大規模な持ち株会社を通じて、さまざまなセクターの多様な事業ポートフォリオを維持してきました。スウェーデンとモロッコに石油精製所とガソリンスタンドを所有しています。

 

エチオピアでは、農業部門も計画に含まれていますが、金鉱業とセメント産業に多額の投資を行ってきました。

 

 

第2位.マイク・アデヌガ

純資産:92億ドル

 

マイク・アデヌガは、世界で2番目に裕福なナイジェリア人であり、3番目に裕福なアフリカ人とされています。彼の多国籍電気通信会社であるGlobacomは、2016年に3600万人以上の加入者を抱える、国内で2番目に大きな電気通信サービスプロバイダーです。彼の会社を通じて、彼はConoil and Equitorial TrustBankの過半数の株式も所有しています。

 

彼はニューヨークのノースウェスタンオクラホマ州立大学とペース大学でMBAを取得しています。大学在学中、教育資金を調達するためにタクシー運転手として働いていました。2016年の初めに、彼の個人資産は100億ドルに達しましたが、翌年には大量の債務と裁判所の制裁措置により彼の個人資産は失われました。

 

 

第1位.アリコ・ダンゴート

純資産:138億ドル

 

ナイジェリアのビリオネアであるアリコ・ダンゴートは、2013年にエチオピア生まれのサウジアラビアのビリオネアであるモハメド・フセイン・アル・アモウディを抜いて、世界で最も裕福なアフリカ人になりました。彼の富の大部分はナイジェリアの多国籍企業ダンゴートグループからのものであり、そこで彼はCEO兼会長を務めています。

 

ダンゴートグループは、アフリカで最大かつ最も多様化した複合企業の1つです。同社は、不動産、食品および飲料、建設、石油およびガスのセクターに関心を持っており、電気通信および鉄鋼業界への参入を計画しています。現在、セネガル、カメルーン、エチオピア、南アフリカ、ザンビアなどの他のアフリカ諸国で。彼はまた、アフリカ産砂糖とセメントの市場を支配しています。

 

ナイジェリア政府によると、ダンゴートはエボラウイルスの蔓延を抑えるために約1億5000万ナイラを寄付しましたと発表しました。これは、75万米ドルに相当します。財団の助けを借りて、ダンゴートはナイジェリアのヘルスケアと教育部門に戦略的投資もしております。

おすすめ新着記事

おすすめタグ