ワークスタイル

ワークスタイル

フリーランスとしてWeb開発に関わるプロ意識 飾らぬ自分を見せてより確かな信頼関係を構築しよう

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、The Case for Showing Freelance Clients Your Authentic Self
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

189 views

読了時間 : 約3分7秒

WebデザインとWeb開発は広漠な課題です。 そして業界内にいる私達はその隅々まで知っていることを期待されているように思えます。私たちはWeb関連の問題を全て解決できる全能の人としてみなされている説も見かけます。

 

しかしこの説を信じこむことは、私たちの肩にかなりの量の体重をかけることを意味します。 クライアントの実際の期待がどうであれ、私たちはすべて管理下に置いているというイメージを周囲に持たせる必要性を感じます。しかし実際のところ、私たちはスーパーヒーローではありません。何? 大丈夫! 完璧である必要はありません!

 

私たちの実際をクライアントに見てもらうには、ちょっとした恥ずかしいことや欠点なども見せることになるかもしれません。しかし今日は、化けの皮を剥がして自分に正直になるよう主張するつもりです。 これはあなたのキャリア、クライアントとの関係、そしてあなたの精神的健康にとって良く効きます。

 

より良いプロ意識とは ちょうど良さにあり

 

タンクトップやサンダルでミーティング(バーチャルであれ対面であれ)に出ろと言っているのではありません。もちろん見栄えよい格好で、プロらしい対応で、丁寧な態度で行動する必要があります。

 

私が言っているのは、すべての質問に対して完璧な答えを持つ必要はないということです。

 

人間に備わったすべてのスキルを持っているかのように偽る必要はありません。クライアントの要望探しに無限に付き合う必要さえありません。実際、正反対のことをしてください。もしよく知らない、または自分に合わない場合はそう言いましょう。

 

これで、あなたを心理的なプレッシャーから解放するだけでなく、あなたとあなたのクライアントの間の壁をも打破することができます。

 

オンライン界への鍵を持っているかのように振る舞う代わりに、クライアントのニーズとそれらを満たすことに伴う課題について、実のある正直な議論をすることができます。

 

結果的に、あなた達はお互いをより確かな人と見られるようになるかもしれません。それはただ義務的に人と対話する役割を果たしているときに達成することはほぼ不可能な、レベルの高い信頼関係を構築することができます。

 

 

 

より良いプロジェクトとは お互い正直でいられる信頼関係にあり

 

この新しい真実は、プロジェクトを引き受けるかどうかの場に、新しい自由の感覚をもたらします。

 

私は全知全能の人ですと嘘をついていない場合、何でも喜んでするつもりか、自分にとって意味をなさないかどうか、あなたは自由に述べて良いのです。

 

例として私自身も、専門外のスキルを必要とするプロジェクトにアプローチしたことがあります。そのプロジェクトは私のスケジュールを合わせられないほどの関係性を必要とすることもありました。ごく稀に、私はこうした人生を変えるプロジェクトに直面しました。

 

まだキャリアが若かった頃、私は自分が気持ち良く参加できないプロジェクトに、分かっていながらも没頭することがよくありました。時間が経つにつれて、最善の策は自分の興味に正直であることだと知りました。

 

プロジェクトが私には適していない場合は、顧客候補に連絡します。特定のスキルに早さを合わせる必要がある場合は、それを受け入れます。結果的に、一緒に前進できる時もあれば、別れることもあります。

 

あなた自身の欠点を認めることにどんな利点があるのか、​​疑問に思う人もいるかもしれません。確かに、あなたの答えに満足することができないクライアントもいる可能性があります。

 

自分が扱いきれない内容の、ある程度の仕事量のプロジェクトになんとか参加しても、いずれそれは公開されることになります。それは間違いの形で来るかもしれませんし、機能性の補償としていわゆるレンガの壁(進歩が劇的に遅くなり、改善することが難しいポイント)にぶつかるかもしれません。

 

いずれにせよ、プロセスのある時点で現実に直面しなければならないのです。最初からオープンでいることは、双方のためになります。クライアントはこちらの限界を理解し、こちらは取り繕う必要性を感じないのが一番です。

 

 

 

迷ったときは、ただ自分に正直になろう

 

特に最初にクライアントとプロジェクトについて話し合うとき、クライアントを心から信じることは難しいでしょう。 あなたは最善を尽くしたいと思っていても、彼らの勇気を失わせるか、ギグには不適格であることを見せてしまうかのどちらかの恐れがあります。

 

しかし、考えてみてください。現実はすべてのプロジェクトがうまくいくというわけではないのです。 6か月かけて作業するのではなく、すぐに実現する方が良いのではないでしょうか。

 

あまり望ましくない機会を排除する能力を持った上で、信頼性はあなたが契約するクライアントとのより良い関係を確立することを可能にします。 

 

あなたが誰であるかを知っている人こそ、彼らはその見返りとして同等の誠実さを与えます。これでより良い協力関係が促進され、良い製品の納入率が高まります。

 

肝心なのは、いいえ、あなたはスーパーヒーローになる必要はないということです。 代わりに、恥ずかしいことや欠点も含めて、自分自身に正直であることで十分なのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ