ワークスタイル

ワークスタイル

【フリーランス仕事図鑑2019年30選】仕事内容や職種や未経験OKな最新トレンドを紹介!

244 views

読了時間 : 約21分51秒

フリーランスになりたい!

クリエイター、フリーランサー、アーテイスト・・・・
まず、クリエイターという言葉に何を感じますか?

かっこいい!

単純にそう思ってしまうのは私だけでしょうか?

クリエイターには、様々な意味がありますが、最もしっくりくるのが
「創造的な仕事に携わる人」です。

さらにまた、

「私はフリーランスなんです。」そういう言葉を聞いたことはありませんか?

このフリーランス、という言葉も「創造的」という部分においてクリエイターと同様な響きを与えます。
自分の知識や経験を生かし社会的に独立した個人をいうのですが、英語にするとこれもまた、かっこいいですね^^

個人事業主だったり、自由業だったり言い方は様々ですが、その請け負った業務遂行する人をフリーランサー、フリーエージェントなどと呼ぶようです。

一昔前は、個人が社会から独立して食べていく、つまり「フリーで生きる!」という事に、かなりの決意が必要でした。

なぜなら、デザイナー、イラストレーター、カメラマンなどは、高価な専門ツールやパソコンなどが必要でしたし、そのためのスキルも必須で、さらには集客もとても大変だ、と思われていたからです。

コストがかかるだけでなく、様々なハードルが立ちふさがっていたと思われます。

ところが、現在は、本当に便利な世の中になりました。

インターネット上には無料ツールが誰でもダウンロードできるようになり、
「ものつくり」の世界は、オープンにされています。

 

それが証拠に、ココナラやランサーズなどのような活躍の場も提供されていて特技や技術がある人は重宝されている、という現実があります。

また、不況がさらに、こういったフリーランスの活躍の場を広げることに貢献する形をとっています。

 

「案件の外注化」をすることで人材の削減、費用対効果を生むことができるからです。
コスト削減は、いつの時代も重要視されているのです。

経験者向きですが、クリエイティブ系に強いフリーランス向けの求人案件は以下の記事をご覧ください。

IT・エンジニアに強い転職エージェント5選|エンジニアが転職を有利に進める6つのコツ

 

 

まずは今、話題のフリーランスの働き方から紹介したいと思います。

 

IT企業のUberが作る新しい働く形、「Uber Eatsの配達パートナー」とは

平均年収:配達回数、距離による

「Uber Eats」のロゴが入ったバックを見かけたことはありますか?

ロゴが入ったバックを背負った人を都内では、最近よく見かけるようになり、何をしている人なのかよくわからなかったのですが、個人配送ドライバーだそうです。

Uber・Uber Eatsなどがあります。

特徴的なボックスバックはよく目立ち、小回りが利くので移動しやすくロスなく届けられるので重宝がられています。

飲食店にテイクアウト商品を取りに行き、配送先へ届ける、というこういった仕事も大手配送業者向きではなく個人配達パートナーならではの大きな強みになっています。

報酬ですが、時間や地域、又そのプロモーションによってことなりますが、平均年収は、配達した回数や距離に準ずるようです。

 

Uber Eats配達パートナーの口コミ

仕事内容は飲食店からお届け物(ご飯)を預かって、お客様にお届けすることだけが仕事で、シフトは特にありません。自分が配達したいときにアプリを起動して、やめたいときにアプリを終了。めちゃくちゃ自由です。

 

配達距離に応じて報酬が支払われるシステムなので時給ではありません。

また、特典があるようで、雨の日、忙しい時間帯(昼食・夕食どき)に関しては報酬がアップするのだそうです。

面接はなく、説明会に参加してすぐにスタートすることができます。

下記のような特徴もあるそうです。

 

・自分の好きな時に好きなだけ配達できる。

・報酬が週振り込み(日曜締め、水曜~金曜日まで振り込み)

・1人で黙々と配達できるので人間関係の煩わしさがない。

・Uber Eatsを利用するお客さんはリテラシーが高いので、クレーマーに 遭遇することがほとんどない。

 

UBERを使ったことがある方ならリピーターになってること間違いないと思いますが、
Uber eatsの便利さは使ってみるのが一番わかりやすいです。

↓こちらのクーポンコードを入れると1,000円もらえますので使ってみてくださいね。

 

クーポンコード【eats-130v4g】

※コピペしておいてください。あとで入力欄あります。

 

>>>Uber Eatsで1,000円タダで頼んでみる

 

↓Uber Eatsの働き方に興味のある方はこちら↓
>>>Uber Eatsで最先端のIT×フリーの仕事を体験してみる

 

IT×仕事という形なので未経験の方に関わらず新しい面白い仕事だと思います。

 

多岐にわたるデザイナー!

WEBデザイナーは、ホームページを。

店舗デザイナーは店舗の設計を。

デザイナーの仕事は様々なジャンルがありますが、その中のいくつかを見てみましょう。

 

WEBデザイナー

平均年収:300万円~400万円

WEBサイトのデザインを行います。

特に資格を必要としません。

ただし、HTMLとCSSの基礎的な知識と能力は必須となります。

また、クライアントとの間でセッションがあるためデザイン料とともにコミュニケーション能力も必要でしょう。

サイト構成・全体のレイアウト・ロゴやアイコンのデザイン・など数多く実績を積んでおくことが望ましいです。

 

経験ゼロからWEBデザイナーになるには

1.スクールで学ぶ

2.未経験からでも働ける会社で働く

3.独学で学習する

などの手段があります。

 

フリーのデザインの仕事は簡単なものから上級者向けのものまで多数クラウドワークスで募集がありますので探してみてください

>>>【CrowdWorks(クラウドワークス)】

 

↓アプリが便利です↓

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

クラウドワークス無料posted withアプリーチ

 

イラストレーター・個性的作品を!

平均年収:400万円~500万円

「絵がかける」、これが武器です。これがスキルです。

あなたの個性が誰に受け入れられるか?それがカギとなります。

オリジナルなものが求められている昨今、差別化やブランド化のために特別感があるものが求められています。

「オリジナルのイラスト」は、有名なブロガーや、インフルエンサーたちに使用されていますし、SNSやホームページ、ブログサービスなどでもよく目にします。

TwitterなどのSNS経由での依頼が多いそうで、ココナラなどのサービスで売れている人も多くいます。

 

>>>【coconala(ココナラ)】

 

↓ココナラのアプリも便利です。無料DLはこちらから↓

ココナラ(coconala) - 得意を売り買い スキルのフリマ

ココナラ(coconala) – 得意を売り買い スキルのフリマ

coconala, Inc.無料posted withアプリーチ

 

↓イラスト素材販売ならPIXTAもおすすめです↓
>>>【PIXTA(ピクスタ)】

 

音楽家・作曲家関係

平均年収:400万円~500万円

音楽に携わる人の活躍の場は多岐にわたります。

最近では、様々なゲームが登場していますが、その中に音楽がない状態では、なんとも色褪せた無表情のものになってしまいます。

音楽により活気があるものになり、イキイキとした表情、表現方法により蘇ることからわかるように音楽は私たちの情緒に計り知れない影響を与えます。

ミュージシャンのみならず、楽曲の作成、提供、音楽教室をオープンする人もいます。

よく探してみるとプロジェクト毎の募集があったりしますし、人に教えることが好きな人は、音楽講師の道もあるでしょう。

最近は動画サービスを使用した人も多く、スカイプでのオンラインレッスンなどもあるので場所を借りる必要もなく集客の必要もなく、とても便利になってきています。

 

クオリティの良いカメラマン

平均年収:0円~2,000万円

最近は不況なので、コストカット対策が頻繁に行われているようです。

ですから、撮影専用スタッフがいつも詰めているのは、本当に限られた大手企業になるのかもしれません。

そうなってくると、必要なのが、単発で行動してくれるフリーランスの存在です。

写真撮影が外注化されるようになってきてクオリティの良いカメラマンは、活躍の場が広がってきています。

ランサーズなどのマッチングサイトから受注することも可能です。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSの中でも、インスタグラムと特に相性がよく、発掘される機会もあります。

もし、写真に興味があるならホームページの作成は必須です。

お問合せページも作り、収入の道のひとつとして稼働させましょう。

そして、あなたの撮った写真を載せていくのです。

 

そういった経緯から依頼を受ける機会が増えたり、PIXTAのような写真販売サービスを利用することで、あなたの写真をそこに置いておくことによって自然に売れていく仕組み作りなども出来上がります。

写真というものは、ホームページや様々な印刷物に使用したい人が多くいるので、その需要はますます高まっているのです。

意識して、何気ない毎日から写真というものを通じて様々な空間を映し出してみてください。

 

↓手始めに簡単に写真を販売するならPIXTAがおすすめです↓
>>>【PIXTA(ピクスタ)】

 

雑誌、小説、書くということ

雑誌も小説もそれが面白い内容だと、読みだしたら止まらなくなります・汗

それは、人の心に入ってきて何等かの影響を与えるからなのでしょう。

書くことで、人や世界を感動させてみたり心を動かしたりすることができるのは、「書く」人にとって旨み以外のなにものでもありません。

書くということに特別なスキルも必要ではありませんが、文章力や構成力は必要になってきますし、またただ書けばいいというものでもありません。

国語が得意だったり、昔から書くことが好きだったり、表現力が豊かな人は比較的取り組みやすいものとなります。

 

ブロガー

平均年収:0円~1億円

ブロガーは、スタートしやすい(^^♪

ブロガーというものは、比較的誰でもが始めやすいです。

自分の都合でいつでもスタートできますし、専門的な知識やスキルが不要です。

コストがほとんどかからない(スタート時約5,000円、その後毎月1,000円くらいでOK)

スタートの仕方を含めて、インターネット上でもSNSでも、どこからでもやり方を知ることができます。

ブロガーに関しては、他の紹介内容のものとは異なり、スキル、経験、特殊な才能も必要とせず、インターネット環境とPCがあればいつでもスタートできます。

また、毎日更新していくと、だれかしらファンというものがついてくるようになるので、そういった場合は収入も見込めるようになってきます。

TwitterなどのSNSで人気ブロガーを検索してみると、それがよくわかるはずです。

彼らはインフルエンサーと呼ばれるようになり、SNSで仕事の受注を受けたり、認知度が高まってきた場合は、講演依頼や出版依頼もあったりします。

 

ブロガーの収入は主にブログにアフィリエイト広告を貼ることで報酬がもらえるという構造です。
人気ブログならその分報酬が上がるという仕組みです。

メディアからの仕事依頼や出演依頼は有名トップブロガーにならないとそうそうない話ですが、アフィリエイトならただの一般人でも読ませる記事さえ書く事ができれば少しは収入を得ることが出来ます。

もちろんうまい記事を書くことができればアフィリエイトだけで生計を立てることができます。

↓とりあえず無料で登録できるおすすめのアフィリエイトサービス↓

【A8.net(エーハチネット)】…案件最多、業界最大手、Amazon・楽天商品あり

【afb(アフィリエイトB)】…手数料無料、支払い早い、健康・美容系に強い

 

Webライター業

平均年収:200万円~600万円

インターネット上には数々のホームページが乱立し、ライターは引っ張りだこ状態なのかもしれません。

SNS上やランサーズ経由で募集しているのが見かけられますが、キャリアや実績を積んでいくことで指名されて受注を受けることもあります。

単価は0.5~1円が多く、ご指名があるともっと高額になったり、その人本人が誰かの元で仕事をするようになると、さらなる収入アップが期待できます。

記事を書いていくうちに、様々な知識も自然と吸収されていくようになりSEOの知識だけでなく数多くのノウハウも身についていきます。

ライター業と同時に自分のブログやホームページの運用をしている人は数多く存在しています。

 

↓Webライター業のお仕事を探しているならクラウドワークスに多数あります↓
>>>【CrowdWorks(クラウドワークス)】

 

↓アプリが便利なので気になる方はDLしてチェックしてみてください↓

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

CrowdWorks for Worker 副業・在宅ワーク

クラウドワークス無料posted withアプリーチ

 

雑誌や書籍の編集者

平均年収:600万円~900万円

昨今、出版業界は不況だとされています。

なぜなら、紙媒体からWEB媒体へ移行が進んでいくことによって、だんだんコストも低くなってきているからです。

編集者は、一からすべてを一人で行う人もいれば、原稿やデザイン関係を外注し、それらの全体をあとで取りまとめるという人もいます。

もちろん前者のように、すべてを一人で行う経験は貴重で、もしたった一人で仕事をする場合には有力な武器となります。

この業界で生き残るには経験値が必要でまたスキルやコネクションも必須となるでしょう。

ライターや、カメラマン、クライアントなど、人脈作りを行ってみたり、電子書籍によるマーケテイングも考慮しキャリアを積んでいくことをおススメします。

 

メディアコンサル業

平均年収:600万円~800万円

webメディアコンサルとは、聞いたことはありますが何をいったいするのでしょうか?

企業や個人においてのメディア運営に携わりアドバイスを行うというものです。

運営しているメディアに対して数値の分析に始まり、運営のアドバイスを行うのみならず、そのメディアの拡大化を追求していくものです。

ですから、簡単ではないものの、1件数万円から数百万円と、報酬金額が高いのが特徴であり、時間制だったり、日数制だったり半年の契約など様々なので、その契約期間によって報酬が上がる傾向にあります。

 

IT関連業

コツコツタイプはIT関連がおススメです。

あなたは、地道な作業を真面目にこなせる人でしょうか?

自分の自由な時間で仕事ができるフリーランスを望み、ITに詳しければ、マッチングサービスなどを覗いてみると案外自分を必要としている人が見つかるかもしれません。

こういった場所では、プロジェクト単位でフリーランスの募集も行っているようです。

とりあえず、登録は早めに行い、利用する機会に備えましょう。

エンジニア系の求人案件はこちらをご覧ください↓

IT・エンジニアに強い転職エージェント5選|エンジニアが転職を有利に進める6つのコツ

 

エンジニア業

平均年収:400万円~600万円

スキルがある人であれば、雇われるよりフリーのほうが大きく稼げるものの一つにエンジニアがあります。

会社員として組織の中で仕事をした場合、固定給がほとんどなので、いくら自分が頑張っても満足できない収入にしかならない場合でも、実力が伴うのであればエンジニアはフリーランスとして大きな金額を稼ぐことが可能です。

アプリやゲーム、決済システムなど、現代社会で必要とされているものとしての需要のあるものばかりなので、引っ張りだこの存在になる可能性が大です。

プロジェクト単位のものから、依頼主の会社で常駐して仕事をするものまで様々あるでしょう。

大規模なシステムまで作り上げることができたらかなり美味しいフリーランス業となるでしょう。

 

プログラマーを目指すなら国から職業紹介優良事業者に認定されている「ジェイック」がおすすめです↓
>>>【JAIC(ジェイック)】

エンジニア系のおすすめ求人案件をこちらにまとめてあります↓
>>>IT・エンジニアに強い転職エージェント5選

 

デバッガー業

デバッガーとはいったい何をするのかというと、よく「ゲームのバグ(裏ワザ)を見つけた!」という声を聞くことがありますが、こういったバグ(裏ワザ)を事前に見つけることをメインにしたビジネスです。

そういったものを発見するためには、裏ワザが好きというか、チャレンジャーというか、普通だったらしない行為をあえて行ってみるのが好きな人に向いています。

普通の人がするような想定内の内容はもちろんのこと、思いつかないような操作まであっさりと手を伸ばしていき発見するチャレンジャー精神満載の人向きです。

バグ(裏ワザ)の起きやすい箇所や内容について、経験値からある程度理解できるという点で、プログラマーやエンジニア経験者は向いていると言えます。

 

ディレクター業

プロジェクトの管理、まとめなどを経験して担う存在として監督業があります。

その経験の深さやその内容について、どれだけの数をこなし知っているかは、どんな仕事でも意味あるところですが、このディレクター業は、まさに現場経験がものを言います。

デザイナーやエンジニアだった人が、そこで経験値を積み重ね、現場そのものの数をこなしてから、その後キャリアアップ先として転換する場合もあります。

人との関わりが億劫でない人、人をまとめることができる人が向いていますが、サービス系、接客系の仕事もそういった人は対応していけるはずです。

 

グロースハッカー

平均年収:450万円~1,500万円

グロースハッカーは、マーケッターによく似ています。

会社・製品・サービスの成長を支援する仕事とされています。

マーケッターが、予算、報酬は期間によって決まるのに対して、グロースハッカーは、予算、報酬は決まっていない状態で報酬のみが決まっています。

マーケッターは、安定した成果が見込めるのに対して、グロースハッカーは100%の成果を出す保証はなく、今までにない手法を求めて悪戦苦闘を繰り返すという大変さがあります。

マーケッターが製品やサービスの開発を企業に任せるのに対して、グロースハッカーは、新商品を生み出すための補助まで行うという点で大きく異なります。

持ち合わせているスキルや経験値によって報酬も異なりますが、やはり、1つの新しいサービスを生むための重要な任務があるので責任感が大きく問われるでしょう。

求人紹介サイトを眺めて見ることをおススメします。

 

翻訳家業

平均年収:300万円~1,000万円

翻訳家は、外国語で書かれた書物関係を日本語に訳すのが仕事になります。

翻訳にもいくつか種類があって、

・小説やノンフィクションなどの作品を翻訳する、「文芸翻訳」

・実業務で企業などが利用する、「実務翻訳」

・映画やドキュメンタリーなどの映像を翻訳する、「映像翻訳」

があります。

知人から紹介してもらってみたり、求人サイトから探す方法がありますが、フリーで仕事をする前に、実績を積んでしっかりしたポートフォリオを作っておくことをおススメします。

最近は、中国語の翻訳需要が高まってきているようです。

また、個人で作業を行うので人間関係で煩わしい思いをしなくて済みます。

情報に対して敏感で、自分磨きをしようとする向上心がある人が向いているようです。

フリーランスの場合の収入は文字数×単価で決まります。

本人の実力次第ですが、技術を磨いていけば、収入もどんどん上がっていくでしょう。

 

トレーナー、インストラクター業

健康というものは、人間が生まれて育つ経緯において、すべての人の望むところです。

ですが、だれかしらが毎日、健康面で悩んでいます。

ですから、とても需要が高まっているのです。

その解決方法のひとつとして、トレーナー、インストラクター業は、効果を発揮します。

トレーナーは「訓練をする人」

インストラクターは「グループレッスンに関わる人」

心身の向上や健康維持のためにも活用の場は多くなってきています。

現在はそれほど恵まれているとは言いがたいトレーナーや、インストラクターですが、高齢化社会になっていくのがわかりきっている状態の今、介護予防や健康意識の高まりからももっと重宝され多様化していくことでしょう。

 

・NESTA-PFT

・JATI-ATI

・NSCA-CPT(NSCA認定トレーナー)

 

などが代表的な資格取得のためのスクール運営や、トレーニングなどをしているようです。

ジムによって業務委託契約をしているところもありますし、まずは、フィットネスジム、ヨガスタジオなどで実績を積んでからフリーランスになることをおススメします。

今後も需要が高まると期待される分野です。

 

メイクアップアーテイスト

ファッションショーや婚礼、成人式など女性がメイクできれいにしたい特別な日には欠かせない存在です。

メイクが好きからスタートするのかもしれませんが、美容師免許は持っていた方が有利です。

美容師の方がメイクアップアーテイストになる場合が多いのは、この美容師免許があることが有利に働くからなのです。

何らかの式の時、女性はメイクとセットでヘアーを整えるからです。

また、メイクアップアーテイストを目指すのであれば、在籍中に自分のファンや人間関係というつながりをしっかり確保しておくことをおススメします。

現場で実績を積み、スキルアップしコネクションをつくりましょう。

将来的に、サロンをオープンしたり出版につながる可能性もあるからです。

 

コンサルタント

コンサルタントとは、ある事柄に対して解決に向かう助言や指導を行う人です。

医療コンサルタントや経営コンサルタント、技術コンサルタント、ITコンサルタント、建設コンサルタント・・・・

多々ありますが、この情報に溢れた現代社会において「次の一手」を示します。

業界の情報や動向に敏感で熟知している必要があります。

活躍の場としてあげられるのは、コンサルティング業務を専門に行う法人や民間企業です。

ですが、経験を積んだ後、独立して個人でフリーランスとして活躍している人もいます。

この世界は実力主義であることは言うまでもなく、外資系企業では20代で年収1000万円を稼ぐ人も多くいるようです。

また、多くの企業ではグローバル化していくご時世の中、課題が山積みで、第三者目線で分析し、解決策を提示する専門家としてのコンサルタントというニーズを求めているのです。

コンサル系に強い求人案件はこちらで取り扱っています。

 

個人商店

「神楽坂野菜計画」で有名な産地直送の八百屋さんが人気なのを知っていますか?

そしてどうして人気なのか知っていますか?

ただ、おしゃれ?いいえ、コンセプトがしっかりしているから人気なのです。

スーパーにはない珍しい野菜が置いてありますし、生産者の顔が見える野菜にこだわりをもっているのです。

旬の野菜の美味しい食べ方を教えてくれますし、ミニトマト1個からでも購入できます…。

八百屋に限らず、コンセプトがある、ないは、とても重要となってきます。

何気ない巷の小さなカフェがとても人気だったりするのも、大手やチェーン店では出し切れない独特のコンセプトがあるからです。

個々の強みを出してステキなアレンジしていきましょう。

 

コーディネーター

コーディネーターとは、物事がスムーズに流れるように調整する役目を持っています。

「インテリアコーディネーター」や「フードコーディネーター」「ファッションコーディネーター」「カラーコーディネーター」・・・など、「コーディネーター」部門の仕事は多々あります。

しかし、一貫しているのは「モノを適切に調整する」ということです。

私たちが生活する上で、自分に合ったものは何か?よくわからないし相談に乘って欲しい。

そういったとき様々な人たちのニーズに答えて、条件や考え方、嗜好などを含めトータルでぴったり合うものを適切に提案していきます。

時代は進化していき新しいジャンル!最近出てきた新しい仕事

時代は進化していき、求められるものも変化を遂げ、こういった新しい性質のビジネスが展開されてきていますが、「フリーランス」として取り組みやすいもののひとつかもしれません。

 

ネットショップを運営

平均年収:0万円~300万円

「お客様に商品を提供する」という意味においては、実店舗もネットショップも変わりはありません。

BASEやminneなどを利用してインターネット上に自身のお店を構え、販売することでネットショップ運営ができます。

利益を出すためには、レンタルサーバー上に登録して、商品ページを作成しなければなりません。

しかし、実店舗と違い、視覚のみで商品をアピールしなければなりませんが、実際に建物を構えて販売すると数千万円の費用や時間も半端なくかかることを考えるといかにリスクなく運営できるかがわかります。

簡単に効率よくスタートできるだけでなく、万が一失敗しても莫大な借金を背負うこともありません。

SEOやSNSでお客様を集客し、軌道に乗れば売れただけ、自分の収入になりますから、トントン拍子に行く人は独立する人が多いようです。

 

美容師

平均年収:200万円~600万円

美容師とは髪の毛のカット・カラー・セット・パーマネントウエーブ、また化粧などを行って容姿をきれいにするのが仕事です。

美容師の免許は必要ですし簡単に、誰でもがなれるわけではありません。

新人のころはお客さまの洗髪のみしかさせてもらえなくて、その薬剤によって手の皮が破れていたり、その手が真っ赤になって荒れて痛々し気な状態なのはよく見かけます。

どんな仕事でも修業時代は大変なものがあると思いますが、その時代を経過して皆やっと美容師の免許を取得しています。

フリーの美容師の場合、施術するスペースと集客技術があれば業務を行うことができます。

ですから、業務委託として契約する人、施術スペース代を納めて業務を行っている人、出張で駆け付ける人など様々なパターンの人がいます。

フリーで行うとそれなりにメリットがあって、時間に束縛がなく自由に休みを取ることができるようです。

そういう部分は魅力的なのですが、その分デメリットもあり、予約の管理やお客様との連絡など逐一自分で行わなければならないという面倒な部分は確かに出てきます。

ですが、集客できれば出来るほど報酬もアップしていくでしょう。

 

シェアハウス・ゲストハウス運営

平均年収:100万円~400万円

シェアハウス・ゲストハウス運営とは複数の人数と同居しながら、自身の所有する空き部屋を貸すのが仕事となります。

日本では世帯数が減少しているだけでなく、空き家も存在していて、さらには、広い家は売れない状態のまま主なく建ち、廃墟化へと向かっています。

そういった住宅事情をうまく活用する方法として、バックパッカーや観光客に向けて部屋を提供する取り組みが行われています。

一般のホテルやビジネスホテルより安価なだけでなく、シェアハウスとして使用することで気の合う仲間と一緒に生活できたり、あるいは、知らない人と生活を共にすることでビジネスチャンスが生まれたりもあるようです。

利便性の良い場所で生活できる都内などは高額な家賃をシェアしあうことでお互い助かるでしょうし、このシェアハウスの取り組みも人気を集めています。

この賃貸運営方法は、シェアハウス・ゲストハウスの運営者にとって、家そのものや部屋の管理、さらには集客まですべてを自身で行う必要があるので、どこかの業者に依頼しない限りかなりの労力が必要です。

認知度は、最近では上がってきてはいるものの、その労力に見合った継続的な報酬は見込めないため、シェアハウス・ゲストハウスの運営のみで利益を出し続けるのは困難とされています。

 

農家

平均年収:200万円~500万円

農家とは自身の畑で農業を家業として営んでいる世帯のことです。

農業は何かをコツコツ作り上げることや、自然というものが好きでそういった環境の中で生活したい人に向いています。

野菜や米などの農作物(第一次産業物)を作ることに興味があれば、生活コストも安いと思われる田舎の地域で農作物を作りつつ、SNS発信しながら宣伝効果を利用して活動することもできます。

若者はどうしても都会へ流れる傾向があるため、後継ぎもいなくなり放置されている場所もあるようですが、そのような畑をうまく利用して貸し出してみたり、農業コンサルティングを行って収入を得ている人もいるので様々と言えます。

最近では多種多様な働き型がなされてきて、農業をやりながらwebのデザイナーやライターを行うような若者も増えてきたようです。

今後の栽培方針や、経営方針、収穫物の販売方針などを決めていくのが面白くもあり、大変な部分ですが、畑や土地の広さによって収穫量も異なり、広いほど報酬は期待できるでしょう。

天候に大きく左右されやすいところが注意点となります。

 

フードコーディネーター

平均年収:100万円~400万円

フードコーディネーターは「食」に関する開発や運営、さらには演出まで行うようなコンサルティング業務をする人です。

飲食店でのメニュー開発もあるでしょうし、食のスペシャリストとして活動範囲も広まってきています。

よく雑誌できれいな料理が盛り付けられている写真がありますが、ああいったものからTV番組や情報誌で調理方法から盛り付け方まで紹介しているものも含めて、テーブル上のコーディネートを行います。

決まった資格がないためフードコーディネーターになろうとすればなれるのですが、最近ではそういった経験を踏まえてコンサルティングを行っている方もいます。

決まった資格がないためフードコーディネーターになろうと努力すればなることもできますが、NPO法人日本フードコーディネーター協会が民間資格として打ち出したりもしています。

フードコーディネーターのアシスタントとして活動してみること、知名度を上げていくことなどの工夫もしながら案件を手に入れるなどの工夫が必要でしょう。

実力がついてきたら、店舗のプロデュース、メディア出演など対応していき報酬アップも目指せます。

 

ネット有名人

 

インスタグラマー

平均年収:0円~500万円

SNSの中の一つ、インスタグラム。

とんでもなくきれいな景色や、思わず2度見てしまう可愛いグッズやおしゃれな洋服、美味しそうなケーキ、そのほかもろもろで「インスタ映え」を狙う若者が多いです。

インスタグラムでそういった映える写真他をアップして、インスタグラムで有名になり知名度を上げるとインスタグラマーという仕事もだんだんと有名になってきました。

彼らは収入を上げることを目的に「インスタ映え」する投稿をしています。

彼らは、企業の依頼を受け、商品などのプロモーションをすることで報酬を得ているのです。

「1フォロワーあたり1円」と言われる中、実際には影響力や仕事内容などでその金額も大きく変わってきます。

フォロワーの数だけでなく影響力があると認知された場合はオファーがきてみたり、広告だけではなくコラムの執筆やモデル、写真素材の提供などの依頼もあるそうなのでやりがいがあります。

 

YouTuber

平均年収:0円~10億円

YouTuberは、近年活躍の場を広げてきています。

子供たちの間でも、将来なりたい職業にランクインされていたり、有名な, YouTuberの動画が人気になり話題性にかけることがありません。

一方で、再生回数を増やそうとして危険な動画や違法性のある内容をアップロードして逮捕される人が出てみたり、炎上してアカウントが凍結されるなどの騒ぎも後を絶ちません。

ルールにのっとって健全な動画配信をして欲しいものです。

どうして、そのような危険きわまりない行為をしてまで自分の動画を見てもらおうとするかというと、YouTuberの収入のメインが広告収入だからです。

「パートナープログラム」というものに参加し、アップロードした動画が再生されることにより広告費が発生するからです。

YouTuberとして生活を成り立たせたければ、おおよそ広告費「1再生あたり約0.1円」と言われている中で個性を発揮し、独自配信内容が視聴者に高く評価されるなど面白いと思ってもらう必要があります。

YouTuberは、時代の変わり目の先駆者とも言えるでしょう。

「自分ブランド」を作り自分を売り込むことでいろいろな起業とのタイアップや企画依頼などもありうる話です。

とにかく知名度がモノを言います。

漫画化される、取材の申し込みが来る、コラムの州櫃作業の依頼もあるかもしれません。

「自分をブランド化」して知名度をあげることができれば、様々な分野での活躍が期待できます。

 

17live

平均年収:0円~1億円

「17 Live(イチナナライブ)」はスマホひとつで、いつでもどこにいようとライブ配信を楽しめる最先端アプリとして、 世界9ヶ国の人々が使用しています。

全世界で4,000万人以上も登録しています。

テレビでも「稼げるライブ配信アプリ」として紹介され、たまにCM放送を見かけることもあります。

稼ぐ流れを紹介します。

17 Live(イチナナライブ)登録

    ↓

17liveでライブ配信をする(お喋りとかでOK、歌?ダンス?もちろんOK!)

    ↓

視聴者からアイテムをプレゼントしてもらう

    ↓

プレゼントをお金に換金

YouTuberよりも配信者が少なく、もし視聴者から1万円分のプレゼントをもらえたら配信者は、おおよそ1300円ほどの収入になります。

おしゃべりしているだけで、まったくの初心者が初月から2~3万円、半年で月収25万円稼いだという例もあるそうです。

まずは、無料なので会員登録して様子をみるのもいいでしょう。

チャレンジしてみると、意外に稼げた!という声も聞けそうです。

 

>>>【17 Live(イチナナライブ)】

 

17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ

17 Live(イチナナ) – ライブ配信 アプリ

17 MEDIA (H.K.) LIMITED無料posted withアプリーチ

 

ポコチャ

平均年収:100万円~600万円

ポコチャは、17liveと同じDeNAが運営するライブ配信アプリです。

ポコチャの特徴は、配信者が時給制で稼いでいるという点です。

時給制を採用しているライブ配信アプリは、ポコチャだけなので人気が出てくると時給が上がり、トップレベルになると時給2,500円程度になるのだそうです。

ただし、17liveのように月収1,000万円レベルを期待できません。

素人でも安定して稼げますし、自宅にいながら収入GET!おこずかい稼ぎたい人、おススメです。

1日1時間配信してポコチャで月に10万円稼ぐ大学生もいるのです。

 

>>>【Pococha Live(ポコチャ)】

 

Pococha Live - 無料でライブや生放送が視聴できるライブ視聴アプリ

Pococha Live – 無料でライブや生放送が視聴できるライブ視聴アプリ

BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

 

営業

平均年収:0円~1,000万円

営業とは顧客に対して最適な商品やサービスを提案し、契約を取り付けるのが仕事となります。

一般的な営業職は企業に属して与えられた商品やサービスに関して契約をとるため行動し、長時間の労働を強いられることもあるのですが、フリーの営業の場合は自身がおすすめしたい商品やサービスにかかわって契約するだけでなく、時間の拘束もなくなります。

さらにコミュニケーションスキルや自己管理能力などの自分自身のスキル次第では、契約獲得に繋がり報酬アップも図れます。

様々な企業では販売したい商品があっても、そこで営業してくれる人間がいない場合や、何らかの事情で代理を探していることもあります。

そういった企業に対し自ら営業の支援を名乗り出るのがいいでしょう。

 

フランチャイズ

フリーランスとは少しずれますが、フランチャイズも自営するなら選択肢の一つです。

様々な経営ノウハウを学びながら収入を得られる点が良いところで、ゼロから作る必要がないので性にあってる方にはおすすめです。

様々なフランチャイズがありますが、こういったフランチャイズをまとめて比較して載せてるサイトがあるので一つ一つ探していくより時短に繋がります。

登録して説明会などに参加したりデータを見てみるのが最初の一歩になります。

 

↓おすすめのフランチャイズ比較サイトはこちら↓

・BMフランチャイズ

・フランチャイズ比較ネット

 

フリーランスの仕事まとめ

今回はいくつかのフリーランスの仕事内容をご紹介しました。

フリーランスとして活動していくには自分の今までの経験値を生かし、培ったスキルや、特技も生かしていきながら、イキイキとした自分でいられるよう日々の努力も必要になってきます。

今までのキャリアや、コネクション、趣味でも、得意な事であっても経験した全ての事はあなたの強い支えとなり、をゆるぎない力となります。

基本的に会社から言われるがままに動いてきた仕事内容そのものも、自分で好きなように選択していくことが可能となります。

というか、そうしていく必要が出てきます。

まずはどんな仕事があるのかをきちんと把握するところからです。

そして方向性を、さらにその先へと、考えていきましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ