デザイン

デザイン

WordPress のパフォーマンスを上げる8つのポイント

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、8 tips to speed up WordPress performance
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

403 views

読了時間 : 約4分20秒

WordPressの機能スピードを適正なものにすることは、コンバージョン率を上げ、オンラインコンテンツをよりよく維持するために必須です。今回の記事ではそれを達成するための8つのポイントをご紹介します。

 

Word Pressの機能スピードを上げるための最適な方法を探るには今はよい時期です。あなたのWebサイトのスピードが上がれば上がるほど、新しい顧客や散在的な顧客の目に触れることが多くなります。

 

 

では、Kinsta を使って、どのようにしたらWordpressの機能jスピードが上がるのか8つの異なる方法を見てみましょう。

 

あなたの使っているサーバーの周辺地域を確認

 

サーバーが訪問者に近いほど、発生するレイテンシーは小さくなります。よってほとんどのあなたのWebサイトの訪問者はあなたのサーバの近隣であるということを認識することが重要となります。

 

 

あなたのWebサイトのサーバーの最適な位置を特定する近道は、Google Analyticsでユーザーの位置特定をすることです。

 

もしその彼らのほとんどがヨーロッパにいるのなら、ヨーロッパのデータセンターを選択するでしょう。もし個別のデータを持っているなら、あなたはそれらをならし、特定の地域を選択できます。

 

 

あなたの目標があなたのネットワークレイテンシーを少なくすることが可能です。

 

 

簡単なレイテンシーテストを無料でできるツールがあり、それらはあなたのサーバーにとって適切な地域を選択してくれます。

 

 

正しいwordpress テーマを選択すること

多数のWordpressテーマの中からあなたは選択することができます。その全てでなくとも、スピードとユーザーエクスペリエンスを最適にすることにつながります。速くて軽いWordpressテーマの選別のためには、これといった特別な特徴は必要ありません。

 

 

あなたが有料のテーマを選択しようが無料のテーマを選択しようが関係ありません。あなたが注目しておかなければならない重要な事項は、テーマを柔軟に選択することです。あなたはそのテーマをカスタマイズできますか?使用する予定のない機能を消すことはできますか?もしこれらの質問の回答が「イエス」ならそのテーマは試験してみる価値があるでしょう。

 

 

機能スピードは常に優先事項で、スピードを遅くするような飾りの機能は優先獣医が下がります。

 

 

量ではなく、あなたの使用するプラグインの質

 

何千ものプラグインがあり、Wordpressにインストールすることができます。しかしプラグインのすべてが最適な機能やパフォーマンス力を備えているわけではありません。

 

 

それが、あなたのWebサイトにとって適切にコーディングされている限りあなたがインストールできるプラグインの数を気にする必要はない理由です。

 

 

例えば、30 個のプラグインであなたのWebサイトは運営でき、その状態でまだ速いとします、一方でたったの5個のプラグインでとても遅いWebサイトもあるのです。

 

 

あなたは、自身のプラグインがWebサイトの速度を遅くしてしまっていないか見直すべきです。

 

 

キャッシングの重要性

WordPressのキャッシングプラグインを使用すると同じコンテンツにアクセスするときに、サーバーがファイルを保存しやすくなり、将来使用するリソースが少なくなります。

 

 

大きな規模のWebサイトを運営する際に、あなたのサーバーにとって役立ちます。

 

 

言い換えると、キャッシングは、Webサイトのページに速く辿りつくようにあなたのサーバーにコンテンツを覚えさせる手助けをします。

 

 

イメージ(画像)の最適化も忘れずに

あなたのWebサイトの速度を上げるシンプルな方法は、サイトに利用している画像のサイズにも注意を払うことです。大きな画像ははっきりと、あなたのWebサイトのロードスピードを遅くしますが、多くのオーナーが見過ごす部分です。

 

 

Webサイトのロードスピードを速くする簡単な方法は、アップロードの前に画像を圧縮することです。あなたのコンテンツの質を落とさないようにファイルサイズと画質のバランスを保つ必要があります。

 

 

画像サイズとユーザーエクスペリエンスの両方を保つ、ちょうどよい程度を見つけましょう。

 

404ページを作成してみる

特にWordpressで作成したWebサイトの404ページは重いのが問題です。

 

おすすめの小技としては、404ページにするにしても、デフォルトのものに代わって軽く最小のテンプレートにすることです。

 

 

コメントの最適化

コメントはあなたのWebサイトのロードスピードに悪影響を与えかねません。しかし3つの異なる方法があり、問題解決とスピードUPを図ってくれます。

 

 

・機能しないコメント  もしあなたが多すぎる数のコメントをWebサイトに使っているのなら、それらを機能させていない可能性があります。目標はコメントのみにすることであり、コンテンツが生成していない場合はコメントを無効にしてもかまいません。

 

・元々のWordpressコメントを適正化する  ページに載せているコメントの数を減らすことでロードスピードを速くさせることができます。コメントをクリックして表示する形式にして、最初のロードからは見れないようにすることも有効です。

 

 

・第三者システムを利用すること  ほとんどのWebサイトは第三者システムを利用して、自分のホストから作業を開始することを好みます。 多くの制限がある格安のサーバーにとっては、とても良い選択肢です。しかし高品質なホストにこの第三者システムを利用するとロードスピードを遅くする原因にもなり得ます。

 

 

 

埋め込みとRSSフィードを無効にする

 

あなたのYou Tube動画とツイート、他のリソースをあなたのWebサイトに埋め込むことは簡単です。これはとても便利な機能で、しかし追加のHTTPリクエストがあるとき同様にあなたのWebページの速度を遅くします。

 

もし必要ならば、プラグインを使うかコーディングによって埋め込むことも可能です。

 

考えられる別の方法は、RSS フィードを無効にすることです。もしブログをWebサイトの中に入れていないのなら、シンプルにRSSフィードを無効にするだけでもWebページのパフォーマンスを上げることが可能です。

 

まとめ

WordPressのパフォーマンスを上げる方法は、フロントエンド・バックエンド両方の面でいくつもあります。Webサイトの速度を上げることで、検索ランキングの押し上げ、コンバージョン率増加、ユーザーエクスペリエンス、ユーザーにWebサイトのページへエンゲージさせることに繋がります。

 

 

最近では速度の速いWebサイトローディングは期待されています。これらを活用してあなたのWebサイトの訪問者に最高のユーザーエクスペリエンスを届けましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ