デザイン

デザイン

ムードボードなどデザイナーがプロジェクトを成功させるためのデザインプロセス6選

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、6 Tried & Tested Design Processes to Try On Your Next Project
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,691 views

読了時間 : 約3分45秒

デザインの成功を決定する重要な要素の1つは、デザイナーが使用するデザインプロセスです。デザインプロセスは基本的にデザインを作成するために規定された一連の体系的な手順から構成されます。デザインプロセスはデザイナーが完璧なデザインを作成するのに役立つだけでなく、顧客目線での全体的な経験を向上させるのにも有益です。

 

デザインはそのメッセージと視覚的独自性が滑らかに融合した時にのみ、非常に効果的で魅力的で機能的であり、しかも互いに区別されています。技術だけでなくブランドの進化に伴い、プロセスも時間とともに進化してきました。

 

ここではあなたが次のプロジェクトで試せるようなよく使われ、試され、テストされたデザインプロセスをご紹介します。

 

1.従来のアプローチ:

 

このアプローチは非常に一般的であり、デザイナーは非常に幅広く使用しています。これは非常に伝統的なデザイン方法で、それらは直線上配列で実行される7つのステップから構成されています。

 

I.検討:問題とその成果物を特定します。

 

II.調査:問題と可能な解決策を深く掘り下げます。

 

III.ブレーンストーミング:問題への可能な解決策を見つけ最善の解決策について議論します。

 

IV.スケッチ:アイデアを視覚的コンセプトに変換します。

 

V.コンセプト:コンセプトの全体像を示すアイデアを徹底に実行します。

 

VI.改訂:顧客や上司からのフィードバックに基づいて滑らかに繰り返しデザインのアイデアと統合します。

 

7.結論:デザインの最終承認とプロジェクトの承認をします。

 

デザインに関して言えばこれは最も古く試されたアプローチの1つです。アプローチの構造化は、プロセスに従うことを容易にしプロジェクトの完璧な実行を保証します。

 

2.ムードボード:

これは最近のデザイナーの間で最も人気のある方法の一つです。基本的にはアイデアを出し合う過程に由来します。ムードボードは物理的にも事実的にも存在します。ムードボードには、アイデア、画像、テキスト、特定の参考資料、テクスチャなどが表示されます。

 

これによりデザイナーはデザインに込められた物語の観点からアイデアや概念を視覚化することが容易になります。ムードボードは気分転換になり且つプロダクトに期待される強い感情を引き出すことを助けます。

 

また、アイデアを共有するための非常に効果的な方法であり、コラボレーションの際にも役立ちます。デザインコンセプトを顧客に見せるのに非常に有利な方法であり、顧客とチームの間でアイデアやコンセプトを伝達する場合にも時間を大幅に節約することができます。フォトショップでコラージュするのが一番手っ取り早い方法です。

 

ムードボードの作り方はこちらのガイドをご覧ください。

 

3.ダブルダイヤモンドモデル:

名称自体は英デザインカウンシルによって開発されたアプローチを示唆しています。これはプロセスの形状で知られており、ダブルダイヤモンドに似ています。ダイヤモンドのエッジは、デザインプロセスの発散と収束の側面を表します。

 

プロセスは問題の特定から始まり更に問題の調査につながります。その後、チームまたはデザイナーは可能性のあるデザインおよび問題解決のアイデアにつながるような作業に集中します。最後は最終的な問題解決策を提供する実行段階に移ります。

 

この構造は多様なアイデアを得るのに非常に役立ちます。また、部門横断をするチームにとっても有効であり、彼らが一緒にデザイナーと仕事をしたり、透明性を高めたりするのにも役立ちます。

 

4.ユーザーセンタードデザイン:

このデザインプロセスは、主に顧客中心のアプローチに基づいており非常に人気があります。プロセスの各段階に顧客の要求を正確に統合することで構成されます。

 

他の全てのデザインプロセスと同様に状況を最初に理解し、顧客からの要望を明確にし、アイデアを作成し、結果をフィードバックのために提供する主要な段階も含まれます。

 

しかし、最大の欠点は顧客自体や顧客からの要望、顧客からのフィードバックに依存しているため、何度も繰り返される可能性があるということです。この欠点に関係なく、このアプローチは適応可能性は高いです。

 

5.デザインスプリント:

その名が示すように、このデザインプロセスでは困難な環境でもあなたのスキルでテストすることができます。このアプローチではあなたやチームはトラブルシューティング、ロゴのデザイン、更にはブランディングと同程度の規模のプロジェクトを提供する5日間の厳しい課題に直面することになります。

 

このプロセスは上記で紹介したデザインプロセスと似ており、1日で各段階に取り組みます。デザイナーはこの傾向を修正して、全力疾走で取り組む時間を少し長くより強くするようにしています。

 

このデザインプロセスでは効率性と規律のレベルがこれまでになく高いため、最大の課題に対応でき成果も迅速になります。

 

6.デザイン思考:

このアプローチの普及はスタンフォード大学のHasso Plattner Institute of Design、いわゆるd.schoolのお陰である部分が大きいです。これは、2つの設計プロセス(ユーザーセンタードとダブルダイヤモンド)の完全な組み合わせになります。このアプローチはその広い指標が少し緩いにもかかわらず、多くの牽引力を得てきました。

 

プロセス段階を開始する前でさえ、最初で最も重要な段階は「共感」段階です。これにはプロジェクトを実際に開始する前に顧客のニーズを完全に理解しイメージに落とし込むことが含まれます。これは企業内の部門孤立化を解消するのに役立ち、いくつかの新しい方法からのアイデア交換にも役立ちます。このデザインプロセスは非常に柔軟で、どのようなアイデアにも十分に適応できます。

 

デザインプロセスは、どのようなプロジェクトにも欠かせない不可欠な要素です。特に組織またはユーザーが適応しなければならないデザインプロセスに関する特定の規則はありません。しかし、特にブランドが消費者変化を促すだけでなく、消費者変化を促すプラットフォームにおいては機敏であり続けなければなりません。

 

デザインプロセスの進化に関係なく、デザインに関する最も重要な前提に対して忠実でなければなりません。顧客の要望が重要であり、対象者が常に最優先です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ