デザイン

デザイン

【押さえて納得!】2019年に注目すべきデジタルマーケティングの動向と統計情報

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Digital Marketing Trends and Statistics to Watch Out in 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

152 views

読了時間 : 約7分2秒

マーケティングというと、あらゆる業界の変化に影響を受けうる分野です。マーケティングの成功は業界の動向を捉え、ビジネス戦略を適時適応させる方法を知ることにあります。この記事は2019年のデジタルマーケティング業界のポジションを押さえながら、それらの主な傾向を理解するためのものです。

 

 

 

ビデオマーケティングに焦点を当てる戦略

 

デジタルマーケティングでは、他のマーケティング分野と同様に、ビデオマーケティングに焦点を当て、ビデオのコンテンツが普及し始めている点が特徴的です。テキストと画像が完全に関連性を帯びなくなった訳ではありません。ただし、ビデオは対象のオーディエンスにメッセージを伝えるための最も鮮明かつ人気あるツールであることは押さえておきましょう。

 

The Wall Street Journalの情報によると、オンラインビデオの利用は2011年から2016年の間に10倍にも拡大しました。今後2年間で、この傾向はより強まっていく模様です。アナリストの予測によると、その勢いが減速することはありません。

 

若者に関していえば、オンラインビデオはケーブルテレビよりもはるかに一般的です。したがって、若い世代との効果的な交流を目指す企業は、効果的なビデオマーケティングの戦略を必要としています。この記事を通して、2019年における最良のSMMの動向に着目してみたいと思います。

 

従来のような広告は見る人を退屈させます。人々の行動を直接誘発するような情報には精通することができないほど、世界はあまりにもダイナミックで変化が速くなりすぎています。現代人は自分たちにとって意味をなす有用な情報を求めています。これは仮想通貨の開発から一般的な宣伝にも言えることです。

 

ネイティブ広告は最大限この事実に対応しています。そのような情報は人に負担をかけることなく、それどころか、貴重な助言とデータを提供しています。あなたは自身のブランドを、ビジネス遂行における透明性、専門知識、および実用性と関連付けることを望みますか。その場合、スペシャリストは提案された製品の詳細に関連した重要なヒントを活用してビデオや記事を作るべきといえます。

 

例えば、特定のワインとチーズの様々な種類の組合せについて認知させる動画はこれらの製品を提供している企業の顧客に向けたプロモーションにおいて有用といえます。また、夏用ワードローブを選択するためのヒントを掲載した記事は、ターゲット層のユーザーにブランド商品を的確に購入できるようにやさしく動機付けることができます。

 

 

 

コンテンツのパーソナライズ

 

 

あなたはコンバージョン率の高いコンテンツを目指していますか。個々のアプローチはそのポイント向上における重要なポイントの1つであるべきですが、一般的ではありません。たとえば、チケットの販売専門のオンラインプラットフォームStubHubは、Webサイトで個別電話の取り組みを行い、売上高を42%増加させました。

 

 

 

コミュニティ開発における新たな戦略

 

 

当該ブランドを取り巻くコミュニティと協力することはもはや新しい取り組みではありません。今では更にマルチベクトル化しています。もはやフォーラムを開催したり情報発信したりするだけでは十分ではありません。あなたのビジネス戦略におけるユーザーコンテンツの適切な関連性を意識しておくことが重要です。

 

それがどのように機能するのか理解するためには、まず、人々が以前より遙かに多くのコンテンツを制作し始めたことを押さえる必要があります。このことがあなたのブランドに勝利をもたらすといえます。たとえば、利用者がさらなるインセンティブなしにコンテンツを制作したり、奮起させたりする効果があります。

 

その結果、オピニオンリーダーのコミュニティが誕生します。あなたは製品に注目するブロガーをあらゆる方法で励ますことができます。一つは、あなたの製品と一緒にプレゼントを送ることです。

 

関心の高い利用者はそのようなプレゼントで写真を投稿することが多く、それにより新たなフォロワーを獲得する流れにも繋がっています。

 

 

マイクロ・モーメントの修正の重要事項

 

 

Think with Googleの情報によると、マイクロ・モーメントは場所や時間に関係なく、当該ブランドが信頼性も品質も高い情報により利用者のニーズを満たすことを確かめるにあたって重要な瞬間です。このことは長期の戦略的ニーズ(家の購入など)のみならず、多くの小さなニーズも対象となります。

 

大多数の人々は、新しい情報を収集するときには、ガジェットを用いて検索する傾向にあります。

 

長期的にブランド評価向上に取り組む場合、マイクロ・モーメントは聴衆が特定の質問に対する答えを得る必要がある際にそれを予見します。デジタルマーケティング戦略の構築の必要があると言えます。ブランドが顧客のことを大切に気にかけていることを伝えることで長期的な信頼関係の構築を可能とします。

 

迅速かつ便利な時代に沿った情報アクセスは、恒久的な顧客またはサービス利用者をもたらすための基礎となりえます。

 

 

可視化の重要性

 

デジタル技術分野における明らかな事実としていえるのは、現代の視聴者はもはやテキストコンテンツに左右されないということです。そのため、画像やビデオは正しく選択する必要があります。

 

以下のような点において、調和のとれた相関関係を築くことは非常に重要です。

•バランスの取れたメッセージの提示

•インタラクティブな要素を正しく使用する。

 

それがスマートフォンのオンラインビデオのみの場合は、視覚的要素が特に重要となります。このようなコンテンツは、特にラッシュアワーの時間帯に人気が高まります。この点を押さえておけば、あなたのブランドは視聴者への宣伝に効果的に活用することができるのです。仮想通貨での通信を行う際には、その基礎知識については積極的に広める働きをとるべきと言えます。

 

現在のデジタルマーケティング戦略において高品質のビデオコンテンツにより宣伝することの効果性は誰も否定できないところまできています。

 

 

 

 

顧客志向という新しい概念

 

 

数年前においては、顧客志向というと単なる素晴らしい言葉の一つで、あらゆるブランドが独自の方法で理解し使用していました。今では、この考えを提示する際の効果的な方法としていくつかスタンダードなものが提示されています。:

•対象の聴衆が所属するセグメントにおいて成功したブランド

•ロイヤルユーザーが使用しているデジタルチャンネルの関連性(現在、企業は顧客が自分のサイトに直接アクセスすることには期待できない – 顧客が最も時間を費やすサイトからのアクセスを狙う)。

• SMM戦略の改善。これは現代のデジタル技術を活用してブランドの宣伝を行う際に用いるツールの中核を成すものといえます。

•既存顧客向けと新規顧客向けで特徴を変えた動的コンテンツ(例えば、クライアントがサイトにアクセスしたとき、新規顧客には初めての注文を行うことによるメリットについての情報を提供し、既存顧客には前回購入した製品の更新情報を提供する通知を行うという方法があります)。このような方策については、2019年の将来のコンテンツマーケティングの動向においてより詳細に記載されています。

 

このサイトのコンテンツは、新規顧客と既存顧客のニーズの違いを把握し、それに応じた情報を提供するもので「スマートコンテンツ」とも呼ばれます。このことについてはUIの動向でも説明しました。これは、対象読者のあらゆるセグメントおけるニーズに合わせて適切にパーソナライズされたコンテンツのことを指します。

 

 

 

 

 

 

多様性の現代において、すべての人に対して1つのアプローチを行うということは哲学的にも柔軟でないというのが共通認識です。顧客の様々な個性を考慮し、的確なポイントアプローチを適用する機会を与えないからです。

 

パーソナライズされたメッセージを届けるということは、専門家にとってもより労力の必要なことではありますが、遥かに良い結果をもたらすのです。例えば、パーソナライズされた治療法は一般療法よりもはるかに効果的と言えるでしょう。

 

この哲学は特段新しい考えではないのです。人と関わっている企業の「人間化された」アプローチが大きな効果、成功をもたらすというのは事実なのです。

 

 

 

パートナーとしてのクライアントのビジョン

 

 

満足している顧客は、製品の購入者や既存顧客だけではありません。あなたのブランドを宣伝し、友達や知人とその印象を共有する人も含まれます。したがって、クライアントは最初は潜在的なパートナーとして考えられるべきです。

 

忠実な聴衆を獲得することを目的に、中古デジタルチャンネルであなたのブランドを宣伝することも考慮するべきです。専門家によると、顧客をパートナーに変えることは、大きな財務上の出資も必要とはしません。

 

効果的な戦略こそが必要なのです。それさえあれば、周りの顧客はあなたの会社を世に広めるべく動き出し、その中で彼ら自身の利益も見出すことでしょう。

 

 

 

 

 

説明用のビデオを作成する

 

 

コンテンツとタイミングに言及する簡潔なビデオの作成を行うことは、現代のデジタルマーケティングの世界におけるもう一つの「トリック」です。会社がそのような説明ビデオを制作してくれるのであれば、それはとても良いことです。それらは面白い効果やアニメーション要素を付加することができます。

 

そのようなビデオは顧客に対しても、重要な情報を与えるものです(例えば、購入したコンピューターのモニターを正しく清掃する方法、また、雨の後にヌバックの靴をきれいにする方法)。簡易的なプレゼンテーションの中の貴重な情報というのは、現代のクライアントに関連するものと言えます。

 

 

 

 

 

コンテンツ開発者への投資

 

 

コストの積算が困難なサービス分野では、価格面の誘惑に屈し「より安くする」する相手に仕事を発注することによるリスクが常に存在します。実はそのような動きは非常に非合理的であることが分かりますか。

 

流行に従いつつ相手に本当に適合したビジネス戦略を打ち立てるスペシャリストはその仕事も高く評価されるべきなのです。これは論理的で客観的な事実です。それを理解していないと、基本的なスキルしか持っていない人達に対して広告予算を不合理に使うだけでなく、あなたの会社の成長を失速させうるのです。

 

価格の面のみでの交渉を行わず、独自のポートフォリオで新たな成功例を示すことができるようなデジタルマーケティング業界の専門家に注目するべきです。

 

 

 

 

 

 

結論

 

 

2019年のデジタルマーケティングの動向をまとめると、実に注目すべき価値が見えてきます。

•ビデオマーケティングの需要。

•ターゲット広告に有益なネイティブ広告の需要。

•ユーザーが自分のニーズを満たすため情報検索するときの「マイクロモーメント」の修正。

•顧客志向の新しい戦略。 説明ビデオの関連性

•顧客に1回限りの注文を促すのではなく、長期的なパートナーシップをもたらすことに重きをおく。

 

これらの傾向とそれらの上手な使い方を理解することは、デジタルマーケティング分野をブランド、そしてそれに応じてあなたのビジネスを促進するための成功した分野にします。

 

 

 

おすすめタグ