デザイン

デザイン

「ジオフェンス」を利用して、より直感的なUXを提供する【位置認識技術の可能性を広げる】

584 views

読了時間 : 約4分50秒

私は数年前にホームオートメーションのためのジオフェンシングを体験しました。私の家での位置認識技術を使って何ができるかを知るために、私はNestサーモスタットといくつかのLutronライトスイッチに接続するWinkハブを設定しました。そしてジオフェンスは、ライトスイッチをオンにし、サーモスタットを自動で設定しました。この技術は、私が仕事を退勤した瞬間から玄関に到着した瞬間まで、経験全体を自動化したのです。

 

ジオフェンシングというのは、仮想的な地理的境界線のことです。上の例の場合、その自動化は位置認識技術を基盤として成り立ちます。このプロセスは、ここ数年でさらに洗練されたものになりました。

 

私は過去5年間にロケーション対応技術を構築してきました。しかし私がこの技術に近いところで、私はまだユビキタスなジオフェンシングが日々の生活の中でどのように役に立つかに驚いています。

 

 

位置認識技術はどこにでも

私は昨年春、ラクロスチャンピオンシップの間に、バンクーバーの近くで働いていました。そこでジオフェンシングの広範な可能性に気付き始めました。私の妻と私は友人とともに街をドライブしていました。そして友人は「近くにスターバックスがある」といいました。それは、彼自身が知っていたわけではありません。モバイルアプリの通知が彼に教えたのです。

 

私の妻はちょうどコーヒーをほしがっていたので、これは素晴らしかったですが、通知を提示する前に他のデータを考慮に入れてより良いユーザーエクスペリエンスを考える方法も考えました。

 

これは私の考えを進歩させました。人々は、モバイルアプリが位置認識技術を使用していることを必ずしも知っているように見えるとは思われませんが、それでも通知はうまくいきます。

 

 

ジオフェンシングは「ユーザーソリューション」

モバイル製品の所有者である私は、従業員のタイムトラッキングソフトウェアを使用して、お客様が必要としている位置認識技術を正確に実現することに専念しています。私はまず、2014年後半に顧客の要望に基づいてジオフェンシングを調査し始めました。従業員のロケーションに基づいて従業員の出入りを思い出させたり、できるようにするソリューションが必要でした。タイムシートより正確で、雇用者は給与計算にお金を節約できます。

 

2014年であっても今日でも、私たちのソリューションはすべてエンドユーザーに関するものでした。私たちは、面倒でエラーの影響を受けやすいプロセスを自動化することで、人生をより楽にしたいと考えています。

 

あらゆるハイテク企業が製品を構築する際に最も大きな間違いを犯すのは、それを「ユーザーソリューション」ではなく「技術的ソリューション」と考えることです。エンドユーザーにとっての経験を考慮に入れて、すべての違いが生まれます。あなたが製品を使用した最後の時間を考えてみてください。

 

設計やユーザーエクスペリエンスを担当する人は、ジオフェンシングが複雑であることを覚えておく必要があります。

 

場所に基づいてアクションを自動化する場合は、すべてのコーナーケースとエッジシナリオを考え、それらの状況を処理する方法を決定する必要があります。

 

ユーザーが位置認識とジオフェンシング技術についてどのように感じているかを知るために、米国の400人の従業員を対象に調査を実施しました。調査の結果、84%の人々がアプリのアラートによって送信された特別提供を使用していることがわかりました。しかし、私がスターバックスを通過するたびに通知を受けるのは本当に意味がありますか?答えは「いいえ」でしょう。

 

あなたの製品でジオフェンシングをより適切に使うことは、機械学習を活用することでしょう。行動基準を活用して、人々がいつあなたの製品を購入するのか、またはあなたのアプリを使うのかを判断したいとします。正午から午後8時までに通常は購入しないことがわかっている場合、そのウィンドウでの通知は役立つよりも迷惑になる可能性があります。

 

 

ジオフェンシングにおける3つのT

ジオフェンシングをエンドユーザーにとってより快適なものにするためには、3つのTについて気をつけましょう。

 

1.Targeted(対象を絞る)

対象を絞った通知をしましょう。欲しいものや必要としているものを受け取っているなら、人々はロケーションベースの通知に満足する可能性がより高いです。アプリがエンドユーザーと行える可能性のある異なる体験や交流を考え、通知方法を意図的に考えてください。

 

ジオフェンスは、ユーザーに価値を提供する必要があります。そうしないと、ロケーションサービスが無効になり、すべての作業がうまく機能しなくなります。私たちの調査によれば、通知を止める最も大きな理由は、頻度が高すぎたり、迷惑であったり、役に立たなかったりすることが最大の理由でした。

 

2.Transparent(情報の透明性)

ユーザーの77%が、アプリを使用していないときでも、アプリが自分の位置を確認できるようにしていますが、位置追跡については依然として慎重です。信頼を得るために、安全を守るためには、製品を使用している人々が何が起こっているかを常に知っておくことが重要です。

 

特にあなたのアプリがバックグラウンドで場所を追跡している場合は、設定した期待値を超えた場所を使用してユーザーの信頼に違反しないでください。ジオファンスがユーザーにとって貴重であることを確認してください。

 

3.To-the-point

ジオフェンシングは素晴らしい経験や結果を独自に提供するものではありません。ジオフェンシングをロケーショントラッキングの重要なコンポーネントとして活用し、過度に使用しすぎないように製品を構築するのは、開発者または設計者にゆだねられています。

 

エンドユーザーはあまり多くの通知を受け取るべきではなく、受け取った通知は常に適切な経験を提供する必要があります。ジオフェンシングが設定された場所に出入りするだけでなく、ユーザーに許されるいくつかの異なる経験や相互作用をコントロールしましょう。

 

 

ジオフェンシングの未来

10年前、人々はカメラがすべてに付いているのはばかげていると思っていました。それはプライバシー問題であり、人々は未知のものを恐れていました。今日においてカメラはどこにでもあります。そして、最近は誰もがカメラを備えた電話機を持っています。私はジオフェンシングが似たような道にあると思っています。

 

将来的には、あなたの場所の周りに構築された多くの経験(たとえば、あなたが所有する他のものとの関係にある)は、あなたの日常生活の一部になります。あなたはあなたの家とあなたの車をリアルタイムで監視することができます。

 

たとえば、スコットランドで休暇を過ごす場合は、スマートフォンを使用して自宅の照明をオンにして、そこにいることをシミュレートします。旅行を予約していることを知っているので、あなたの家はあなたが休暇中であることを知っています。スマートフォンで運営されている自宅では、スコットランドにいることを覚えているので、誰かが強制的にあなたの家に入ると、あなたと近くで巡回する警察に通報します。

 

ロケーションエクスペリエンスは、私たちの日常的な物理環境とのやりとりの未来であり、テクノロジーを活用する面白い方法です。

 

 

ロケーションツールを賢明に使用する

ジオフェンシングは私が以前考えていたよりも開発され、信頼性があります。しかし、それはすべてが終わりであることを意味するわけではありません。これをツールボックス内の別のツールと見なして、ユーザーの場所のコンテキストを使用して作業を容易にする堅牢で豊かな体験を構築してください。

 

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

 

 

※本記事はGeofences Are Everywhere — And We’re Cool With Itを翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ