デザイン

デザイン

グラフィックデザイナー向けPhotoshopの実践的な写真加工テクニック 無料チュートリアル30選

Designmodo

Designmodo publishes web design articles, tutorials and has a great shop with the best WordPress and Bootstrap themes, plugins, UI Kits and more.

本記事は、30 Free Photoshop Tutorials for Graphic Designers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

841 views

読了時間 : 約8分32秒

グラフィックデザインに関する需要が高まっているので、習いたいという人が増えています。これらのテクニックは、おもしろいので興味を持つ人が増えています。なので、オンラインでテクニックを教えている人がいます。 ネット上で、フォトショップを使ったグラフィックデザインを教えているものがたくさんあり、簡単に学ぶ事ができます。

 

フォトショップを使えば、不思議な効果が出てくるという事をみんな知っています。グラフィックデザインとおもしろいイメージを作る事は、別の次元にあります。そして、その二つを組み合わせると、効果が出てきます。映画のポスターを作る時などに使えます。文章、写真、抽象画などバラバラのものを、フォトショップを使って1つのグラフィックデザインにする事ができます。

 

フォトショップの使い方については、たくさんのツールやオプションがあります。なので、分かりづらい部分があります。しかし、ツールやオプションをうまく利用することで、フォトショップが思ったほど複雑ではないと分かります。ネットで簡単に学ぶ事ができます。これらでフォトショップを使ったグラフィックデザインの概要がわかります。色をつける方法や色の効果のような具体的な事を教えてくれます。これから2種類のフォトショップを使ったグラフィックデザインを教えている所を紹介します。

 

1つは、初心者向けにグラフィックデザインとフォトショップの基礎を教えている所で、もう1つが上級者向けに、現在のトレンドを教えている所です。どちらもテクニックを学ぶのに役立ちます。色の使い方や塗り方といった事を教えてくれる人もいます。今まで知らなかった事が学べます。得られた知識は、漫画のデザイン、ゲーム、映画、ポスター、デジタル画像などに使う事ができます。専門家が、あなたがよりよいものを作り出すための手助けをしてくれます。

 

 

 

 

グラフィックデザイナー向けのフォトショップの使い方を教えてくれるところ

 

 

フォトショップの3D機能を使って小宇宙を表現する

 

 

 

Alexandra FomichevaはPhotoshop CS5の隠れた機能を紹介しています。これは、人気のあるフォトエディターの1つで、すばらしい3Dアートを作るのに必要なツールが揃っています。これには41の工程があります。なので、使い方を覚えるのに時間がかかります。いくつか使いやすい機能がありますので、裏技を覚えてください。

 

 

 

 

フォトショップで躍動感ある映画ポスターを作る

 

 

 

ここでは、写真を迫力があって動いているような臨場感あるようなものにする方法を教えてくれます。あなたは段階的に洗練されたポスターを作れるようになります。ここの筆者は、紙の国際基準を基本に CMYKカラーモデルで作られています。作り終えたら印刷する事が出来ます。

 

 

スポーツの名場面のようなポートレートを作る

 

 

 

 

Matt Kloskowskiが、基本的なテクニックと非現実的な作品をつくるテクニックを教えています。アーティストは3つの事をするだけで、すばらしい作品が出来上がります。このテクニックを学んで、似たような作品を作ってみてください。

 

 

Lincoln Soaresによるフォトショップの中で炎を上げる車

 

 

 

この作り方はとても簡単です。ですが初心者にとって、いい練習になる技術がたくさんあります。数種類のフィルターやツールを使うと、普通の車が印象的になります。全部で11のステップがありますが、簡単に再現でき、他でも活用できます。

 

 

 

顔を無造作に飾る

 

 

ポートレートに最先端の技術を加えたいと思っている人は、ここで学んでください。ガラス調のブラシ、基本的なフィルターやレイヤーを使えるようになります。個性的な仕上がりになります。そして、この技術は他でも使えます。

 

 

フォトショップで人体に印象的な効果をつける

 

 

 

このように顔から体全体にかけて崩壊したような効果を入れることで、強い印象になります。これには20のやる事がありますが、それほど時間がかかりません。それぞれ説明の画像があります。

 

フォトショップで爆発しているような効果をつける

 

 

 

Nathan Brownは、印象的な書体をたくさん持っています。これをフライヤーやプロモーション用のポスターに使うと、 重量感が増して印象的な仕上がりになります。 このようなパワフルな効果を出したい時は、時間がかかりますが、グランジの下地とブラシを数種類使います。ここで学ぶと、あなたのルーティンを見直す事もできます。

 

 

iPadの壁紙を作る

 

 

 

iPad用の壁紙作成は、イラストやウェブサイトのデザインよりやっている人が少なく、今なら参入しやすいです。ここで丁寧に教えています。うまく行っていない部分を修正して、あなたが分からない所や間違えている所がわかります。ここは初心者のデザイナーにとって理想的で、基本的なスキルが向上します。

 

キャンドルライトの描き方

 

 

 

ここを見ると、あなたが持っているクリエイティブな部分が開花します。静止画であれば、Photoshop CS3とWacom Tabletを使って再生できます。このテクニックは誰にでも使えて、フォトショップを. IllustratorやCorelDrawのように使えるようになり、あなたが画像処理をしやすくなります。ここはベテランのデザイナー向けで、1時間がら5時間くらい時間を短縮する事ができます。

 

 

 

 

あなたの魅力を探す

 

 

 

ここでは、フォトショップのスキルだけでなく、芸術性も身につきます。ドラフトが出来ていて、それに手を加えるだけになっています。

 

フィッシュアイ(魚眼)効果で印象的なシーンを切り取る

 

 

 

The walkthroughは、12の部分に分けられます。それぞれイメージや視覚を整える手法があります。最終的に、レイヤー、モード、色、影などを調整する事ができます。これを組み合わせる事によって、他とは違う魚のような目を入れたりする事もできるようになります。

 

フォトショップで、本物のスチールフィルムのようなポスターを作る

 

 

 

ここでは、シンプルな普通のイラストが、生き生きとしたものに変える方法を教えてくれます。プロの目線で見ると、いくつかのやり方は、奇妙で新しいやり方かも知れません。ですが、今までやってこなかった事をやるいい機会になります。 そのうち、普通に使えるようになります。

 

 

フォトショップで花のような形の不思議な写真に加工する

 

 

 

ここでは、写真を修整するツールとブラシの効果的な使い方を教えています。2つのパターンがあり、温かい色使いとさわやかな色使いのものがあります。女性とバラの写真を用意すれば、再現できます。

 

 

マスクで簡単にテクスチャー効果をつける

 

 

ここでは、テクスチャー、ブラシ、マスクなどの基本的な使い方を教えてくれます。もし、上手くいかない事があれば、ここを見ると解決できます。丁寧な解説と見本があります。最終的に、あなたは個性的な作品に仕上げる事ができます。

 

 

抽象画のような効果をつける

 

 

 

Per Gustafsonは、2Dと3Dを混ぜて印象的な写真にするやり方を教えています。ここでは基本的な作業で水が流れるような効果をつけています。これはフォトショップに入っている機能でつくれます。

 

 

刺激的な戦闘シーンを作る

 

 

 

 

ここで感情が揺さぶられるような作品を作る事ができます。ここには、たくさんのイメージがあります。筆者は整え方を教えてくれて、どのように利用すればいいか1つずつ説明してくれています。

 

 

 

 

フォトショップでスチームパンクのような効果をつける

 

 

 

 

 

ここでは、古い雰囲気のグルンジでスチームパンクのような感じに仕上げる方法を、段階的に教えてくれます。これはパイプ、留め金、鋲を使って作る事ができます。デザイナーは何も用意しなくていいです。背景から小さいギアまで揃っています。

 

 

独特でユニークな写真を作る

 

 

 

ここでブラシの使い方、流れるようなフィルターの作り方などが学べます。画像の補助として女性の写真が入っています。すべて従来通りです。ここで学ぶと自然な仕上がりの写真を作る事ができます。

 

 

 

 

洪水の街のような写真にする技術を使う

 

 

 

Andrew Gardnerは、通りの写真を撮って、それをアクション映画のワンシーンのように仕上げています。比較的簡単な道具と基本的なテクニックで、このような衝撃的なものを作る事ができます。これを作るには、15の工程があり、簡単に再現できます。もし時間がなければ、動画で学ぶ事ができます。

 

 

ポートレートを宇宙空間のようにする

 

 

 

ここでの技法は、簡単ではありません。ここには、他のアーティストが使っていない変わったテクニックがたくさんあります。もし4時間くらい時間があれば、やってみてください。あなたのスキルが上がるだけでなく、経験値も上がります。

 

 

 

 

夜ライトを照らしたような効果をつける

 

 

 

ここでは、イメージ、テクスチャー、ブラシ、傾き、明るさなどの効果的な使い方を学ぶ事ができます。一つ一つ詳しい解説はありませんが、必要な部分は説明されています。その説明を理解できれば十分です。

 

 

輝くスーパーヒーローを作る

 

 

 

Kervin Brisseauxは、簡単なイラストを近未来的なアートにする方法を確立しました。最初は、走っている人だけ書いてあります。このようなダイナミックな仕上がりにしたい時は、マーキーやペンのようなツールをフォトショップに加えて、ダイナミックに色をつけてください。

 

 

 

 

3Dのような衝撃的なドラゴンをフォトショップで作る

 

 

 

ベクターの要素と写真撮影技法を合わせると、3Dのような美しい作品を作ることができます。 ここには、ドラゴン、火、けむり、ロボット、高速道路、爆発などが用意してあり、少しの作業で仕上げることができます。

 

 

騎士を作る

 

 

これは、日本のデジタルアーティストが作ったものです。これは、フォトショップだけでなくタブレットでも作成できます。ここは、他とは違ってテクニックを丁寧に教えてくれます。ここで、あなたの限界点を超えて、あなたの可能性が引き出されます。ここには、簡単な説明と少しのヒントと画像しかありません。

 

 

輝く光のような効果をつける

 

 

Fabio Sassoは、ビートルズの有名なアルバムジャケットを元にして、ライトの効果と影を使って、素敵なポスターにしました。2つの写真と、ペンやブラシ、レイヤーとモードなど基本的なフォトショップの機能を使って、このようなすばらしい作品ができます。やることは8つしかありませんので、迷うことはありません。

 

 

フォトショップで線に色をつける方法

 

 

 

フォトショップを使って、下書きを書くには次のような方法があります。

・スキャン

・消去

・つや消し

・色付け

・編集

・テクスチャー

Matt Foxは、 みなさんの練習のために、これらを使って見本の作品を見せてくれています。これを見れば、下書きをどのように仕上げればいいかわかります。

 

 

 

フォトショップでファンキーでレトロなポスターを作る

 

 

 

もし、レトロ調の音楽のポスターを作るヒントが欲しいなら、ここを見てください。 Nikola Lazarevicがテクスチャー、ブラシ、パターン、所有しているイメージを使って、ヴァイナルレコード を作成する方法を1から教えてくれます。

 

彼は、自分自身がフォトショップで作った作品を公開し、それに手を加えて心が揺さぶられるような作品にしています。彼は細かい部分まで気を配っていて、作品作りには多くのステップがあります。

 

 

 

フォトショップでギターをリアルに書く書き方を知る

 

 

Nathan Brownは、型、傾斜、影など基本的なツールを使って、本物のようなイラストを描きます。彼がフォトショップで描いたギターは、直感的な作品であなたの役に立ちます。これには15やる事がありますが、詳細がたくさんあり、イメージ画もあります。

 

 

 

まとめ

多くのグラフィックデザイナーはイラストレーターを使っていますが、写真の加工や仕上げをするにはフォトショップが一番いいです。使えるツールが多いからです。

 

古い画像を編集したり、写真を印象的にしたり、書体を変えたり、生き生きとした絵にしたり、きれいなポスターを作ったりする事ができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ