デザイン

デザイン

PR

Webデザイナーのための8つのおすすめ作業効率向上アプリ

3,118 views

読了時間 : 約5分58秒

 

 

時には、タスク、会議、そして締め切りに追われて、てんてこ舞いになってしまうこともあるのではないでしょうか。同時に、余分なデザインのために時間を割かざるを得ないこともありますよね。 こういう時、プロセス全体は生産性の高いワークフローにつながっていないのです。

 

 

あるタスクから別のタスクに切り替えるときに、時間が無駄になってしまいます。 これは、これらのタスクのいくつかを自動的に処理できる場合に特に当てはまることです。

 

 

テクノロジーが、デザイン、プロジェクトマネジメント、およびチームの共同作業という最も重要な3種類の分野に救いの手を差し伸べてくれます。

 

 

適切なツールを使えば、それ以上のこともできます。 ワークフローは、まるでスイスの腕時計のように正確で無駄のないものとなるでしょう。

 

 

 

 

1. monday.com

 

このチームマネジメントツールは、スタートアップ企業とIT企業を念頭に置いて作成されました。しかし、まったくITと関係のない企業がこのツールを事業で使い始めるまでに、そう長くはかかりませんでしたし、それにはもっともな理由がありました。現在、Monday.comは200もの異なる業種に携わるユーザーに使用されており、そのほとんどは技術部門以外の業種なのです。

 

 

monday.comのトラッキングボードは、透明性と共同作業を促進します。このチーム管理ツールは、デザイナーと開発者が互いに協力し合う必要があるのか、それとも何百人もの従業員が地図上にまんべんなく散らばっているのか、ということには関係なく、要件を満たし、ワークフローを構築、カスタマイズし、そして管理するために必要なものを備えています。

 

 

monday.comは、最近dapulseというブランド名で提供されるまで、とても高速に動作していました。今となってはかつてのような猫みたいな速さはありませんが、それでも「チーターのような速さ」は残っています。しかし、ただ単に動作が速いだけでは決してなく、様々な機能を備えています。グラフィカルに表示される情報を見れば、今何が起きているのか、プロジェクトがどこに向かっているのか、そしてチームのメンバーが何をしているのか、というのをはっきり見て取ることができるのです。

 

 

 

 

2. Taiga

Taigaのプロジェクト管理プラットフォームは、アジャイル手法で作業をするチームを対象としていますが、大小様々な規模なチームのニーズを満たすものです。 Taigaは無料のオープンソースプラットフォームで、これを使ってプロジェクトを完全にコントロールすることができます。

 

 

Taigaは驚くほど使いやすく、また見た目も美しいです。これに 統合されたKanbanの仕組みにより、ユーザーはあらゆるタイプのプロジェクトを容易に実行可能な段階に分割することができます。 Kanbanボードはまた、進行状況を確認するための非常に効果的なツールです。

 

 

アジャイルを実践している人たちのおそらくほとんどはEpicsに精通していることでしょう。 そうでない人たちでも、複数のプロジェクトのマネジメントや進捗の確認を担当しているなら、Epics on Taigaは役に立つはずです。 Epics on Taigaは、互いに関連したプロジェクトの計画を立て、進捗をコントロールするといった、大抵はあまり面白くない仕事をしなければならない場合にも非常に役立ちます。

 

 

 

 

 

3. Mason

 

Masonは、デジタルプロダクトの組み立てを行うためのアプリだと言えます。巷には、ウェブサイトやアプリを構築するためのビルディングブロック方式を提供してくれるデザインアプリが溢れていますが、Masonはこういったアプリとは趣を異にする、やや過激な方向性をもつアプリで、 デジタルプロダクトの機能を扱うことができます。

 

 

Masonは、デジタルプロダクトを小さな構成要素に分解し、必要に応じてそれらの部品を作り直し、再び組み立てます。チームはデジタルプロダクトを作るための作業をモックアップやプロトタイプだけで行う必要はなく、必要な際には、直接その機能を構築、操作、そして実装できます。

 

 

Masonはまた、プロダクトデザインの経験がない、中小企業のオーナー、マーケティング担当者などが、カラースキーム、イメージ、ボタンなどのホットフィックス機能を簡単に使用できるため、デザイナーは一部のプロダクトメンテナンスをデザイナーではない人たちに任せることができます。

 

Masonは自由に使用でき、エンドユーザーが変更を閲覧できるようにする場合にのみにのみ料金が発生します。

 

 

 

 

 

4. ClickTime

 

ClickTimeを使えば、従業員の勤務時間を、押しつけがましくならずに計画し、計測、管理することが簡単に行えます。 この生産性向上アプリは、プロジェクトの可視性を向上させるので、コストが予算を超過してしまうことなく、プロジェクトにあと何時間かけられるかを確認し、クライアントに請求できる時間と、今までに行われた作業のコストの両方を計算できます。

 

 

Clicktimeは、従業員による出費を承認し、休暇を管理し、今誰が働いているかを確認することにも使えます。

 

 

 

 

 

5. ActiveCollab

 

ActiveCollabは、ファイル、コメント、フィードバック、そして関連情報をすべての人が閲覧できるところに集めることで、効率的で効果的なチームの共同作業を促進してくれるアプリです。 仕事に関係するあらゆる人をループ内に留めておくだけでなく、特定のトピックに関するタスク以外の関連情報を一か所に集めておけます。

 

 

あなたの仕事に必要な枠組みを与え、チームが有意義な共同作業をできるようにすることで、プロジェクトの質を高めることができるはずです。

 

 

 

 

 

6. RunYourMeeting

 

RunYourMeetingは、「時間の無駄は生産性を低下させてしまう」という原則に基づいて作られていて、例えば、会議の参加者が準備不足だったときに発生する時間の無駄のような、プロジェクトマネージャーやプログラムマネージャーの頭痛の種を解決する方法を提供してくれます。

 

 

RunYourMeetingは、会議を準備し、開き、そしてフォローアップすることを支援するためのアプリで、関連する情報を1か所に保存し、やるべきことをまとめたリストの状況を確認し、更新してくれます。これを使えば、会議が有意義なものになることは間違いありません。

 

 

 

 

 

7. Futuramo Visual Tickets

 

Futuramo Visual Ticketsは、デザイナーがデジタルプロジェクトに関するフィードバックを最も簡単に送受信できる方法です。チームはスクリーンショットやアップロードされた画像に注釈を付け、問題についてのだらだら続く説明をスキップできます。

 

 

このアプリは、ユーザー管理、チケットの優先度、タイプとステータスの管理、高度なフィルタとソート機能、スマート検索、コメントなど、プロジェクトのシームレスな共同作業を可能にする様々な機能を提供してくれます。

 

 

 

 

 

8. Nutcache

 

その名の通り、Nutcacheはデータを安全に保管するのに優れていて、それでいて必要なときに簡単に見つけてアクセスすることができるようになっています。このビジネス指向のアジャイルプロジェクト管理ツールは、創造的なチームが最重要事項だけに集中できるようにしてくれます。

 

 

Nutcacheを使えば、アジャイルの一連の原則に従いながらプロジェクトのライフサイクル全体を管理し、チームの共同作業効率を改善することができます。

 

 

 

 

 

結論

 

特定のニーズに合ったソリューションを提供してくれるアプリを探しているのかもしれません。 このリストに載せたアプリはどれもみな、あなたの仕事の負担をはるかに軽減してくれるものばかりです。

 

 

プロジェクト管理に重きを置くものもあれば、 チームの共同作業に焦点を当てるものもあり、また両方を視野に入れたアプリもあります。ですが、生産性の向上は、それらすべてのコンセプトの軸となっています。

 

 

 

 

※この記事は8 Essential Productivity Apps for Design Teams & Designersを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ