デザイン

デザイン

2019年版 世界で最も高い建物15選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Tallest Buildings In The World | In 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

161 views

読了時間 : 約9分36秒

人間がこれまでに造ることができる最も高い構造はどんなものでしょうか?地球の形状と技術を考慮すると、高さ4キロメートル、幅6キロメートルの建物を建てることができると考えられます。これは最大100万人を収容することができる800階の建物ということになりますが、これまでに実行はされていません。

 

現在、最も高い建物はブルジュ・ハリファです。これは脅威の829.8メートル(一番上までの高さ)で、2009年以前に建てられたすべての建造物より高いものです。

 

最近の高層ビルのほとんどは、伝統的な耐荷重コンクリート壁よりも高い高さに建てることができる鉄骨を使っています。空気を通過させるための隙間、揺れや振動を減らすためのマスダンパーなどの高度な建築技術により、ビルの幅を狭くすることが可能になりました。

 

建造物はどのように測定されるのでしょうか?

 

高層ビル都市生息地評議会という国際的な非営利団体が、高層ビルを測定するための一連の基準を定めています。この組織は、建物の計画、設計、および建設のあらゆる側面を分析して報告する組織で、建物の高さをランク付けするために3つの方法を使用しています。

1. 建築上の高さ

2. 最も高い階までの高さ

3. チップまでの高さ(旗竿、アンテナ、技術装備を含む)

 

現在、350メートル以上の建物は64あり、そのうち32が中国にあります。 ここでは、先見の明のあるアイデアと科学技術の結果である世界で最も高い15の建物(通信塔を除く)をご紹介します。建設費は米ドルで示します。

 

15. 長沙IFSタワーT1 452.1メートル| 88階建て

画像:ウィキメディアコモンズ

 

場所:湖南省、中国

完成年:2017

建設費用:不明

 

一等地に位置する長沙 IFS Tower T1は、湖南省に本拠地を置く金融機関を惹き付けるという主な目的を達成するのに適した位置にあります。

 

長沙複合開発プロジェクトには、タワー1とタワー2の2つの高層ビルが含まれていて、タワー1には、ダイニング、ライフスタイル、およびエンターテイメント施設が入った700mの小売通りがあります。最上階部分の細くなった部分は主にホテルで使われており、上のフロアは特別料金になっています。

 

14.ランドマーク81 | 461.2メートル| 81階建て

画像:ウィキメディアコモンズ

 

場所:ベトナム、ホーチミン市

完成年:2018

建設費用:1億2300万ドル

 

ランドマーク81は、ビンホームズセントラルパークとして知られる15億ドルをかけて作られたハイエンド都市複合施設の中心地として建てられました。開発には、高級マンション、ショッピングスペース、いくつかの娯楽施設、そして建物の上には展望スペースが含まれます。

 

建物のデザインは竹の束にインスパイアされており、ベトナム文化の一体性と強さを象徴しています。ランドマーク81の構造は、異なる高さの36個の正方形のチューブ(6 * 6のマトリックスにクラスタ化されたもの)からなる、シンプルに束ねられたチューブシステムです。

 

最も薄い部分は建物の最上部です。使用はできないため尖塔と見なすことができますが、実際の尖塔ほど細くありません。

 

13.ラクタセンター| 462メートル| 86階建て

画像: アドメスケンス/ ウィキメディアコモンズ

 

場所:ロシア、サンクトペテルブルク

完成年:2019

建設費用:17.7億ドル

 

ヨーロッパで最も高いビルであるラクタセンターを建設するには、環境面や建築面での課題を克服するために、非常に創造的なエンジニアリングの力が必要でした。

 

このタワーは、優れた暖房、照明、および廃棄物管理システムと、エネルギー消費量を節約する「インテリジェントファサード」を備えています。従来のヒーターの代わりに、エンジニアは赤外線ラジエーターを使用し、タワーの電気および機械装置から発生する熱は、加熱システムに送られる仕組みになっています。

 

建物の基礎には、279メートルの高さまで打ち込まれた264本の杭と、15段のグリッドがタワーの重量を中心部から再配分しているため、高層ビルは極端な風荷重の下でも安定しています。

 

12.国際商業センター 484メートル| 118階建て

画像:ボハオザオ/ ウィキメディアコモンズ

 

場所:香港尖沙咀(チムサーチョイ)

完成年:2010年

建設費用:36億9000万ドル

 

国際商業センターは、デザインとエンジニアリングの成果だけでなく、接続性、先見性、そして高密度地域でのスマートな成長のアイデアを含む、超高層ビルの新時代を表しています。

 

高い建物の偉業であるエネルギー効率の良い商業建築物のトップ10%にあり、空調システムだけで、エネルギー消費量を8%削減することができています。

 

その他のエネルギー効率の高い機能には、アトリウムの自然照明、電力再生機能を備えたダブルデッカーエレベーター、および低排出カーテンウォールがあり、廃棄物管理プログラムは、毎年100,000キログラムを超えるリサイクル可能な資材を収集します。

 

11.上海ワールドファイナンシャルセンター492メートル| 101階建て

画像:アルトン トンプソン/ ウィキメディアコモンズ

 

場所:中国上海

完成年:2008年

建設費用:12億ドル

 

上海世界金融センターは文化と商業の象徴であり、世界の首都としての街の象徴でもあります。この建物の最も特徴的な建築での特徴は、風圧の影響を減らすように設計されている上部の巨大な台形の開口部です。

 

デザインはユニークなものではありませんが(サウジアラビアのキングダムセンターや米国のデュークエナジーセンターなど他の国でも見られるので)このような大規模なデザインは非常に困難な作業だったでしょう。

 

建物の台形開口部は鉄筋コンクリートと構造用鋼でできています。風荷重のような圧縮力と曲げる力は、斜めブレースフレームによって地面に移行されます。

 

タワーのデザインで、材料を効果的に使用することを可能にしています。周囲の壁の構造用鋼材の重量と外側のせん断壁の厚さを大幅に減らすことができるからです。

 

10.台北101 | 508メートル| 101階建て

所在地:台湾台北

 

完成年:2004年

建設費用:19億ドル

 

台北101はブルジュ・ハリファが完成する前の2004年から2010年まで、 世界で最も高い建物でした。2011年、タワーは、その規模と複雑さで壮大な功績であるLEEDプラチナ認証を受けました。

 

そのあまり知られていませんが優れた機能のいくつかには、低流量の水道器具、エネルギー効率の高い照明器具、太陽熱を遮断するための二重ペイン緑色ガラスカーテンウォール、およびスマートエネルギー管理および制御システムがあります。

 

高層ビルに設置された728トンの同調マスダンパー(強風による機械的振動の振幅を低減するための装置)は、建物の最上部近くの巨大な多層の空洞に配置されています。建物は時速215キロメートルまでの風とリヒタースケールで9の地震に耐えることができます。

 

台北101の高層階には展望台があり、屋上でコンサートが開催できる唯一の高層ビルです。91階の展望台では、数多くのバンドが小規模なコンサートを開催しています。

 

9.チャイナズン| 528メートル| 108階建て

画像:ウィキメディアコモンズ

 

場所:北京、中国

完成年:2019年

建設費用:37.8億ドル

 

「ズーン」という名前は、この建物のデザインに影響を与えた古代中国のワイン容器から来ています。建物は、幅78メートルのベースから、幅54メートルの中央部まで緩やかに減少してから、高層部まで徐々に幅69メートルに増加します。

 

先を細くしたかまっすぐな超高層タワーと比べ、凹面の設計はより大きく、別階のスペースおよび窓拭きのための十分なスペースを備えています。大きな高層部はいくつかの構造上の課題を提起していますが、しっかりとした基盤で構造的なバランスはよいです。

 

渋滞解消のために中央ビジネス地区での新規プロジェクトを最大180メートルの高さに制限したため、チャイナズーンは北京で最も高い建物であり続ける可能性があります。

 

8.広州CTFファイナンスセンター 530メートル| 111階建て

画像 :ブライアン スターリング / Flickr

 

場所:中国広東省

完成年: 2016年

建設費用:15億ドル

 

広州CTFファイナンスセンターはさまざまな用途で使われています。ホテル、住宅、オフィス、高層部から空の4つの重要移行ポイントで作られています。

建物内には95のエレベーターがあり、そのうちの2つは世界最速です。 毎秒約21メートルで、高速移動するため永久磁石同期モーターとローラーを使用しています。

 

環境への影響を最小限に抑えるため、タワーにはさまざまなエネルギー効率の高いツールが装備されています。高効率チラーの利用、水冷式チラー凝縮器からの熱回収、公共交通機関へのマルチレベル接続も備わっています。

 

7.天津CTFファイナンスセンター 530メートル| 98階建て

画像:CTBUHによるニューワールドチャイナ

 

場所:天津、中国

完成年:2019年

建設費用:不明

 

このタワーは、起伏のある曲線を利用して3つのプログラムコンポーネントを微妙に表現し、大胆なモノリシック表現を付け加えています。高級マンション、オフィススペース、ホテルが入り、エリア開発のためのアンカーとして機能します。

 

緩やかな曲線のガラスは、地震の揺れに対し構造の剛性を高める8つの傾斜した柱を備えています。高層の通風口は建物の空力形状とうまく結合されており、渦の放出を減らし風力を最小限に抑えます。

 

6.世界貿易センター541.3メートル| 104階

 

場所:アメリカ合衆国ニューヨーク州

完成年:2014年

建設費用:39億ドル

 

この超高層ビルは、9/11テロ攻撃で破壊された元のWTCのノースタワーと同じ名前です。この記念館は、40,000トンの構造用鋼と49,000立方ヤードのコンクリートでできています。これは、320キロ以上のニューヨーク市の歩道を舗装するのに十分なものと同量です。

 

構造は立方体の底面を持ち、エッジに8つの二等辺三角形を形成しています。中央部で、建物は八角形になっています。世界で最も安全なオフィスビルの1つとされています。

 

建物で使用されている高強度コンクリートは、従来のコンクリートの7倍の圧力に耐えることができ、鉄筋は以前のWTCの鉄筋よりも大幅に長くなっています。1分以内に地上から102階まで移動できる高速のエレベーターが合計71台あります。

 

大部分の人々は、記念碑の周りに植えられた木の1本が実際にWTCから回収されたことを知りません。テロ攻撃を生き残ったので「生き残りの木」と命名されています。

 

5. ロッテワールドタワー 554.5メートル| 123階建て

画像: ウィキメディアコモンズ

 

場所:ソウル、韓国

完成年:2016年

建設費用:33億ドル

 

ロッテワールドタワーは、通常、高層ビルで見られるものよりも機能がそろっています。屋上カフェ、展望台、その他の娯楽施設が入っていて、建物のデザインは、韓国の磁器、陶器、書道に影響を受けています。 継ぎ目はタワーの上から下に行き、外装材は薄手のシルバーガラスで、屋根は柱を補強することなくその重量に耐えるように設計されています。

 

屋根の建設だけでも、3,000トン近くの鉄鋼部品、高精度のGPSアライメントシステム、64トンのタワークレーン、そして熟練した建設業者が建設に携わりました。強度は、毎秒80メートルまでの強風とマグニチュード9までに耐えるものです。

 

4. ピンアンファイナンスセンター599メートル| 115階建て

画像:ウィシバデ シルバ/ウィキメディアコモンズ

 

場所:中国広東省

完成年:2017年

建設費用:15億ドル

 

ピンアン ファイナンスセンターは、非常に高密度で、非常に高く、ハイパーコネクテッドな新世代のプロトタイプ高層ビルです。パールリバーデルタ高速鉄道回廊だけでなく、近隣の住宅や商業施設にも滑らかに繋がっています。

これはアジアで上海タワーと同じく2番目に高いビルで、562メートルの高さの展望台があり、タワー内にある33のダブルデッキエレベーターは、それぞれが毎秒10メートルまで行くことができます。

 

建物の形は合理的なもので、風の負荷を35%減らし、構造性能も高めています。全体構造は1,700トンの耐食性ステンレススチールで作られています。この建築プロジェクトで使用されている材料で、塩分の多い沿岸大気でも建物の外観は数十年間劣化せずに保たれるでしょう。

 

3.アブラジアルベイト時計台| 601メートル| 120階建て

画像:ウィキメディアコモンズ

 

場所:サウジアラビア、メッカ

完成年:2011年

建設費用:150億ドル

 

政府所有の複合施設であるアブラアリバイは、世界最大の文字盤を持った時計台です。これは世界で5番目に高い自立構造かつ最も高価な建物で、総建設費は150億ドルです。

 

建物頂上には、25キロメートル離れたところから見える四面時計(地上400メートル)があります。各面の直径は43メートルで、4面すべてが2,000,000個のLEDライトで照らされています。

 

時計の上にある尖塔は高さ128メートルで、その頂上には高さ23メートルの金色の三日月があります。床面積は480メートル、展望台は地上475メートルに建てられています。

 

2.上海タワー 632メートル| 128階建て

画像:Flickr

 

場所:上海、浦東

完成年 :2014年

建設費用:23.44億ドル

 

世界で最も素晴らしい建築の一つである上海タワーは、中国の緑の表しています。互いに積み上げられた9つの円筒形が建物の形をとり、すべて透明なガラスのファサードの層によって囲まれています。

 

ガラスファサードのデザインは、上にあがるにつれて120度のねじれを持ちます。これは、より少ない材料で、風荷重を減らすことを目的としています。タワーは、同じ高さの従来の建物を建設するために必要となる鋼の3/4を使用し、材料費の5500万ドル以上が節約されました。

 

内部には3つのシャトルエレベーターがあり、そのうちの1つは73.8 km / hの速度で動きます。これは機能的な建物に設置された世界最速のエレベーターです。 以前はブルジュ・ハリファによって保持されていた単一エレベーターの最速記録も地上578.5メートルで塗り替えました。

 

1.ブルジュ・ハリファ828メートル| 163階

画像:グッドフリーフォト

 

場所:ドバイ

完成年:2009年

建設費用:15億ドル

 

世界で最も高いビルであることのほかに、ブルジュ・ハリファは、史上最高の階数、最も高いサービスエレベーター、最も高い占有階数、そして最も高い屋外展望デッキを備えています。

 

完成には55,000トン以上の鉄筋、11万トンのコンクリート、そして22,000,000工数を要しました。建設のピーク時には、1日に約12,000人(労働者と技術者を含む)がその建物で働いていました。

 

建物に設置された100キロメートルのパイプを通して平均964,000リットルの水が供給されます。空調システムは高層階からより冷たい/よりきれいな空気を引き込むように設計されています。非常に暑い日には、46メガワットが冷却に使われます。これは、1日に1200万キログラムの氷を溶かすことができるものです。

 

すべてのメンテナンスユニットが機能している場合、建物の外装全体を清掃にかかる時間は、36人の労働者で最長4か月です。洗浄システム単体では500万ドル以上かかります。

おすすめタグ