話題

話題

世界の18の難しい試験。あなたは突破できますか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、18 Toughest Entrance Exams and Interviews In the World | 2021 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

140 views

読了時間 : 約8分3秒

学生にとってキャリアは何よりも重要であり、多くの学生が図書館に集まり、ノートを開いて恐ろしい試験の準備をしている時代です。輝かしい未来のために最高の教育機関に入るにはどうしたらいいか、入学試験の準備はどうしたらいいかなどの考えが、学生の心に嵐を巻き起こします。

 

面接の準備をしているときも、求職者の多くは同じようなプレッシャーを感じています。もちろん、選抜されるまでの道のりは単純ではありませんが、知識を増やすために、私たちは世界中の最も厳しい入学試験と面接を集めました。

 

18位.メンサ

 

Mensaは、世界で最も古く、最大の高IQ協会です。この非営利団体に入るためには、あることが必要です。それは、世界の人口の上位2パーセント以内の知能、言い換えれば、スタンフォード・ビネツ・スケールでIQ132であることです。

 

メンサの最大の特徴は、年齢制限がなく、何歳でもテストを受けることができることです。この組織の主な目的は、人類の利益のために人間の知性を育成し、研究を奨励し、会員に刺激的な知的・社会的環境を提供することです。

 

17位.LNAT

 

National admission test for law (LNAT) は、英国の法科大学の入学試験です。これは、多くの学校が同様の高いレベルを持つますます競争の激しいプールから選択しようとした問題の解決策として、オックスフォード大学の主導的な緊急性で設立されました。LNATで入学試験を行う法科大学は9校あり、世界各地のテストセンターで実施されています。

 

受験者は2時間15分で、エッセイと、論理的推論と読解力を問う42の多肢選択問題を解くことになります。設問のほとんどは、学生に関連する問題や身近な話題に関する自由形式です。エッセイは、各大学のチェッカーが個別に採点します。

 

16位.GRE

 

GRE(Graduate Record Exam)は、すべての英語圏、特にアメリカの大学院に席を求めるための共通の試験です。この試験は、ETS(Educational Testing Service)が1949年に創設し、運営している標準化された試験です。受験料は205米ドルですが、ETSは経済的に困難であることを証明する受験者には財政支援を行っています。2018年には655,000人以上の受験者がいました。

 

この試験では、量的・言語的推論、分析的な文章作成、批判的思考能力を測定します。試験はセクションごとに適応されるため、最初のセクションでのパフォーマンスによって、提示される2番目のセクションの難易度が決まります。試験時間は3時間45分で、1つ目と2つ目のセクションの後に1分間の休憩、3つ目のセクションの後に10分間の休憩があります。

 

15位.CSAT

 

大学入学希望者のための学力テストImage credit: CNBC

CSAT(College Scholastic Ability Test)は、韓国の大学で採用されている標準化されたテストです。韓国の教育において重要な役割を果たしています。CSATは1994年に韓国教育課程評価院によって運営されるようになりました。この試験は、実力主義的な要素、効率性、そして高い国際的な結果が評価されています。

 

CSATはしばしば「自分のキャリアを左右するチャンス」と言われます。約20%の学生がこの試験に再応募します。CSATは通常11月に実施されますが、試験当日は株式市場が遅くまで開いていたり、公務員が交通渋滞を起こさないように遅刻が許されたりします。また、騒音が学生の邪魔にならないように、飛行機も着陸させます。

 

14位.Google

 

最近のGoogleは、パーカーを着たステレオタイプのプログラマーを採用していません。細やかな感情表現や人付き合いができ、チームで働くことのできる人材を採用する傾向にあります。Googleに入るためには、見たこともないような問題に関してその場で判断を下し、生産的な方法で立ち上がって声を上げることができなければなりません。

 

そしてもちろん、コンピュータのアルゴリズムやプログラミング言語は、あなたを判断する上で最も重要なスキルです。面接の時間がどれくらいになるのか、厳密なルールはありません。しかし、応募者の1%しか採用されないというような単純な話ではありません。

 

13位.Nvidia

 

Nvidiaは、ゲーム市場向けのグラフィック・プロセッシング・ユニットや、モバイル・コンピューティング向けのチップ・ユニットを開発しています。Glassdoorによると、最も厳しい就職面接を行う企業のトップ25に入っています。

 

選考は2段階に分かれています。まず筆記試験では、有限ステートマシン、パイプライン、キャッシュの構成、デジタルCMOS設計、C言語のプログラミングコンセプトなどのトピックが取り上げられます。次の段階では、技術面接が行われます。

 

学歴を見るのではなく、候補者の技術的知識やプログラミングスキルを重視しています。特に、基本的なアセンブリ言語の問題(任意のマイクロプロセッサをベースにしたもの)が多いです。

 

12位.CAT

 

CAT(Common Admission Test)は、インド経営大学院(IIM)が経営管理プログラムの学生を選抜するために毎年実施している試験です。2009年以前は、すべての受験者を対象に、1日に実施される紙ベースのテストでした。2009年5月、CATは2009年からコンピュータベースの試験となり、受験生は毎年11月に自分で試験日を選べるようになることが発表されました。

 

CATは3時間の試験で、定量的能力、読解力、データ解釈力、言語能力、論理的推論力などが試されます。毎年、20万人以上の学生がCAT試験に応募し、IIMに入学できるのはわずか1500人です。

 

11位.GATE

 


GATEは、Graduate Aptitude Test in Engineeringの略で、大学院教育プログラムの入学試験として、インド工科大学が毎年実施しています。GATEのスコアは、さまざまな公共部門で、新入社員のエンジニアを採用する際にも使用されます。

 

この試験は、工学と科学のいくつかの学部科目を総合的に理解しているかどうかをテストするためのものです。3時間の試験で、100点満点の問題が65問出題されます。2014年以降は、すべての問題がコンピュータベースで行われます。毎年100万人以上の学生が出願し、そのうち一流大学や公的機関に入学できるのは2000人程度と言われています。

 

10位.NASA宇宙飛行士候補者プログラム

 

NASAでは、必要に応じて宇宙飛行士候補者の募集を行っています。大学の成績優秀者でスペースキャンプにたくさん参加していても、NASAから声がかかるのを待たなければなりません。

 

少なくとも3年間の関連した、徐々に責任のある仕事の経験、またはジェット機で1,000回以上の操縦経験が必要です。個人面接とメディカル・スクリーニングを1週間かけて行います。オリエンテーションは、最終審査を受ける民間人および軍人の候補者に義務付けられています。候補に選ばれると、念入りな身辺調査が行われます。

 

9位.LSAT

 

LSAT(Law School Admission Testの略)は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、その他の国でのロースクール入学試験に欠かせない試験です。1948年に開始されました。この試験の形式は、1991年以来変更されていません。

 

LSATは、読解力、論理的・分析的推論という3つのスキルを測定するように設計されています。試験は、4つの多肢選択問題、1つの記述問題、1つの実験問題の計6つのセクションで構成されています。試験は年4回実施されますが、受験者は2年以内に3回までしか受験することができません。

 

8位.UPSC

 

インドの中央機関であるUnion Public Service Commissionは、多くの政府職のための様々な試験を実施する責任があります。インド森林局試験、市民サービス試験、技術サービス試験、国防アカデミー試験、複合医療サービス試験などを実施しています。

 

ほとんどの試験はUPSCに属しており、すべての試験で言語的および論理的な推論が試されます。最初に、受験者が客観的な質問に直面する予備段階があり、次に、受験者が主観的な質問をされる本段階があり、その後、選ばれた者が面接プロセスに呼ばれます。合格率は0.1~0.3%です。

 

7位.USMLE

 

 

USMLEとは、National Board of Medical ExaminersとFederation of State Medical Boardsが主催する米国医師免許試験のことです。医学博士号を持つ医師が米国で医療行為を行うためには、この試験に合格する必要があります。

 

試験は3つのプロセスに分かれており、患者を中心とした基本的なスキルや、健康や病気に重要な知識、概念、原理を応用する能力が試されます。ステップ3は最も難しい段階です。16時間の試験を2日間に分けて行いますが、各日の試験は8時間以内に終わらせる必要があります。多肢選択問題は全部で454問(1日目に256問、2日目に198問)あり、受験者は毎日最大1時間の休憩を取ることができます。

 

6位.Gaokao

GaokaoImage credit: BBC

Gaokaoは、中国で行われる全国高等教育入学試験です。この試験は、ほとんどの高等教育機関の学部レベルに入学するために必要です。この試験は毎年実施され、2001年からは年齢制限が解除されました。しかし、ほとんどの学生は、高校の最終学年にこの試験を受けます。

 

試験時間は9時間で、2日間で実施されます。数学、英語、中国文学は、すべての学生の必修科目です。国のトップ5の大学に合格するのは、わずか0.2%の学生です。

 

最大限の結果を出すために、学生たちは最大限の努力をします。実際、月経を遅らせるために薬を飲む女子学生もいます。2007年には、ある家族が少女の父親の死を2ヶ月間隠し、少女が試験に集中できるようにしました。

 

5位.IIT-JEE

 

インド工科大学合同入学試験は、1960年に初めて実施されました。IIT-JEEは客観的なパターンの試験で、受験者は通常、高校を卒業した後、インドのトップクラスの工科大学に入学するために受験します。IIT-JEEは、最も難易度の高い工学系入学試験として国際的に評価されています。

 

2013年、IITテストは、第1段階がJEE Mains、第2段階がJEE Advancedという2段階の試験に変更されました。JEE Mainsで選抜された受験者は、JEE Advancedに参加することができます。1,300,000人の学生の中から、毎年わずか20,000人しか選ばれないため、世界で最も厳しい試験の一つとなっています。

 

4位.マッキンゼー・アンド・カンパニー

 

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、世界の民間および公共部門の経営判断を評価するために、定量的および定性的な分析を行う経営コンサルティング会社です。この会社は、非常に難しい採用プロセスで知られています。

 

マッキンゼーに入社するためには、あなたのスキルや経験が問われる面接を受ける必要があります。選抜された候補者は、1時間のオンライン試験を受けることになります。この試験では、言語的および数学的な推論力が試されます。次の段階は経験面接で、過去の経験、業績、キャリアで直面した課題について質問されます。最後の段階はケース・インタビューで、マッキンゼーの実際のビジネス問題を議論することで、問題解決能力をテストします。

 

3位.マスターソムリエ・ディプロマ試験

 

The Court of Master Sommeliersは1977年に設立された組織です。その目的は、レストランやホテルでのドリンクサービス、特別なワイン、フードペアリングの水準向上を奨励することです。

 

最初のマスターソムリエ試験は1969年に英国で行われましたが、それ以来、選ばれた候補者は250人にも及びません。それ以来、250人に満たない受験者しか選ばれていません。当局がどれほど受験者を選別しているかは想像もつきません。

 

試験は、理論、サービス、実技の3つのプロセスに分かれています。最後のプロセスが最も難しいです。この試験では、6種類のワインを明確に識別し、正確に説明するための言語能力が問われます。ブドウの品種や原産国まで特定しなければならないのです。

 

2位.All Souls Prize Fellowship試験

 

オックスフォード大学のオールソウルズカレッジでは、毎年プライズフェローの選出を行っています。50人以上の候補者の中からわずか2人を選出します。試験に合格すると何が得られるのか?フルタイムの給与所得者であるオックスフォード・フェローとなり、その期間は7年間です(更新はできません)。

 

2010年までは、Hope, Miracles, Noveltyなど、論文で与えられた1つの単語について、長いエッセイを書くことが求められていました。現在、試験は4つの論文があり、それぞれ3時間です。試験をクリアするためには、事実に基づいた知識と想像力が必要となります。

 

1位.CA

 

公認会計士試験は、理論的な学習と実践的なトレーニングを組み合わせるように設計された、インドで実施される試験です。インドのInstitute of Chartered Accountantsが実施する3段階の試験にすべて合格し、3年間の実務研修を修了すると、会員として申請することができます。

 

1次試験は、商取引法、会計の基礎、経済学、定量的適性の4つの基礎科目を含む共通能力試験です。第2段階は、4科目と3科目の計7科目で構成される「総合プロフェッショナル能力試験」です。

 

最後のレベルは、6ヶ月間の血と汗と涙の結晶であるCAの最終試験です。この段階では、4科目を2グループに分け、財務報告、上級管理会計、情報システム管理、直接・間接税法などの科目があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ