デザイン

デザイン

【デザイナー必見】ビジュアルデザインがマーケティングと売り上げに与える影響の大きさを考える

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、How Visual Design Affects Sales and Marketing
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

367 views

読了時間 : 約3分36秒

グラフィックデザイナーとして、消費者の意見を通してそのブランドとしっかり意思疎通をしなくてはいけません。そうするには色々なやり方があります。バナー、ポストカード、筆記用具のデザイン、マスコット、ブローチは名前の付けられるものだからです。

 

 

効果的なデザインを作るためには、売るときに付けるメッセージのニュアンスの理解やデザインが顧客の物欲を駆り立てるようなビジュアルデザインを作る情報を使用しなくてはいけません。

 

 

直ちに売ることに焦点を当てるのではなく、高い変換率や価値をもたらす長期的な戦略を組み立てることに焦点を当てることが大切です。人々は信用のある情報源から来ている商品を買う傾向にあるので、ブランドの担保と関係性を築くことができることは瞬時に売り上げることと同じくらい大切です。効率よくデザインをマーケティングすることは時間、忍耐力、努力を研ぎ澄ます技術とも関係してきます。

 

 

デザインの見た目などを作るときに、デザイナーはレイアウト、色、内容、タイポグラフィー、パターン、反復を研究します。調和のとれた内容を作るこれらのデザイン要素は情報を通してデザインを見る方をガイドすることができるのです。完璧に仕上げられた時、そのブランドは価値を持ちます。

 

 

コンテントマーケティングはイメージやビデオ、インフォグラフィックと密に関係しています。イメージやビデオを伴う記事はより評価を得ることができ、イメージが少ない記事よりもソーシャルメディアでシェアされます。ここに昨年どのようにビジュアルがオンラインマーケターのマーケティング戦略に影響したかを表す面白い分析があります。

 

 

  1. 約90%のオンラインマーケターが彼らのビジネスのために50%のビジュアルアプローチを使ったと示唆している。
  2. 約40%のオンラインマーケターが元のアートワークやグラフィックがとても影響したと述べていた。
  3. 全てのマーケターが1週間のうちたった5時間しかビジュアル作成に時間をかけなかった事実に賛成している。
  4. 約30%が家での社内でデザインを作成し、24%はフリーランスデザイナーのサービスに頼ったと言っている。
  5. 36%はビジュアル作成にとても苦労したと述べた。
  6. 30%はより良いデザインを作ることにトラブルを抱えていた。
  7. 60%のマーケターはビジュアルはインパクトを作るうえで大きな役割を果たしていると答えた。
  8. 大半のマーケターは約10-20%の年間予算がビジュアル作成に使われていると感じている。
  9. 35%のマーケターは1/3の4年間予算が翌年のビジュアル作成に使われていると述べた。

 

 

ウェブサイトでのビジュアルの役割は十分に主張されていません。今日のビジュアルマーケティングにおいて、ウェブサイトは目立つためにより良いデザインをされなければいけません。ウェブデザインを始める際に、第一印象が大切です。ユーザーがウェブページ上で右往左往している時に、彼らにインパクトを与えるために約59sを持たなければいけません。コネクションを作成するために、ウェブページは機能性や全体的な質を提供しなくてはいけないのです。フォント、色、スペース、シンメトリーやその他のデザイン要素はより良いデザインを作る上で大切な役割を果たします。

 

 

こちらに第一印象に関するいくつかの統計があります。

 

 

  1. 約94%の第一印象はデザインの見た目やフィーリングに関係している。そのため、専門的なよりよく作られたウェブページにユーザーの目をひきつけることが大切である。
  2. 約75%のユーザーがその会社や価値、信用性についてウェブページを元に判断する。
  3. 約80%のユーザーが見かけの悪いウェブページには戻らない。

 

 

インパクトのあるウェブページを持つことは、混雑をさけるだけでなくユーザーがウェブサイトのその他のページも探索することを助けることに有効です。もし参加者がウェブページのデザインに不満を持っているようなら、その人はそのウェブサイトの他のセクションには飛ばないことでしょう。

 

 

テクノロジーはそのウェブサイトで何が起こっているのかを測るためのリアルタイムのデータを提供してくれるようになりました。私たちはユーザーの好みを分析することでビジュアルやグラフィックをさらに分析できるのです。

 

完成させるために、ここにデザイナーが今年知るべきビジュアルマーケティング戦略のベスト6のリストを用意しました。昨年のデータと比べたときに、ビジネスがビジュアルの与える影響力やその役割を理解し始めていることが分かります。

 

 

  1. 32%のオンラインマーケターがビジュアルコンテントはビジネスにおいて最も重要なマーケティングの形であると述べる。
  2. 11%以上のB2Cマーケターがビジュアルコンテントはデジタルマーケティングにおいても最も重要であると示唆する。
  3. 視標追跡調査は人はテキストを読むよりもイメージに目を通すことに多くの時間を費やすことを明らかにした。イメージが持つウェイトは初めてそれをみた日からその後もインパクトを残すことが分かった。
  4. インフォグラフィックはB2Bマーケターに多大な影響を与えており、ウェブトラフィックに11%に増加させることができる。
  5. イメージの伴ったフェイスブックやツイッターの投稿はイメージなしの約2倍以上のエンゲージ率を記録している。
  6. 67%のマーケターはフェイスブックを最も大切なマーケティング方法だとしている。

 

 

ビジュアルデザインはクリエイティブな表現のために必要不可欠な道具であり、デジタルマーケティングにおいて大切な役割を果たし続けていきます。技術が進歩していくにつれて、デザイナーはそのトレンドやマーケットのニーズに応えるだけでなくアイデアのコミュニケーションを図るビジュアルコンテントを作るための分析論についていかなければなりません。

 

 

効果的なビジュアルはビジネスに変化を与えるための正しい方法を図るために使われます。集められたデータをまとめたこの記事を通して、イメージのパワーを理解しさらに学んでみましょう。そして、その知識をビジネスマーケテイング戦略に生かしてみてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ