ガジェット

ガジェット

折りたたみ式スマートフォンに潜むUXの課題

本記事は、Foldable phones’ potential to turn UX into a disaster
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

290 views

読了時間 : 約7分8秒

スマートフォンの未来は広がっています。それは必ずしも皆が期待していたり、求めていたものではありませんが、我々は実際にスマートフォンを持っています。最も極端な特徴の1つは、UXの観点では最も気になります。私たちはノッチを通して写真を撮影し、face IDを取り入れ、現在のスクリーンと形状に慣れました。

 

スマホの浸透&失速

 

ついにその時がやって来ました。歴史的な1兆ドル相当の売り上げを成し遂げて1年後、Apple社は世界的な収益の大幅な減少に直面しました。ティム・クックは、Apple製品への関心の喪失とバッテリーの交換費用の値引きにより、中国を非難しました。

 

「私たちの業績予想に対する売上高の不足のほとんどが中華圏におけるiPhone、MacそしてiPadの販売台数の減少を原因とするものであり、そして中華圏におけるこれらの製品の売上高の減少幅は、世界全体の売上高の前年同期比での減少幅の100%を超えました。」

ー ティム・クック、2019年1月2日

 

積極的な価格設定とiPhone関連製品に対する国際的なAppleCareは別として、Apple社のイノベーションは独占的であった。何年もの間、人気のあったiPhoneだが、徐々に選択肢は増えつつある。多種多様なモデルが製品の独占と認知を奪いました。もはやどのiPhoneなのかは分かりません。7は6のように見え、8は7のように見え、すべてのX、XS、Maxe、Rも見分ける事はできません。

 

中国の状況に関しては、工場にまとめられているイノベーションが結局のところ、オリジナルを越えることは完全に理にかなっています。貿易戦争のレトリックを追加すれば、そこに中国のApple社の販売統計が出ます。

 

Apple社は新しく「製品」を考えたり、何か別の製品を取り入れなければならない。その「製品」は折りたたみ式でも良いかもしれない。

 

曲げれる画面を持つスマートフォンのアイデアは、2013年に初めてジョークとして世界に浸透しました。Youmというコードネームは、複数のOLEDに関連する概念が組み込まれていましたが、初めてリークされたのは2018年でした。

 

今のところ、我々が知っている折りたたみ式スマートフォンです。

 

マイクロソフト「Andromeda」

 

Surfaceを参考にし、Andromedaはスタイラスが採用され、ボタンがなく、超音波センサーが使用された折りたたみ技術のようです。レンダリングを確認できますが、Window Lite OSも発表されており、携帯電話というよりもタブレットPCのように見えます。

ハードウェアの観点におけるデバイスに関する情報はほとんどなく、専門家は理由がないわけではないと言っています。

 

 

Royole 「FlexPai」

 

これは世界初の折りたたみ式スマートフォンでした。広げた状態で7.8インチ、1920 x 1440で4:3のアスペクト比を持つAMOLEDが採用されています。

 

TCL 「DragonHinge」

 

TCLは ‘DraginHinge’と呼ばれる特許取得済みの折りたたみ機構を備えた5つの折りたたみ式デバイスを展示しました。それらはすべて、画面サイズと折り畳み領域が異なります。具体的には7.2インチタイプ、財布のような縦型折りたたみ式タイプ、デュアルディスプレイタイプ、Galaxy Foldを大画面化したようなタイプです。

 

ファーウェイ「MateX」

 

これは折り畳み式スマートフォンで最重量を有する製品の1つです。8インチのOLED画面は’Falcon Wing’というヒンジ技術のおかげで驚くほど薄くなっています。画面は外側にあり、折りたたんだ際にデュアルスクリーンになります。広げた際は側面の厚いグリップバーとスクリーンのノッチがないほぼ正方形のタブレットです。

 

サムスン 「Galaxy Fold」

 

おそらく折りたたみ式スマホで最も有名なものはサムスンのギャラクシー・フォールドです。それは7.3インチスクリーンの20個の二軸ヒンジを持つ頑丈な製品です。ブロガーに出荷された初期モデルは、スクリーンフィルムの製作と問題に対する注意不足を非難しました。Galaxy Foldはアスペクト比が3:4でノッチと折り目があるため、デザイナーが対処する必要がある別レベルの課題があります。

すべての折りたたみ式スマホの概念はそれぞれ微妙に異なります。

 

折り畳み式機器がどのように見えたり、感じたりするかについての一般的なコンセンサスはない。一つの理由としては人々がそれを要求しなかったことが要因としてあり、そして第二に、Apple社はまだそれに関して発言していない。

 

それが言われたのは2019年であり、製造業者は遅くとも2024年までに折り畳み式の爆発的な売り上げを目標としています。折り畳み式スマートフォンがどのように認識されるかにかかわらず、Apple社が次にやることが売れる時代は終わった兆しがあります。数字はこのことを物語っていますし、そして折りたたみ式の製品が「新しいもの」と賑わっている業界もそう考えています。

 

Appleがこれらすべての中国の折りたたみ式ポケモンに追いつくのを見るのはどれほどクールだろうか。それはAppleが再び返り咲貸せるために必要なものかもしれません。

 

潜在するUXの課題

 

折りたたみ式スマートフォンの動作方法に関する普遍的または常識的なガイドラインが存在しないため、製造業者は数百万ドルを想定に入れています。さらにはユーザーと一緒にこの課題についてを考えていきたいと願っています。そのような市場への参入は、Apple社の動きがない今が絶好のチャンスです。

 

これは興味深い戦略であり、人々の関心も変化していますが、これは熱狂的というよりも好奇心になります。これはデザインエージェンシーとして、アプリやウェブサイトがこれらのスマートフォンでどのように見えるようになるかについて心配しています。

 

この心配事は現実のものであり、折りたたみ式スマートフォンのUXに関するいくつかの点について見てみましょう。

 

#1 アスペクト比

 

折りたたみ式のコンセプトは、スマートフォンをタブレットに変えることができるという考えに基づいています。市場に出回っているほとんどのタブレットが4:3のアスペクト比で固定されているので、スマートフォンとタブレットのハイブリッドが4:3で展開されることは理にかなっています。それは折りたたんだ際には3:2になります。

 

これらの比率は16:9または18:9であるビデオ鑑賞経験を与えることはできないです。4:3のアスペクト比は、iPadのようにさまざまなテキストエディタやグラフィックエディタでの作業や作業に適していますが、折りたたみ式デバイスでは難しい高解像度が必要になります。

 

これにより、折りたたみ式電話の大部分は、16:9の比率は従来のスマートフォンのサイズを通してアクセスしにくいため、広げることが自然になるだろう。

 

 

最大で33%のスクリーンの拡大は、疑問のあるアップグレードです。もしスマホでより大きな画面の実用的な使用方法を探しているのであれば、グラフィックエディタのUIは次のようになります。

 

 

折り畳み式スマートフォンが有用なメディア機器であるためには、それは16:9または18:9の機器に変換されなければならないだろう。それは折りたたむことで8:9または9:9 のほぼ正方形になります。Nathan Cunn は数学を使って、折りたたみ式スマートフォンのアスペクト比は幅の1.4倍になるという結論に達しました。これは標準的な紙のISO比率です。

 


これは、iPhone Xと折りたたみ式iPhoneを象徴的な二人組に変える可能性があります。

 

冗談はさておき、「通常の」スマホの外観を維持しながら折りたたみ式のスクリーンで見つけられる価値はありません。

 

#2 Thicc

 

携帯電話が薄くなった理由は、バッテリーが薄くなったことにあります。そして、バッテリーはそのように見えると感じがよくなるのでより薄くなりました。より厚い機器に戻るには、大きな価値がないといけないだろう。

 

携帯電話が折り畳まれた際の11mmの厚さを我慢する人にとっては、製造業者はそのことを目玉機能で詰め込まなければならないだろう。

 

今のところ、折りたたみ式スマートフォンの持ち主が解決できる経験的側面以外には、見た目を犠牲にすることのトレードオフはありません。

 

#3 片手での使用

 

ギャラクシーフォールドのように内側から折りたたむと、スマートフォンの中にはアクセスできないタブレット画面があり、内側には機能が制限された補助画面を持つだろう。その結果、人間工学的にユーザーは折りたたんだ時に利用できない機能と展開されたときに利用できない機能に悩まされる可能性があります。

 

機器を普遍的でスクリーンを上手く追加するには、どのスクリーンを使用していても、100%の機能を提供する必要があります。この点は十分ではないように思えます。

 

iPhoneアプリの設計におけるShakuroによる折りたたみ式iPhoneアプリの概念

 

#4 スクリーン露出

 

(AM)OLEDスクリーンは、折りたたみ式携帯電話の中で最も高価な部分ですが、一部のモデルでは、スクリーンが本体を構成し、外側部分全体を覆っています。

 

前面スクリーンは、現在のフォームファクタでは保護できない機器の最も脆弱な部分です。保護ガラスのハードケースは難しいでしょう。そして機器を落とすたびに、スクリーンは地面にぶつかります。

 

あらゆるリスクから画面を保護し、画面が壊れることを防ぐための方法が必要です。おそらくより良い折りたたみ機構が役に立つでしょう。

 

#5 背骨

 

折りたたみ式スマートフォンは本を連想させるので新しくても慣れ親しまれており、製造業者は技術的にもスクリーンの一部でもあるスマートフォンの軸柱を考えなければならない。

 

軸柱が描く曲線は、フルスクリーンのUXに統合できない特別な場所です。それは文字を曲げ、コンテンツをゆがめ、そしてちょうど手元のタスクを妨げるでしょう。

 

スマートフォンの半分または4分の3が折りたたまれている事にどう感じますか?あなたはそのようなスマートフォンに切り変えるでしょうか?

 

 

折りたたみ式の将来

 

この技術が時代遅れのものになるのか流行するのかを予測するのは困難ですが、特にスクリーンのアスペクト比と折りたたみの技術に関して間違いなくより多くの考察が必要でしょう。まだ折りたたみ式スマートフォンに関して言及していない大手企業を見てみましょう。

 

Xiaomiは製品の品質と信じられないほど広範囲で知られています。Motorolaは誇大宣伝の裏面はありますが、そのハードウェアの工夫で知られており、折りたたみ式の概念を出していません。Googleは、折りたたみ式市場にはほど遠いです。Appleはまだ何も言っていません。

 

技術的にスマートフォンを広げる方法は様々考えることができます。Riaz Mohamedによりパーチメントフォールド、クラムシェルフォールド、Z /フライヤーフォールドの概念が提示されています。

 

Riaz Mohamedによる折りたたみ式モバイルの将来とタイプ

 

上記すべてを考慮すると、一番の懸念事項は変わりません。なぜ折りたたみ式スマートフォンが必要なのでしょうか?このタイプのデバイスが一般の人々に浸透するかどうかはまだ分かりません。それはまず安くしなければならず、さらに申し分のないUXを提供する必要があります。

 

デザイナーにとっては、これは別の課題でありUIの機能を柔軟に変えるチャンスです。開発者にとっては回避策を見つけることが課題です。マーケティング担当者にとってこれはお金です。最後に人々にとっては大きな疑問符です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ