マーケティング

マーケティング

2018年に来る!ECサイトにおけるトレンドトップ7

1,309 views

読了時間 : 約3分14秒

ECサイト市場は世界中で日々成長しており、多くの人々がオンラインショッピングを好んで利用しています。Bigcommerceによると、米国人の51%がオンラインでの購入する傾向にあり、オンラインストアの56%しか実在の店舗を所有していません。

 

ECサイトの著しい進化を考慮すると、ビジネスは独自のオンラインブランド開発にさらなる注意を払うべきでしょう。新しい技術を導入することで、競合他社の中でも際立つことができます。

以下に2018年のECサイト市場のトレンドトップ7を紹介します。

 

 

  1. 1.モバイル機器経由での販売

スマートフォンなどのモバイル機器の数は増加しており、これはECサイト市場での売り上げにも貢献しています。Statista 2017の報告によれば、売上高の約39%がモバイル機器経由であり、2020年までにモバイル機器経由販売は8倍に増加するとされています。もしあなたのwebサイトがモバイル機器に対応していなければ、ぜひレスポンシブなものにデザインし直しましょう。

 

 

  1. 2.パーソナライゼーション

オンライン販売には、重大な問題が1つあります。それは、ユーザが商品に触れることができないことです。しかし、オンラインショップは他の様々な方法で、魅力的なツールを提供することができます。たとえば、Original Stitichでは、顧客はサイトで袖の色やポケット、ボタンを選択することによって、カスタムシャツを作成することができます。

 

lenskartは、リアルタイムで顔に眼鏡をかけることができる素晴らしい拡張現実アプリを作成しました。このアプリは500万人以上がダウンロードし、多くの売上をもたらしました。

 

AmazonはEcho Lookという別の拡張現実デバイスを開発しました。リアルタイムでも、さまざまなスタイルを試すことができます。奥行き測定空間と内蔵の照明を備えた特別なカメラは、高品質の写真やビデオを作成します。

 

 

  1. 3.行動要因

ユーザの行動を分析しましょう。すべてのアクションを記録し、処理しましょう。膨大なデータ量が必要になりますが、アクションが多いほど、顧客の実像はより正確になります。オンラインストアは、各ユーザをよりよく理解し、個別のオファーを提供しなければいけません。Mereheadは、オンライン市場のすべての行動要因を追跡するアルゴリズムを開発しました。それで収集したデータにより、コンバージョンは2%から15%に増加しました。

 

 

  1. 4.チャット・ボットと人工知能(AI)

チャット・ボットは私たちの生活を単純化して、チケット、食糧などの注文を迅速に行うことができます。同社は、マネージャの介入なしにクライアントから必要な情報をすばやく入手することができます。コミュニケーションプロセスは大幅に簡素化されます。

 

チャット・ボットにはシンプルなものと、人工知能に基づいた高度なものがあります。人工知能は生きた言葉を理解し、常に学びます。たとえば、eBayはコミュニケーションプロセスの中でFacebook Messengerにチャット・ボットを備えており、各人の好みに関する質問をし、適切な製品を提供します。チャット・ボットは、ECサイト業界およびそのトレンドにおいて人気があります。

 

 

  1. 5.配送

顧客の96%が24時間以内の配送を希望しています。一部の店舗だけがこのオプションを提供し、私たちの希望(例えば、注文日と同じ日に商品を配送など)を叶えてくれます。例えば、Amazonは注文日に37ドル以上の商品を届けてくれます(プライム会員になる必要はありますが)。

 

 

  1. 6.販売経路を単純化する

販売経路を単純化だけで、オンラインストアとECサイト業界の魅力は大幅に向上します。eBayで商品を買って、自宅の向かいの小さな店でそれを受け取ることができると想像してください。単一の販売経路は、オンラインストアがお互いに協力できる柔軟なシステムを開発する機会を提供します。Magentoは顧客に発注管理システムへのアクセスを提供する主要なプラットフォームの1つです。

 

 

  1. 7.動画コンテンツ

動画コンテンツは、顧客の関与度を上げるための魅力的な方法です。コンバージョンを増やす機会を提供し、ユーザが商品をよりよく理解できるようにします。Facebookは動画を含む投稿を他の投稿よりも高くランク付けしています。

 

動画コンテンツは、統計によると64〜85%の売上増加をもたらします。2020年には、すべてのオンラインストアが動画コンテンツを使用して製品を説明するでしょう。これには追加のリソースが必要であり、現在のところ、すべての企業がそのリソースを購入できるわけではありません。6pmは、動画コンテンツを定期的に作成しています。

 

 

▼ECサイトについて、こちらの記事も参考になりますよ!

 

 

 

 

※本記事は7 Top eCommerce Trends 2018を翻訳・再構成したものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ