マーケティング

マーケティング

新しいチャットボットが開く新しいITの未来【人工知能】

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、5 ways AI will change how IT uses chatbots
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

196 views

読了時間 : 約3分36秒

人工知能技術は、企業のワークフローとITプラクティスを向上させるのに役立ちます。今日、チャットボットと自然言語処理のエンジニアは、会話型システムの課題に対処しようとする企業に独自のソリューションを提供するアルゴリズムを開発しています。最高の言語処理と機械学習のツールを組み合わせた会話型システムにより、企業はAIアプリケーションを素早く構築し、データを収集し、現実のインプットを使用してアプリケーションをその日からすぐに最適化することができます。

 

 

今日、チャットボットと自然言語処理のエンジニアは、会話型システムの課題に対処しようとする企業に、特許登録されたハイブリッド手法のような独自のソリューションを提供するアルゴリズムを開発しています。最高の言語処理と機械学習のツールを組み合わせた会話型システムにより、企業はAIアプリケーションを素早く構築し、データを収集し、現実のインプットを使用してアプリケーションをその日からすぐに最適化することができます。

 

 

付け加えると、機械学習会話システムは、一貫したパーソナリティを持ちません。なぜなら、対話の際の応答はすべて異なるソースからきたテキストの断片だからです。ビジネスの観点から見ると、これは個別化されたブランド価値によって会社の立ち位置を確定するチャンスを失ってしまうということを意味しています。企業がAIやチャットボットを導入してビジネスの成果を上げるための5つの方法をこれからご紹介しましょう。

会話型AIプラットフォームを選択する際に考慮すべき重要事項の1つがデータです。人々は会話中に膨大な量の情報を明らかにします。彼らの個人的な好み、見方、意見、感情、傾向などはすべて会話の一部です。この情報は、会話にフィードバックして顧客のエンゲージメントを高め、会話型AIインターフェイスをトレーニング、および維持し、さらに分析後、すぐに役に立つビジネスデータを提供するために使用することができます。

 

 

データ所有権と並行して、IT部門は、情報の掘り下げや会話のコンテキストの理解、提供される詳細レベルの柔軟性など、プラットフォームの一部として提供されるデータ分析を行うことができます。

 

 

二次的仮想支援ライン

企業内に実装されたAIは、二次的仮想アシスタントとして、従業員の研修と配置を改善します。これにより、従業員は研修関連の問い合わせやイントラネットの使用についてアシスタントに助言を求め、顧客に一貫性のある正確なメッセージを確実に伝えることができます。再問い合わせと待ち時間を最大65%短縮することが証明されているため、従業員の再配置が多く、それについて問い合わせがなされる製品が複雑であるような部署では、この技術の持つ価値は計り知れません

 

 

 

華麗なるボット

IT開発者は、自然言語の入力を受け入れ、言い方に関わらずユーザーが意図していることを解読できるボットを開発したいと考えています。 Microsoftのbot builderなどの従来のプラットフォームでは、会話やコンテキストを理解できるようになるために、コーディング作業を2日以上続けなければなりません。 Teneoのプラットフォーム上の素晴らしいボットを使用することで、この作業を数分で、自然かつシームレスに終わらせることができます。

 

素晴らしいボットを使用すると、カスタマイズユーザーは視覚的なだけでなく、言語から行動までからくる会話型ユーザーインターフェースのペルソナにブランドを追加できます。

 

 

 

企業に焦点を当てる

ITの将来を念頭に置いて開発された会話型AI開発プラットフォームはほとんどありません。結果的に、複数のボットの追加や多言語プラットフォームへの接続など、標準であってもおかしくないような機能が欠けています。

 

さらに、ITには、自動化されたコーディングや、外部システムとの柔軟な統合を可能にするWebフック、新しいサービス、デバイス、言語への移植性の向上などを含む、開発スピードを向上させるためにの機能が必要とされています。

 

 

 

セキュリティ

データセキュリティは、規制の枠組みやお客様の個人情報に対処する場合には、特にIT企業にとって考慮すべき重要事項であり、様々な複数の地域と法的要件において、今日の厳しいセキュリティ条件に対応するために、会話型AIプラットフォームには柔軟性が不可欠なのです。

 

 

ほとんどの企業は標準的なクラウド展開で問題を抱えてはいませんが、業界の規制を遵守するには、クラウドは必ずしも選択肢とは限らないため、適切な基準を満たすセキュリティポリシーがあることを確かめることが重要です。

 

 

企業部門とIT部門がAIやチャットボットの実装をより快適にできるようになるにつれて、そういった素晴らしいボットとパーソナライゼーションから多くのものが得られるようになるはずです。顧客が機能のリストから環境設定を選択するときなど、情報によっては明示的に学習することができるものもありますが、チャットボットのための会話型AIのパワーを本当に活用できるのは、従来型のインタラクションによる自動的な機械学習です。

 

 

 

 

※本記事は、5 ways AI will change how IT uses chatbotsを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ