マーケティング

マーケティング

サイト構造の間違い6選とその回避方法!

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、6 site structure mistakes and how to avoid them!
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

384 views

読了時間 : 約4分0秒

SEOとユーザーのことを真剣に考えれば、良いサイト構造に取り組むことになります。しかし、まともなサイト構造を設定することは大変です。サイトが成長しているときにまともなサイト構造を維持することはさらに困難です。新しいページがすべてサイト上にあると、何かを見落としたり、構造を間違えたりしてしまうのは簡単です。この投稿では、6つのよくあるサイト構造の間違いとその回避方法を紹介します。

 

1. 礎を隠す

あなたの最も重要な記事はあなたの礎であり、隠すべきではありません。礎の記事とは、あなたが最も誇りに思っている記事であり、ウェブサイトの使命とトピックを最も明確に反映しているものです。しかし、一部の人々はこれらの記事へのリンクを忘れており、それは間違いなくあなたがしたくないサイト構造の間違いです。

 

もし記事に内部リンクが全くないかほとんどない場合、検索エンジン側から見つけて評価するのが難しくなります(検索エンジンはリンクをたどるため)。したがって、Googleはこれらの記事をそれほど重要ではないと見なし、それに応じて順位付けします。

 

解決策:礎にリンクする

まず第一に、あなたの礎の記事にリンクしていることを確認してください。つまり、そのトピックに関連する他のブログ投稿で礎の記事について言及するのです。

 

また、これらの重要な記事は表示されていて、サイトの訪問者が見つけやすいかどうかを確認してください。理想的には、ホームのページから1、2回クリックするだけで、重要な記事に移動できるべきでしょう。

 

2. パンくずリストを使用しない

ユーザーエクスペリエンスとSEOにとって重要なのですが、サイトでパンくずリストを使用しない人もいます。これは、サイトの構造に関するもう1つの間違いです。パンくずリストは、そのページがサイトの構造の中のどこにあるのかを示し、ユーザーがサイトを見やすくできるようになります。また、検索エンジンがサイトの構造を理解するのに役立ちます。

 

解決策:パンくずリストを追加する

ブレッドクラムをサイトに追加する方法はいくつかあります。 WordPressを使用している場合は、Breadcrumb NavXTプラグインを使用しましょう。

 

3. 大きすぎるカテゴリー

経験則として、カテゴリは比較的同じようなサイズである必要があります。しかし、起こりがちなのは、あるトピックについて他のトピックよりも頻繁に書きすぎることです。それも気づかずに。その結果、1つのカテゴリが他のカテゴリよりも徐々に大きくなってしまう可能性があります。こうなってしまうとサイトのバランスが崩れます。さらに、ブログの投稿が非常に大きなカテゴリの一部である場合、高いランキングを取ることは難しくなります。

 

解決策:カテゴリを分割する

カテゴリの1つが他のカテゴリよりも大きくなっていることに気付いたら、2つ(または3つ)に分割します。カテゴリが大きくなりすぎないようにするには、カテゴリのサイズを時々確認してください。特にあなたがたくさんのブログ投稿を書くならばより確認は大事です。

 

4. タグが多すぎる

作成するタグに注意し、投稿に適切にタグを付けるようにしてください。タグをかなり具体的に作成する人もいます。ただし、すべての投稿に1つまたは複数の新しく特異なタグを付ける場合、それはやりすぎです。

 

投稿は勝手にグループ化またはリンクされないため、構造を作れていないということになります。したがって、作成するタグについて考え、現在(または将来)の複数の投稿がそのタグに関連するようにしてください。

 

解決策:適度にタグを使用する

このサイト構造の間違いは簡単に修正できます。タグは2回以上使用されていることと、タグが本当に属している記事たちをグループ化していることを確認してください。また、訪問者がタグをどこか、できれば記事の下部に見つけられるようにする必要もあります。タグは、訪問者(Googleだけでなく)が同じトピックの記事をもっと読むのに役立ちます。

 

5. サイト構造を視覚化していない

人々がやりがちな最後のサイト構造の間違いは、サイトの構造を視覚化するのを忘れてしまうことです。訪問者はあなたのウェブサイト上の情報を簡単に見つけられることを期待しています。ブログのメインカテゴリはすべて、ホームページのメニューに配置するべきでしょう。ただし、あまり多くのカテゴリを作成しないでください。作成してしまうと、メニューが乱雑になってしまいます。

 

メニューは分かりやすい概要で、かつ、サイトの構造を反映している必要があります。理想的には、メニューを見て、訪問者があなたのウェブサイトがどのように構成されているか分かるぐらいになっているといいですね。

 

解決策:メニューを最適化し、UXについて考える

サイトの適切で明確な概要を作成するには、メニューの最適化に時間をかけます。完璧なメニューはサイトによって異なりますが、メニューにどのページを確実に追加したいかを考え、他のページは追加しすぎないようにしてください。また、訪問者が何を探しているのか、訪問者がサイト内を見やすくしてあげられるかについても考えてください。

 

User eXperience(UX)について考えることで、ユーザーにとって分かりやすいサイト構造を作成することがはるかに簡単になります。

 

6. 基礎になるページにリンクしない

クリーンでシンプルなメニューはユーザーエクスペリエンスに最適ですが、ユーザーをすべてのページに直接リンクできないという問題があります。そこで、階層的な投稿タイプが登場します。これらの投稿タイプを使用すると、親ページを上に、その下に子ページ、さらにその下に孫ページを配置して、ページにさまざまなレベルを付けることができます。

 

ただし、多くの人が忘れてしまうのですが、これらの子ページにリンクを付け、この構造をユーザーに表示することが重要です。

 

解決策:子ページと兄弟ページへのリンク

ユーザーがサイト内を見やすいように、親ページから基になる子ページにリンクしましょう。ただし、相互に関連している同じ親ページに属する子ページ間もリンクを付けましょう。これは、コンテンツ間のつながりをユーザーに示すだけでなく、検索エンジンがこれらのつながりやあなたが何について話しているかを理解するのにも役立ちます。したがって、これらの階層ページ間をリンクするようにしてください。

 

サイト構造の間違い:修正しましょう!

サイト構造は、適切なSEO戦略の重要な側面です。ウェブサイトの構造は、どの記事やページが最も重要であるかをGoogleに示しています。サイトの構造を利用して、検索エンジン上でどの記事が最も高いランクをとるかを決めることができます。そして、ウェブサイトの構造は、ユーザーがサイトのさまざまなページを見るのにも同時に役立ちます。

 

だから、ウェブサイトの構造は正しく作ることが重要です。特に多くのコンテンツを追加する場合は、サイトの構造と、起こりうる可能性のある間違いや問題に注意することが重要です。頑張ってトップを維持していきましょう!

おすすめ新着記事

おすすめタグ