マーケティング

マーケティング

地元レベルでB2Bビジネスを確立するには?:隠れたビジネスチャンスへのガイド

MOZ

The industry's top wizards, doctors, and other experts offer their best advice, research, how-tos, and insights—all in the name of helping you level-up your SEO and online marketing skills.

本記事は、B2B Local Search Marketing: A Guide to Hidden Opportunity
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

217 views

読了時間 : 約16分21秒

 

あなたの運営するローカルビジネスは、企業間同士のチャンスを見逃してはいませんか?そもそもB2Bブランドって、地元のSEOとして適格だと認められるのでしょうか?

 

あなたが“B2B”と聞いて思い浮かべた言葉が“ハイテク”なら、私が企業間モデルを見つけるためローカル規模の市場を探していたとき、信頼性の高い情報を探すのにとても苦労したの同じ問題を抱えていると言えるでしょう。他社へサービス供給を行うMoz、MailChimp、HootsuiteなどのSaaS企業の業務上の取引は、主にデジタルで行われます。これらはベストなB2Bをリスト化した際にトップ入りする企業ばかりですが、今回は実際に自分たちの町に存在するビジネスが、地元のビジネスとしても、B2Bとしても認められる世界を覗いていきましょう。

 

早速、あなたの適格性をテストし、B2Bのビジネスチャンスを探求して、自身のビジネスモデルに合った裏技を見つけたら、Eメール上の契約を分析し、ビジネス内容のチェックリストを作成して、これから自分のビジネスに有利となる武器を、今回の記事の中で見つけていきましょう。

 

 

Googleだったらあなたをどう評価するでしょう?

 

まずは、Googleがあなたのブランドを地元のビジネスとして認識できるのか、以下2つの質問に答えてみましょう:

 

1.あなたの掲げるビジネスには、皆がアクセスしやすいきちんとした本拠地が存在していますか?PO Boxやバーチャルオフィスではなく、実際に存在する住所である必要があります。

 

2.そしてこのビジネスでは、顧客と顔合わせたやり取りが行われていますか?

 

もし両方の質問の答えがイエスなら、このまま進んでください。ローカルビジネスのGoogle上ガイドラインに適合されました。

 

 

B2Bとしてのビジネスチャンスを探しましょう。

 

次に、あなたのビジネスの現状に注目し、すでに他のビジネスに提供できるサービスがないか確認してみましょう。

 

よくわからないですか?ではGoogleが決めたカテゴリーを見ていきましょう。

 

ここにリスト化された2,395のGoogle My Businessのカテゴリーの内、少なくとも1,270はB2Bとして適格だと認められています。このリストには、元からB2Bと見なされる企業(卸売業者や供給元会社)はもちろん、元々B2CだがB2Bのオファーを受ける側の企業(飲食店やイベントサイト)も含まれます。別の言葉で言うと、Googleが提示しているカテゴリーの半分以上は、B2Bに当てはまる可能性のある企業であり、ローカル規模でのビジネスチャンスと見なされるのです。

 

カテゴリーの中でもメジャーなグループに目を向け、顧客だけのニーズに囚われず、管理や経営のニーズにも努めていける要素を確立していきましょう:

 

飲食業(レストラン、カフェ、フードトラック、ケータリングなど)では、特別ランチを提供したり、出前や、企業へのケータリングをしたり、宴会などB2B関連のサービスを提供することで、近隣のビジネスや働く人々とも関係を築いていくことができます。ビジネス街に場所を設けているレストランにとっては、特に素晴らしいチャンスですが、飲食関連ならどんなビジネスでも、相手の企業との間に忠誠心を動機付けるきっかけになるはずです。

 

メジャーな観光地(博物館、美術館、テーマパーク、文化センター、スポーツセンターなど)では、楽しいグループアクティビティを探している地元の働く人々へ、企業パッケージを提供することができます。周りから特定のイメージを持たれているブランドなどは特に、文化的な人々やアクティビティとの関わりに興味があるはずです。

 

プロフェッショナルなサービス(不動産、経理、印刷、コンサルティング、技術者など)は、個人のニーズ、そして企業のニーズにも答えることができます。不動産会社は商業施設の物件を販売したり、印刷会社は各ビジネスに広告を作成したり、コンピューターの修理店は町の各オフィスにサービスを提供することができます。

 

個人的なサービス(カウンセリング、健康促進サービス、フィットネス、スキル向上トレーニングなど)は、企業のやる気を上げたり、教育や健康促進の機会を提供したりするために、外部から専門家を呼ぶ際に利用されます。

 

ホームサービス(カーペット清掃、庭師、配管工事、コントラクター、安全対策など)は、企業から依頼があった場合、商業的なサービスにもなります。オフィスビルも、デザイン、リフォームや工事が必要ですし、建物の中にはラウンジやキッチン、トイレがあり、清掃や状態維持のサービスも必要不可欠です。たくさんの小売業者もこれらのサービスを必要としています。

 

エンターテインメント(芸人、ミュージシャン、DJ、パフォーマンスグループなど)は、特別パッケージを勧めることで、個人向けのサービスからビジネス向けにサービス内容を転換することができます。多くのブランドでも、子供、家族、ペットなどを仕事場に招く日を設けており、その際は決まって特別なアクティビティが計画されるからです。

 

小売業(衣類、ギフト、機材、家具など)では、様々な方法でビジネスへの供給元として活躍することができます。例として、道具やカバン、家具、ギフトバスケット、制服などの必需品が挙げられます。例えばキッチン用具を扱う店だったら、B&Bに朝食用の食器を提供できるし、家電量販店は新しいオフィス用コンピューターを特別価格で販売することもできます。

 

旅行や交通サービス(自動車販売や修理業者、レンタカー、旅行エージェント、ツアーガイド、充電スポットなど)は、各ビジネスに特別パッケージを紹介することができます。出前をやっている飲食店に自動車をまとめて販売したり、修理屋ならフードトラックを特別価格でメンテナンスしたり、旅行会社は出張を管理するサービスを提供することができるのです。

 

もうお気付きかもしれませんが、可能性はたくさんあるのです。実際にクライアントと顔を合わせる場所も設けている従来のB2Bモデルである、製造業者や供給元や卸売業者など以外にも、上に挙げた各種のビジネスが存在するのです。Google My Businessのカテゴリーについてスプレッドシートを確認して、有利なチャンスを見逃していないかこの際にチェックし、自分のビジネスはB2Bに当てはまるのか、B2Bのオファーを受けることができるか確認してみましょう。

 

ローカルB2Bカテゴリーを見る。

 

 

私の掲げるビジネスは適格だとわかりました。次のステップは何でしょう?

 

以下2つのグループの内、どちらに自分は当てはまりますか?:B2B企業だがローカルSEOはやってきていない、それとも今までB2Bのオファーを提供したことのないローカルビジネスである。次に、自分のシナリオに合ったやり方の基本をさらっていきましょう。

 

B2B企業を運営してきたがローカルSEOはやってきていないなら:

 

1.ローカルSEO(検索エンジン最適化)のゴールは、近所の人々がオンラインであなたの提供するサービスを検索したとき、できるだけコンテンツを可視化し、より多くの商取引を実現するためだと知っておいてください。

 

2.Google上で、自分のビジネスを掲げるガイドラインを読んで、あなたのビジネスが100%適格であるかチェックすると共に、Googleのルールをよく知っておきましょう。地元レベルの検索はGoogleが圧倒的に有力です。

 

3.あなたの正しいフルネーム、住所、電話番号の情報がウェブサイトのフッターとお問い合わせページにしっかり記載されているか確認しましょう。ロケーションが複数になる場合は、ウェブサイト上に各お問い合わせ情報と、サイトを訪れる人々への役立つメッセージを入れた専用ページを作成しましょう。各ページはできるだけユニークで説得力のある内容にしましょう。

 

4.ウェブサイトのコンテンツでは、あなたの商品とサービスの内容をしっかりと説明しましょう。そして、あなたのサービスを選ばずにはいられない利点やオファーを提示することをおすすめします。

 

5.さらに、携帯ユーザーにとっても使いやすいウェブサイトであることが大切です。もし不安な場合はGoogleの携帯使いやすさテストを無料で試してみましょう。

 

6.Google My Businessのプロフィールをまだ持っていないなら、これからのビジネスのためにも作成し、Googleでローカル検索した際に、表示結果の上位ランキングに入る工夫も必要になってきます。すでにプロフィールを持っている場合は、登録がきちんと済んでいて、ガイドラインに沿って正しく全てが記入されていることを確かめてください。人々が会社名であなたを検索したときのために、このカンニングペーパーのガイドがGoogle Businessプロフィールで表示される一般的な企業内容について、説明しています。

 

7.Mozチェックリストでは、周りに存在するメジャーなビジネスリストの状態を、無料で確かめることができます。エラーを改善し、リスティングの複製化は手作業で行います。時間を節約したい場合は、リアルタイムでのモニタリングを可能にし、Moz Localを購入することで自動的な作業を実現しましょう。正しいローカルビジネスのリストは、役立つローカルランキングに繋がり、顧客が間違った方向に促されたり不便な思いをしたりすることを防いでくれます。

 

8.さらに顧客満足度を上げてしっかりと利益につながる評判を手に入れるためにも、皆にGoogleのレビューは必ずお願いをして、モニタリングし、全てのレビューに返事を書きましょう。他のプラットフォーム(YelpやTripAdvisor)のガイドラインを読んで、レビュー管理に関してどこまで許されているのか知っておきましょう。

 

9.あなたが頑張って奉仕しているコミュニティでは実社会関係を築き、その中で自分のウェブサイトに関連付けることができるポイントを探しましょう。思いやりのある繋がりが強ければ、実際のローカル検索エンジンのランキングも上がっていくはずです。そして地元のビジネス団体に参加し、コミュニティ代表の声になりましょう。

 

10.ソーシャルメディアを通してできるだけアクセシビリティを上げ、オンライン上で皆が集まりやすいスポットで自分のコミュニティを広げましょう。この環境下では、売ることよりもコミュニケーションにより重きを置くべきです。

 

 

今までB2Bのオファーを提供したことのないローカルビジネスをよりよく改善しようとしているなら:

 

1.あなたの近隣やコミュニティをしっかりリサーチして、周りのビジネスにはどんなものが存在しているか見てみましょう。もしよくわからなければ、地元の商工会議所やAMIBAのようなビジネス協会に問い合わせて、あなたと共有してくれるデータがあるか聞いてみましょう。”シアトルの人事イベント”や”シアトルのピープルオペレーションイベント”など検索してみれば、カギとなる会社やスタッフを名付けているこちらのような結果が表示されるでしょう。

 

2.調査した内容は文書化しましょう。あなたのサービスに適切なビジネスが存在する訳が書かれたコラムと、スプレッドシートをまとめて、そのビジネスのお問い合わせ情報が記載された別のコラムも載せておきましょう。人事やピープルオペレーションから直接情報が得られるか、確認もしておくこともおすすめします。その情報を得るために、必要であれば各ビジネスに連絡してみるのも選択肢の一つです。

 

3.さて、今まで学んできた内容から、どんなオファーが人々にとって魅力的なのか考えてみましょう。覚えておくことは、他のビジネスオーナーとその従業員のニーズに合った、特別な何かを提示して彼らを惹きつける、ということが目的だということです。

 

4.次に、できるだけ少ない言葉を使ってオファーを書き出し、特徴になる事実も含みましょう(あなたがどんな人か、どんなことを提示しているのか、自分のオファーがビジネスの抱える問題をどう解決できるのか、問題解決能力の証拠、価格帯、これからの話し合いを楽しみにしているという旨、そしてあなたのお問い合わせ情報)。受け取り手も忙しいはずなのでできるだけ短めに仕上げましょう。

 

5.あなたの情報源によりますが、連絡するタイミングは管理できる具合に計画し、返事や結果についてはしっかり記録しておきましょう。真剣にあなたのオファーを考えてくれる人は、必ずウェブであなたの情報を調べるはずなので、オンラインでのローカルSEOが、上手くあなたを説明できているか確認しておくことも大切です。そしてウェブサイトには、独自のB2Bオファーの専用ページを作成しましょう。サイトはナビゲート可能で、最適化されて説得力があり、わかりやすいお問い合わせ情報を含んでいるか準備し、地元のローカルビジネスリストは正確で徹底的な内容であるべきなのを忘れないでください―さらに評価の高いレビューが豊富であることも理想的で、それには感謝の気持ち示し必ずお返事をしましょう。

 

6.それでは連絡を始めましょう。多くのケースで、Eメールが使用され、作成したテキストを活用していきますが、面と向かったアプローチの方がより効果的と感じた場合は、ビジネスのロケーションにてスタッフの皆に渡せるように、オファーの内容は綺麗に印刷しておきましょう。あなたのサービスや商品のためにも、よい第一印象を残すよう努力が必要です。

 

7.ビジネスがレビューされるまで充分な時間をおいてから、オファーの決定に進みましょう。返事がすぐなければ、1度だけ再連絡をしましょう。本来であれば、詳細情報のリクエストと共に返事がくるのが理想です。大抵の場合、沈黙しか得られないと興味がないという意味ですので、再度連絡をしても返事がなければ、先に進みましょう。最初に連絡した日にちは記録しておき、日にちが経てばビジネスの状況も変化しているかもしれないので、それからもう一度チャレンジしてみてください。しかし、余計に連絡しすぎると、そのビジネスを助けるというより迷惑行為になることもあるので、スパム行為は避けるようにしましょう。

 

詳しく書かれている通り、どちらのグループにも基本的なステップがあるのです―成功するためには、当てもなくやみくもに頑張るよりも初めの戦略が大切になってくるのです。実際に必要になってくる仕事量は、その地元の競合他社の状況により異なってくるでしょう。

 

 

Moz独自のチームハッピーからB2Bの裏技を紹介

 

Mozのピープルオペレーションはチームハッピーと呼ばれています。才能に溢れるこの人たちは、イベントから旅行の計画、ギフト交換、人々の駐車スペースの確保まで、様々な業務をこなします。チームハッピーは、予想外で楽しい、寛容な環境を提供し、全てのMozzerと訪れる人々にとってスムーズな進行に責任を持ちます。

 

Mozのようなビジネスにアプローチしていくとき、成功するB2Bのきっかけ作りを生むためにはどんな裏技があるのか?チームハッピーのオペレーションマネージャーであるアシュリー・ダールトン氏に聞いてみました。アシュリーさんはこう答えています:

 

・私たちはかなりの量の問い合わせメールを受け取ります。私たちの会社についてしっかりリサーチをして、こちら側の利益のためにどんな連携が予想できるのか提案してみてください。どのオファーも受け入れるわけではないのですが、他のオフィスに適格かどうかの可能性も見ているので希望は最後まで持っていてください。

 

・先に得られる情報が多ければ多いほどベターです!私たちは日々の業務ですごく忙しく、受けるスパムもかなり多いので、内容がクリアでないEメールを真剣に考えるのが難しく、スパムメールと一緒にしていまいがちです。ですから率直な連絡をお待ちしています。”セールスの勧誘”のようなアプローチは避けて、是非、向こう側の人間に伝わるような内容がカギとなってきます。

 

・こちら側で最初に必要な大体の情報が得られれば、ウェブサイトやオファーについて調査して、浮かんできた質問についてEメールを通して連絡します。次のステップである電話での会話に進んでもいいと感じたら、良い印象を残せたんだと思ってください。

 

最後にアシュリーさんのチームでは、評判の良いどの会社のピープルオペレーションもするように、注意深い最終的決断が下されます。あなたのB2Bオファーがその特定の企業から同意が得られなければ、ずっとコンタクトし続けるのは彼らの時間も、あなたの時間も無駄にすることになりかねます。

 

しかし、先ほども説明したように、その年に受け入れてもらえなかったオファーも以後のタイミングによって機会が訪れないともわかりません。その企業のニーズや、あなたのオファー内容が変更すればよりよい相性が望めるからです。受け取ったフィードバックはしっかり分析し、年月をかけてより洗練されたオファー内容をつくり出し、本当の意味で魅力的な内容に繋げていきましょう。

 

 

B2BオファーのEメールの提案例

 

“La práctica hace al maestro.”
– 聖書

 

練習が教師を作ります。是非一緒にアクティビティを行って、素晴らしいオアハカン(メキシコ南東部)料理のレストランを、シアトルで運営した様子を想像してみましょう。ビジネスとして私たちのB2Bの要素を育てていくのが目的です。時間をかけてウェブ調査を行い、Mozが私たちにとってぴったりのクライアントになると決めたとしましょう。

 

彼らのウェブサイトやブログも見たし、企業について第三者のニュースも読みました。そしてチームハッピーのEメールアドレスを見つけて、最初の連絡メールも用意しました。次にくるステップは、私たちの送ったフィクション上のEメールがアシュリーさんのチームにどんな印象を残すか、彼女の素直で要点化されたフィードバックを見ていきましょう(以下詳細):

 

 

おはようございます、チームハッピー!

 

Mozの仕事熱心なスタッフのみなさんが、お祖母ちゃんの本場レシピから作ったタコスを味わったのは、いつが最後でしょうか?私は、あなたのご近所でホーゼイ・モラレスといいます。私の祖母とタコス・モラレスを共同運営しており、通りのすぐ下に店を構えています。私たちのオアハカンスタイルのメキシコ料理は:

– 地元の材料を使用、キッチンでは無駄ゼロと愛たっぷりでお出しする料理を心がけています

– 100%オーガニック(Mozzer脳とあなたのハピネスのためにもベター!)伝統的な野菜を使い、グルテンフリーのチョイスも用意しています

– 1皿6-9ドル

 

Mozではたくさんの技術者の方がいるのも知っています。私たちは、500人にわたるMozzerの皆さんに、簡単にケータリングを提供することができます。私たちの近隣でもある企業、Zillowの皆さんは私たちの美しい料理についてこう言っています:

 

“今まで食べたトルティーヤの中で一番おいしい。おなか一杯になる丁度いい量だが、午後の仕事に影響のない程度で良い。企業のランチにもぴったりで、魔法みたいにすごくおいしい!”

 

もしよければ、チームの何人かの皆さんのために、ご挨拶のタコスが入ったバスケットをお持ちしてもよろしいでしょうか?こちらで私たちのメニューをご覧になって、タコス・モラレスのベストを味見していただける日がありましたら、ご連絡お待ちしております。是非お考えいただき、チームハッピーの皆さんをもっとハッピーにできるよう楽しみにしております!

 

 

なぜこのEメールが最適か:

 

・私たちのオフィスでは様々な人が働いているので、異なった食生活のオプションが目を引きます。値段が決め手になるのを理解してくれているので、予算内に収まるかどうかすぐわかります。

・技術者が多いなどパーソナルな情報を知っておいてくれています―チームのことや誰が仕事しているかリサーチしているのがわかります。

・大きなイベントも問題ないという点は、とても助かります!

・近隣で良く知っている企業のコメントを聞くと、こちらの信頼度も高まります。

・味見のサンプルは商品やサービスを知る上でとても素敵な方法ですし、B2B企業と働くとはこういうことだと感じられます。

・メニューのリンク、ウェブサイトのリンク、お問い合わせ情報が含まれていることで、決定に至るまでに必要な情報が集められます。

 

上の連絡メールでわかるように、チームハッピーはこのサンプルEメールが提供する情報にとても感激しました。多様性、値段、収容力、役立つリンク、お問い合わせ情報、よく知られているクライアントからのレビューという形で信頼性が高いことを示すシグナル、そして個人的なメッセージが含まれているからです。

 

あなたのビジネスはユニークです。Eメール上の特定の雰囲気こそが、あなたの会社の文化を表し、将来ポテンシャルのあるクライアントの感受性に繋がります。どんな業界であれ、これらのやり取りを学習することで、相手側のビジネスニーズに対して、個人的な視点でアプローチする裏技がゲットできるはずです。

 

今日、自分のEメールを書きながら練習してみて、相手側に返事をしてもらえそうな内容か、偏見のない知合いに見てもらってください。

 

 

あなたのウェブサイトコンテンツを促すためのチェックリスト

 

将来のクライアントが、一対一でコミュニケーションする前にあなたについてリサーチしたいとき、ウェブサイトは自分の声の代わりになってくれます。どうして公開するだけの内容に自分の予算も心も費やさないといけないのでしょう?なぜなら、94%のB2B売却先が、ビジネスソリューションを購入する前に必ず、オンライン調査を行うと結果が出ているからです。残念ながら同じ情報源によると、37%の売却先が、供給先のウェブサイトが公開している情報レベルに満足していない、と指標が出ているのです。ここでの現実と理想のギャップに気づきますか?

 

現在の自身のウェブサイト上で、カギとなってくる着地ページを見て、これらのボックスにいくつチェックを入れられるか数えてみましょう:

 

自分のコンテンツが将来のクライアントに伝えるべきことは…

 

☑ビジネスの名前、住所、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、 アクセス、位置を示したマップ、正式な評価プロフィール

☑ 商品とサービスの内容、そしてなぜそれらがクライアントのニーズに合っているか

☑ B2Bクライアントへの特別オファーの完全詳細、ニーズを現実化するためのこちら側の収容力も含む

☑ どんな価格帯なのか、適格なクライアントが見つかった際に値段の表示がなかっただけで時間を無駄にしないように

☑ 独自の売りとはの説明―自分の提案がなぜ魅力的なのか、どこがユニークなのか、ローカル競合他社と比べたときの利点

☑ 地元のビジネスと人々のコミュニティにおいて、有益な一員としての自分の役割と、自身のプロフェッショナルな関係、慈善行為、環境のための持続可能な活動、認証資格、受賞歴、そしてその他のアピールポイント

☑自分の会社に対する他の人の意見、レビューや推薦状なども含む

☑クライアントの権利と保証事項

☑ 素質、有用性、そしてウェブサイトの使いやすさとその内容を通して、自分の持つクライアントに対しての価値観

 

自分のコンテンツに、このリスト上の要素が少しでも抜けている場合は、全て揃うように計画を立てましょう。書き物が得意ではなかったり、社内にコンテンツチームがいなかったりする小企業なら、助けを雇いましょう。

 

スキルのあるコピーライターなら、あなたと連携して、内容をユニークで正確に説明しながらも、自身のビジネスの成り行きを上手く書き出してくれるはずです。濃い内容の物語に仕上がるよう、しっかりとインタビューされることを予期しておきましょう。

 

結果として、1日24時間、あなたのウェブサイトが自己紹介をしてくれるのが理想で、将来のB2Bクライアントが個人的にこちらに働きかけてくる前に、サイトがどんな質問でも答えられることが重要となってきます。

 

 

自分だけのB2B利点を見つける方法。

 

先ほど、自分のB2Bオファーを提供することになる、ビジネスコミュニティを分析する研究について話しました。そしてウェブでの活動を紹介するための、ローカルデジタルマーケットの基本についても学んできました。あなたの市場によって、今まで多くの競合他社が見逃してきたチャンスを提示するためには、投資の結果がどんな方向に行ってもおかしくないのです。

 

より素晴らしい利点では特に、競合他社に直接視点を向けましょう。これらのポイントで彼らをリサーチしていきましょう:

 

1.ウェブサイトを訪れて、彼らのサービス、商品、価格帯、時間帯、収容力、USPなどを理解しましょう。

2.実際の店舗を訪ねたり、電話でやり取りをしたり、それか(できれば)彼らの商品やサービスを購入し、気に入った点や改善点を見つけましょう。

3.評価の低いレビューをみるときはどんな点が悪かったのかチェックしましょう。

4.ソーシャルメディアでもアカウントをチェックして、顧客のコメントや評価に対してどんな対応をしているか見てみましょう。

5.各メディアで取り上げられた、ポジティブ・ネガティブどちらも情報を読み、比較しましょう。

 

抜けているところはありますか?もしあなたがどうしても変更すべきところ、追加するところがあると感じたら、大切な利点を再発見しているかもしれません。もしかするとあなたが町の中でのオンリーワンかもしれません:

 

・ペットフレンドリーでおもてなしの良いスーパーマーケットにサービスを提供している町の商業施設の清掃会社

・これまでにない変わったタイプの料理を提供しているレストラン

・大人数で特別ディスカウントを魅力としているメジャーな観光地

・急な業務のためにも夜中まで開いている商業用印刷会社

・仕事関連のストレスや怪我を防ぐことに重点をおいているヨガ講師

 

そしてもしあなたの町が広大で競争率の激しいエリアだとして、ポテンシャルのあるサービスに介入していく隙間がないときは、サービスの品質で勝負することが大切です。コンピューターの修理屋はいくつも存在するかもしれませんが、土日に営業しているのはあなたのお店だけです。旅行エージェントも多く存在しますが、あなたの大企業向け、エコツアーパッケージは有名な賞も受賞しています。

 

あなたの中華料理レストランもサンフランシスコに存在する400店舗の内たった一つかもしれませんが、オフィスへの出前があるたびに無料でMeeMeeのゴマ&アーモンドクッキー(フォーチュンクッキーの新しい代替案)をプレゼントしてくれるのはあなたのお店だけなので、仕事熱心なスタッフのやる気もいつもアップするのです。

 

あなたも新しい代替案を探しましょう。書き出して、あなたのセールス準備の前に用意しておくのがベストです。そして消費者中心の言語に変えて言えば、チョコレートの入った硬いキャンディーのボタンが独自の売りになり、”手の中でなく、口の中でとろける”、というここでの問題やニーズを解決するカギとなるでしょう。

 

 

B2Bマーケティングは最終的にサービス精神に辿り着くのです。

 

“この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。”
– チャールズ・ディケンズ

私たちは、全員役に立ちたいという気持ちからビジネスを運営しています。手助けがしたいのです。Mozでは、デジタル企業、ローカル企業のためにSEOをより簡単にする工夫がなされています。あなたのブランドでは______?

 

しかしその空欄を埋めることができれば、あなたもサービス精神にあふれたビジネス提供者の仲間入りです。ローカルSEOに投資する必要性を感じ始めたB2Bでも、企業間のオファーへ踏み入れようとしてるB2Cでも、あなたのプロジェクトは最終的にこの質問に行きつくのです。

 

“何かお手伝いをしましょうか?”

 

自分のブランドをよく見て、あなたのコミュニティに奉仕できるような可能性を見つけることと、心から手助けしたいと思う願望こそ、ゴール地点で高い満足度が得られるようなしっかりとした土台を築く一番のきっかけになるはずです。

 

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ