マーケティング

マーケティング

マインドシェア獲得のための具体的なWebサイト戦略6手順 コンテンツ戦略とゴールの設定

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、How to Develop a Website Strategy to Meet Your Goals?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

799 views

読了時間 : 約3分38秒

webサイトの世界は日々変化しています。webサイトを訪問する際の人々の集中力の持続時間は12秒間でしたが、そんな時代はとっくの昔に過ぎ去り、現在では8秒間まで短くなっています。ウェブサイトの訪問者のマインドシェアを得るなら、まずは明確なゴールを設定する必要があります。それからそのゴールの達成をサポートするためのウェブサイト戦略を構築しましょう。

 

 

1.入念で明確なゴールを設定する

webサイト戦略の構築の第一歩は包括的かつ明確なゴールを設定することです。明確なゴールもなしに戦略だけを羅列しても何にもなりません。

 

まずは自分のwebサイトに必要なものは何かをよく考えることから始めなければなりません。パフォーマンスを判断する基準は何でしょうか。例えば見込み客を生むことを第一としているサイトもありますし、信頼度を上げてブランドイメージの構築することを目的にしているサイトもあります。自分がどんな目標を達成したいのかよく考えることが先決です。

 

指定された量のトラフィックを生みたい、コンバージョンレートを上げたい、コンテンツを通じてwebサイトに愛着を持ってもらいたい、などゴールを明確にしてからウェブ開発者に伝えましょう。そうすることであなたと開発者が同じ構想を持って仕事をすることができ、ゴールやパフォーマンスベンチマークを達成するのに必要な戦略を生み出すことができます。

 

2.コンテンツ戦略を考える

 

ウェブサイト戦略を通して何を得たいかが明確になったら次はコンテンツ戦略を練ります。サイトで扱うトピックの種類を決定しましょう。便利で健全なコンテンツであれば顧客とポジティブに結びつくことができます。

 

例えば、あなたの目的が信頼築き上げることだとしたら、ブログを書いてwebサイトに乗せることが理想的な方法です。あなたが取り組んでいる分野において、あなたがエキスパートであることを確立できる方法だからです。ホワイトペーパーやガイドでも同じことができます。一方で見込み客を生むことが目的である場合は適切なコンテンツの方が、関連するアクションに対するプロモーションを強めることができます。

 

3.オーディエンスを知る

広告のコピーやwebサイトのコピー、ブログの内容などについてのアイデアをただブレインストーミングすることだけがwebサイト戦略の構築ではありません。これらのことについてアイデアを書き出す前にしなければならないことはオーディエンスを明確に理解することです。

 

どういった人たちが理想的なユーザーなのか、またそのユーザーのデモグラフィック、社会的欲求、そして人物像はどういったものか、自分の製品やサービスでこれらのユーザーの生活をどのように変えることができるのか。これらの疑問はコンテンツを作る際の決定基準になります。この作業を怠らなければ顧客の注目を集めることができるし、長く製品やサービスを使ってもらえます。

 

ユーザーの外身も中身も知ることが大事です。その情報がユーザーが何を求めているのかを知る助けになります。完璧なユーザーエクスペリエンスはどういった人物があなたのオーディエンスであるかにかかっています。健全なウェブサイト戦略を策定するためにもオーディエンスのことをよく知りましょう。

 

4.提供しているものの価値にフォーカスする

他とは違う何かを提供するということはどの分野で仕事をしていてもとても重要なことです。では他とは違う何か、いわゆる相違点とはなんでしょうか。これはあなたの製品やブランドだけがユーザーに届けることができる機能、特性、利益などです。

 

どの企業もオーディエンスの中で独自のポジションを確立するために競合他社から頭ひとつ出るものが必要です。相違点はバリュー・プロポジション(オーディエンスの視点から見て意味のある価値)としても捉えることができます。また、相違点を確立することだけではなく、それを大々的に伝えることも重要です。ウェブサイトはあなたの価値観を伝えるのには最適なプラットフォームなので、あなたが達成したことを伝えるということをウェブサイト戦略の一部にしましょう。

 

あなたが成し遂げたことをサイトで強調してください。例えばサービスページやホームページの一部に反映させるのもいいでしょう。これは達成目標やwebサイトの計画に応じて決定することができます。

 

5.ベンチマークとパフォーマンスの測定

webサイト戦略のゴールには測定可能なものを設定する必要があります。どのような計画もパフォーマンス測定なしでは不完全です。計画の目標が達成できたかどうかはその計画の健全性に関する測定基準がない限り知ることができないからです。

 

成功を示す基準について、考えうる限り全てのことを思い浮かべてください。これはwebサイトによって異なるのですが、立ち上げたばかりで見込み客を生みたいのであればその成功の測定基準は完了した入力フォームの件数ということになります。ブランドの知名度を上げたいのであればwebサイトのインプレッションとどれだけのトラフィックを得たかが最大の要因になります。

 

どれくらいの頻度でパフォーマンスをモニタリングするのかを決めましょう。また一定の期間が過ぎた後に、それぞれの重要性を再評価する必要もあります。ブランド認知というゴールを達成してから6ヶ月後は、サイト訪問者数を成功を測定するため指標にするのはあまり良いとは言えません。環境の変化に応じてパフォーマンス・メトリック、目標、戦略を変更しましょう。

 

6.繰り返し変更する

webサイト戦略は停滞してはいけません。そのためにはマクロ環境、マイクロ環境における環境の変化に対応できる柔軟性が必要です。例えばサービスに対する需要が成熟すると、これ以上サイトの訪問者を獲得できなくなります。

 

顧客を魅せるためには、webサイトのSEOに取り組むよりも、ブログ記事をアップするなどしてブランドにより愛着を持ってもらうことが大切です。その時置かれている環境によって戦略を変えてみてください。改善すべき点と達成すべき目標を把握して同じプロセスを繰り返すのです。

 

最後に

自分がやっているビシネスにおいて正しいwebサイト戦略を立てるために、ぜひユニークなゴールを考えてみてください。

オンラインの経済的影響力は極めて大きいので手を抜かずに取り組むべきです。近年ではwebサイトはマーケティングミックスにおいて他のどんな手段においてもマインドシェアを獲得するのに役立っています。webサイト戦略を確立して頑丈なサイトを作ることがあなたのビジネスを新たな成功に導くことでしょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ