話題

話題

PR

ライダーの憧れ! 世界最速・最強のバイク15選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Powerful and Fastest Bikes In the World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

3,723 views

読了時間 : 約6分17秒

ライダーにとってのバイクは、物理学者にとってのマクスウェル方程式と同じで、それなしでは生きていけない、そんな単純なものではありません。その貢献に感謝するだけでなく、このようなホットな二輪車を世に送り出してくれた企業や会社にも感謝しなければならないのです。

 

この先、その価格とスタイルに基づくバイクは、ある社会空間においては重要な影響を与えることができると言えるでしょう。高価ではありますが、高速で、その乗り手にアドレナリンがほとばしるのを感じさせてくれます。さぁ、お待ちかねの皆様に、世界で最も速いバイクで最高の時間を過ごしていただきましょう。

 

15. ホンダ VF1000R

最高速度:150mph(240km/h)

 

1984年3月、ホンダはVF1000Rをヨーロッパ市場に投入しました。VF1000R誕生の背景には、デイトナ200やAMA F1クラスで採用された革新的で近代的な技術をすべて盛り込んだ、ホンダが競争力のある1台を設計したいという思いがありました。

 

しかし、残念ながらそうはならなかったのです。完成したバイクは、燃料を半分入れた状態で600ポンド【約272㎏】近くあり、VF1000Fモデルより85ポンド近く重く、そのため競技ではほとんど使われず、使われたとしても競争力を発揮するのに苦労しました。998ccの4ストロークV型4気筒エンジンを搭載し、130HP /10500rpmのパワーを発揮することができます。

 

14. ドゥカティ1098S

画像出典:wikimedia

 

最高速度:169mph(273km/h)

 

1940年代からエレガントなスポーツバイクを生産してきたドゥカティ。2007年、イタリアの同社は最新モデルである1098Sを発表しました。1099ccツインシリンダーエンジンを搭載し、最高出力160HP、最大トルク90.4ft-lbを発生するパワフルなモデルです。

 

1098Sは、先代モデルである999からいくつかの主要な特徴を引き継いでおり、新型1098に古いドゥカティデザインを復活させました。このことは、以前は批判されていたものの、そのファンからはずっと後になって好評を博しました。最高速度169mph、時速213.2kmで1/4マイルをわずか10.9秒で駆け抜けることができます。2008年に、SWAの「ベスト・バイク・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

 

13. BMW K 1200S

最高速度:174mph(278km/h)

 

ドイツの大手自動車メーカーBMWが2004年に発売した専用設計のKシリーズモーターサイクル、K1200S。直列4気筒水冷1157ccエンジンを搭載し、164 HP /10250rpmを発生。時速100kmまでわずか3.0秒で到達することができます。

 

K1200Sの発売後まもなく、この新しいエンジンにいくつかの問題が確認され、その結果、2005年の初めまで欠陥のあるユニットをリコールし、是正措置が取られました。

 

12. アプリリア RSV 1000R Mille

最高速度:175mph(281km/h)

 

アプリリアは、イタリアのオートバイ製造会社であり、レース界でもお馴染みです。1998年から2003年までRSV 1000R Milleを生産しました。998ccのVツインエンジンは、オーストリアのロータックス社製です。

 

現代のレーシングバイクに比べれば小さいものの、実はRSV Milleはアプリリアが初めて生産した大排気量バイクです。加速性能としては、60〜140km/hを10.2秒で駆け抜けることができます。

 

11. カワサキ ニンジャZX-14

最高速度:186mph(299km/h)

 

2005年の東京モーターショーで発表されたカワサキ ニンジャZX-14(一部地域ではZZR1400)。1441ccの水冷DOHC4気筒エンジンを搭載し、0~60mph加速は2.5秒です。

 

日欧のメーカー間の取り決めにより、電子制御で最高速度が186mphに制限されています。また、このバイクは2006年10月30日に放送されたイギリスのテレビ番組「フィフスギア」のエピソードに登場しました。

 

10. MVアグスタ F4 1000R

最高速度:187mph(299km/h)

 

MVアグスタ F4 1000Rは、2006年に発売されたF4 1000クラスの2台目の量産車です。998cc水冷4気筒エンジン、16ラジアルバルブを搭載。ブレンボ製モノブロックラジアルブレーキ、カーボンナイトライドコートされたマルゾッキ製倒立フォーク、ザックス製リアショックアブソーバーなど、従来のF4 1000Sから大幅にアップグレードされています。総重量は192kgで、最高出力は186BHp/12900rpmを発生します。

 

9. ヤマハ YZF R1

最高速度:186mph(300km/h)

 

日本で製造されたヤマハYZF R1。6速トランスミッションとマルチクラッチを搭載しています。1999年に発売され、現在のR1はマイナーチェンジにとどまっています。エンジンは、前傾の並列4気筒、20バルブ、DOHC、水冷で、128.2HPのパワーを発生します。優れたハンドリング性能は、まるで本物のレーシングバイクのようです。

 

8. カワサキ ニンジャ ZX-12R

最高速度:187mph(301km/h)

 

カワサキ ニンジャ ZX-12Rは、2000年から2006年まで生産されたスポーツバイクです。スズキのハヤブサに対抗するために発売されました。1199cc直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力161.2ps、最大トルク91.2lb-ftを発生します。2000年から2005年まで、世界最速の市販車として君臨していました。

 

7. ホンダ CBR 1100 XX ブラックバード

最高速度:190mph(305km/h)

 

1996年から2007年まで生産されたホンダ CBR1100 XX ブラックバード。カワサキ ニンジャ ZX-11と市販車最速の座を争うことを唯一の目的とし、発売から2年で成功しました。ホンダ CBR 1100 XXは、1137cc、4バルブ/シリンダー、水冷エンジンを搭載しています。出力は153HP/10000rpm。また、デュアルカウンターバランスシャフトを採用し、よりスムーズで快適な走りを実現しています。

 

6. スズキ ハヤブサ GSX1300R

最高速度:188~194mph (1999年)

 

スズキが1999年から生産している、スズキ ハヤブサGSX1300R。発売と同時に世界最速のバイクとなり、現在では世界で6番目に速いバイクです。2000年、ヨーロッパ市場での規制のため、日本企業は最高速度を186mphに制限することに同意しました。

 

このバイク(1999年モデル)は、1,299cc、4気筒、DOHC、16バルブ、水冷エンジンを搭載。197HP/6750rpmのパワーを発生します。2008年、排気量を拡大し、車体構造を変更したGSX1300Rのマイナーチェンジモデルを発売しました。新型GSX-1300R-K8は最高速度186mphを達成します。

 

5. ドゥカティ パニガーレ1199 R

最高速度:202mph (325km/h)

 

ドゥカティは、2011年ミラノモーターサイクルショーで新型パニガーレ1199 Rを初公開しました。その内部フレームはチタンとカーボンファイバーで構成され、排気のみを追跡し、総重量を最大 364 ポンドに抑えています。1199ccの水冷Vツインエンジンを搭載し、最高出力195ps、最大トルク98psを発揮します。ドゥカティは、「世界で最もパワフルな2気筒バイク」と謳っています。

 

4. ライトニング LS-218

最高速度:218mph(351km/h)

 

ライトニングLS-218は、ライトニングモーターサイクル社が2011年から製造している電動バイクです。2013年にはボンネビルスピードウェイで350km/hの最高速を記録し、電動スーパーバイク最速の座を獲得しました。IPM水冷150kw+10,500rpmの電気モーターを搭載し、200HP、168ポンドフィートのトルクを発揮し、わずか2秒で100km/hに到達することができます。

 

バッテリーパックは、航続距離に応じて3種類から選択できます。平均的な380V 12kwhのバッテリーパックは、一回の充電で100-120マイルの走行が可能です。

 

3. カワサキ ニンジャ H2R

最高速度:210mph(340km/h)

 

カワサキ ニンジャ H2Rは、現在の世界最速の市販バイクです。2015年に初めて生産され、遠心式スーパーチャージャー付きの998cc直列4気筒DOHCエンジンを搭載し、310HP/14,000rpmを発揮します。カワサキは2014年のモーターサイクルショー「インターモト」で、ニンジャ H2Rを、唯一のバリエーションであるストリートレジャーのニンジャ H2に加えて生産することを発表しています。サイクルワールド誌の計算によると、H2Rは理論上、空気抵抗を克服し、最高で時速250~260マイルに達することができるということです。

 

2. MTT タービン スーパーバイク Y2K

最高速度:250mph(402km/h)

 

MTTが製作したY2Kスーパーバイクは、公道仕様のバイクとして初めてタービンを搭載したモデルです。初期モデルはロールスロイス・アリソン社のモデル250-C18ターボシャフトエンジンを搭載し、320HP、425ft/lbsのトルクを発生しました。新世代モデルは、420HP、トルク約500ft/lbsのタービンエンジンを搭載し、いくつかの重要な改良が加えられています。このバイクは、バイヤーの要望に応じて独占的に生産されています。

 

1. ダッジ・トマホーク

想定最高速度:300mph~420mph

 

トマホークを最速のバイクとして取り上げたのには、いくつかの理由があります。まず、トマホークが実際に最も速く、最もパワフルなバイクだと言っているわけではなく、あくまで仮定の話です。第二に、ダッジはこのバイクが最高時速300〜420マイルに達すると主張しています。これは、馬力とギアに基づいた仮定であり、バイクの専門家やメディアによって論破されました。

 

つまり、ここでのポイントは、私たちはトマホークを山の頂上に置くことが正しいと感じつつ、そうでないことを思い知らされたことです。このバイクは、8.3LのV10シリンダー90度V型エンジンと2速マニュアル・トランスミッションを搭載し、500HPのパワーを発揮します。わずか9台が製造され、そのすべてが販売されました。主張を証明するための公開ロードテストは行われていません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ