話題

話題

PR

いつか乗ってみたい! 世界で最も高価なバイク、トップ16[2023年版]

5,558 views

読了時間 : 約8分9秒

バイクは、普通の人にとっては単なる移動手段かもしれませんが、中には普通に使うために作られたものではないバイクもありますよね! 特に若い世代にとっては、感情や気持ちを表現するための特別な媒体です。男子でも女子でも、シニアでも若者でも、誰もが車やバイクに憧れを抱いているはずです。

 

それがメタリックマシンのパワーであり、たとえ短時間であっても、誰にも否定できない大きな魅力を生み出すことができるのです。そして、それはほとんど哲学です。この記事では、いつか自分のガレージに置きたい、そんなバイクの領域へお連れします。世界で最も高価なバイク16台をご覧ください。

 

【2022年11月現在の外国為替レートによる円換算の価格を参考表示しました】

16. ハーレーダビッドソンRocker:$130,000【1,932万2千円】

1960年代半ば、アメリカの市場では「チョッパー」と呼ばれる特殊なカスタムバイクが登場しました。多くの専門家によれば、チョッパーとはあらゆるカスタムスタイルの中で最も過激なものであり、一般的にはステアリングアングルを根本的に変更し、フォークを長くして伸びやかな外観にすることが特徴です。

 

通常、市販のバイクは別途「チョップ」したり、操縦しないとチョッパー風になりませんが、ハーレーダビッドソンRocker は注文仕立て、かつ、既製品のチョッパーなので、かなり個性的です。自動調整フィルターやマップ制御スパークイグニッションなどの機能を持ち、2008年に初めて登場しました。1600ccの4気筒エンジンを搭載し、6速トランスミッションを装備しています。

15. NCRマイク・ヘイルウッドTT:$130,000【1,932万2千円】

マイク・ヘイルウッドは、史上最高のレーサーと呼ばれています。1974年のドイツGPでキャリアを終えるほどの怪我を負い、レース界から引退を余儀なくされました。しかし、11年近くバイクの世界から離れた後、彼は再び子供の頃の情熱を取り戻そうとします。1978年、彼は伝説的な勝利をつかみ、キャリアの中でも忘れられないパフォーマンスを達成しました。

 

NCRマイク・ヘイルウッドは、もともとはドゥカティ900SSで、約85馬力のV2 4ストロークエンジンを搭載していました。その後、世界選手権9回、グランプリ76回、マン島14回のトロフィーを獲得しています。このモデルは12台のみ生産された限定モデルです。

14. NCRレジェーラ1200スペシャル:$145,000【2,155万8千円】

レジェーラ1200は、ドゥカティ・ハイパーモタード1100のバイクを高度に修正したモデルです。イタリアを拠点とするNCRが生産しており、すでに素晴らしいドゥカティのバイクを長くゴージャスに変身させることで知られています。レジェーラは公道走行可能なバイクで、現在、総重量わずか328ポンドの最軽量ハイパーモタードバイクの地位を占めています。

 

NCRらしい外観と雰囲気を持ち、カーボンセラミック・ブレーキ、カーボン・ボディワーク、カーボン・ホイールも装備しています。ベースのハイパーモタード1100 EVO SPがDS 1100のノーマルモータを搭載しているのに対し、NCRレジェーラ1200スペシャルは132HPにパワーアップした1200ccエンジンを搭載しているのが大きな特徴です。

13. Icon Sheene:$172,000【2,557万2千円】

2015年にダニー・ケントと交代するまで、1977年に最後の英国ワールドチャンピオンに輝いたバリー・シーンを思い出してください。Icon Sheeneは、オートバイロードレーサーとして名声を博した彼の人生に関わったすべての人々のコラボレーションです。彼の家族、エンジニア、友人による、70年代のアイコンへのオマージュです。

 

52台のみ製造されたIcon Sheeneは、複雑なエンジニアリングの塊であり、250馬力以上のパワーを生み出す1400ccターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載した、世界で最もパワフルな市販バイクのひとつです。このバイクの最高速度は200MPHで、カーボン・ホイール、アルミフレーム、6速クイックシフトギアボックス、その他多くの魅力的な機能を備えています。

12. MTTタービン・ストリートファイター:$175,000【2,599万9千円】

MTTタービン・ストリートファイターは、ディーゼルでもケロシンでも、さらにはジェット燃料でも走行できるユニークなハイブリッド・バイクです。その名の通り、ターボシャフトエンジンを搭載しています。このバイクのユニークな点は、大量生産されておらず、事前に注文しないと手に入らないことです。

 

420馬力、576NMのトルクを発生するロールスロイス製エンジンを搭載しており、最高速度は249km/hを記録しています。V8エンジンに2速ギアボックスを搭載し、フレームとホイールはそれぞれアルミニウムとカーボンファイバーで構成されています。

11. スズキ「隼(ハヤブサ)」(カーボンファイバー製)。$200,000【2,971万3千円】

スズキ隼GSX1300R(または単に隼)に正式な紹介は必要ないでしょう。世界で6番目に速いこのバイクには、カーボンファイバー製の特別仕様車もあります。ファクトリーモデルの隼に、専用設計のカーボンファイバーパーツを取り付けるだけで、簡単にカーボンファイバー仕様の特別仕様車に変身します。しかし、その分、懐は寂しくなります。

10. NCR Macchia Nera Concept:$225,000【3,342万7千円】

アルド・ドルディがデザインし、NCRが製造したドゥカティMacchia Nera Concept。2003年9月、ミラノで開催されたEICMA(ミラノモーターサイクルショー)で初めて公式に発表され、2004年のミサノWDWでサーキットデビューを果たしました。そのユニークなデザインは、世界中の多くのファンを魅了しました。

 

Macchia Nera Conceptは、チタニウム製のトレリスフレーム、レース用のフルエキゾーストシステムなど、ユニークなコンセプトバイクのひとつであり、180馬力のドゥカティ・テスタストレッタ・エンジンを搭載しています。ホイールには、320mmのダブルディスクを備えたMotoGPブレンボ製ブレーキシステムが装着されています。

9. ドゥカティ・デスモセディチD16RR NCR M16:$232,500【3,455万1千円】

ドゥカティが生産するデスモセディチRRは、MotoGPレースマシンであるデスモセディチの公道走行可能な限定車です。2004年、ドゥカティはワールド・ドゥカティ・ウィーク期間中にイタリアのミサノ・サーキットで、デスモセディチのロードレプリカを2006年初頭から少量販売することを発表しました。

 

ドゥカティは、一般購入者向けにわずか1,500台のデスモセディチを製造しました。デスモセディチRR(レーシングレプリカ)は、MotoGPレーシングバイクの真のロードレプリカと謳われています。このバイクの製造コストはわずか72,500ドルですが、アップグレード後は20万ドル以上の価格に達します。パワー面では、ドゥカティ製989ccV4デスモドロミックエンジンを搭載し、200馬力を発生させることができます。

8. Ecosseチタンシリーズ FE Ti XX:$300,000【4,458万3千円】

Ecosse Motor Worksは、高級で最も高価なバイクを作ることで非常に人気のある最高級バイク会社のひとつであり、EcosseチタンシリーズFE Ti XXもそうです。225psを発生するパワフルな2.4lビレットアルミエンジンを搭載しています。

 

チタン製シャシーに包まれたFE Ti XXは、魅力的なオールチタン製エキゾーストシステム、内部セラミックコーティングされたカスタムヘッドパイプ、チタン製インレットコーンとチタン製内部バッフルを備えたカスタムチタンマフラー、モトGPオーリンズ製サスペンション(フォークとショック)、カーボンファイバー製ホイール、ボディワークで覆われています。時速250kmで、世界最速のバイクのひとつです。

7. Vincent Black Lightning:$929,000【1億3,816万1千円】

画像出典:Wikimedia Commons

 

Vincent-HRDのBlack Lightningは、1948年から1952年にかけて、世界最速の市販バイクとして活躍しました。また、史上31台しか製造されず、そのうち19台しか残っていない希少なバイクのひとつでもあります。

 

軽量化と重量出力比の向上のため、Black Lightningにはマグネシウム合金とアルミニウムの部品が採用されました。70馬力を発生する1000ccのVツインエンジンを搭載するほか、高強度のコンロッド、スチームアイドラーギア、レーシングキャブレターが搭載されています。

 

2018年、ラスベガスで開催されたオークションで、現存するBlack Lightningの1台が929,000ドルという驚異的な価格で落札されました。当時のオートバイに支払われた(オークションでの)最高額でした。

6. Nehmesis Yamaha BMS Road Star:$500,000【7,436万円】

BMS Choppersは、クルーザー、チョッパー、ボバーにワイルドな自社カスタムを施し、世界で最も人気のあるバイクカスタム会社のひとつです。しかし、その中でも最も目を引くカスタムが「Nehmesis」です。

 

このバイクは、フロリダに拠点を置くブロワード・モータースポーツとそのクリエイティブ部門であるBMS Choppersの創設者、Sam Nehmeの名前にちなんで名づけられたものです。このNehmesisには300万ドル(約4億5千万円)の見積もりがあるそうですが、非売品であるため、おそらく実際の価値を知ることはできないでしょう。

 

一方、工数やカスタム3Dリム、そして最も重要なボディへの24金コーティングを含めて、このバイクの総コストを計算すると、50万ドル程度になるのではないでしょうか。

5. ダッジ・トマホーク V10スーパーバイク:$555,000【8,254万円】

2003年の北米国際自動車ショーで発表されたダッジ・トマホークは、その破壊的なデザインと外観で大きな話題を呼びました。コンセプトカーであるトマホークは、市販のバイクでは決して見られないような印象的なスペックを備えています。

 

V型10気筒の巨大なスポーツカーエンジン(506.5 cu in)を搭載し、500psを発生します。4輪(前2輪、後2輪)すべてに独立懸架を採用し、ライダーはカウンターステアを行うことができます。ダッジの専門家やアナリストは、理論上の最高速度を300km/hから420mph(680km/h)の間でいくつか計算していますが、この速度での走行テストは行われていません。

 

最初の発売以来、ダッジはトマホークの手作りのレプリカを9台、555,000ドルで販売しています。

4. 超希少なAJS E95 ポーキュパイン:$675,000【1億38万6千円】

1954年に登場したAJS E95 ポーキュパインは、イギリスの老舗バイクメーカーAMCが設計・製造した伝説のレーシングバイクです。また、このようなバイクは4台しか生産されなかったため、最も希少なバイクのひとつです。

 

2011年、カリフォルニア州カーメルで開催されたボナムズの8月セールでは、4台のAJS E95 ポーキュパインのうちの1台が約675,000ドルで落札されました。第二次世界大戦中に製造されたこの貴重な作品は、過去20年間、英国のソリフルにある国立オートバイ博物館に収蔵されていました。

 

このバイクには500ccの傾斜型エンジンが搭載されています。シリンダーは45度の角度で配置され、冷却効果を高めています。エンジンは約55.7馬力(7600rpm)を発生したということです。

3. ハーレーダビッドソン Cosmic Starship:$3,000,000【4億4,589万7千円】

2012年、ハーレーダビッドソンのCosmic Starshipはオークションにおいて300万ドルで落札された、世界で最も高価なバイクのひとつとなりました。一から設計される多くの限定高級バイクとは異なり、Cosmic Starshipは初期の生産モデル(2002年のVRSCまたはV-Rod)をベースにしています。

 

実際、Cosmic Starshipは、塗装を除けば、ほとんど何も手を加えていない工場生産品です。アートワークは、通常30万ドルから300万ドルで販売される絵画を手がけるアメリカの有名アーティスト、ジャック・アームストロング氏の手によるものです。

 

2010年に発売されたとき、価格は100万ドルでした。2012年にその3倍の300万ドルで販売され、現在は、3000万ドルから3500万ドルの価値があるとされています。

2. Ecosse ES1スーパーバイク:$3,600,000【5億3,420万3千円】

頂点に立つためには、常に特別なものが必要です。バイクに関する限り、Ecosse ES1はそのすべてを備えています。360万ドルで、カーボンファイバー製のボディ、フレームレスのユニークなシャシー、そして最先端のコンポーネントが手に入ります。

 

このバイクには、200馬力以上を発生する直列4気筒エンジンが搭載されています。最高速度は時速250マイル(約402km)です。Ecosse ES1の最も重要な点は、おそらくその重量でしょう。265ポンド(120kg)で、世界で最も軽いスーパーバイクのひとつです。

 

フロントとリアのサスペンションには、スイングアームピボットに装着されたトーションスプリングと、スイングアームとエンジンの間に直接装着されたF1仕様のダンパーが使用されています。電子制御システムを搭載し、より優れた操作を実現しています。

1. ニーマン・マーカス限定ルネサンス・ファイター:$11,000,000【16億3,228万9千円】

ニーマン・マーカスは、高級百貨店チェーンとしては認識されていても、バイクのメーカーとしては認識されていません。そのため、同社が新品のバイクを発表することになったとき、地元や海外のメディアから広く注目されました。このバイクは当初、オークション出品前に11万ドルの値がつけられました。ところが、入札合戦の結果、1,100万ドルという途方もない値段で落札されのです。現在も最も高価なバイクです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ