マーケティング

マーケティング

【マーケッター向け】この5つを押さえるとビジネスがうまくいく

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Five business intelligence trends marketers should not overlook
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

77 views

読了時間 : 約3分6秒

来年は、データの取得や分析だけでなく、マーケッターがデータをどのように使用して報告し、良い変化を生み出すかを中心に展開します。

昨年はビジネスインテリジェンス(BI)の分野は重要な役割を果たした年でした。特に機械の向上と人工知能の台頭により、2019年もマーケッターにとってはるかに大きな役割を果たし続けることは間違いありません。今年は、データの取得や分析をするだけではいけません。マーケッターは、BIレポートから情報を得て、クライアントにあった方法を作成して管理する必要があります。

マーケターは、今後1年間でこれらBIの5つの事を早急に検討する必要があります。

 

1. データの品質管理

マーケターは、自社で持っている大量のデータ、特にデータが正確であるか完全なものであるか確認し、適切な時に適切に使えるように整えていなければいけません。

「量より質」という古いことわざが当てはまります。適切なデータ、特にブランドの歴史をインパクトのある形で作られたデータを作成してください。 間違ったデータで武装しているのは、はさみと穴あけパンチで家を建てようとするようなもので、重要な基盤が欠けています。 エージェンシーが正しいデータを持っていると保証することが、顧客やビジネスの戦略の中心です。

 

2. 可視化

可視化とは見やすくして、長いデータをわかりやすくする事です。これによりユーザーは傾向、洞察、データの外れ値を簡単に見つけて、バックアップする部分を強化していくことができます。 3Mのリサーチャーは、人間の脳は画像を文章の60,000倍速く処理できることを発見しました。適切な画像は、伝えようとしているものがわかり、顧客が「アハ!」と思います。 その瞬間–これは歓迎されるボーナスになります!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ