マーケティング

マーケティング

カスタマーエクスペリエンス向上!認知獲得のため広告配信Adtecと特定顧客対象Martechを連携させる

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Connecting martech and adtech for improved customer experience
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

176 views

読了時間 : 約3分55秒

アメリカのマーケティング担当者の48%が、ブランドが優れたカスタマーエクスペリエンスを提供していると考えていますが、アメリカ消費者の22%のみがそれに同意しています。プログラマティック広告と連動するマルテックを採用することが、顧客を購入へ導く唯一の方法なのです。

 

1994年、消費者はhotwired.comの最初のバナー広告に魅了されました。(または呪いを受けたというべきでしょうか?)。デジタル広告への最初の進出は、不格好なもので、当時、父に「ウイルスの可能性があるから」と決してクリックしないようにと言われたのを覚えています。

 

[thefirstbannerad.comのスクリーンショット]

 

最近では、ソーシャルメディアのスポンサーコンテンツが、売り出しているものを見つける主な方法の1つです。ちょうど今日、私は着やすそうなパジャマとかわいいツーピースのセットを広告でクリックしました。私が参加する6月の結婚式にぴったりだと思ったのです。どちらも私の価格帯からは完全に外れたものでしたが、Instagramは、私が金持ちだと思ってくれているのでしょう。

 

ブランドがプログラムを介してリアルタイムで広告を表示する能力を身につけ、ターゲットオーディエンスに広告を提供することは、かつてないほど容易になりました。それでも、多くの場合、ブランドのマルテックはその技術に追いついていません。

 

そして多くの場合、顧客は広告をクリックした後、全く関係のないメッセージが書かれたホームページに行かされ、かなりがっかりしています。カスタマーエクスペリエンスに重点を置くことは、プログラムによる広告費用を最大限に活用することを意味します。

 

なぜカスタマーエクスペリエンスに焦点を合わせるのでしょうか?

 

デジタル広告の初期の頃、顧客の行うことは非常に簡単でした。ある人に広告が配信され、クリックした場合は、購入するか離れるかのどちらかでした。

 

しかし、今日では、顧客がチェックインするために、あらゆる段階で非常に多くのチャネルと方法が無数にあるため、顧客エクスペリエンスはこれまで以上に重要になっているのです。あらゆる段階で、顧客が適切な経験を得られるようにすることは、顧客があなたのブランドの価値を認めるの手助けになるので、重要なことなのです。

 

顧客が広告を嫌うと考え、それを受け入れている場合が多いです。そしてそれは、デジタル広告というものが、ロードが遅いウェブページの上部にスパムバナーで点滅させて出てくることを意味していた頃には合っていたのかもしれません。しかし、最近では、ほとんどの顧客は、広告に頼るようになりました。

 

そして、顧客が自分が見た広告の内容を思い出すことができない場合の55%が、広告が単に自分と関連性がなかったためだと言っています。そこでは、消費者は、マーケティング担当者が提供しているものが悪いと考えるより、カスタマーエクスペリエンスが悪くなっていると考える傾向にあります。

[eMarketerからのグラフ]

 

上記の調査では、アメリカのマーケティング担当者の48%がブランドが優れたユーザーエクスペリエンスを提供していると考えていましたが、アメリカ消費者の22%のみが同意したという結果が出ています。適切なタイミングで適切な広告を表示れば、新しい顧客をもたらし、広告費用を無駄にすることはなくなる可能性があります。

 

5つのショッピングモード:理解すればより良いコミュニケーションへの道になるかも

 

顧客がたどる購入の道を検討することは、どのメッセージがどの顧客に適しているかを理解する上で重要です。5つの主要なショッピングモードがあるので、ここでご紹介します。

・ブラウザ閲覧者

・研究者

・製品第一主義者

・バーゲンハンター

・ワンタイムショッパー

 

しかし、これらのモードは決まったものではありません。顧客はモード間を頻繁に行き来しています。

 

例えば、Game of Thronesを観て、大きなパイを作りたいと思っているとします。 80ドルのスプリングフォームパンを買うべきか、それとももっと安い、10ドルのAmazonのものを使うべきか、迷っています。

 

普通、私は調理器具を急いで買うということはほとんどありません。しかし、ここであるメッセージを見てしまえば、すぐにそれに納得するでしょう。なのに、たとえば、特定の調理器具で20%オフを見て、その広告をクリックすると、ダッチオーブンのみが対象だと発見します。私は「なんてこと、スプリングフォームパンじゃなくてダッチオーブンを買えというのか」となり、そこでは買わずに、ほかを見て歩くはずです。

 

オンラインの購入経路に存在する5つの段階、ならびに各段階の視聴者に関連する行動と動機を理解することによって、マーケティング担当者は最初のタッチポイントを超えて広がる広告を配信することができます。代わりに、さまざまな段階で目的の結果を達成するために、さまざまなキャンペーン方法を組み込むこともできます。

 

残念ながら、あまりにも多くのマーケティング担当者は、各段階で各購入者に合わせて特別に調整された広告を配信するのではなく、プログラム広告を万能のソリューションと考えています。

 

有料広告が高い直帰率を持つようにするには

 

ほとんどの有料広告はかなり不快な直帰率を持っています。Lunarlogicによると、有料広告の平均直帰率は41〜55%の間です。特定のブランドの苦労して稼いだ有料トラフィックの半分近くが、現在はウェブサイトから出ているため、広告宣伝費の浪費と業績の低さという問題に、業界全体が直面しています。

 

・視聴者が去ってしまう理由は4つあります。

・広告がクリックまたは表示された後に、起こるかについてのずれ

・個性に欠ける一般的なホームページ

・表示されたがクリックされなかった広告の回収率の低さ、またターゲティング不足

・顧客の購入までの道のりとの接続の切断

 

これらのそれぞれに共通の要因は、広告とその広告が顧客を獲得するための経路との間のつながりの欠如です。

 

私が買いたいと思うスプリングフォームパンの広告をクリックした時に、検索とは関係のないオーブン関係の品がいっぱいの一般的なウェブサイトに移動させられるなら、そのブランドは私に別の場所でお金を使えと言っているようなものです。

 

adtechとmartechをつなぐことが最善の方法

 

まとまりがあり、パーソナライズされた、関連性のあるエクスペリエンスを生み出すために、プログラムによる広告と連携するマーケティングテクノロジを採用することが、顧客が購入の正しい段階で確実に対応できる唯一の方法です。ブランドエクスペリエンスに価値を加える情報を提供する必要があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ