マーケティング

マーケティング

Googleで検索結果画面(SERPs)のスニペットに表示機会を増やすSEO対策 スニペットの仕組みを理解する

MOZ

The industry's top wizards, doctors, and other experts offer their best advice, research, how-tos, and insights—all in the name of helping you level-up your SEO and online marketing skills.

本記事は、We Dipped Our Toes Into Double Featured Snippets
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

176 views

読了時間 : 約6分25秒

昨今のスニペットの特色は、音声検索をしたり、急いで解決したい問題に対する答えを得るために、SERP上で2倍の検索結果を出すことができます。しかしそれは私たちの意味するところではありません。それぞれのSERPの数だけ表示されるスニペットではなく、同じSERP上に2つのスニペットが表示されることがあるのです!

 

 

私たちは長年スニペットをしつこいくらいに追跡してきましたが、ここにご紹介するのは最初にドキュメントとして表示されたケースで、今までこのようなレポートはなかったでしょう。

 

 

SERPに表示されるスニペットに関しての研究は、まだ日が浅いとも言われていますが、ここまでのところに私たちが持っている情報のすべてをお見せします。要するに、ダブルスニペットは、チャンスがダブルだということです。

 

 

Googleのケース(SERPに表示されるダブルスニペット)

 

 

一つのSERPに表示されるスニペットについて、最初にニュースを聞いたのは、1月の終りです。Googleのスニペット再導入のニュースでした。

 

 

 

 

 

まだその機能は開始されていなかったので、詳細について情報が少なかったのですが、より有益な情報を求めて調査を続けきました。そして、検索結果に矛盾する情報を見つけた時に、どうすればよいか学ぶことができました。

 

 

Googleのリリースを待つ間、調査を続けることで彼らの目的に対してより洞察力を深めることができました。

 

 

「多角的な」スニペットの特徴は、(その定義を完全に確信しているわけではありませんが)Googleは次のように説明しています。様々な可能性や意向、または目的に関連した質問に関し、その質問を広くとらえていきます。そして最終的には、答えを得るために必要と思われる情報の断片をより多く表示させます。

 

 

知識を味方につけて、情報を得るための良い方法にたどり着きましょう。

 

 

ダブルスニペットの運用は小規模で動き出しています

 

 

アメリカは、Googleが新しい機能をテストするお気に入りの国であり、STATの中でも集中的に追跡されリサーチが行われています。私たちはデスクトップではなく、モバイルのSERPの分析を開始しました。Googleがモバイルファーストインデックスをリリースすることを発表したからです。

 

 

2つのスニペットがSERPに表示されるのにかなり時間がかかりました。それを待ってから適切な分析を始め、3月の終りにデータを取り出しました。STATでの、アメリカで追跡されているモバイルキーワードのうち、122,501の特徴的なスニペットがあり、そのうち1.06%は1つ以上の名称を持っていました。

 

 

SERPでの1,299のダブルスニペットを分析しましたが、私たちのサンプルデータは小さいことを認めなければなりません。とはいえ、同時に現在のところリリースが小規模であることを示しているのです。

 

 

名詞が多い質問のための2つのスニペット

 

 

最初のビジネスオーダーは、どんな種類のキーワードが2つのスニペットを表示しているか見つけることでした。Googleが「マルチインテント」(多様な意図)がなかったと判断した場合、それに応じて最適化した検索結果を表示させます。

 

 

ダブルスニペットキーワードをTF-IDFによって重要度を見ることで、「保険」「コンピュータ」「仕事」「手術」といった名詞が、「一般的な賠償責任保険」や「脊柱管狭窄手術」といった名称の中で主な引き金となっていることがわかります。

 

 

シングルスニペットでは、こういった反映は見つけられないことに注意することが重要です。2017年11月にスニペットリサーチをリフレッシュした際、多くは典型的な質問文を構成する言葉、「どのように」続けて多かったのが、「何を」「する」などであり、文章として質問されていました。

 

 

本質的に、Googleはこういった質問の言葉を使わずに実際の質問を推測しています。「一般的な賠償責任保険」を例にとってみます。リサーチャーは、「一般的な賠償責任保険」とは何か、それをどうやって手に入れるのかを知りたがっています。

 

 

こういったあいまいな質問を投げかける理由は、リサーチャーはこのトピックについてできることすべてを知りたい場合が多いのです。そのため言葉を選ばないで、エルパソの年を取ったタコスガールの知恵を理解します。なぜ両方じゃないのでしょうか?

 

 

リープフロッグとダブルデューテイドメイン

 

 

次に、新しいSERP上でスニペットのうちの1つ(または両方)を得るために、ユーザーがランク付けを必要としている場所はどこでしょうか。一般的に「ソースポジション」と呼ばれています。

 

 

SERPの他のスニペットを無視して、シングルスニペットだけを見ると、Googleはオーガニック検索の31%から引き離しています。ダブルスニペットの場合、最初のオーガニック検索の24.84%から引き離していて、1つのスニペットよりも5~10のオーガニック検索から引き離しています。

 

 

 

 

 

 

 

これは何を意味しているかというと、ダブルスニペットの中では、1つのスニペットを使うよりも競合相手よりリープフロッグできるということなのです。

 

 

誰がこれらの質問に答えるか研究するとき、ダブルスニペットの5.7%が両方のスニペットの中で同じドメインであることがわかります。どうすればよいかもう明らかです。あなたのコンテンツはダブルスニペットにする用意ができていますか?

 

 

スニペットヘッダーは明確なキーワードで構成されています

 

 

長い時間の中で新しく付け加えられた機能と感じるものの中には、それぞれのスニペットの上にヘッダーがあり、質問は明確です。単独のスニペットのヘッダーリポートでは、(人は下に添付してあるボックスを調べることもあります。このような狂気の沙汰は終わらないのでしょうか?)新しい基準の前兆になるかもしれません。

 

 

単独で推測に頼る代わりに、サーチする人が何を探しているのかヘッダーを通してみることができます。Googleの素晴らしい消費者リサーチは信用に値します。もう一度、「一般的な賠償責任保険」という単語を例にとってみると、Googleは「一般的な賠償責任保険とは何か」「ビジネス賠償責任保険では何をカバーしているのか」といった内容を表示してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

なぜならこれらのヘッダーは事実上両義にとれる説明も明確な質問に変化させます。80%以上が「どのように」「何が」といった言葉を表示しているのを見ても驚くに値しません。こういったトレンドは一般にスニペットを作成するキーワードと一緒に並んでいて、早く目にすることができます。

 

 

2つ目のスニペットが通常1つで得ていた長所を2倍にするわけではなく、追跡したり最適化するための目的に対するより深い洞察力やキーワードを見せています。

 

 

 

パラグラフ形式を好みます

 

 

次に、見た目が違う2つの形式によって、どのように表示するかを決定するのは、フォーマットに負うところが多いという事実を見てみます。SERPのダブルスニペットのすべてのスニペットを集めて、2017年のデータを比較します。

 

 

 

 

 

 

 

Googleが検索結果を並べるときは、どれも同じように見えますが、(パラグラフ、リスト、テーブル)パラグラフ形式は二重のスニペットの中で確かによく使われています。

 

 

最も一般的なスニペッツのペアは、パラグラフ―パラグラフです。SEPRで85.68%を占めています。テーブル-テーブル形式は最も少なく0.31%です。

 

 

 

 

 

 

 

二つの理由が考えられます。1つには、質問に対して複数の回答がある場合、パラグラフ形式で答える方が説明するのに必要なスペースを提供できるということです。2つ目は、Googleが実際にテーブル形式が好きではないということです。

 

 

二重スニペットテスト

 

 

トータルのスニペットのすべてを合計する方法は、いくつかのSERPが2つ以上のスニペットを持っている場合だけ合計することができます。私たちが出した11のキーワードでも6~12のスニペットが表示されています。

 

 

長い間、Googleがフルスニペットの引継ぎを計画していると思っていましたが、数日後にこれらのキーワードでサーチしたところ、実行中のテストを発見しました。

 

 

キーワードの実行結果がこちらです。キーワード:「ひどい背中の痛み」

 

 

 

 

 

 

 

6パターンのバリエーションでテストをしてみて、Googleは最初の2つのスニペットを採用しています。しかし、一番関連のある結果をトップに表示しているか、リサーチャーの質問に共鳴した言い回しかどうか、判断するのは難しいようです。

 

 

「フルタイム雇用」というキーワードで表示された複数のスニペットは、少しばかり考えさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

フロリダ、ニューヨーク、ミネソタ、オレゴンがほかの場所よりもフルタイム雇用についての質問が多いと仮説を立てました。しかし、Googleは全国的な検索で具体的な場所を含んだスニペットを表示させました。

 

 

二重スニペット情報をシェアしよう

 

 

言うまでもなくこれからもこのリリースに関して注目を続け、新しい機能についてレポートしていく予定です。

 

 

まだまだ調査が必要な分野です。あなたは二重スニペットを見たことがありますか?それはアメリカ以外でしょうか?どんなキーワードが表示されていましたか?

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1000円分招待コード】
当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等

金額:※さらにメルペイスマート払で2000円分ポイント!
友達招待でお互いに1000円分ポイント!2人以上招待でUSJ貸し切りイベントに抽選招待も!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

 

【Uber初回利用2000円オフクーポン】
【Uber初回利用2000円オフクーポン】
130v4g

プロモーション コードを追加するで「130v4g」を入れてください。
※プロモコードは日本国内でのみ利用可能
 
»当サイト限定の初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber

Uber

 

【UberEats初回1000円オフクーポン】
【UberEats初回1000円オフクーポン】
ins6je2v

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き
 
»当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

Uber Eats のお料理配達

Uber Eats のお料理配達

おすすめ新着記事

おすすめタグ