マーケティング

マーケティング

【マーケティング担当者必見】暗号通貨だけじゃない!ブロックチェーンで変わるデジタルマーケティングの5つの未来!

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Here's how blockchain is poised to disrupt digital marketing
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

430 views

読了時間 : 約6分24秒

ブロックチェーン技術はまだ発展途上にありますが、デジタルマーケティングへの潜在的な応用可能性を有することは明らかです。この技術は今後のマーケティングオートメーション分野を変革し、まもなくマーケティング担当者は見込み客や顧客との信頼関係を構築するための新しいツールを活用するようになるでしょう。

 

 

Blockchainは現在の流行語ですが、この技術をおおげさに宣伝することは理由のないことではないのです。簡単に言えば、ブロックチェーンは、オンラインのデータをまったく新しい方法で監視するものです。従来型のデータベースにデータを記録する代わりに、(本質的には透過かつ安全なトランザクションの記録である)分散型取引記録とコンセンサスアルゴリズムを使用して、データを分散させて格納します。最終的には、これにより消費者はデータをより自由にコントロールできるようになり、組織はそのデータを新しい方法で利用することができるようになるのです。

 

根本的には、ブロックチェーンは、中央集権的管理者なしでトランザクション(お金またはその他の取引)が正常に行われることを保証する、トラストレスの原則に基づいています。多くの消費者にとってブロックチェーンは、以前はブランドと消費者の間には存在しなかったセキュリティと信頼を保証する存在であることがすでに証明されています。将来的には、このことは、特に消費者との信頼関係を構築することは現在のマーケティング担当者が直面している最大の課題の1つになることから、世界中のブランドや小売業者に利益をもたらす可能性が高くなります。

ブロックチェーンを取り上げた報道の多くは、暗号通貨の世界でこの技術が果たす役割についてばかり報じていますが、最も興味深いのは、暗号通貨以外での応用例です。これはすでに、医療検査やコンテナ輸送などの多様な産業に影響を与えている技術であり、マーケティングはこの技術が次に開拓する分野になるでしょう。ブロックチェーン技術は依然として未熟な技術ですが、マーケティングの世界に混乱を巻き起こすだけの力はすでに蓄えていて、技術の発展とともに、マーケティング担当者はまもなく新しいツールを手にすることになるでしょう。ブロックチェーンはまだ発展途上にありますが、会社組織はこの技術の仕組みを学び、今後のマーケティングオートメーションの取り組みに取り入れる方法について考えてもよいでしょう。

 

 

ブロックオートメーションがマーケティングオートメーション分野にもたらす5つの鍵となる変革と、現在どの革新的なスタートアップ企業がこの技術をマーケティング活動に活用しているのかを見てみましょう。

 

 

 

 

1.トークン化されたマーケティング・コンテンツにより、見込み客はデータを管理できる

 

ブロックチェーン技術により、組織は消費者に、デジタル資産を通じてデータを使用することに対して補償することができます。マーケティング担当者は、ブロックチェーン技術を使用して、特定の消費者グループを対象に、その消費者が特定の種類のコンテンツについての広告を表示されることを自ら選択した場合にのみ広告を配信することができます。マーケティングオートメーションの分野では、広告の無駄を減らしながらコンバージョンを向上できるために非常に役立ちます。

 

 

トークン化されたマーケティングは、マーケティング担当者が消費者との信頼関係を構築するための効果的な方法であり、双方にとってメリットがあります。消費者は広告を見ることで報酬を受け取り、組織はマーケティング用データセットと消費者の信頼レベルを並行して構築することができるのです。

 

 

トークン化されたマーケティングはまだ発展途上ですが、いくつかの新興企業がこのコンセプトに取り組んでいます。米国に拠点を置くCoupitは、マーケティング担当者が同意した消費者の特定のグループにデジタル広告を自動的に掲載したり、広告コンテンツを視聴する代わりに独占的な割引を受けられたりする、ブロックチェーンに基づくプラットフォームを構築しているスタートアップ企業です。また、Sweetのソーシャルマーケティングプラットフォームは、マーケティングデータをブロックチェーン上で追跡しながら、消費者のロイヤルティを獲得できる新しい方法をブランドに提供することを約束しています。

 

 

 

 

2.広告詐欺の削減

 

広告詐欺がマーケティング担当者にとって年間何百万ドルものコストとなることは良く知られています。実際、Forresterによれば、2016年にはマーケティング担当者の広告費の56%が不正な在庫のため失われました。そして、ブロックチェーンはこの古くからの問題に対する解決策を提供するかもしれないのです。マーケティングオートメーションチームは、ブロックチェーン技術を活用してデジタル広告を掲載することで、その広告を誰が閲覧したかを具体的に把握することができ、開始前に不正な、またはボットによる広告活動をすばやく切り捨てることができます。

 

 

ClearCoinのようなスタートアップ企業は、既にメディアの購入と配置のプロセスをブロックチェーンに移行するソフトウェアを構築しており、いくつかの大手ブランドはすでにそのプラットフォームのベータ版の試験的運用を始めています。 ClearCoinのプラットフォームは、すべての広告取引が分散型取引記録によって追跡されるという点でユニークであり、デジタルマーケティング担当者と消費者の双方にとってデジタル広告掲載プロセスの透明性を確保してくれます。

 

 

ブロックチェーン技術は、マーケティング担当者がディスプレイ広告の不正行為と戦いやすくしてくれます。そして、組織の広告プロセスをより透明にすることが将来の収益にどのように役立つのかについて考えてみる価値はあります。

 

 

 

 

 

3.強化トラッキング機能を備えたSEOの改善

まだ開発の初期段階にありますが、SEO領域では、ブロックチェーン技術のもう1つの潜在的なマーケティングへの応用例が見られます。あらゆる組織のSEOの品質は、(ソースに依らず)主にトラフィックの品質に基づいているため、ブロックチェーン技術は、組織が高品質のインバウンドトラフィックを確保してSEOを向上させるのに役立ちます。

 

 

マーケティングオートメーション担当者はブロックチェーン上に広告キャンペーン立ち上げて、今日のようにランディングページにトラフィックを返すことができますが、インバウンドSEOトラフィックの真正性を保証できるという利点もあります。トークン化されたマーケティングプログラムを使っている組織は、個々人のレベルでサイト全体での消費者活動を追跡し、特にオンライン活動が購買信号である場合には、その結果に応じて見込み客や顧客の活動を補うことができるのです。

 

 

 

4.ブランドと小売業者向けに最適化されたクロスプラットフォームのデジタル広告

 

 

デジタル広告活動を最適化することは、ブロックチェーンのマーケティングコミュニティが注目している重要事項です。ブロックチェーン技術をどのように活用すれば組織のデジタルマーケティング活動を最適化できるのかを知るために、多くのプロジェクトが進められており、いまのところ好ましい結果報告がなされています。

 

 

このようなスタートアップの1つであるSaTTは、デジタルマーケティングのライフサイクル全体をブロックチェーンに取り入れることを検討しています。このスタートアップ企業は、マーケティング担当者とコンテンツを提供する人たちの関係を改善する方法として、デジタル広告プロセスを通じたスマート契約を活用しようとしています。 SaTTプラットフォームでは、デジタル広告キャンペーンは、その会社用の調査項目を含むスマートな契約の正当性が確認された後にのみ開始されます。スマート契約は、透明性をデジタル広告プロセスの中心に据え、この応用方法は、今後の他の分野でも頻繁に用いられるようになるでしょう。

 

 

5.顧客マーケティングの強化、顧客ロイヤルティの向上

 

 

適切なマーケティングを通じて顧客のロイヤルティを向上させることは、ブロックチェーンの最もエキサイティングな応用方法の1つです。 39%ものマーケティング部門幹部が、顧客のデバイス間の動作を理解していると報告しているため、この分野の理解を深める必要があるのです。

 

 

MomentumやTriggmineなどのプラットフォームを使用することで、組織は今では顧客のマーケティング活動をすべて1か所で追跡でき、顧客アウトリーチへの努力を一斉にトークン化することができます。このようなプラットフォームを使用することで、マーケティングオートメーション担当者は、複数のチャネルにわたってトークンベースのインセンティブ・スキームを実行することができます。このことは業務効率と顧客満足度の両方にとって有益です。

 

 

ブロックチェーンベースのプラットフォームを通じて顧客マーケティングを行うことで、組織は個人レベルで各顧客と関わるための理想的な接点を特定し、異なるチャネルにわたるアウトリーチ活動を調整することができます。このようなソリューションにより、ブランドや小売業者はこれまで以上に深いレベルで顧客エンゲージメントを監視することができ、マーケティング担当者が消費者と関わりを持ち、信頼を得る機会を増やすことができるのです。

 

 

 

 

 

要約

 

ブロックチェーンは依然として未熟な技術ですが、組織が一連のマーケティング手方にこれを加えることを検討し始めても時期尚早ではないことは明らかです。前述の応用例には今日すでに可能で他のものも、近い将来実現するものも含まれていますが、確かなことは、この技術が、私たちの知るマーケティングをまもなく変える可能性が高いということです。現在のマーケティング活動でブロックチェーン技術を活用する方法を調査すれば、将来の競争で優位に立つことができるでしょう。

 

 

 

※本記事は、Here’s how blockchain is poised to disrupt digital marketingを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ