マーケティング

マーケティング

プライムデーで得をするのはAmazonだけじゃない!小売業者も利用できる方法

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、What does Prime Day mean for retailers other than Amazon?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

230 views

読了時間 : 約4分7秒

プライムデーは、2017年と2016年の両方で、アマゾンの売り上げ記録を更新しました。しかし、その他の全ての小売業者にも素晴らしい一日を迎えられるチャンスはあるのです。

 

 

Amazonが新しい休日をつくると決めたとき、私たちはそれが新しいオンラインショッピングの日になるかもしれないと考えました。 3年がたった今、その答えは明らかにイエスです。プライムデーは毎回、長さと収入の両面で前回のプライムデーを上回っています。Coresight Researchは、この記事が書かれた日の午後に始まり36時間続く2018年のプライムデーで、アマゾンは昨年比で40%多い34億ドルを売り上げると予想しています。

 

 

プライムデーは明らかにAmazonにとって素晴らしい日です。 2016年と2017年の両方で、これは記録的な売上高を達成した日でした。ほぼすべてのカテゴリーでブラック・フライデーに匹敵する取引で、明日にも売り上げ記録更新についての記事が書かれるというのもあり得ない話ではないのです。しかし同時に、プライムデーは他の小売業者にも非常に有益です。 Target、Macy’s、eBay、Bed Bath&Beyondなどのブランドは、すべて独自に販売額を伸ばしています。

 

 

RetailMeNotは、200名の小売業経営幹部を調査し、54%がプライムデーの前後にプロモーションを計画していたことがわかりました。さらに、53%は今後数日でいなくなってしまうかもしれない買い物客をターゲットにしていました。同社のグローバルコーポレートコミュニケーションズのシニアディレクター、Michelle Skupinは、プライムデーにプロモーションを行った小売業者は、RetailMeNotからトラフィックが30%増加すると付け加えています。この機会に参加しない人達には、7月の他のどの日よりも4%少ないトラフィックがあるだけでした。

 

 

「Amazonは明らかにプライムデーによって利益を得ていますが、彼らは自分自身よりも大きなものを作ってしまったのです。」とSkupin氏は言います。 「とくに理由もなく7月のこの日に決まっていますが、それは強大な力となっています。ブラック・フライデーとサイバー・マンデーの2大ショッピング・デーのライバルになると思います。」

加速する新学期に備えたお買い物

休日以外の小売業の売り上げの20%を占める新学期のための買い物は、伝統的に8月上旬にはピークに達します。これが大きくなるにつれて、プライムデーは数週間ショッピングシーズンを早める可能性が高いです。 RetailMeNotの調査データによれば、他の小売業者も同様のことを考えています。 84%は、明日には消費者が新学期のための準備を開始すると考えている。

 

 

Amazonは明らかにその1つです。数週間前、電子商取引の巨人は、「新学期の準備」と「大学へ行く」と呼ばれるオンラインストアを立ち上げました。前者には教師専用のセクションも含まれています。

 

 

Cardyticsの2018年の新学期準備支出レポートによれば、プライムデーの間に新学期のための買い物をする消費者は、Amazonで23%以上の費用を費やしています。プライムデーの買い物客は、物理的な店舗で17%、その小売店のウェブサイトで16%も多くを費やしています。

 

 

Amazon Prime Dayは、RetailMeNotデスクトップ上の第3四半期売り上げ最大の日となりました。これは非公式な新学期のための買い物のキックオフであると私たちは考えています。」とSkupin氏は言います。

 

 

 

 

 

プライムデーを最大限活用する

ベストプラクティスは最も明白でもあります。見落とさないようにしましょう。プライムデーには、ブラック・フライデーやサイバー・マンデーのような特別な計画も必要です。トラフィックとチェックアウトの急増が予想される場合は、在庫品が利用可能で、システムが適切に準備されている必要があります。 Puget Sound Business Journalは、Amazonが、2013年の8月にサイトがダウンした時、40分ごとに約118,000ドルの売上を失ったと推定しています。

 

 

Miller ZellのEVPおよびCOO(Chief Client Officer)のRon Lutz氏によると、実店舗にも値引きにとどまらない価値を付加する大きなチャンスがあります。エレクトロニクスはプライムデーで大きなカテゴリーです。しかしもちろん、Best Buyなどのセールス・アソシエイトの助けを借りて、多くの人が直接それらの製品について知ることも簡単です。 Best Buyのウェブサイトでさえも、消費者がさまざまな製品についてもっと学び、ギーク部隊の専門知識をブランドのeコマースプロパティにもたらす堅牢なコンテンツハブを備えています。

 

「そのテレビのようなものが知らなければ、プライムデーの間にAmazonで購入する可能性は低いです」と彼は言います。 「他の小売業者は、独自のAmazon型価格設定イベントを提供しており、これをより長期間開催します。 彼らはアマゾンに流行りを作らせ、通路での顧客サービスや知識など、得意分野を活用して売り上げを伸ばしているのです。」

 

 

彼は、次の日に成功する小売業者は、一日おきに成功する小売業者と同じであると考えています。つまり、商品の提供をあらゆるチャネルを使って行えるブランドです。 しかし、プライムデーでは顧客体験も例外的ではないということに注意しなければなりません。。

 

 

「実店舗を構える小売業者は、バーを上げて最終的に期待を確立しようとしています」とLutz氏は言います。 「プライムデーは、小売業者に船を起こす機会を与えてくれます。 ただ私たちがここまで航海するのに使った船ではありません。」

 

 

 

 

 

※本記事は、What does Prime Day mean for retailers other than Amazon?を翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ