マーケティング

マーケティング

【マーケティング】若者をターゲットにした新しい店内体験!

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、How Best Buy, Charlotte Russe, and IKEA shape their stores around the next generation of shoppers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

282 views

読了時間 : 約4分11秒

新しい世代の買い物客の出現にともない、Best Buy、Charlotte Russe、IKEAは次世代の消費者を念頭に置いて店内での買い物体験を創造しています。

 

 

 

 

 

 

若い女性のための個人消費者向け電子機器とファストファッションをそれぞれ販売するBest BuyとCharlotte Russeは、まったく異なる小売業者です。しかし、この二つに共通していることの1つは、ジェネレーションZに重点を置き、次の世代の消費者を念頭に置いた店内での体験を創造することです。

 

 

BarkleyとFutureCastによると、1995年から2010年の間に生まれたジェネレーションZには最大で1,430億ドルの直接購買力があります。彼らの大半が未成年者であることを考えれば、この数値は驚異的です。また、2020年までにこの世代が、消費者全体の40%以上を占めると予測されています。

ジェネレーションZの消費者の特徴の1つは、テクノロジーを使い慣れているということです。彼らはスマートフォンやソーシャルメディアに囲まれて成長してきたのです。彼らの40%は、浴室とWi-Fiのどちらか片方だけならば、Wi-Fiを選ぶと報告されています。

 

 

インスタ映えする瞬間とBest Buyアプリ

Worldwide Business Researchが最近開催したFuture Storesというイベントで、CharlotteRusseの不動産・建設部門のシニア・バイス・プレジデントのEmily Watkinsは次のように述べています。「ジェネレーションZは彼らのネットワーク上であらゆる経験を共有することに非常に興味を持っているため、試着室ではWi-Fiが使えるようにすべきです。」

 

 

その結果、店内に「インスタ映えする瞬間」を準備することがCharlotte Russeの優先事項となっています。マンハッタン・モールにあるこのブランドの新しいフラッグシップ・ストアは、ネオン・ピンクのバックライトで照らされた階段があり、壁には「あのときの気持ち」と書かれています。 Charlotte Russeは自撮りを念頭に置いてこの階段を設計しました。

 

 

Best Buyは本質的にはインスタ映えするものではありませんが、スマートフォンはそれでも店舗内での体験にとって計り知れないほどの重要性をもつ要素です。

Best Buy Technology CenterでmAppを担当するシニアプロダクトマネージャーであるSidd Bhaskarは、「昨年、このアプリをお店の中で非常に便利に使えるようにしました。 今いる店舗を自動的に検知できるようになったのです。在庫の一覧がその特定の店舗に一致するようになり、その正確さは99%を超えるのです。」

 

 

 

 

店内インフルエンサー

ジェネレーションZの消費者はテクノロジーに精通しており、オンラインでの商品検索にも慣れているため、多くの場合、両親の買い物にも大きく関与していることが少なくありません。実際、BarkleyとFutureCastによれば、家族支出のうち6,650億ドル以上ににのぼる影響力を持っている可能性があるそうです。

 

 

「彼らはデジタルな情報をよく理解し、処理することができるので、意思決定者となっていることがよくあります」とBhaskarは言います。 「難しい質問尋ね、購入の決断を下すのは顧客の子供であるということは、非常によくあることなのです。」

 

 

Charlotte Russeの場合、店内インフルエンサーは従業員です。 Watkinsが言うように、「店員は私たちの顧客です。彼女たちは割引価格で買い物がしたいがために、ここで働きはじめることがしばしばあります。」

割引への情熱は、販売員をブランド専属の大使にします。ソーシャルメディアのインフルエンサーとは異なり、Instagramの投稿には何千ドルもの費用はかかりません。彼らはそれを自分で行うのです。 Instagramの#CRworklifeハッシュタグには数千のタグが付いた画像があり、その多くは販売員が洋服の写真を共有しているものです。

 

 

 

 

大きな青い箱の外に出る

IKEAは、次世代の買い物客を見据えたマーケティング戦略をとるもう一つの会社です。しかしIKEAは、(IBMの調査によるとジェネレーションZの76%が家具の購入に影響を与えていますが)家具を購入する可能性がはるかに高いミレニアル世代に焦点を当てています。

 

 

ミレニアル世代は頻繁に都市に集まり、以前の世代よりもドライブの時間は少ないです。これは、伝統的に郊外に「大きな青い箱」を設置してきたIKEAにとっては、現在の店舗モデルを変えなければならないことを意味します。 2008年にブルックリンに店舗がオープンする以前は、ニューヨーク市から最も近いIKEA倉庫はニュージャージー州エリザベスにありました。それは金融街にあるClickZのオフィスから15マイルですが、公共交通機関でそこまで行くとだいたい1時間半かかります。

「私たちは、小さなスペースに住む人々のニーズを満たすためにデザインされた驚くべき製品群を持っています。しかし、私たちのユニットはその小さなスペースがある場所にないのです」と、IKEAプロジェクトマネージャーのPhil Szuchは話しました。 「顧客は店内を歩くまわることを楽しみ、私たちが彼らに近くに行くことを望んでいるのです。」

 

 

 

現時点では、IKEAは都心(最初の店舗は4年前にハンブルクにできました)にある普通よりもはるかに小さくてもっと縦長の店舗を優先しています。 SzuchはIKEAに、街に近づくための経済的余裕がないとは思っていません。「大事を取って何もしないでいることが、最も危険なことなのです。」と彼は言いました。

 

 

 

 

※本記事は、How Best Buy, Charlotte Russe, and IKEA shape their stores around the next generation of shoppersを翻訳・再構成したものです。

 

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ