マーケティング

マーケティング

ハブスポット(HubSpot) マルケト(Marketo) Pardot マーケティングオートメーション(MA)を徹底比較

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、HubSpot, Marketo, Pardot account for 50% of marketing automation sales: A comparison of each
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

188 views

読了時間 : 約5分11秒

アメリカのマーケティング担当者Gary Thuerk氏が、数台のコンピュータを自社のDigital Equipment Corporationに送ろうと史上初のメールを送ってから約41年が経ちました。ここではThuerk氏が実験の本当の成果に気付いてはいなかったでしょう。

 

今日、eメールに起源を持つマーケティングオートメーション産業は急成長しています。

 

Forresterは、マーケティング自動化ツールへの世界的な支出は2023年までに250億ドルを超えると予測しています – その年間成長率は14%です。

 

それだけでなく、デジタルの混乱で適切に発展し、飛躍的なスピードで進化しています。人工知能などの技術はあらゆる点で変革的な影響を及ぼしています。そしてより関連性の高いコンテンツを生み出し、リードをより効果的に高めています。

 

Thuerk氏は今日「スパムメールの父」とされています。それでも彼が発展させた業界は、繰り返しを重ねてしっかりしたものになってきています。

 

しかし、変わらないこともあります。HubSpot、Marketo、SalesforceのPardotの3社が、何年も前からマーケティングのオートメーション化を支配してきました。 あわせると市場の50%以上を占めます。

 

この3つのうちどれがいいのでしょうか。これは、常に耳にする質問です。はっきりした答えを求めているなら、ここでお知らせしておいたほうがいいでしょう。3つともそれぞれに長所と短所があります。

 

ここで私たちにできることは、それぞれに最適な製品を知ることです。ここでは、汎用性、アクセシビリティ、統合性など、いくつかの重要な指標を評価するオートメーション化コンサルタントのアドバイスもご紹介します。

 

HubSpot、Marketo、Pardot:従来から知られていること

 

HubSpotは中小企業に、Marketoは中堅企業に、Pardotは大企業に最適であると長い間考えられてきました。

 

それぞれ価格は、確かにこの仮定を反映していて、HubSpotはその中核となるCRMを無料で提供しており、その有料パッケージは月50ドルから3,200ドルまでと変わってきます。Marketo(3つの主要なマーケティングオートメーション化パッケージが895ドルから3,000ドル)とPardot(1,250ドルから4,000ドル)と比べ魅力的です。

 

しかし、ここですぐに結論に達することは避けるべきです。1つには、HubSpotはユーザー1人当たりの価格を細かくしていますが(ご参考までに、一人あたり50ドルから80ドルの範囲となっています)、ほかはライセンスではなく連絡先でドリルダウンしているため、比較は非常に困難です。

 

またほかには、各製品には多大なオプション費用がかかります。最も分かりやすいのはSalesforce CRMです。これはすべてのPardotクライアントでの要件であり、大規模な組織では数千ドルかかることもあります。

 

しかし、これだけではなく3つすべてにおいて、新規ユーザーは、サードパーティのサービスまたはプロバイダーの社内スペシャリストを介して、多大な支出に直面する可能性があります(たとえば、HubSpotのオンボーディングサービスは最大3,000ドルかかります)。

 

対照的な機能

 

さて、コストについてはみてみましたが、機能の方はどうでしょう?

HubSpotはここでも中小企業にとって非常に有益です。エントリーレベルの機能は素晴らしく、特にドラッグアンドドロップを使用して電子メール、ブログ、ランディングページ、アンケート用のテンプレートを作成できるCMSを備えています。PardotとMarketoは既存のCMSを必要とし、どちらも初期テンプレート用に少しHTMLとCSSを必要とします。(ドラッグアンドドロップとWSYWYG編集を使って微調整するのは簡単にできますが)

 

一方、PardotとMarketoは、技術知識を持つユーザーに優れた機能を提供します。MarketoはAIを使用して顧客の行動を分析するためCookieデータを利用し、カスタマイズされたコンテンツを含む特定のストリームにまとめてくれます。HubSpotのオプションとは異なり、テクニカルサポートなしでMarketoの技術を利用できるはずです。

 

一方、Pardotは、顧客の行動に関する詳細な分析にSalesforceを活用し、見込み客のさまざまなマーケティングチャネルとのやり取りをみるためのリードスコアを提供します。別の優れた機能は、ユーザーがドラッグアンドドロップオプションを使用してそれぞれの見込み客の行動をプロットできるキャンペーンビルダーです。

 

カスタマイズの可能性

 

上級ユーザーが気になるのはカスタマイズでしょう。HubSpotのすぐに使えるプラットフォームは、非常にユーザーフレンドリーですが、開発者の助けがなければ新しい機能を追加することは簡単ではありません。一方、PardotとMarketoはどちらもカスタマイズできるようにデザインされています。

 

ユーザーがいったん始めると、両方のプラットフォーム、特にMarketoのカスタマイズの可能性は無限です。 PardotとMarketoの両方を使ったオートメーション専門家の一人が、Marketoについて次のように述べています。

 

「カスタマイズ可能かどうかをみると、10中9が可能です。そして実行には通常いくつかの方法があります。」

 

UXデザイン

 

UXデザインに関しては、これら3つ間に明確な違いがあります。Marketoは、静的で直感的ではないインターフェースによって遅れをとり始めていて(ネットでレビューを確認するとわかります)。同社は現在、新しいユーザーインターフェイスはベータモードになっていますが、まだ変更される準備はできていません。

 

一方、HubSpotとPardotはどちらもUXを最優先事項としています。前者は初心者が段階的に進めていける「ウィザード」を作成しました。これは、UX作家とそのチームのおかげで定期的に改善され展開されています。Pardotのデザインも同様に洗練されており、一目瞭然のアイコンと整然としたサイトマップを備えています。それは間違いなくプラットフォームの強みになっています。

 

統合パートナー

 

もう1つの強みは、Pardotに統合パートナーが非常に多いことです。 Salesforceのおかげで、アプリケーション互換性はSlack、Zapier、CloudAmp、Eventbriteなどの人気のあるプラットフォームを含む3,400以上のアプリケーションのロックを解除しました。

 

HubSpotとMarketoはこのような特徴を持っていませんが、彼らもそこを目指しています。HubSpotによると、MailChimp、Slack、HotJarなどの主流のものを含め、現在200社以上のプラグインパートナーがあるとしています。

 

その一方で、Marketoは500社を超えるパートナーを提供しており、そのトップレベルユーザーは無数のウェブフックとAPIを介してプラットフォーム全体へのプログラムによるアクセスを取得しています。

 

3社全て、製品を使用するために追加購入またはインストールする必要がないことを強調しています(Salesforce for Pardotユーザーは別)。 3つのプラットフォームはそれぞれ独立してデザインされているため、プラグインパートナーは必要ではなく、特別に追加するものとなります。

 

カスタマーサポート

 

ユーザーが問題に直面した場合、MarketoよりもHubSpotとPardotから簡単にサポートを受けることができます。

 

Marketoの顧客サービスの低迷、特に、特異な問い合わせを解決できないことは、一般的なユーザーの不満の1つです。しかし、巨大なコミュニティ(約5万人)にいろいろな形で報酬を提供しているため、ユーザーはMarketo自体からは得られない答えをクラウドソーシングすることができます。

 

どの製品が最適でしょうか?

 

小規模な企業であり、多くの技術的知識がないという時にHubSpotは最善策となるでしょう。中核となるインバウンドマーケティングプラットフォームはポイントが高く、アフターセールスサポートは非​​常に効率的であり、CRMはほとんど手を加える必要がありません。より技術的な専門知識を持つ大企業は、PardotとMarketoがより競争力のある選択肢を提供してくれるでしょう。

 

実のところ、MarketoはPardotよりも平均的なユーザーに問題が多く起きていて、解決には時間がかかっていますが、Marketoはユーザーが求める柔軟性を備えています。あなたがGary Thuerk氏のような先見の明のある人で、それと歩調を合わせることができることを求めているなら、こちらのほうが有益に働いてくれるでしょう。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ