マーケティング

マーケティング

ソーシャルリスニングデータを活用しGameStopを分析する:ソーシャルメディアは株式市場をどう動かすのか

Sprout Social

本記事は、How social media moves markets: Analyzing GameStop (GME) using social listening data
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

133 views

読了時間 : 約7分22秒

5年の下落傾向を経て、GameStop(GME)の株券は今週急激に上昇しました―2020年1月27日の1株4.28ドルの終値から、1年後2021年1月27日の345ドルまで成長したのです。今朝、株式市場開始前の取引での株券は490ドルに達しました。

 

さて、このGMEの7200%増加のきっかけは何だったのでしょう―そして先週だけで689%の運用とは、どういうことなのでしょう?

 

一言で言うと、Redditです。r/WallStreetBetsのスレッドから始まった、310万人のサブスクライバーが攻撃的な貿易戦略について話し合うコミュニティが、膨大な増加を促したことからGMEの取引は数回に亘って停止されました。Nasdaqの会長であり取締役であるアデナ・フリードマンは、水曜日に以下の声明を出しています。ソーシャルメディア上の会話と合致する貿易の動きが感知された場合、このやり取りがいずれか市場を停止させることになりかねません。

 

 

しかしこの会話はRedditで始まったものの、そこに長くは留まりませんでした。Sprout Socialのアドバンスリスニングを活用し、私たちは、先週にかけてソーシャル上のGMEについての会話が上昇していると追跡し、ソーシャル上の騒ぎの中、テーマを認識するために株式の価格変動と共に分析しました。

 

ソーシャルメディアがこの極端な揮発性にどう影響をもたらしたのか、そしてリアルタイム分析の中でソーシャルリスニングが経済施設や企業発行人に対してどう助けになるのか、理解するためには読み続けてください。

 

トレンドを追跡:GameStop運用はどう展開したのか

Slateのアレックス・カーシュナーによって報告されたように、r/WallStreetBetsコミュニティ上で一人のRedditユーザーは、2020年9月に“馬鹿でもわかる、機関投資家を破産へ追いやる方法―フィーチャリングGameStop”というタイトルで投稿をしました。

 

カーシュナーはこう言います:

 

株式を記録していたサブレディターは、とても短い露出しかなかった中(コーエンが評議会に参加する何か月も前)、短期買方は彼らの立場を退くを得ない状況に強いられ、彼らの株式を買い戻すことで、価格上昇を実現すると予測したのです。R/WallStreetBetsのユーザーたちは、そのアイディアに興奮を示し、相手をけしかけてやろうとそのチャンスを掴んだようです。

 

この投稿は、GMEの20年間の株価下落の象徴となり、この当時はまだ10ドル以下で取引していました。今週、株価は372ドルにも上り取引は複数回停止されています。

 

GameStopとr/WallStreetBetsについて、ソーシャル上での会話は過去一週間で大いに盛り上がりました。1月20日から1月27日にかけて、Googleでは82,000の“GME”のRedditメンションがあり、Sprout Socialのアドバンスリスニングは、GameStopに関する1,582000以上のツイートと、1,465のYouTube動画を観測しました。それと同時に、TwitterとYouTube上の会話だけでも約100億のリアクションが発生し、合計で、約1,280万のソーシャルエンゲージメントを生みました(ライク、コメント、シェア)。

 

 

その成長を文脈にあてて、1月20日から27日までのTwitter上とYouTube上の会話を先週と比べると、以下の内容がわかります:

 

・トピック量で2,805%の増加

・可能性のあるターゲット層で3,041%の増加

・ソーシャルエンゲージメントで4,521%の増加

 

では、ソーシャル上の会話量はGMEの価格変動にどのような相互関係があるのでしょう?全て、と言っても過言ではありません。先週にかけて、ソーシャルチャンネルを通してチャット量が急激に増えていくと共に、株式も上昇しました。どんな内容が話し合われているかの概要についてソーシャルリスニングからわかった情報と、ソーシャル上のエンゲージメント率の上昇が、市場参加者へもっと注意を払うよう警告したのかもしれません。

 

 

2021年1月20日から1月27日の間、TwitterとYouTube上のGameStop(GME)についての共通トピックには以下が含まれます:

 

Reddit:驚くこともないですが、Redditは会話上のトップキーワードの一つであり、128,425回メンションとハッシュタグされました;“Redditユーザー”は70,800回メンションされています。#WallStreetBetsと#WSBのハッシュタグは両方ともGMEの転換が始まったコミュニティのことを指していて、30,994回、相当に18,871回使われました。全体的に、TwitterとYouTube上で#WallStreetBetsや#WSBを使ったGameStopについての会話は、前の週と比べて1月20日から27日までに22,674%上昇しました。

 

議会:Twitterでは、2,000ドルの(コロナ禍)給付金を通過させるのに遅れを取ったのに比べて、株式を規制する法律をどれだけ速く通すかについてユーザー層が憶測する中、議会は50,200回以上メンションされました。

 

人々:“人々”という言葉はツイート上で190,400回使われ、お金持ちをより選ぶシステムの中で小売投資家が振る舞う力について、メディアやソーシャルメディア上で注目されたストーリーが話題になりました。多くのメッセージが寄せられ、Gravity Paymentsの取締役であるダン・プライスは、現在起きているGMEとその踏み上げは、シンプルに経済機関がいつもやってきたことを実際の人々がやっているだけのことだ、と言っています。

 

ヘッジファンド:76,400回以上メンションされたヘッジファンドは、Redditユーザー層のデイビッドへのゴリアテとして位置づけられ、注目された会話はヘッジファンドに大きな損失後、後退を強いりました。スレッド上の多くのユーザーたちが、ヘッジファンドに襲い掛かった痛みを見て喜びを隠せないようです。

 

その他の株式も波に乗り、似たような上昇を見始めているようで、AMC Entertainment Holdings (AMC)やExpress (EXPR)、Bed Bath & Beyond (BBBY)が含まれます。2021年1月20日から27日まで、Twitter上のGameStopに関する会話では:

 

・AMCはGameStopについて話し合う233,000以上のメッセージでメンションされ、#SaveAMCのハッシュタグは4,834のメッセージで使用されました。

・EXPRはGameStopについて話し合う12,280以上のメッセージでメンションされました。

・BBBYはGameStopについて話し合う15,860以上のメッセージでメンションされました。

 

この記事の時点で、GME株券は1月28日に265ドルで開始され、会話が継続するにつれ今朝だけでGameStopについて751,300以上のTwitter、YouTubeメンションが行われていています。

 

GMEとソーシャルリスニングから学べること

Bloombergの末期で終端の経済状況と、ビジネスの基本に対する的確な理解が、企業がどこに進んでいるのか予測の手助けになる中、GMEやAMC、そしてその他の株式で見た揮発性は、ソーシャルメディアが一瞬にして市場モデルを崩壊できることをあらわにしました。

 

今までに、ソーシャルメディアが市場を動かせるかという疑問が存在していたなら、2020年がその答えを固めることになります。Bloombergが、Twitterから追放される前まで追跡していたように、トランプ大統領からのツイートから生まれた市場での変動はよく見られましたし、SECのツイッター上好まれないあの人―技術家億万長者イロン・マスクからのツイートはAppleアプリストア内のメッセージアプリSignalを1位へと導きました。

 

 

しかし、ウォールストリートと平均的なアメリカの消費者を比べたとき、COVID-19がもたらした影響には大きく差があったという事実は、2020年に全員が思い知らされました。市場が大きく上昇した中、低賃金労働者クラスは不釣り合いな失業率に襲われました。その現状はr/WallStreetBetsのようなソーシャルメディアコミュニティの火を点け、ヘッジファンドらは株式の間違った側に座っている金融敗者なんだという物語に、GMEについての投稿が焚き付けることになったのです。

 

消費者間での会話についてリアルタイムの情報を得たいなら、ソーシャルデータが最も有効的です。ソーシャルメディアコミュニティが、今まで見たことのない劇的な方法で市場に影響を及ばすため結集する中、市場への影響を生むまた新しい情報元があります。消費者は無視されてはなりません、いやこれから無視されることはないでしょう。彼らはソーシャルメディアこそが結集する場所だと証明したのです。多くのソーシャルメディアフォロワーを持つ業界インフルエンサー、有名な副会長チャマス・パリハピティヤのような人と合わされば、高速市場揮発性へのレシピが手に入ります。

 

 

ソーシャルデータの力をどう使いこなすのか

フリードマンの声明で先ほど見たように、Nasdaqのような企業は市場のトレンドを理解し調査するためにソーシャルメディアでの会話を活用しています。正確性を持ってビジネスファイナンスを予測できる能力を必要とされる―そして周りの世界が変わるたびに素早くその予測を変えられる分析学者は―投資の強みを提供するソーシャルリスニングツールを使いこなすことができます。それは、競合的な分析、市場トレンドや要求計画から始まります。

 

しかし予期せぬ揮発性の真っ只中、アドバンスソーシャルリスニングは、ウォールストリートの投資決断ほとんどのど真ん中に潜むリスク/報酬の計算を最適化するための不可欠なツールになりました。ソーシャルメディア上で企業がどんなことを言われているのか、急激な株価の揮発が反映される前に知れるということは、ポートフォリオリスクを削減するために極めて重要なのです。

 

経営陣と重役など企業の発行人にとって、ソーシャルメディアについて行くというのはこの新環境での決まりになりました。

 

アドバンスソーシャルリスニングは予測すること以上の手助けを提供してくれます:ユーザーは以下の内容もできるようになります:

 

・投資家認識と感情を追跡し、リスクをモニタリングし、ネガティブなトレンドや危機の評判に対して素早く調整を加えられるように準備する。

・消費者認識を理解し、通常のチャンネル以外で必要とされる注意義務を果たす。

・基本そして株価格パフォーマンスの予測に手助けとなる市場のユニークな内容へ情報を提供する。

・競合相手の最新情報や動き、感情をモニタリングし行動すべき時を知っておく。

・注目すべきファイナンシャルインフルエンサーと市場を動かす人を認識する。

 

 

あなたの企業も自身の予測ツールキットに総合的なソーシャル理解を取り入れたいなら、私たちのチームメンバーと今すぐ無料のカスタマイズデモをスケジュールしてみてください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ