マーケティング

マーケティング

【WordPress】コメント機能は本当に必要?

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Is the WordPress Comment System Still Relevant?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

206 views

読了時間 : 約3分53秒

ウェブテクノロジーとなると、光のようなスピードで解決策が現れてきます。かつてユーザーにとって正当なメリットであったものは、他のものに置き換えられます。私たちが期待するようになったのは人生のサイクルです。

 

 

それでも、なお最良のものを超え残っているアイテムがいくつか残っています。これは結果であり、機能を必要としている以前からのユーザーとボートを揺るがしたくない開発者です。

 

 

ワードプレスのコメント機能は長期にわたって存在してきました。このことが、CMSが厳密にブログのプラットフォームだった初期の頃を思い起こさせます。そうして長く愛されて行きました。

 

 

問題は、この便利な機能がまだ適切であるかどうかです。もしそうならば、画期的な機能だと紹介されるべきでしょうか?ワードプレスのコメント機能の現在の状態と、将来的に意味のあるものなのかを見ていきましょう。

 

コメントはコミュニケーションに必要なツール

あなたのウェブサイトで、コメント機能を使えるようにすることはコミュニケーションを円滑に進めるためにとても役立つ方法です。ブロガーは投稿することができ、読者はその投稿に返信することができます。これはウェブの基礎的な機能の一つです。

 

 

しかしながら、私の生活で実際にWebサイトを立ち上げ時にコメント機能を活用したかどうかを覚えているかどうかと言われれば、思い出すことはできません。実は、読者に自分の描きたい物を明確に伝えることばかりに執着していました。

 

 

そういうわけで節度を持ったコメントをもらえることは少なく、スパムの対象になることも多いのでうまく使う方法をわかっている人は数少ないです。そのため全体の活用量はその価値よりも複雑です。実際に私自身も、それに対処する時間もありませんし、ほとんどのウェブサイトの所有者も時間はありません。

 

 

コメントスパムに対して、管理を容易にするのに役立つプログラインがいくつかあることに気づきました。ただし、これには別特定の要素を含んでいる必要があります。コメントが特定のプロジェクトに関連するかどうかについては議論の余地があります。

 

 

ブログの運営をやめる?コメントはもしかすると良いより悪いことの方が多いかもしれない

ワードプレスは、ブログを運営するよりも有効的です。ビジネスの規模が小さくても、ネットショップやメンバーシップコミュニティ、あなたが思いつくことなににでも使うことができます。このことから、コメント機能は今や本当に少数のサイトでしか使われなくなっています。

 

 

前述のコメントの節度に加えて、コメントはコンテンツ内に永続的に存在します。これは常に望ましい機能とは限りません。

 

 

例えば、About Usページをチェックしている訪問者には、数年前のスレッドが表示される場合もあります。コンテンツが古くなっているように見えて、組織に関係のない内容が含まれる可能性があります。

 

 

スレッドには、もはや一緒には働いていない従業員からの応答を含めることができます。管理する必要があるウェブサイトのもう一つの側面です。

 

 

ありふれたビジネスウェブサイトの場合、より役立つよ思われる形式のコミュニケーションがあります。お問い合わせフォームやソーシャルメディアでも、シナリオに応じてユーザーとサイト所有者の両方にとってより便利になります。

 

 

見込みのある解決方法:デフォルトでコメントを隠す

ワードプレスのコメントシステムがプロジェクトに関連していない場合は、使用しないことをお勧めします。結局のところ、新しくウェブサイトを開設する際にコメント機能を使わないのは少し障害になります。

 

 

同時に、まだコメントを利用している開発者やウェブサイトの所有者がいることも理解しています。私の私的な見解のために悩む必要はありません。検討する価値のある対策の一つは、ワードプレスでインストールの段階にコメントの無効・非表示にすることです。機能が必要な場合は、オンにすることもできます。

 

 

先例がないわけではありません。前には、ワードプレスでブロガーが使用するリンクマネジャー機能もありました。他の関連ウェブサイトへのリンクのリストである「ブログロール」を管理することができました。

 

 

ウェブが進化するにつれて、ブログロールの必要性がなくなりワードプレス3.5では新規インストールの際にデフォルトで非表示になりました。そのバージョンにアップグレードしたユーザーが引き続きその機能を使うことができますが、新しいサイトは機能を新たにプラグインする必要がありました。

 

 

ワードプレス内には差し迫ったニーズがあることは言うまでもありませんが、コメントをより柔軟に提供することは理にかなっていること思います。多くの場合、使用することが滅多にない機能ですが、時間を節約することができます。

 

この伝説的な機能には未来があるだろうか

 

 

ユーザーの目には、ワードプレスのkコメントシステムは近年ほとんど変わっていません。Akismetなどのスパムブロッカープラグインの補助無しに安全性を維持することはほぼ不可能です。その機能がなければ、サイトはウイルスで破綻してしまいます。

 

 

これを機に多くの開発者がDisqusなどのサードパーティのコメントシステムに移行しました。このプロバイダーは完璧ではないかもしれませんがオールインワンプラットフォームは、コメント機能を含めウェブサイトにとっては有効かもしれません。

 

 

デフォルトでスパムを処理するよりもさらに良い仕事をするだけでなく、ウェブサーバーの負担も取り除きます。では、デフォルトのコメントシステムはどこにあるのでしょうか?まだ基本的な段階で、拡張途中でもあります。しかし、他のサービスが提供しているものと比較すると、少し時代遅れのようです。

 

 

説得力のあるオプションを維持するためにも改善が必要です。そのままを維持しても害が出ることはありませんがすぐに使える機能を改善するための新たな取り組みがなければ、ワードプレスを先に進んでいけないでしょう。

 

 

私の考えは、必ずしもワードプレス全体の考えを代表するものではありません。完全に非科学的なTwitterアンケートでは、回答者の多くが組み込みコメントシステムを利用しています。

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ