マーケティング

マーケティング

【ホリデーショッピングシーズン到来】市場情報とeコマースのハイライト

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Key Insights: Exclusive market intelligence and ecommerce highlights
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

292 views

読了時間 : 約2分24秒

アマゾンプライムデーの成功後、サイバーマンデーとブラックフライデーでは、eコマースの売上高が100億ドルになるよう設定されています。2020年はパンデミック、高い失業率、迫り来る不況でホリデーシーズンのショッピング計画がままならない他にも、予断が許さない状況が続いています。

 

デロイトは、2020年から2021年のホリデーシーズンにおけるeコマース売上高の前年比成長率を、25%から35%と予測しています。予想される上限は、1820億ドルから1960億ドルで、2019年比14.7%の成長となります。当社のマーケットインテリジェンスレポートにも、これに関する洞察があるので、見ていきましょう。

 

実際、サンクスギビングでは49.5%の売上増を見込んでいます。さらに良いことに、ホリデー・ショッピングにプラスの影響を与える短い期間が感謝祭、ハヌカ、クリスマス、それぞれの間にあります。ここでは、一部のeMarketerによる最新のホリデーショッピングの売上予測をご紹介します。

 

・米小売売上高は1兆1300億ドル上昇(0.9%増)

・ブリックアンドモルタルは8227.9億ドル減少(4.7%減)

・米国における小売電子商取引の売上高は1,908.7億ドルに達する(35.8%増)

・Eコマースにおける小売売上高が、全体の18.8%を占めるように設定される

 

 

 

購買意欲を適切に高める

 

これまで私達は、ホリデーシーズンのショッピングトレンド、デジタル戦略、消費者嗜好、CXOについて幅広く取り上げてきました。ここでは、2020年11月~12月の消費者行動、購買意欲をどのように高めることができるかについて、お話をしていきます。

 

新しい消費者行動にいち早く適応してきた上位5ヵ国

 

1. インド – 96%

2. 中国 – 86%

3. アメリカ – 73%

4. イタリア – 69%

5. イギリス – 63%

 

このうち40%の消費者が新しいブランドを購入した一方、わずか12%の消費者が「2019年に購入した同じブランドをこれからも買い続ける」とブランドロイヤルティを示しました。

 

 

ホリデー期間内で、ブロックバスターとなる日付

 

マッキンゼー・アンド・カンパニーによると、39%の人が特別な買い物に費やす一方で、44%の人は同じように買い物をするつもりだということがわかっています。

 

1. ブラックフライデー – 11月27日

2. サイバーマンデー – 11月30日

3. サンクスギビング

4. ハヌカ

5. プレ・クリスマスセール

 

 

消費者が小売店から好んで購入する要因

 

 

 

ClickZマーケットインテリジェンスレポート – 10月のハイライト

 

ClickZとSEWパルス調査では、4月から10月までのシニアマーケターの見解を追跡し、業界の変化を常に把握してきました。ここでは、10月のマーケットインテリジェンスレポートのハイライトをご紹介します。

 

・マーケティングテクノロジーへの支出は一貫して、マーケティング予算の32%を占めています。

・最新のMarketing Automation Summitのデータによると、13%の企業がマーケティングオートメーションを使用ない一方で、47%が一部を使用しており、28%がその選択肢を模索していることがわかりました。

・「コンテンツ・エクスペリエンス」と「データ」は、マーケターが一番に投資するマーテックのカテゴリーです。

・10月にはマーケティングテクノロジーへの5200万ドルの投資を追跡しました。

 

 

マーケットインテリジェンス

 

「コンテンツ・エクスペリエンス」と「データ」は、テクノロジーにおいて2大有力カテゴリーで、 これらのカテゴリーについての詳細は、以下のスナップショットをご覧ください。

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ