マーケティング

マーケティング

【2020年】ソーシャルメディアの自動化をするべき理由5選

Sprout Social

本記事は、How to set up social media automation to save serious time
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

160 views

読了時間 : 約8分25秒

正直に考えて、ソーシャルメディアは時間の無駄のように感じる事がありますよね。

 

これは、責任をどんどん増やしているソーシャルメディアマネージャーにとっては特にそうでしょう。

 

そのため、ソーシャルメディアに関する仕事にかかる時間をできる限り短くする必要があります。スケジュールに余裕を持ちストレスから解放されるほか、顧客との関係強化に時間を割く事ができるようになります。

 

では、どうやってやるのでしょうか?

 

答えはソーシャルメディア自動操作です。

 

それでは重要な仕事に集中したまま行うことができる、ソーシャルメディアの自動化の方法を紹介していきます。

 

 

どのようにソーシャルメディアの自動化は使うべき?

 

ソーシャルメディアの自動化を疑い深く感じたり、観点から利用の判断ができずにいたりすることは、実は普通のことです。

 

しかし、自動化するということは、ロボットに全てビジネスをやらせるわけではありません。そのため、仕事のコントロールを失うのではないかと怖がる必要はありません。自動化は、あなたのコントロール下でスケジュールの管理を手伝うだけです。

 

以下で例を紹介していきます。

 

 

1、ソーシャルメディアの投稿時間をスケジュールすることで時間を節約

 

スケジューリングは、一般的なソーシャルメディア自動化の方法です。

 

そして、時間の節約に繋がります。

 

メッセージを事前にまとめておくことで、投稿時間に投稿しなくてはならないプレッシャーから解放されます。また、ビジネスでは複数の投稿を1日の一番良い時間に行わなくてはならない時もあります。

 

Sprout Socialでは、ソーシャルメディア自動化ツールの導入をお手伝いします。 Sproutで公開されているツールでは、あなたの全てのネットワークでのソーシャルメディアの投稿のカレンダーを1箇所にまとめて提供しています。これは複数の場所を行き来しながらメッセージを数週間数か月前に準備をしなくて良いということです。

 

 

 

 

ビジネスのハッシュタグにアクセスする事ができるため、毎回文章を作ったり画像を探したりする必要がなくなります。また、最大限のエンゲージメントをソーシャルメディアから引き出し、今後のために再利用することができます。

 

 

 

 

Sproutのソーシャルメディア自動化のソフトが一番輝くのは、ViralPsotのような機能です。あなたのフォロワーの活動時間を調べ、いつメッセージを送るべきかを決定できます。これは、一番効果的な時間に投稿するための分析時間を節約しながら、エンゲージメント率を上げることができます。

 

 

 

 

 

2、チャットボットの利用で顧客に時間を意識させる

 

ネタバレをします。チャットロボットはどこにでもいます。

 

FacebookのMessangerのボットから電子取引のデジタル管理サイトまで、顧客サービスロボットはあなたが思うよりよく使われています。

 

ソーシャルメディアチャットロボットの記事によると、ほとんどの顧客はチャットロボットとの会話の方が良いというデータがあります。これは、即時にビジネスの返信をもらうことができるからです。

 

ボットの人気が上がっている理由は、顧客により良いサービスを提供する事ができるようになったためです。自動化のツールはより良いものになっています。例えば、SEPHORAのFacebookは基本的な質問にはすぐに直接返事ができるようになっています。

 

 

 

 

一方、Canonでは特定の製品を勧めるツールとしてチャットボットを使用しています。これにより、24時間365日、営業チームが対応できない時間でも製品の興味を引く事ができるようになります。

 

 

 

 

ボットは、ビジネスの基礎知識をFAQの補足として提供することもできます。例えば、Adobe photoshopではチャットを行なっている人はトラブルの詳細を説明ができ、関連した解決法をその場で紹介することができます。

 

 

 

 

もし、ボットを使う事が難しく感じていても安心してください。Sproutのボットビルダーでは、全ての規模の会社がアクセスできるソーシャルメディア自動化のサービスを提供しています。ルールとオプションを決めれば、知識なしでボットを活用し上の例のような事ができるようになります。

 

 

3、顧客への返事にかかる時間を短縮する

 

サービスやケアの場合、迅速な対応はソーシャルメディアにかかっています。

 

データによると、約40%の人は、一時間以内のソーシャルメディアを通したやりとりを期待しているとあります。

 

早く対応できればできるほど、相手を安心させられるほか、サービスによっては購入に結びつけやすくすることもできます。また、ボットは様々な対応ができますが、やはり限りがあります。人とやりとりしたい顧客もいるでしょう。

 

ビジネスではすべての質問にソーシャルメディアで対応する事が期待されています。

 

値段に関しての疑問にバグやエラー。称賛やポシティブなコメントなど。

 

ソーシャルメディアマネージャーはどのメッセージを優先して返事をするか選ばなくてはいけないという事です。ソーシャルメディアを自動化することは、このお手伝いをすることです。

 

 

Sproutには、一般的な質問や相談に対する返信を保存する事ができます。例えば顧客に人気のブログ投稿を紹介したり、お礼の一連のメッセージを入力せずとも送信したりすることができるようになります。

 

 

 

 

これは、顧客は個人に特化された返信だと思っていますが、実際は保存されや自動返信だった場合の例です。

 

 

 

 

また、お礼のバリエーションもブランドが保存し再利用できるものです。自動の返信は1対1の問題に時間を割く事ができます。個人に特化したサービスを顧客が望む時代に、仕事を終わらせることと顧客に必要な対応をとることののバランスを保つことができます。

 

 

 

4、オートマ化されたレポートを同僚や依頼先とシェアする

 

ソーシャルメディアマーケティングを担当することは、データを所有する責任があるということです。

 

Sprout Social Index XVによると、 マーケティング担当は他の誰よりもソーシャルメディアの効果について、上司と話す必要があります。

 

例えば、ソーシャルメディアの存在は成果を出しているのか。顧客からもらうエンゲージメントは増えたか。顧客の層は広がったかなどです。

 

Sprouは、深く分析された写真で上の質問に対するで手がかりを提供しています。写真なので簡単に読め、一目で内容を理解することができます。そのため、Sproutはチームで共有するのに最適なレポートになっています。

 

 

 

 

Sproutは自動のデータレポートを定期的に行います。期間は一週間毎や一か月毎など、選ぶことができます。チームではデータの動向を手動で計算することなく知ることができるようになるのです。

 

 

 

ソーシャルメディアを自動化することは時間の節約で、どんな時間の節約もプラスになります。直接データを合計し、うまく責任をやりくりしましょう。

 

5、キュレーションをして観衆に愛される内容にする

 

ソーシャルメディアはコンテンツの中身を高めるだけではありません。

 

Sproutではブログで取り上げている内容を超えたソーシャルメディアに関するニュース特集を定期的に行なっています。

 

関連した内容をキューレーティングすることは良いことですが、時間がかかります。また、ソーシャルメディアマネージャーにとって、大きな課題になっているのです。

 

ソーシャルメディア自動化ツールは「コンテンツの提案」と呼ばれるものがあります。最新の情報を得ることができるのです。様々な種類から関係のあるものをえらに、フォロワーの興味があることを投稿するだけで良いのです。自分でリンクを検索する必要はありません。

 

 

 

 

ソーシャルメディアマーケティングの自動化で成功するための3つのポイント

 

上の戦力に共通すること、それは自分の時間を取り戻し、もっと重要なことに時間を避けるようにすることです。

 

しかし、ソーシャルメディアマーケティングの自動化は、「自動的には」成功しません。

 

これから、ソーシャルメディアをビジネスのために自動化するときに心に留めておくべき3つのポイントを見ていきます。

 

 

人間でいること

 

これが一番大きなことです。

 

自動化とはいえ、ソーシャルメディアを自動運転にし、仕事を終える訳にはいきません。スケジュールを立てたり、内容を選んだり、自動化を採用した場合も人間の側面を生かす必要があります。

 

口語的で、ユーモアのあるキャプション、柔らかい言葉遣い、絵文字と言った小さいけれど重要なものは人間のみができます。そして、自動化された投稿やメッセージは生身の人間である顧客とつながっているのです。

 

あなたの観衆を一番知っているのはあなたです。ソーシャルメディアを自動化しても、「コピーして貼り付けしているだけ」という印象を与えてはいけません。自動化は今の仕事を取って代わるのではなく、補助するだけなのです。

 

 

オートマ化に何が必要が理解すること

 

 

Sproutではゴールを設定することを大切にしています。

 

よって、実際に調査を始める前に、自動化されたソーシャルメディアで何を得たいのかを考えるべきです。

 

例えば、以下のようなものが挙げられます。

 

・エンゲージメントレートを上げたい

・ソーシャルメディアの届く範囲を広げたい

・顧客に対応するまでの時間を節約したい

・もっと一人ひとりに沿ったサービスが提供したい

 

どの組み合わせでも構いません。何にしろ、事前に同僚や依頼主とよく自動化計画について話しましょう。

 

 

 

進捗をモニターすること

 

はじめに、自動化は「設定して終わり」というものではありません。設定したスケジュールやチャットボットやうまくいっているかをモニターし続ける必要があります。

 

また、モニタリングするということは自動化が新着を評価指標や成果目標に生んでいるかを見ることでもあります。顧客に対する返答時間は短縮されたのか。ソーシャルメディアによる売り上げは上がったのか。Sprout では、ダッシュボードやレポートを通して答えを探すお手伝いをしています。

 

 

それでは、そのような結果を自動化に期待して良いのでしょうか。

 

 

BraftonはSproutの公開とレポートの自動化機能をを導入した後、エンゲージメント率を飛躍的に上げることができました。(Facebookでは100%、Linkdlnでは300%も向上)

 

一方、Northwestern Settlementでは、ソーシャルメディアのメッセージの着信が600%と驚くほど向上しました。

 

結論として、ソーシャルメディアの自動化はうまくいくのです。産業毎にもっと自動化を利用するべき理由がありますが、今回はここまでにします。

 

 

 

ソーシャルメディアの自動化で時間を節約しませんか?

 

自動化は定着を広げ、ソーシャルマーケティング担当者が注目しています。

 

上の記事にある戦略とポイントは、ビジネスが採用できる賢く効率の良い方法になっています。ソーシャルメディアの自動化ツールは大幅な時間の節約とビジネスの向上ができます。

 

もし、同じようなことをしたいと思ったら、ここをクリックしてSprout Socialの自動化ツールを使ってみましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ