マーケティング

マーケティング

マルチチャネルマーケティングの戦略はリテンションやコンバージョンをどのように改善できるか?

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、How does a multichannel marketing strategy improve revenue, retention, and conversion?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,120 views

読了時間 : 約4分21秒

マルチチャネルマーケティングは、優良顧客化率・リテンション・コンバージョンをどのように改善するのでしょうか?

 

マルチチャネルマーケティング戦略の利点には、15~35%の収益向上、アプリの保有期間の46%の増加、コンバージョンの49%の増加が含まれます。

 

デジタルマーケティング黎明期、見込み顧客とつながるための鍵は、できるだけ幅広い聴衆の前でメッセージを受け取ることでした。バナー広告を点滅させる時代は終わりました。 私たちの新しいデジタルランドスケープでは、無関係なメッセージは簡単かつ定期的に無視、ブロック、削除されます。

 

調査によると、消費者はより適切で関連性の高いユーザーエクスペリエンスに対してより敏感に反応しています。 Eメールアドレスから購入履歴まで、ブランドに提供する情報が多いほど、ブランドがその情報を個々人に特化されたユーザーエクスペリエンスとして統合することを期待する消費者が増えています。

 

Salesforceによる最近の調査によると、84%の消費者が、「数字ではなく、人として扱われる」ことが自分のビジネスを達成するために非常に重要であると言っています。

人間関係を構築することとは、価値あるコンテンツや関連性の高いコンテンツを提供し、そしてリアルタイムで人々に影響を与えられる、個人に特化されたマルチチャネル体験を提供することです。

 

このアプローチは、最終的に優良顧客化率、リテンション、および投資収益率の向上につながります。

 

マーケティングキャンペーンに統合的なアプローチを採用することで、どのような指標であれROIを向上させる方法を紹介しましょう。

 

一例として、Swrveと共同で制作したコンテンツがありますので以下に紹介しましょう。

 

マルチチャネルマーケティング戦略は、優良顧客化率、リテンション、およびコンバージョンをどの程度改善するのでしょうか?

 

それほど前ではないですが、私は自分の予算オーバーの10代向けドレスが欲しかったのです。初めて目にしたのは、Facebookのターゲット広告によるものでしたが、Instagramではスポンサードコンテンツとして表示されました。

 

私はブランドのウェブサイトを見ました。ファッショニスタが雑誌でどのようにスタイリングしているかを見るために私はドレスの名前をグーグル検索し、ブランドのブログにもたどり着きました。

 

他にも購入希望者がいるらしいということも分かり、思い切って購入することにしました。私は電子メールアドレスを入力し、返信を待ちました。

 

在庫があることを知らせるメールが届いたとき、私は飛びつきました。私の人生がこのドレスなしでは完成しないと決心してから約2ヶ月後、ついに私はドレスを手にしました。

 

私のドレスストーキングは過剰なものに聞こえるかもしれませんが、広く受け入れられているマーケティングの「7つのルール」では、平均的な顧客は7つのタッチでセールスに変換すると言われています。

 

私がこのドレスに夢中になっている間、私は様々なチャンネルにまたがる複数のデバイスでブランドに接触しました。 そして私のユーザーエクスペリエンスがクリックからクリックまで一貫しているという事実は、私が購入を決定する過程に変化をもたらしたことでしょう。

 

Swrveの調査によると、統合されたマルチチャネルマーケティングプログラムは、15%から35%の範囲で優良顧客化率を向上させることができます。

 

 

アプリ内購入(関連するアプリストアによる)という、ビジネスと直結するお金のやりとりを介して、優良顧客化率を測定するでしょうか。はたまた単に商品またはサービスへの定期的な訪問者数の増加によって、優良顧客化率を測定するでしょうか。

 

ネットサーフィン中のあちこちでシームレスに顧客にアピールすることが、メッセージを顧客に届けるための最善の方法なのです。

 

 

マルチチャネルマーケティングは、リテンションの観点からはどのように改善するかというと、アプリの保持率が46%向上するという結果が出ています。

 

新しい顧客を獲得することは、戦いの半分に過ぎません。見込み客の獲得は非常に重要ですが、見込み客を確実に顧客にするだけでなく忠実な顧客にすることは、これまで以上に重要になります。そして残念なことに、顧客は少し気まぐれになる可能性があるのです。

 

たとえば、アプリをインストールしたものの25%が、そのアプリを一度だけ使用し、二度と使用することはありません。保持率が低いということは、実質的には25%、50%、場合によっては買収支出の80%を消費することに相当します。

 

それでは、顧客になる見込み客を確実に顧客に維持するための最善の方法は何でしょうか?

 

きっかけから購入までのキャンペーンを統合することで統一されたユーザーエクスペリエンスが生み出され、これにより、新規のユーザーと熟練のユーザーの両方にとってブランドを常に意識させることができます。

 

その好例として、世界の大手パブリッシャーが保持率を高めるためにアプリのオンボーディングプロセスを改善したいと考え、プッシ・アプリ内および電子メールキャンペーンの統合プログラムと共に、Swrveと提携してオプトイン画面を再設計し、テストしました。

 

インストール後の数日間で、継続的な関与を促進するように設計したところ、結果として保存率が46%向上しました。

 

最後にマルチチャネルマーケティングは、コンバージョンの観点からは、どのように改善されるのでしょうか。

 

ほとんどの組織内の意思決定者にとって、コンバージョンは重要な唯一の指標です。そのスポンサー記事は2万いいねを集めた?すばらしいです。じゃあ販売数にはどう反映されたの?それが重要です。

 

マーケティング担当者が意思決定者を追いやって他の重要な指標に基づいたキャンペーンを決定し、多額の支出させるのは難しいことです。しかしコンバージョンから得られる金額を示せば、意思決定者はたちまち振り向くことでしょう。

 

幸いなことに、マルチチャネルアプローチは他のKPIにも有効です。 Swrveのエキスパートによると、それは一般的に売上高において20%-50%の上昇をもたらすとのことです。

 

コンバージョンがかつてないほど重要になっている業界の1つがメディア業界です。 Swrveは最近、無料のトライアルユーザーを実際の購読者に変える手助けを必要とする、世界的な雑誌の出版社と協力しました。

 

これらのトライアルユーザーを有料コンテンツの読者に変えるために、同社は無料試用期間中のユーザーの行動や行動に基づいた大規模なプログラムを立ち上げました。

 

ユーザーの特定の関心に焦点を当てた何百万もの個々のやり取りに基づき構築された統合ソリューションは、単純な万能のキャンペーンを提供するのではなく、企業とユーザーの接点が個々のユーザーに合わせて調整されるよう設計されました。

 

その高度にパーソナライズされたキャンペーンの間に、無料トライアルから有料コンテンツ購読へのコンバージョン率は49%も上昇しました。

 

統合されたマルチチャネルマーケティングキャンペーンがどのようにROIを向上させることができるかについては、Swrveのホワイトペーパー「Time Is Money:今日のマルチチャネルワールドにおけるROIへの道」をご覧ください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ