マーケティング

マーケティング

PR

Webデザインビジネスを拡大するためにやるべき5点 仕事を増やしWeb業界で生き残るために

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、How to Scale Your Web Design Business
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,944 views

読了時間 : 約5分10秒

ウェブデザインサービスの需要は常にありますが、ウェブ開発ビジネスの成長はいつも簡単なものではありません。もちろん今では非常に多くのツールがありますから、コンテンツマネジメント・システムからページビルダーに至るまで少ないストレスで開発タスクを進めることが出来ます。しかしプラットフォームへのアクセスがより便利になり、競争はより激化するようになりました。

 

ここでのポイントは、継続的な品質生産の作業自体が頭打ちになっているということです。消費者の要望に応えるために、本当に必要且つベストなソフトウェアと戦略とは何なのでしょうか?

 

そして私達が今このページにいる理由はここにあります。

 

私は今回ウェブデザインビジネスが成功するための戦略と技術についてレクチャーしていきたいと思います。ビジネス拡大と更なる高みを目指しましょう。

 

 

1.自分の立ち位置を理解する

 

ビジネスをしているのであれば、あなたが今行なっているビジネス分野のトレンドを知っているはずです。WordPressによる作業は快適ですか?e-commerceストアは上々ですか?

 

 

柔軟性はもとより、あなたに合った仕事や特性を明確にするとそれが高額のクライエントにとって重要なことなのです。それはなぜでしょうか。クライアントは面倒な仕事に対価を払っているわけではなく、その専門知識にもお金を払っているからです。

 

 

異なる2つの代理店からどちらかを選ぼうとしているe-commerceのクライエントを想像しましょう。一つめの代理店は、旅行ブログや法律系会社のブログ、複数のオンラインストア等のプロジェクトが記載されたポートフォリオです。一方2つ目の代理店は、e-commerce ウェブサイトを中心とした構成のポートフォリオです。そのうちのいくつかは特定ブランドの達成をピックアップしたものです。あなたがクライエントの立場になれば、多少お金がかかっても2例目の代理店に依頼するかもしれませんね。

 

 

まずは専門分野を決定する前に簡単なキーワード調査することをおすすめします。ニッチ産業の需要や競争の理解を深めることが出来るでしょう。このUbersuggestは月間平均検索数やクリック単価、キーワードの競争力レベルを知ることが出来ます。あなたがやるのは知りたいキーワードを入力し、ツールで残りの作業をさせるだけなのです。

 

 

Ubersuggestの一番優れているところは、長いキーワード候補でも提供してくれる点です。これはウェブサイトのコンテンツ開発に非常に役立ちます。

 

 

 

 

 

2. 開発プロセスを合理化する

 

まずはニッチ産業を決めたとして、様々なプロジェクトに対処可能な分かりやすいウェブ開発ワークフローを考えるのも簡単でなければいけません。注意する点として様々な会社向けに費用対効果の高い戦略をのぞむのであれば、効率化は重要です。ウェブデザイン会社にとってDudaのようなプラットフォームはとても便利です。単純に言えばDudaはオールインワン・プラットフォームだと考えて間違いなく、ウェブ開発ワークフローのさまざまな問題に解決策を提供します。

 

 

資産収集プロセスに至って言えば、すぐに使用可能なコンテンツ収集フォームによって高速化することが出来ます。これによってクライエントはコンテンツや関連するビジネス情報を送信することが出来るのでとても便利です。

 

 

 

Dudaを使えば再利用可能なセクションを管理できるので、異なるウェブサイト・プロジェクトに複製と適用が簡単です。もしあなたが専門的なポートフォリオの作製に特化しているのであれば、お客様の声や連絡先のセクションのテンプレートを用意することが出来ますね。

 

 

 

 

 

Dudaは品質を犠牲にせず効果的に構成時間を減らすことが出来ます。更にバックエンドにブランディング要素を簡単に組み込むことが出来るので、ウェブ開発会社の拡大に向けた次なる戦略へ進むことができます。

 

 

3.バックエンドのカスタマイズ

 

ウェブ開発において特に関心が強いのが、クライアントの意識にいかに自分たちのブランドに向けられているかでしょう。管理者ログイン画面からメインダッシュボードに至るまで、あなたのブランドを印象付けることのできるカスタマイズ可能なホワイトラベル・プラットホームを提供することが大切です。

 

 

これによってクライアントに強い印象と満足感を与え、ブランド認知度と支持を強めることが出来ます。最新のコンテンツ・マネージメントシステムであるWordPressが支えるプラグインはバックエンドのカスタマイズをより分かりやすくしています。

 

 

Absolutely Glamorous Custom Adminの略称であるAGCAは、アドミン・インターフェースを多様にカスタマイズでき、ログインページやダッシュボード、メインメニューなどといった拡張コードを必要としません。

 

 

 

4. teamで状態を把握する

 

今の段階でウェブ開発プロセスとプラットフォームが最適化されたと仮定して、次に行なうべきは最も重要なウェブデザイン会社に焦点を当てることです。これをteamと呼びましょう。オンラインクラウドが基盤となったコラボツールが沢山あるにも関わらず、ウェブデザイン会社は主な連絡手段をe-mailにこだわっています。

 

 

同じ敷地の社内間であるなら問題ではなく、むしろ離れた土地からのアウトソーシングメンバーだからこそ明らかな問題なのです。e-mail機能がどれよりも一番優れたものとは限りません。

 

 

クライエントと遠隔地のチームメンバーとやり取りをする中で、ソーシャルメディアの通知や使用するサービスの自動生成リポート、そして忘れずに定期購読するニュースレターに至るまでを処理しなくてはいけません。社員またはアウトソーシングで雇うのは関係なく、ウェブデザイン・ワークフローにおけるタスクマネージメントとコラボツールは明確なものにしなくてはいけないからです。例えばTrelloは単純でも実力があるツールですので、それぞれのタスクをカードにして整理しリストを利用して管理、そしてプロジェクトボードに集約していきます。

 

 

 

 

Trelloはチームメンバーに割り当てカードを付け、締め切り設定や共有ファイル、プラットフォーム内のコミュニケーションを可能にします。流動的且つ直観的なインターフェースデザインで、学習曲線は基本的にありません。

 

 

 

それではウェブデザイン会社にとって欠かすことの出来ない魅力的なコラボレーションとコミュニケーションツールを紹介します。

 

Slack チャンネル内でのトピック整理、共有ファイルに加えてサードパーティ・プラットフォームに統合することが出来るコミュニケーションツールです。

 

Basecamp Trelloよりも高性能を求めるのであれば、このBasecampの包括的プロジェクトマネージメント機能を使ってみるのをお勧めします。

 

Google Drive シェアファイルに関して言えば、このGoogle Driveなしでは語ることが出来ません。

 

 

5. マーケティングに投資する

 

最終的に、ウェブデザイン会社にとって、紹介制度がなければその後の成長は見込めません。より知名度を高めるためにはマーケティング・キャンペーンを行なって新たなクライエントに結び付けていく必要があります。残念なことに、このマーケティング方法に明確な方法はありません。ブランドの目的に沿った戦略をまとめることが今あなたの出来ることです。事前に知っておくべきマーケティング戦略は以下の通りです。

 

 

・あなたの専門性をアピールできるようなウェブデザイン・ブログを立ち上げる
・過去のクライエントから推薦文を貰う
・過去に成功したプロジェクトをケーススタディーで文書化する
・人気の高いブログや出版物にゲスト投稿する
・見込み客を育てるためのニュースレターを立ち上げる
・ソーシャルメディアを始める
・もし予算があれば、PPCキャンペーンに投資する

 

 

まとめ

厳しさを増す競争の中で、ウェブデザインや開発企業をいかに拡大・成長させていくかイメージがついたことでしょう。成功はすぐ訪れるわけではありません。しかし先ほどの戦略が会社の成長を強く後押しします。一つ一つのステップに焦点をあて、粘り強くなっていきましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ