マーケティング

マーケティング

【WordPress利用者向け】Webサイトにおけるホスティングの問題を見つける方法

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Signs Your WordPress Website Has Outgrown Its Hosting
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

377 views

読了時間 : 約3分23秒

多くの人がWordPressを選ぶ理由として、ほぼすべてのWebサーバーで利用できることがあげられます。WordPressの要件は、ほとんどのWebサイト運営者とローカルサーバが処理できるような基本的なものであることも魅力の1つです。

 

しかし、WordPressをデフォルトの状態でインストールするだけではパフォーマンスの高いWebサイトを運用できず、Webサイトのサイズ、機能、および使用するコードの品質に大きく依存します。

 

Webサイトの成長もホスティングの大きな要素です。最初は比較的小さく、指数関数的に成長するWebサイトは、ホスティングリソースをかなり早く使い果たしてしまう可能性があります。これに伴い、Webホスティングパッケージをアップグレードするか、新しいサービスプロバイダーに変更する必要が生じる場合があります。

 

この記事では、プロバイダーの変更はいつするべきか、運用しているWebメディアのホスティングの問題を見つける方法を解説します。

 

バックエンドのパフォーマンスの低下

WordPressのダッシュボードは必ずしも最も優れたパフォーマンスを発揮するとは限らず、速度低下が発生する場合があります。特に、コンテンツの読み込みや保存など、データベースに依存するタスクに関しては速度低下が見られます。これは、Webサーバーがジョブを実行するのに十分な力がないことを示している可能性があります。

 

Webサイトのパフォーマンスを測定する1つの方法は、Query Monitorプラグインを利用することです。このプラグインをインストールしてアクティブ化すると、特定のタスクの内訳が表示され、実行されているクエリとコードを読み込み時間別に一覧表示できます。

 

また、サイトごとに振り分けられたメモリが不足しているか、データベースが拡張されて効率的に実行されなくなっていたり、記述が不十分なコードやサードパーティのリソースの読み込みの失敗も原因である可能性があります。

 

この問題を解決するためには、面倒なプラグインを無効にしてサイトを高速化するだけで解決する時もあり、この場合はウェブホスティングをアップグレードする必要がありません。ただし、サーバーがニーズを満たさなくなっていることもあるので、アクションを実行する前に必要なデータがすべて揃っていることを確認してください。

 

多くの内部サーバーエラー

最初はパフォーマンスの遅れとして始まったものが、最終的には「500内部サーバーエラー」と表示される可能性があります。Webサイトをナビゲートしたり、WordPressバックエンドでタスクを実行しようとしたときにこれらのエラーが頻繁に発生する場合は、何か問題があります。

 

原因はさまざまで、たとえば、サイトの.htaccessファイルに変更を加えた場合は、バグのあるコードがサーバエラーを引き起こしている可能性があります。もう1つの可能性として、WebサイトがPHPのメモリ制限に達して、タイムアウトした可能性もあります。

 

メモリの問題は、先程紹介したQuery Monitorプラグインで追跡でき、トラフィックが多すぎて十分なリソースがないことを発見することもできます。サーバーに十分なメモリがなく、それ以上ブーストできない場合は新しいサーバーに換えるタイミングかもしれません。新しいサーバーに古いサーバーよりも多くのRAMがあることを確認してください。

 

ストレージまたは通信速度の制限

混み合っているWordPressのWebサイトは、ストレージスペースと帯域幅をかなり早く使い果たす可能性があります。ホスティングアカウントの制限に常に引っかかっているような場合は、おそらく変更が必要です。

 

標準のWordPressインストールだけでなく、特定のプラグインとテーマはストレージスペースをかなり使う可能性がありますが、もっと大きな課題はメディアファイルです。多くののオーディオ、ビデオ、画像、PDFドキュメントをサイトに配置すると、かなりのスペースを占有します。

 

メディアファイルのもう1つの問題は、古いバージョンを新しいバージョンに置き換えることはできないことです。少なくとも、Enable MediaReplaceなどのプラグインがないとできません。さらに、大きなファイルを有していて多数の訪問者がいるサイトも一定期間、割り当てられた帯域幅を超える可能性があります。これにより、請求に追加料金が発生したり、ホスティングプロバイダーからの警告メールが送信されたりする可能性があります。

 

ただし、新しいアカウントへの完全な移動は必ずしも必要というわけではなく、一部のホストは必要に応じて追加のストレージまたは帯域幅を販売します。これを購入することにより、Webサイトの将来の成長につながるのか判断するようにしましょう。

WordPressがホスティングを超えているか確認しよう

WordPress を利用したWebサイトを維持するために必要なこととして、安定性とパフォーマンスのために十分なサーバーリソースを確保することが挙げられます。不要なメディアファイルやプラグインを削除することはできますが、それは一時的な修正にすぎない可能性があり、最終的には同じ問題が再び発生する可能性があります。

 

ウェブホスティングをレベルアップすることを検討するのは、永続的な問題に直面したときです。レベルアップする際には、ストレージ、帯域幅、RAM、および処理能力の向上など、アップグレードによって必要な量のリソースが提供されることを確認してください。

 

サイトの要件をより深く理解する1つの方法は、現在のリソース使用量を確認することです。たとえば、2GBのRAMが割り当てられたメモリが不足している場合は2倍にするのが妥当で、数か月後に同じ状況に陥らないように、ある程度の余裕を持たせることが大切です。今回解説した内容は、継続的な確認を必要としますが、確実にWebサイトを成長させることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ