マーケティング

マーケティング

【Facebookを使ったマーケティング戦略】広告キャンペーンの効果をテストする方法

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Strategies for how to test your Facebook ad campaigns
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

175 views

読了時間 : 約3分17秒

Facebook ではどのような広告が一番効果があるのかを決めるのに、二つの機能を使っています。Dynamic Creative Optimization (DCO)とABテストです。

Facebookは自動的に入札を行い、クリエイティブは最も費用効果の高いパフォーマンスを行うドライバになります。クリエイティブはユーザーエクスペリエンス、ロケーション、デバイスに合わせて最適化されるようになっています。動画テンプレートはクリエイティブの質を高め、ダイナミックプライシングに有用です。しかし、AIや機械によりテンプレート化されたクリエィティブが生み出されることはありません。少なくとも今のところは!

 

さて、どのくらいのクリエイティブが必要なのでしょうか?

 

150ミリオンドル以上をつぎこんできた私の経験によると、ダイレクトレスポンスクリエイティブの95%がポートフォリオを最適化した広告より効果が低いのです。つまり、大量にある広告の中でも、成功していて広告費用対効果(ROAS)がある広告は5%のみだということです。クリエイティブは予算が使われリーチが増えることですたれていくので、そうならないためにもコンスタントなテストが必要です。

 

Facebookの機能はどのクリエイティブが一番効果的か決めてくれる

 

費用を最適化するためにABテストは必ずするようにしましょう。また、Facebookにはどのクリエイティブが一番効果的が調べてくれる新しい機能を追加しました。Dynamic Creative Optimization (DCO) は広告に入れる最適な要素を選んで、オーディエンスセグメンテーションに合わせた広告、キャッチコピー、オーディエンス、タイミング、言葉、配置、デバイスの最適化をリアルタイムで行います。そのうえ、大規模なクリエイティブ配信にも対応し、コンスタントなテストも自動で行われ最適化されます。DCOにより言語テストを行い、パフォーマンスを基に一番最適な言語にすることも可能です。

 

二つめの機能はシンプルなスプリットテストです。二つのビデオ、イメージ画像、キャッチコピーのうちどちらが効果的かを調べることができます。Facebookはテストの対象者を完璧に分けることに成功しています。例えば、100万人のオーディエンスがいて、5つの動画の効果をテストしたい場合、Facebookは20万人までのオーディエンスに1つの動画を自動的に割り当てます。この新しい機能により、効果的なクリエイティブのためのテストは簡素化され、より費用対効果の高い広告が可能となったのです。

 

今まで力を入れてきたキャンペーンを成功させるために、このABテストを使って、効果的なクリエィティブを見つけましょう。どのクリエィティブが一番費用対効果が高いのかわかったら、そのクリエイティブを使ってキャンペーンを行います。新しいオーディエンスに対してテストを行い、その広告がパフォーマンスが高いなら、その広告は残したまま、コンスタントに新しい広告を追加して、オーディエンスを飽きさせないようにしましょう。パフォーマンスが低い広告は、止めて見直しましょう。

 

テストは終わる日を設定する必要があります。Facebookは最近、トータル予算ではなく、一日に使う予算を設定するように勧めています。効果の高い広告がわかったら、テストを中止し、その広告を使いオーディエンスに宣伝しましょう。

 

Campaign Budget Optimization (CBO)

 

CBO vs. non-CBO: 一つの予算を設定し、Facebookが自動でその予算を使って広告を出します。Facebookが予算を最適化するのです。また、高い結果を上げているの広告セットは多めに配信しながら、他の広告セットと組み合わせて最も効率的に配信してくれます。

 

Dynamic Language Optimization (DLO)

 

DLO vs. non-DLO: DLOは一か所で複数言語のオーディエンスを対象とする場合に有効です。Facebookがどの広告でどの言語が最も効果が高いのかを自動でテストし、最適化して配信してくれます。

DLO設定した広告は変化が激しいので、最初の数カ月はDLO設定なしの広告より効果が見られないことがあります。一般的に、言語ターゲットには、継続的にキャッチコピー、クリエイティブ、オーディエンスを変えながらテストする必要があるのです。また、国ターゲットでは、テスト結果が大きく異なる場合があります。例えば、世界中のフランス語話者をターゲットにした場合と、フランス、カナダにすむフランス語話者をターゲットにした場合では大きな違いがあります。

 

Dynamic Creative Optimization (DCO)

 

DCO vs. non-DCO: DCO は自動でテストを行いクリエイティブを最適化してくれます。DCOを設定することで、Facebookが数ある組み合わせの中から、最適なクリエイティブの組み合わせを選び、配信します。

 

Split Testing

 

Split Testing vs. CBO vs. Neither: スプリットテストを使うと、オーディエンス、場所に合わせて最適な広告を配信することができます。

 

テストをして最適化を図りましょう

 

Facebookに広告を出すときは、予算に関わらず、クリエイティブのキャッチコピー、動画、イメージをテストしてキャンペーンの目標を達成しましょう。Facebookにある様々なテストを使えば、予算を最適化し、費用対効果の高い広告活動が実現できます。是非、今年からROASを意識した広告キャンペーンをしてましょう。

 

おすすめタグ