マーケティング

マーケティング

ビデオマーケティングを有効に使う方法

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、"Video is the future of marketing." But what video do people actually want to watch?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

148 views

読了時間 : 約3分20秒

私はジャーナリストとして、インターネットを通じたクリックに1日の多くの時間をかけています 。しかし朝にPCを開く際に最初にすることの1つは音声をオフにすることです。

 

「ビデオはマーケティングの未来です」というメッセージは2014年から参加したあらゆるカンファレンスで何度も耳にしてきました。しかし基調講演では取り上げられる事が少ないある真実があります。ビデオは時に無関係な内容で不快にさせ、回避することは不可能という事です。

 

Wyzowlによると63%のマーケティング担当者が現在、マーケティング戦略の一環としてビデオを使用しています。そしてもっともな理由としてGoogleはビデオが大好きという事です。したがってビデオの利用はビジネス戦略としてGoogleのSERPsの最初のページに掲載される機会を増やすことができます。

 

YouTubeは1日あたり約40億のビデオビューを誇り、Googleに次ぐ2番目に大きな検索エンジンです。ビデオトラフィックも今後数ヶ月で急成長すると予想され、ビデオトラフィックは2020年までに全モバイルトラフィックの75%を占めると予測されています。

 

そのような状況も踏まえて我々は予算全体をビデオに投資すべきなのでしょうか。

 

少し待ってください。調査によると、視聴者はビデオに好き/嫌い両方の気持ちを抱いており、マーケティング担当者は単にビデオを制作するのではなく、視聴者が望むビデオコンテンツを作成することに注意する必要があります。

 

一部の調査では、視聴者はビデオが大好きだと言っています。そしてほぼ半数の人が1週間に少なくとも1時間はFacebookまたはYouTubeのビデオを見ています。

 

私たちのほとんどがこれまで以上に多くのビデオを見ているのは嘘ではありません。私のInstagramフィードを10秒間スクロールしたところ、お香のろうそくの会社からのビデオ、ケーキにお茶会風の装飾を加えたパン屋さん、そしてオックスフォードの可愛いペアをさまざまな角度からさまざまな色で撮影したものが表示されました。

 

Wordstreamによると45%の人が週に1時間以上FacebookやYouTubeのビデオを視聴しています。そして、全体としてビデオはかなり好評のようです。また世界中のマーケティング専門家の52%  がビデオが最高のROIを持つコンテンツタイプであると答えています。

 

問題はどこにあるのでしょうか?

 

他の研究では、視聴者がビデオに苛立ちを感じていること、そしてFacebookユーザーの85%が無音でビデオを見ていることを示しています。

 

これらすべての研究があなたを信じさせるように人々がビデオを気に入らない可能性があります。私がオンラインで検索する前に私のPCと携帯電話をミュートすることは特別な事ではないようです。

 

Digidayによると、Facebookユーザーの85%が無音でビデオを見ています。さらに圧倒的多数の消費者(82%)  は、自動再生ビデオのためにWebページを閉じたと答えています。

 

そして、人々はブラウジングを中断させたビデオ広告の苦い記憶を持っているようであり、51%はまた自動再生オンラインビデオ広告を使用するブランドをあまり考えないと回答しています。

 

そのために人々はビデオが好きではある一方でビデオが好きではないのです。

 

顧客はビデオコンテンツで有用性を探します。

 

平均的なWebビューアはビデオ広告が自分の興味とニーズにかなり焦点が当てられていることがわかりました。これは理にかなっています。広告をクリックしてブランドを手助けしたいと思ったことは一度もありません。ビデオを作ろうとしているマーケティング担当者は、まず第一に有用なビデオを作ることに関心があるべきです。

 

Accenture Interactiveによると、54%の消費者が製品の使い方を学ぶためにビデオに頼っています。顧客に焦点を合わせる事、すなわち最高の体験を得るために製品について知っておく必要があるかもしれないことをビデオ広告に使用する事はビデオに価値があることを理解してもらうための1つの方法になります。

 

カスタマージャーニーの意思決定段階にある顧客もまた製品を理解するのに役立つビデオを探しています。実際にインターネットユーザーの50%が、購入する前に製品またはサービスに関連するビデオを検索 しています。

 

「バイラル」ビデオという呼び方をやめる時が来たのかもしれません。

 

ビデオがほとんどのブランドのマーケティング戦略の不可欠な部分になりつつある中で、専門家はビデオに対する期待が再評価される必要があるかもしれないことに同意します。

 

ClickZとの最近のウェビナーで、OpenTextのビデオマーケティング担当マネージャであるKurtis Thomasは、私たちのビデオの語彙から「バイラル」という言葉を削除する時が来るかもしれないと言いました。

 

「サメや犬の赤ちゃんが家族と再会する事だけを狙って撮影するのではなく、組織の現実的かつ具体的な目標に焦点を合わせることが重要です」とThomasは言います。「早期に成功が意味する事を定義します。あなたのビデオは主にセールを締めくくるためのものですか?もしそうであるならば適任者からの意見ほど大切なものはありません。目標を定義したことはコンテンツに情報を提供し、マーケティング担当者やコンテンツ作成者に自分の成功を定義する手段を提供することもできます。」

 

ビデオとテキストベースのコンテンツの比率がどうあるべきかの魔法の数値はありません。しかし「私たちのビデオコンテンツは私たちのブランドを顧客が理解するのにどのように役立つのか」と自問することから始める事が最善な方法かもしれません。

 

【セレキュトのおすすめpickup】
 
■クリエイターの実績、知識はあるけどいい仕事が見つからない方におすすめ!
 【レバテックフリーランス】
 ・案件数業界最大級、エージェントの理解が深い、発注額高、圧倒的低マージン、単価アップ交渉◎
 ・エンジニア勉強会の開催有り、就業後もサポート有り
 ・年収が上がったクリエイター多数
 ・案件)【Deep Learning】AIプロダクト開発の求人・案件/~900,000円/月 など
 ⇒レバテックフリーランスを見てみる
 
■今のクリエイター技術をもっと向上したい方におすすめ!
 【デジタルハリウッドSTUDIO by LIG】
 ・あのWeb制作のプロ集団「LIG」が運営の上野・池袋のWebクリエイター育成スクール
 ・6ヶ月で未経験からwebクリエイターへ、転職サポート◎
 ・映像教材はいつでもどこからでも受講可能
 ・LIG監修のオリジナル映像講座や特別LIVE授業など特典盛りだくさん!
 ・無料相談会受付中!
 ⇒デジタルハリウッドSTUDIO by LIGを見てみる

おすすめ新着記事

おすすめタグ