マーケティング

マーケティング

アジャイル開発を成功させるためには?短期間で開発を見直すアジャイルソフトウェア開発の欠点を考える

本記事は、Why Agile Doesn’t Work & How Early-Stage Startups Can Save Time & Money
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

186 views

読了時間 : 約5分53秒

私は先週、似たようなトピックを投稿しました。これはその投稿の健全な批評に対する返答です。しかし明らかに記事全部を読んでいなかった(もしくは単純に提唱された議論が受け入れられなかった)人は自分の主義を貫き通してください。

 

最近、私はあらゆる物事のパターンを探すようにしています。具体的に、製品開発におけるアプローチとして多くの課題を容易にしたり、解決する一つのポイントに気を配るようにしています。

 

私たちが10倍の成長を達成するために有用で構築できる最も重要なポイントは何でしょうか?または単に顧客の維持からお金を払ってくれる顧客に変えるポイントは何でしょうか?

 

起業家であるRussell Brunsonは他の課題を解決し、解決する事が出来るポイントを” The Big Domino”と名付けました。他の起業家も別の言葉を使用していますが本質的には同じコンセプトになります。

 

もしどのような信念や行動が目標を達成するために有用で大きな影響を与えるかを突き止めることができるならば、私たちはそのポイントにすべてのエネルギーを集中させるべきです。

 

たとえば、新製品を開発しようとしている時に、どの機能が重要で収益性につながるか(もしくは最初の有料ユーザーを取得できるか)を確認できれば、他のユーザーの要求や関心はあまり重要ではありません。 重要な課題を解決する「The Big Domino」に対応すれば良いのです。

 

しかし残念ながらこの概念は異なる解釈で使われています。そして誤った行動や信念は、目的の達成を限りなく不可能にします。この記事でいう目的とはユーザーに価値をもたらし、利益を生む製品を創り出すことです。

 

例えば、あなたが聖書は神によって書かれたと信じているとしましょう。この「NeBig Domino」の仮定は、私たちの大きな仮定が意味することすべてを一般的にも信じることを意味します。例えば同性愛者は地獄に行くべき、結婚は神聖である、私たちは天国に行くなど。

 

そして、製品の成功を覆す「The big Domino」の間違った考えの1つは、アジャイルがユーザーに大きな価値をもたらすと同時に利益を上げるために役立つ正しいプロセスであるという考えです。

 

そして非常に多くのチームがアジャイルプロセスを盲目的に信頼しているため、「The big Domino」を倒すことを本質的に妨害しています。

 

アジャイルが機能しない理由

 

理論としてのアジャイルは、(2001年の最初のアジャイルソフトウェア開発宣言によると)その根幹をなすもので、チームは顧客ニーズを何よりも考慮し、はるか先の独断的な計画とは反対に変化する状況と新しい情報に迅速に適応するべきだというアイデアです。

 

しかし実際にアジャイルが用いられる際には、その価値を反映していない傾向があります。

 

1.ユーザー中心の決定

 

チームはユーザーを念頭に置いてタスクを作成します。例えば「ユーザーは自分のパスワードを変更したい、なぜならば…」と述べてタスクを定義します。しかしあまりに多くのチームがここで重要なポイントを見過ごしています。

 

私たちはユーザーに提供している価値の大きさを考慮しなければなりません。そしてその価値があまりに低ければ、ユーザーが製品の使用、そして最終的に支払うまで十分な価値を提供する事は決して出来ないでしょう。

 

私たちは今まで見た中で最高の「設定」ページを提供することができます。しかし、すべてのチームのリソースが限られていると考慮すると、私たちは常に徹底的に実施するのではなく、ユーザーに大きな価値を提供出来る一つもしくは二つ(「Big Dominoes」)の改善の繰り返しにより十分に達成できることを意味します。

 

2.変化への適応

 

単純に云うとカオスが支配します。

最近のスタートアップを調べてみると、多くの活動をして、多くの人々が忙しくしていますが、ほとんどの場合、明確な方向性を欠いています。

 

私たちは機敏になれます。そして素早く動いて適応することもできます。しかし、ゴールを見据えていなければ、それはすべて浪費になります。

それは単なる活気に過ぎません。

 

実際にアジャイルのチームが自分の仕事の明確な戦略的方向性を欠くことはあまりにもありふれたことです。そして明確な戦略的方向性の転換がなければ、私たちの実験や適応と新しい情報に基づいた変更のすべてが無駄になります。

 

全成人の43%がストレスによる健康への悪影響を受けているだけでなく、すべての医師の訪問者の75〜90%(!)がストレス関連で苦しんでいます。申し訳ないですが今週はこれらの統計情報のソースを提示できません。どこかの本に記載がありますので信頼してください(信頼できない方はこの段落を無視してください)。

 

ストレスが私たちの健康だけでなく意思決定にも悪影響を及ぼしていることを実証するための証拠がたくさんあります。

 

繰り返しになりますが、戦略を絶え間なく実験に適応し、マクロイベントやユーザーからの新しい情報を変更する必要性を考えると、チームにストレスがあまりに多いと、明確で論理的に対応することはできません。

 

これがカオスが支配しており、ほとんどのスタートアップはエネルギーで溢れているだけで、収益性の高いビジネスを構築するという目標に向かって目に見えるほど進歩することがめったにない理由です。

 

私の本の無料の章をダウンロードする

 

アジャイルの基本的な欠陥/Big Domino

 

カオスといった環境同様に、ユーザーのために何を構築すべきことに関してインパクトの少ない意思決定をすることは問題です。

 

一方で改善することもできます。例えば、適切な人材を雇っていない、適切な文化を築いていないなどの個々のチームの失敗も影響しています。

 

しかしスタートアップの成功を阻害する本当に大きな「Big Domino」は以下になります。

アジャイルは効果的であることを犠牲にして、効率的であるために最適化します。

 

ユーザーに大きな影響を与える1つか2つのことを解決するのではなく、多くの作業(より多くのプログラミングやタスク)を解決することに焦点を当てています。

 

はっきり言いましょう。これは理論に対する批判ではありません。製品開発へのアプローチとしてのアジャイルは価値の提供が製品プロセスの中核にあると明確に述べています。

 

しかし物事を構築する日々のプロセスを実際にどのように管理しているかという点は、この理論を完全に水に流しています。

 

スクラム

 

スクラムは製品開発を管理するための系統的なアプローチです。

 

私たちの目標が何であるか、誰が何をしているのか、そしていつどのように実行されるのかについて整理するのを助けます。

詳細に入りすぎないようにするために、より洗練されたやることリストです。

 

しかし、スクラムについて知っておくべき基本的なことはストーリーポイントのメトリックに基づいているということです。すなわち各タスクを分割してそれぞれどれくらいの時間がかかるのか(またはどれくらい複雑になると予想されるのか)という見積もりを出すということです。

 

私たちが新しいタスクに取り組んでいるとしましょう。

‘ユーザーであるジョンはアプリに休日の写真をアップロードしたいです。’

 

プロダクトオーナー(基本的にチームを組織するプロダクトマネージャー)は、おそらくデザイナーと開発者を部屋に招き、タスクがどれほど複雑になるのか、そして最終的にはどれぐらいの時間がかかるのかを見積もります。

 

理論的には、これはかなりスムーズに機能します。

 

プロダクトオーナーは何を構築するのが理にかなっているのか(つまり、どのような「Big Domino」に取り組むことができるのか)を考える必要がありました。

 

しかし、通常はそうではありません。

なぜなら彼らはそうするように動機付けられていないからです。

彼らは彼らの目の前に見える尺度、つまりストーリーポイントによって動機付けられています。

 

また、進捗状況を追跡するための指標が与えられた場合、その指標に合わせて最適化するのは人間の性です。それは進歩しているように感じさせます。そしてチームがどのように進歩しているかを測定する簡単な方法です。

 

しかし問題は効率のために最適化すること(ex. より多くのことを実行すること)をデフォルトにして、効果ために最適化すること(ex. より大きな価値をもたらすことを構築すること)に自分自身を駆り立てないことです。

 

ユーザーはどれだけの時間と労力が費やされたかについては気にしません(そのような人がいれば私は歓迎しますが!)ユーザーは製品が自分たちの問題を効果的に解決するかどうかを知りたいのです。思うように解決できない製品であれば見向きもされませんが、逆に便利だとわかれば、「素晴らしい、私にそれをください、ここに購入のためのお金があります」と興味を持ってもらえます。

 

つまり、実際にアジャイル理論の結果がその理論の誤用であり、より多くのことを成し遂げるために最適化する傾向がある場合(アジャイルソフトウェア開発宣言が登場した際の最初の理由!)、アジャイルは全く働かず私たちは新しいアプローチを必要とします。

 

私の次の本で詳述するそのアプローチは、ユーザーの価値を提供し、新しい情報と変化する状況に基づいて戦略的に適応することに焦点を当てるというアジャイルの原則を採用するものです。しかしユーザーへの影響を最適化するプロセスを重要とします。各タスクが実験する場所となり、私たちが実施することが、次の野心的なマイルストーンに到達するのを助ける「Big Domino」を発見することを追求しているところです。私たちがストレスや終わりのない雑務で忙しくなることについて心配するのをやめましょう。

 

私のプロセスは、重要な製品を実際に構築するための実証済みの方法です。それは価値を提供し、利益を生み出します。

おすすめ新着記事

おすすめタグ