プログラミング

プログラミング

WordPressの代替手段ClassicPressのコンセプトと将来の展望

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、Behind the Scenes of ClassicPress – the WordPress Alternative
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

201 views

読了時間 : 約3分47秒

WordPress 5.0には多くの議論と変更がありました。大部分は、新しいブロックベースのエディタGutenbergへの切り替えに関することです。ウェブサイトの方向性とエディタそのものにも不満を持ち不確実性を感じる人がでてきました。そしてある人は、行動を起こしました。

 

行動することを選んだ人々の中の1人は開発者Scott Bowlerです。2018年8月、彼はWordPressから分岐させたもの(フォーク)を作成することにしました。そのうちの1つClassicPressは「古典的な」エディタを残し、コア機能を追加するコミュニティ主導のプロセスを持ちます。

 

CMSスーパーハイウェイのフォーク

 

これは確実に大きな一歩です。 では何がそのような大きい仕事をさせたのでしょうか?プロジェクトのマーケティング共同責任者であるMichelle Coe氏は、我々は、WordPressは壊れてはおらず、ブロックエディタを使えば修正する必要はないと考えています。また、5.0より前のWordPressの公開エクスペリエンスは、昔も今も、その機能を拡張するさまざまなプラグインによって補完された、実証済みのソリューションです、と語っています。

 

さらにCoe氏は、「ClassicPressフォークを作成することで、信頼できるコンテンツ管理システムCMSを使い続ける一方で、より確かでビジネスを重視したCMSを作成できるように選択肢も提供しました」と述べています。

 

確かに、ClassicPressは、安定性と予測可能性がしばしば好まれるビジネス界に焦点を当てているようです。Coe氏は、ユーザーに急な学習曲線を求めたり、潜在的な非互換性を妨げる可能性がある大きな変更(Gutenbergなど)を排除するよりも、フォークを使う方がWordPressの優れた機能を利用し、より賢く安全に、そして便利にできる。 」としています。

 

民主的な意思決定

 

WordPress 5.0開発プロセスの根底にある問題の1つは、プロジェクト内部の関係者とコミュニティ全体との間のコミュニケーションの欠如があったことです。ユーザーが懸念していることが上からの指示で端に追いやられているように見えた人もいたようです。それが公正であろうとなかろうと、人々にとっては驚きでした。

 

ClassicPressはこの種のコミュニケーションの問題を避けることを目指しています。Coe氏は、「コミュニティ主導の」組織であるという事実は、「…要望、フォーラム、その他のデジタル通信プラットフォームを通じて、民主的な議論と意思決定ができる」という点がClassicPressの利点になると述べています。

 

さらに、「分権化された組織構造により、ClassicPressコミュニティのニーズを満たすことができ、ClassicPressのミッションを念頭に置きつつ共同で物事を決めていくことができます。」と述べています。

 

これはWordPressとは異なるアプローチであることは確実です。多かれ少なかれ、共同創設者のMatt Mullenweg氏のAutomattic社と結びついています。AutomatticはWordPress.orgを実行しませんが、ソフトウェアの方向性で何らかの影響を及ぼします。

 

しかし、そのトップダウン構造は、意思決定と物事を成し遂げるために利点があるかもしれません。ClassicPressが採用しているより民主的なプロセスでは、最終的にいくつか行き詰まりにつながるのではないかという疑念を抱いてしまいます。

 

スイッチを作る

 

もともとWordPressで構築されたサイトを利用して、それをClassicPressに変換することは可能です。実際、テーマとプラグインがWordPressバージョン4.90から5.03であれば、フォークされたソフトウェアではうまく動くはずです。

 

そして、ClassicPressはその互換性をCMSのバージョン1.xを通して続けることを意図していて、ソフトウェアの長期計画をフォーラムで委員会メンバーのJames Nylen氏は次のように述べています。「お客様のサイトが新しいバージョンに安全にアップグレードできることを自動的に確認するために可能な限りのことを行います。」そしてバージョン1.0が2019年3月5日にリリースされました。

今後の展望

 

WordPressのように安定した、複雑でも人気のあるアプリケーションのフォークを作成することは、大きな責任を負うことになるでしょう。

 

開発者はソフトウェアの改良とバグの修正を続けなければなりませんし、 プラグインとテーマの作者のコミュニティは、自分たちの製品を利用可能で互換性のあるものにする決定をしなければなりません。そして、ユーザーも参加し、プロジェクトを見守る必要があります。 したがって、ClassicPressのようなフォークについて、多くの人が持つ疑問は、長期に渡って存続が可能かということでしょう。

 

Coe氏によると、ClassicPressは2020年末までに100万のユーザー達成を目標としています。これは非常に野心的な数字のように見えますが、WordPressが全ウェブサイトの33%以上を占めていることを考えると、100万人のユーザーがそれほど難しいことではないかもしれません。 実際、これはWordPressの市場シェアのほんの一部です。

 

Coe氏は将来への希望について尋ねられたとき、「個人的なそしてビジネスの目標に向かって動く時に、ClassicPressユーザーが、サポートされているというポジティブな経験をしていただけるでしょう。私たちは世界中のビジネスオーナーにとって最適なCMSになりたいです。」と答えています。

 

将来の展望

WordPressにある程度の不満があると、Scott Bowler氏のような開発者はプロジェクトを分岐させるか、既存の代替手段を試すようになったことは明らかです。ClassicPressのようなものがどれだけうまく機能するかに関する重要な要素は、不満を持ち、切り替えても構わないと思っている人々の大規模なグループに使ってもらえるかどうかです。

しかし、Classic Editorはしばらくの間使用される可能性が高いので、WordPressはまだGutenbergユーザーを隅に追いやっているわけではありません。現状を維持するという選択肢があると、一部のユーザーは、新しい(分岐したにもかかわらず)CMSに変更しても問題にはならないかもしれないと考えるからです。

将来どうなるかはわかりませんが、非常に興味深いことになるはずです。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ