プログラミング

プログラミング

【Bitcoin】仮想通貨を安全に保管する方法【Ethereum】

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Hot Wallet vs Cold Wallet (Storage) for Bitcoin Cryptocurrency
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

    439 views

    読了時間 : 約4分52秒

     

     

     

     

     

     

    暗号通貨の人気は絶えず上昇していますが、それは喜ばしいことではありません。 そして今、あなたの暗号通貨資産を保管することが大切になってきています。 私はよく、ホット、およびコールド暗号通貨、あるいはビットコイン・ウォレットの違いを訪ねる質問を耳にします。どちらを選べばよいのでしょうか。そしてそもそもその特定のタイプのウォレットが必要な理由は何なのでしょうか。

     

     

     

     

     

    ホット暗号通貨ストレージ

    一般的に言って、ホットウォレットは、アクティブなオンライン接続を持つ(インターネットに直接接続されている)ウォレットです。 これは、blockchain.infoのウォレット、またはjaxx.ioのようなサービスで使われます。 ウォレットがインストールされているパーソナル・コンピュータのデプロイ済みノードでさえ、ホット暗号通貨ウォレットなのです。 しかし、暗号通貨またはビットコイン取引や別の暗号通貨プロジェクトを利用するならば、巨額の資産はコールドウォレットに入れておくべきであると私は自信を持って断言します。

     

     

    利点には以下のようなものがあります。

     

    1.アクティブな接続により、暗号通貨とトークンを即座に送信できる。 たとえば、ICOの公開後など。

    2.管理が容易である。

     

    同時に、これらは裏を返せば最も危険な欠点となります。 ウォレットがインターネットに接続されているので、ハッキングを受け、すべてのお金が詐欺師によって盗まれる可能性が高いのです。 トランザクション速度は、とくにSegWitとLightningは非常に早いので、何が起こったのかを理解するための時間はありません。 この2つの状況が組み合わさるのを防ぐために、2つの選択肢があります。 マルチシグウォレットとコールドウォレットのどちらか、あるいは両方を使用するのです。

     

    マルチシグネチャでは、世界中のどこにいても、何人かの異なる人がトランザクションを確認する必要があります。トランザクションが承認されたり署名されたりすると、瞬時にネットワークに接続してマイナー達が実行します。

     

     

     

    コールド暗号通貨ストレージ

     

    端的に言うならば、コールド暗号通貨ウォレットはインターネットに接続されていないオフライン・ウォレットです。 Bitcoin、Ethereum、Litecoinのいずれかになります。 コールドウォレットには一般的なものに以下の3種類があります。

     

    ・ハードウェアウォレット

    ・USBウォレット

    ・ペーパーウォレット(本当にそういう名前です。)

     

     

     

    暗号通貨ペーパーウォレット

     

    Bitcoinウォレットは、他の多くの暗号通貨と同様、2つの主要コンポーネントで構成されています。すなわち公開鍵と秘密鍵です。前者を使用すると、これがブロックチェーン内のウォレットのアドレスであるため、暗号通貨またはトークンを受け取ります。秘密鍵を使用すると、システムの他のメンバーに送金できます。それでは、ペーパーBitcoinウォレットはどのように作るのでしょうか。そしてそれは何なのでしょうか。簡単に説明すると、それは紙に印刷された2つの鍵です。利便性とシンプルさのために、QRコードをテキストと共に使用する方が良いです。記憶術のテクニックを使えばこの作業を簡素化することができますが、毎回ウォレットの32個の記号を手動で入力したいとは思う人はいないはずです。主な危険性は紙の脆弱性にあります。濡れたり焦げたりした紙はほとんど役に立たなくなります。

     

     

     

    暗号通貨USB ウォレット

     

    鍵をもっと簡単に保管しておくことができます。 USBデバイスは、1米ドルぐらいから手に入ります。専用のフラッシュメモリスティックでは、両方のファイルを保存し、複数通貨にすることもできます。この方法の欠点は、システム、マルウェア、およびウィルスに対する脆弱性です。 このフラッシュドライブは、1つの用途のためだけに保管してください。

     

     

     

    暗号通貨ハードウェアウォレットとストレージ

     

    今のところ、これはビットコインやその他の暗号化アセットを保存する最も安全な方法です。 なぜそれほど優れているのでしょうか。 まず、デバイスにはソフトウェアがプリインストールされており、USBデバイスとして動作し、より高いセキュリティレベルが実現されます。 第二に、ハードウェアウォレットとストレージの機能はより豊かであり、マルチシグは非常に重要です。

     

    第3に、多くの暗号通貨交換ソフトウェアは、ハードウェアウォレットをビットコインのコールドストレージとして使用します。これは、そのようなプラットフォームのセキュリティーを強化するのに役立ちます。

    現時点では、そのようなデバイスを提供するメーカーの数は限られています。そして、彼らの分野では、おそらく最も鮮烈でマーケティング指向のものであると特定できます。彼らはTrezorとLedgerです。デバイスはUS $ 79から手に入ります。暗号通貨とビットコインの資産保管の安全性のことを考えれば、手頃な価格だと思います。

     

     

     

    コールド暗号通貨ウォレットとストレージ

     

    最新のテクノロジーを信頼しできない、または自分自身の身の安全をできるかぎり守りたい場合には、ここで凍結されたコールドウォレットの説明書をお読みになるのが良いでしょう。

     

    理論:コールドウォレットにセキュリティー層を追加する必要がある。

     

    実践:

    1.ハードウェアウォレットを購入する(または紙財布を作る)。

    2.アドレスを保存する。

    3.必要な量だけを送金する。この後で、暗号通貨が正常に送金されたことを確認する。Watch-onlyウォレットを作成すると良い。

    4.金庫を購入するか、預金箱を借りる。

    5.コードを覚えて、セキュリティーを確保する。

     

    もちろん、この場合には、お金の引き出しにかかる時間ははるかに長くなってしまいます。しかし、大量の暗号通貨を保管するには、これらの手順は大変役に立ちます。コールドウォレットは事実上無敵です(災害時を除く)。

     

     

     

    暗号通貨管理のためのマルチシグウォレット

     

    凍結されたストレージは安全な解決策のように聞こえるものの、通貨の引き出しのためには時間がかかってしまいますよね。選択肢はもう一つあって、マルチシグネチャウォレットまたはマルチシグウォレットと呼ばれるものです。

    ウォレット所持者は、特定の人数、例えばHoward、Kim、Aliceの三人となり、それぞれが投票権を持ちます。トランザクションが実行されるのは、3人のうち2人の所持者がトランザクションに署名した場合のみで、どのような組み合わせも、すなわちHowardとAlice、KimとHoward、あるいはまた別の組み合わせのいずれも有効です。理想的には、パートナーのチームが口約束だけに依存することを望まない場合、マルチシグの暗号通貨ウォレットに頼ることができます。これはスマートコントラクトに似ています。マルチシグネチャには多くのオプションがあります。 全員の署名が必要にすることも、または3人の内1人だけの署名でトランザクションを完結できるようにすることもできます。

     

     

    ※本記事は、Hot Wallet vs Cold Wallet (Storage) for Bitcoin Cryptocurrencyを翻訳・再構成したものです。

     

     

    ▼こちらの記事もおすすめです!

     

    おすすめ新着記事

    おすすめタグ