プログラミング

プログラミング

【SNSを味方につけるデザイン】シェアを増やすためのWordPressプラグイン10選!

1,660 views

読了時間 : 約3分35秒

ウェブコンテンツの共有が当たり前になってきた現在、ウェブサイトとソーシャルメディアのインテグレーションは避けては通れない道です。ユーザがコンテンツを共有する手助けになるだけでなく、コンテンツを見ることができる場所を増やしたり、何がどう共有されているのか分析したりする手段になっているからです。

本記事で紹介するプラグインを使えば、ウェブサイトのコンテンツをただ共有するだけでなく、ソーシャルメディアへのログイン、コメント機能、ユーザの分析のプロセスを組み込んだ機能性のあるサイトができます。

 

なお、ソーシャルメディアマーケティングについては以下の記事をぜひ参照してください。

SNSマーケティング戦略のポイント【今年はTwitterよりInstagramに注力すべき…?】

また、CSSとJavaScriptで作る、カスタムできるシェアボタンのスニペットを手っ取り早く見たいなら以下の記事をどうぞ。

カスタムできる!CSSとJavaScriptのシェアボタンスニペット9選

さらに、無料のソーシャルメディア共有アイコンは以下にまとめてあります。

無料!ソーシャルメディアのアイコンセットおすすめトップ45!

 

 

1.AddToAny Share Buttons

ベーシックな共有ボタンが揃っており、カスタマイズしやすく使いやすい共有ボタンになっています。

テンプレートに直接組み込むか、共有バーを作成して使用します。世の中に存在するソーシャルメディアのアイコンはほぼ全て揃っていますし、自作のアイコンを使うことも可能です。

 

 

2.Social Network Tabs for WordPress

複数のソーシャルメディアフィードを統合したいという方におすすめのプラグインです。最大16種類のフィードをタブにまとめてくれるので、スペースの節約になります。

一つひとつのタブが必要な時のみAJAX経由でロードされるので、時間もかかりません。タブはページにそのまま入れるか、Shortcodeで投稿できます。

 

 

3.Jetpack

300万ものアクティブインストールを誇り、最も利用されているプラグインのひとつです。そんなJetpackには強力なソーシャルメディアツールも組み込まれています。

共有ボタンの追加だけでなく、コンテンツを自動でFacebook、Twitter、LinkedInなどに投稿できます。ユーザはWordPress.com、Twitter、Facebook、Google+のアカウントで投稿にコメントすることができます。

 

 

4.WPSSO

WordPressのサイト内で確実に有効なOpen GraphやSchema Markupが使えるようにしてくれるプラグインです。コンテンツがFacebook、Pinterest、Twitterなどのソーシャルメディアで共有された際に、きちんと読めるようにしてくれます。

 

 

5.Facebook for WooCommerce

WooCommerceのショップを運営している方にお勧めなのがこの無料プラグインです。Facebook広告とのインテグレーションでトラッキングやリマーケティングができます。

また、WooCommerceの商品を直接Facebookで販売できるFacebookストアの解説も可能で、商品カタログ全てをFacebookに掲載できるようにもなっています。商品に何等かの変更があった場合は、ソーシャルネットワーク側の情報も自動で更新してくれます。

 

 

6.Social Count Plus

フォロワー数をアイコンと一緒に表示してくれるプラグインです。フォロワー数の変化を毎日チェックし、適宜反映してくれるので、APIリクエスト数を削減できます。

Facebook、Github、Google+、LinkedIn、Twitter、Pinterest、Twichなどに対応しているほか、ブログの投稿数やコメント数を表示する機能もあります。

 

 

7.Blog2Social

WordPressのコンテンツを自動でソーシャルメディアに投稿するためのツールが揃っています。Facebook、Google+、Instagram、Reddit、Twitterなどのプロフィールにアクセスし、それぞれのメッセージやハッシュタグの管理ができるようになっています。

過去の投稿の再投稿にも最適で、プレミアムバージョンではスケジュール管理などの高度な機能が用意されています。

 

 

8.Scriptless Social Sharing

共有ボタンの機能を必要最低限にまとめたプラグインで、JavaScriptもやたら長いローディング時間もありません。シンプルなアイコンを表示するためのリンクのみで構成されており、アクセシビリティもばっちりです。

 

 

9.Social Media Stats

コンテンツがいつ共有されたかだけでなく、何がどれくらい共有されているか、把握しやすい図表にまとめてくれるプラグインです。

ヒートマップでどの投稿が最も共有されているかや、最も共有されている投稿のウィジェットも含まれています。

 

 

10.Facebook Messenger for WordPress

一日中Facebookを見ながら過ごす人も少なくないいま、Messengerをウェブサイトに組み込まない手はありません。このプラグインは閲覧者がウェブサイトから直接あなたにMessengerで連絡が取れるようにしてくれます。

独立のシステムを経由してメッセージを受け取るより便利ですし、WooCommerceやモバイルデバイスにも対応しています。

 

 

※本記事は、10 Powerful Plugins for Integrating Social Media into WordPressを翻訳・再構成したものです。

 

 

関連記事

おすすめ新着記事

おすすめタグ