プログラミング

プログラミング

Webサイト構築に必要なWebスタンダードの歴史とよく使われるコード

KeyCDN

We are a Swiss registered company headquartered in Winterthur, Switzerland. We’re a passionate team operating a high-performance content delivery network (CDN).

本記事は、Web Standards
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

405 views

読了時間 : 約5分48秒

Webスタンダードは、Webページを構成するデザインコードの一貫性を促進するために、World Wide Web Consortium W3Cによって開発されたガイドラインとして最もよく定義されています。これらのスタンダードは、法律で強制力を持つものではありませんが、ウェブ開発者とウェブサーファーの両方に大きな利益をもたらします。

 

おそらくWebスタンダードを記述するための最良のフレーズは、Webサイトを構築するためのスタンダード化された ”ベストプラクティス”のセットです。以下のリストは網羅的ではありませんが、これらのベストプラクティスは、主に以下の3つのもので構成されています。

 

・W3Cによって公開されたおすすめ
・ECMAインターナショナルが発行しているスタンダード
・国際スタンダード化機構(International Organization for Standardization)が発行するスタンダード

 

ワールド・ワイド・ウェブが生活のほぼすべての面で重要性を増し続ける中、それを開発するために存在するスタンダードも同様に重要性を増しています。これらのスタンダードにより、インターネットに接続していれば誰でも無料でアクセスできるようになり、ウェブサーフィンをする人たちの競争の場が実質的に均等化されています。

 

スタンダード化以前のインターネット

ワールド・ワイド・ウェブが登場する以前のインターネットは、ほぼフルテキスト情報のページを提供するためだけに存在していました。情報交換をするには良いのですが、一般の人にとっては視覚的に刺激的でも面白くもありませんでした。基本的につまらないことに加え、写真はなく、テキストのフォーマットさえも処理するのが難しいものでした。要するに、WWW以前のインターネットは便利になる可能性はあっても、普及には苦労していたのです。

 

ワールドワイドウェブになってからも、スタンダード化が一般的になるまでには、まだいくつかの問題点がありました。例えば、1990年代初頭にウェブサイトを作成する際には、デザイナーがそれぞれのサイトを目的とするブラウザに合わせて作成していました。つまり1990年代には、多くのウェブ開発者がInternet ExplorerやNetscape Navigatorなどの主要なインターネットブラウザに合わせて異なるサイトを作成していたということです。

 

スタンダードはどのようにして生まれたのか

1989年3月、ティム・バーナーズは「情報管理」という文書を書きました。その中で、彼はWorld Wide Webになるものについてのビジョンを示しました。1990年10月までに、彼はウェブの基礎となる3つの基本技術を書いていました。

 

・HTML:ハイパーテキスト・マークアップ言語
・URI :統一リソース識別子 (URL とも呼ばれます)
・HTTP:ハイパーテキスト転送プロトコル

 

1990年の終わりには、最初のウェブページがオープンインターネット上で公開され、バーナーズ氏は技術と世界の流れを変える決断をしました。誰もがどこでも無料で利用できるようになってこそ、ウェブは真の可能性を発揮するということを認識し、その基礎となるコードをロイヤリティフリーで永遠に利用できるようにすることに合意したのです。

 

1994年、World Wide Web Consortiumが設立され、オープンなウェブスタンダードの開発に専念しています。バーナーズ氏は現在もW3Cのディレクターを務めていますが、このコミュニティの初期段階では、スタンダードを今日の位置に導く5つの重要で革命的なアイデアが生み出されました。

 

分散化:ウェブ上に何かを掲載する際に、中央機関の許可は必要ありません。
無差別化:ネット中立性とも呼ばれるこの原則は、インターネットサービスの質に関係なく、同じレベルで通信できるというものです。インターネットサービスが高速であったり、より安全であったりするからといって、ウェブ上でのコミュニケーション方法に優位性があるということではありません。
ボトムアップデザイン:コードは、興味を持ったすべての人の目の届くところで開発されました。誰でも一緒に参加して実験することが奨励されました。
普遍性:関係するすべてのコンピュータは同じ言語を話さなければなりません。この言語は、ハードウェア、場所、文化、政治的信条などに関係なく存在しなければなりません。
合意:誰もがスタンダードを使用することに同意しなければなりません。法的強制力はありませんが、これらの基準を使用せずにインターネットを効果的に使用することは非常に困難です。

 

これらの原則は、今日存在する基準を導き続けています。

 

なぜスタンダードが必要なのか

これらのスタンダードの利点の多くは、具体的に言及されているか、あるいは上記の情報から論理的に観察することができます。しかし、World Wide Webを導くスタンダードを持つことの最も重要な利点のいくつかを述べることは重要です。最大のメリットとしては、以下の5つが挙げられます。

 

1. ウェブページは様々なブラウザやコンピュータで表示されます。技術の進歩に伴い、可能性のあるデバイスやブラウザの数も増加中です。スマートフォン、タブレット、PDAなどのデバイスはいずれも閲覧対象者を大幅に増やしており、これらの規格によりそれぞれのデバイスでWebを閲覧できるようになっています。

 

2. W3Cスタンダードでは、CSS(Cascading Style Sheets)や、Webページに埋め込むのではなく添付するデザインコードの使用が推進されています。これはファイルサイズを小さくし読み込み速度を向上させることで、ホスティングコストを削減します。

 

3. フォント、色、および他のデザイン要素は、ページ全体を編集するのではなく、1枚のシートを変更することによって簡単に変更することが可能です。これは柔軟性を可能にし、サイトを変更するためのコストを削減することができます。

 

4. 検索エンジンはスタンダードに合わせてデザインされたページに、そうでないページよりもはるかに迅速かつ効率的にアクセスし、インデックスを作成することができます。

 

5. アクセシビリティも重要であり、HTMLの推進力となっています。これにより、障害のある人や通常のブラウザとは異なるウェブブラウザ(音声ブラウザや点字ブラウザなど)を使用している人も、他の人と同じようにウェブを利用できるようになります。

 

最も一般的なW3Cスタンダード

W3Cによって書かれ、作成された様々なスタンダードがありますが、中には他のスタンダードよりも頻繁に使用され、参照されているものもあります。これらのスタンダードは、最も重要で最も頻繁に使用されるものです。

 

HTML

ハイパーテキスト・マークアップ言語(HTML)は、バーナーズが開発したWorld Wide Webのパブリッシング言語です。HTMLは、どんなデバイスやブラウザでもウェブ上の情報にアクセスできるようにすることを考え作られて開発されました。またHTMLは何度も改良され拡張されてきました。その中でも最も注目すべきものがあります。

 

・HTML2.0は、さまざまなブラウザやプラットフォームで動作するように開発されました。
・HTML3.0は、よりリッチなバージョンの HTMLを提案しましたが、コンセンサスに達することはありませんでした。
・HTML3.2は 3.0 に似ていましたが、3.0 には及ばなかったコンセンサスを得るために十分な機能が追加されました。
・HTML4は、HTMLスタイルシート、スクリプト、フレーム、リッチなテーブルなどを拡張しました。また、障害者のためのアクセシビリティも向上しました。
・HTML5は現在のバージョンで、より多様で強力なウェブサイトやアプリの構築を可能にします。

 

XML

拡張可能なマークアップ言語(XML)は、HTMLに似たパブリッシング言語です。主な違いは固定された要素ではなく、独自の要素を定義できることです。ブラウザでXMLをレンダリングするための規格に準拠したサポートは一貫性がないため、XMLは主に機械対機械の通信に使用されています。

 

XHTML

ハイパーテキスト・マークアップ言語(XHTML)は、HTMLをXMLとして再構成したものです。実際XHTMLは、HTMLと同じようにブラウザに表示されます。XHTMLの使用は、コンテンツを再処理したい場合、XMLにはHTMLよりもXHTMLの再処理を迅速かつ安価にするためのより厳格なルールがあります。またXHTMLには事実上presentation属性が存在しないため、プレゼンテーション作業のすべてがスタイルシートの中に入ることで、非常に構造化された作業が可能になります。

 

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)とは、HTMLやXMLの要素にスタイルを割り当てることで、HTMLやXMLの要素の見た目を変える仕組みです。CSSはHTMLのコードをページ上のデザインに落とし込み、Webサイトの外観を定義するために使用されます。CSSはよりシンプルで構造化されたWebを実現すると同時に、各Webページに関連するファイルサイズを小さくしました。このようなサイズの縮小、構造の増加、整理の容易さは、ウェブに革命をもたらし、同時にアクセスしやすくしました。

 

WCAG 2.0

Web Content Accessibility Guidelines (WCAG)は、障害を持つ人々がウェブをよりアクセシブルにする方法を定義しています。アメリカの人口のほぼ20%が障害者と診断されており、そのうちのかなりの割合の人がウェブを利用しています。ウェブをよりアクセシブルにするということは、身体的、視覚的、聴覚的、認知的、言語的、学習的障害を持つ人々がオンライン情報にアクセスできるようにすることを意味します。

 

WCAGは、すべての障害の程度に対応することはできませんが、できるだけ多くの人がウェブのコンテンツを利用できるようにしています。また加齢により能力が変化する高齢のユーザーの数も考慮しています。これだけ多くの人がウェブへのアクセスを必要としている中で、WCAGは必要な基準を作るという意味では、より難しい仕事の一つです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ