話題

話題

Gutenbergブロックテディターが導入から1年を迎えた2019年におけるWordPressのレビュー

speckyboy

Speckyboy is an online magazine for designers with its focus on sharing helpful resources, exploring new techniques, sharing useful tips, and inspiring you to build a better web.

本記事は、The 2019 WordPress Year in Review
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

503 views

読了時間 : 約3分29秒

年末は、WordPressがどのように進化してきたかを振り返り、検討する絶好の機会です。2019年は2018年の時に起こった論争に匹敵するものはありません。それほどまでにWordPress5.0への取り組みとGutenbergブロックエディターの導入は大きすぎるものでした。

 

それでも、2019年に重要な発展がなかったわけではありません。ここで何が起こったのか見てみましょう。

 

祝Gutenbergブロックエティター1年

なんて時間はあっという間に過ぎて行くのでしょうか。1年前、GutenbergがWordPressに与える影響について疑問に思っていました。私たちの多くは、それぞれのワークフローと既存のWebサイトにとってそれが何を意味するかについて、当然のことながら疑念を抱いていました。それはどうなりましたか。ユーザーが別のCMSに移行ましたか。

 

2019年はほぼ絶頂期でしたね。大きな一歩です。

 

今年は、ユーザーエクスペリエンスが着実に改善され、ブロックエディターにいくつかの機能が追加されました。カスタムブロックを作成する機能は合理化され、ブロック作成へのより視覚的なアプローチを可能にするツールが出回っています。

 

一方、多くのプラグイン(有名なものを含む)は、ソフトウェアをブロックして使えるように適合させています。カスタマイズして様々なブロックを提供する新しいプラグインが生まれました。WordPressプラグインリポジトリには、特別なセクションもあります。

 

一部ではまだ議論の余地がありますが、ブロックエディターは、開発者とコンテンツクリエーターのどちらにとっても堅実な選択肢であることが示されています。2020年はどうなっていくでしょうか。

 

 

 

新機能を搭載したメジャーリリース

2019年には、3つのWordPressがリリースされ、それぞれに一連の修正、変更、追加が行われました。

 

 

WordPress 5.1「Betty」

リリース日:2019年2月21日

 

Gutenberg以降初のメジャーリリースであるWordPress 5.1には、ブロックエディターのパフォーマンス関連の改善が多く含まれていました。

 

また、注目すべきは、サイトの正常性をチェックする機能です。これは、Webサイトに関する有益な情報を与えます。たとえば、使用しているPHPのバージョンを検出し、アップグレードする必要があるかどうかを通知したり、トラブルシューティングに役立つサイトに関する詳細も確認できます。

 

内部の拡張機能の中で、マルチサイトネットワーク内にメタを保存する機能は興味深いです。これにより、一般的なメタ要素によってサイトを潜在的にグループ化することができ、その後、このデータに基づいて各サイトに特定の機能を追加できます。

 

 

 

WordPress 5.2「Jaco」

リリース日:2019年5月7日

 

おそらくここで最も大きな変更は、WordPressインストールが致命的なPHPエラーを検出したときに電子メールを送信することです。 回復モードを使用することにより、問題のプラグインまたはテーマが一時停止しているときに、管理者がWordPressでアクセスできるようになります。

 

多くのアクセシビリティ調整がバックエンドに追加され、キーボードナビゲーションと全体的なフローが改善されました。

 

 

WordPress 5.3「Kirk」

リリース日:2019年11月12日

 

GutenbergはWordPress 5.3の主要な焦点であり、150以上の新機能とブロックエディターの改善が行われました。

 

最も驚くべき点は、待望のグループブロックです。これにより、複数のブロックを1つのグループにまとめることができます。コンテンツ内の複数のブロックスタイル設定と移動が簡単になり、さらに、カラムブロックでは、個々の列のサイズを変更できるようになりました。これは、以前のバージョンでは出来なかったことです。

 

Gutenbergおよびバックエンド全体のアクセシビリティの欠点も改善されました。 WordPress 5.3にアップグレードした後、ボタンとフォームフィールドの外観が異なることに気づいたかもしれません。エディターとダッシュボードの両方でデザインの一貫性が高められました。

 

また、メディアライブラリーには、最適化されていない大きな画像のアップロードに対するサポートが改善されました。WordPressは、埋め込まれた方向データに従って画像を自動的に回転します。

 

また、古い管理用メールアドレスの使用について心配する必要がなくなります。ログインすると、WordPressは定期的にファイルのアドレスを確認するよう要求します。

 

その他の便利な機能には、PHP 7.4のサポートと、Twenty Twentyのデフォルトテーマが含まれます。

 

 

 

大きな一歩

2018年が抜本的な変化であったとすれば、2019年はその新しい基盤の上にさらに構築することでした。今年は、安定性と段階的な改善がありました。

 

これは、大きな勝利です。 大きな変更は避けられないかもしれませんが、頻繁に行われるべきではありません。CMSを使用してWebサイトを設計および構築する場合はもちろんです。WordPressが引き続きリードするには、革新するだけでなく、可能な限り強固なプラットフォームを提供する必要があります。

 

多数のWeb専門家がWordPressを使用して生計を立てています。 また、多くの企業がこのツールを使用して、オンラインで販売し、顧客にサービスを提供し、自社の評判を高めています。このソフトウェアを使用する人は誰でも、関心を持っています。したがって、混乱を引き起こさないように全てを慎重に検討する必要があります。

人気記事

おすすめ新着記事

おすすめタグ